RentioPress

富士フイルムXF35㎜F1.4 Rレンズで撮った夏がレトロすぎる。in 浅草

公開日
富士フイルムXF35㎜F1.4 Rレンズで撮った夏がレトロすぎる。in 浅草

お散歩しながらの撮影はお好きですか?東京を歩いてみると、新しい建造物と古き良き風景が所々で楽しめます。

せっかくカメラを構えるなら、スマホの写メでは作りだせない味わいが欲しいところ。フィルムカメラのようなノスタルジックな写真に、あなたも一度は憧れたことありませんか?

下町へお散歩撮影に行ってきました

本記事では、7月の猛暑に筆者が富士フイルムのミラーレスカメラを持ってお出掛けした様子をお届け致します。

行先は上野&浅草の、“ザ・下町”ということで日本の夏をレトロに写すことを目的としてみました。では、フィルムカメラではない『ミラーレス機』では、どうすればレトロな感じが出せるのでしょうか。

撮影の目的に応じたレンズ選びは楽しい

タイトルからお気づきのとおり、撮影は単焦点レンズ1本で臨みました。

画角の調節がむずかしいレンズのほうが、リアルな臨場感を出せるのではないか、という計算です。

レンズ選びのポイント※ストリート編

スナップ撮影に使うカメラには「持ち歩ける軽快さ」と「町の人に配慮したコンパクトさ」が欲しいところ。そして浅草という街並みを撮影するには、標準くらいの距離感がちょうどいい。

また、光の少ない駅の構内から日差しの強い外まで、どんな瞬間にシャッターチャンスが来るかわかりません。お散歩に三脚を持たないスタイルであれば、シャッタースピードを速くする(手振れを防ぐ)ために、明るいレンズのほうが安心です。

スナップにおすすめのレンズはこれだ!FUJINON XF35mmをご紹介

お供にしたのはこちらのレンズです。

こちらは開放値F1.4という明るさを実現しながら、重量はたったの187g。富士フイルムのミラーレスカメラXシリーズに付けても大きすぎず、女性でも歩きながらの撮影が可能です。

仕様表

型番XF35mmF1.4 R
レンズ構成6群8枚(非球面レンズ1枚)
焦点距離f=35mm(35mm判換算:53mm相当)
画角44.2°
最大口径比(開放絞り)F1.4
絞り(羽根枚数)7枚(円形絞り)
絞り形式ステップ段差1/3ステップ(全22段)
撮影距離範囲標準(0.8m~∞)マクロ(28cm~2.0m)
最大撮影倍率0.17倍
外形寸法:最大径×長さ(約)ø65.0mm×50.4mm(※先端よりマウント基準面)
質量(約)187g(※レンズキャップ・フード含まず)
フィルターサイズø52mm
略称F XF35MMF1.4 R

玄人納得のクオリティと、手に入りやすい価格が高ポイント

XF35mmF1.4 レビュー

個性的な角型フードもいかしてます。

こちらのレンズは富士フイルム初のレンズ交換式デジタルカメラ『FUJIFILM X-Pro1(発売日:2012年2月18日)』と同時期に発売されたものですが、それから7年経過した現在も神レンズとの評判です。

「むしろレンズはこれ一本でいいのではないか」

という口コミを、わたしは何度か目にしたことがあります。数カ月こちらのレンズを使ってみると、「たしかにそうかもしれない。」という気持ちになってきました。

また市場価格も5万円前後なので(2019年8月現在)、コスパ的にも非常に優秀です。

※以前の記事「FUJINONレンズ3選」にも入れさせていただきました。

富士フイルムの“エモい”神レンズ‼厳選3点を画像付きでご紹介 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

お散歩写真でXF35mmF1.4 R作例をご紹介

X-Pro1 レビュー

さて、ここからは「上野&浅草、令和の夏」を作例でご紹介いたします。ボディは先ほど少し登場した『FUJIFILM X-Pro1』を使用します。

カメラの設定は、レトロを目指して下記のようにいじっています。

・色味は強め(フィルムシュミレーションでvelvia、たまにカラーをマイナス寄りに設定)
・コントラストも強め(ハイライト+2、シャドー+2)

で撮影致しました。FUJIFILM独特の色味がわかりやすいよう、全てJPEG撮って出しでお送りします。

途中下車した上野のアメヤ横丁


FUJIFILM X-Pro1, XF35mmF1.4 R, 1/2000sec, F3.6, ISO640, 35mm, 東京 上野

浅草までの移動の途中に、ふらっと降りた上野駅周辺。アメヤ横丁は個性豊かな店舗が軒を連ねます。独特な空気感があり、他にない雰囲気がなんだか新鮮です。

外国人観光客も多いですが、一方で一般住民も多い町。いわゆるザ・観光地ではないので、撮影には配慮が必要です。


FUJIFILM X-Pro1, XF35mmF1.4 R, 1/2000sec, F8, ISO2500, 35mm, 東京 上野

上野のアーケードに足を踏み入れるとさっそく「令和」の文字がずらり。グーグルマップ検索だけではわからないフォトジェニックなシーンは、お散歩写真の醍醐味です。(コントラストが強すぎたようです)

さて、電車に乗って浅草に向かいました


FUJIFILM X-Pro1, XF35mmF1.4 R, 1/500sec, F3.6, ISO5000, 35mm, 東京 浅草駅

時間は午後3時。次第に浴衣姿の方が増えてまいります。


FUJIFILM X-Pro1, XF35mmF1.4 R, 1/500sec, F3.6, ISO6400, 35mm, 東京 浅草駅

(スマートフォンを片手に街合わせをしている様子)

鮮やかな色が写真に映える浴衣ですが、あえてモノクロで撮ってみると、渋さが増していい雰囲気です。

浅草寺雷門に到着しました


FUJIFILM X-Pro1, XF35mmF1.4 R, 1/500sec, F3.2, ISO500, 35mm, 東京 浅草

35㎜レンズ(35mm判換算:53mm相当)で撮影すると、ご覧の大迫力。提灯の質感も綺麗です。


FUJIFILM X-Pro1, XF35mmF1.4 R, 1/250sec, F8, ISO640, 35mm, 東京 浅草


FUJIFILM X-Pro1, XF35mmF1.4 R, 1/250sec, F8, ISO640, 35mm, 東京 浅草

浅草寺の門前では、何とも存在感のある木が、大きな木陰を作っています。こちらで涼む人々を思わずパシャリ。思い思いの時間を過ごしているといった、温かい光景です。


FUJIFILM X-Pro1, XF35mmF1.4 R, 1/500sec, F3.6, ISO200, 35mm, 東京 浅草

浅草

FUJIFILM X-Pro1, XF35mmF1.4 R, 1/250sec, F8, ISO200, 35mm, 東京 浅草

浅草寺の隙間からもスカイツリーを見ることが出来ました。よく晴れた青空は、富士フイルムのカラー技術の見せ所です。ここからなら、レンズとの距離感もいい感じです。


FUJIFILM X-Pro1, XF35mmF1.4 R, 1/500sec, F4, ISO200, 35mm, 東京 浅草

この日は屋台も並んでいました。台風が接近しており、快晴の中で時折強く吹く風が、印象深い一日でした。日傘をさす女性の傍らで、氷ののれんが力強く靡いています。


FUJIFILM X-Pro1, XF35mmF1.4 R, 1/500sec, F9, ISO640, 35mm, 東京 浅草

(30度超えの猛暑の中、キンキンに冷えたキュウリが美味しそうです)


FUJIFILM X-Pro1, XF35mmF1.4 R, 1/500sec, F8, ISO4000, 35mm, 東京 浅草

まとめ

浅草の人々は観光客に慣れていらっしゃるようで、「写真を撮ってもいいですか?」と言ったら、快くポーズしてくれる店員さんもいらっしゃいました。

お散歩撮影をしてから帰路につき、出来上がりを見る楽しみもまたひとしおです。昼間の空気感が写真に現れていて、何度も見てしまう1枚があったりします。

ただし、週末の浅草寺はとにかく観光客でいっぱいなので、離れて境内全体を写そうとするのは難しかったです。もし全体や離れの塔などを入れたいのであれば、広角レンズの使用もお勧めします。

最後にカメラレンタルのご紹介

さて、いかがでしたでしょうか。下町ながらの日本らしい朱色の建造物や、夏の装いを写すのに、富士フイルムのカラー技術が活躍した結果となったかと思います。

昼間の撮影だったため、F1.4は露出オーバーとなってしまうのであまり使う機会はありませんでしたが、日陰の裏路地では活躍する場面も多少ありました。

今回のレンズは、ご自宅受け取りコンビニ返送で、お気軽にレンタルが可能です。レンティオでは、数多くのカメラレンズを取り揃えており、メールからのリクエストに応じて準備可能な場合も多数ございます。ぜひご活用くださいませ。

[レンタル] FUJIFILM FUJINON XF35mmF1.4 R 単焦点レンズ – Rentio[レンティオ]

[レンタル] FUJIFILM Xマウント 一覧 – Rentio[レンティオ]

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 一眼カメラカテゴリのランキング

ピックアップ記事