[最新]ふとんクリーナーおすすめ7選!選び方の重要ポイントを一覧表で比較

mari fukuen
mari fukuen

更新日2021/05/21

[最新]ふとんクリーナーおすすめ7選!選び方の重要ポイントを一覧表で比較

ベッドやふとんのダニやハウスダストを掃除するためのふとんクリーナー

ふとんを天日干しできない花粉や梅雨の時期や、アレルギーの方や小さなお子様のいる家庭、洗濯や天日干しができないマットレスの掃除にも、ふとんクリーナーは幅広く活躍します。

一時期のブームは落ち着いたようですが、ふとんクリーナーの先駆者でもあるレイコップをはじめ、コードレス掃除機で有名なダイソン、シャープ・パナソニック・アイリスオーヤマといった国内メーカーなど、数多くのメーカーがふとんクリーナーを製造販売しています。

今回は、ふとんクリーナーの購入を検討中の方向けに、選び方とおすすめの機種について解説します。
 

ふとんクリーナーとは

ふとんクリーナーの選び方のポイント

レイコップに代表されるふとんクリーナーは、ふとんやマットレスの掃除をメインの用途としたハンディタイプの掃除機です。

ホコリや髪の毛はもちろん、ダニの死がいやフンなどのハウスダストまで吸引してくれるので、天日干し後に使うのもおすすめです。

ふとんクリーナーには、ふとん掃除専用タイプと、ヘッドを交換することで他の場所の掃除もできる兼用タイプの2種類があります。

ふとん専用タイプと多用途兼用タイプそれぞれの特徴

専用タイプは、色々な場所に使うのが難しい反面、ふとん掃除がしやすい吸引口や形状になっています。また、機種によっては叩き出しやUV除菌などのふとん掃除に特化した機能がついていることもあります。

兼用タイプは多用途に使えるのですが、ふとんを吸い込んでしまうなど若干動かしにくかったり、ヘッドをふとん専用にしなければ他の場所の汚れをふとんに持ち込んでしまったりすることもあります。

どちらにするかは、掃除したい場所によって選ぶといいでしょう。

ふとんクリーナーの選び方のポイント

ふとんクリーナーとは

ふとんクリーナーには、除菌やゴミセンサーなど高度な機能がついているものもあります。

ただ安いだけではなく必要十分な機能を搭載しているふとんクリーナーを選ぶために、購入前にチェックしたいふとんクリーナーの選び方のポイントを3つご紹介します。

1. 清掃力

まずはふとんクリーナーでもっとも重要なポイントである清掃力をチェックしましょう。

ふとん掃除で重要なのが、繊維に入り込んだダニやハウスダストを叩き出して吸引する機能。この機能は多くのふとんクリーナーについていますが、ブラシの素材や叩き出し回数は機種によって異なります。

その他にも、ふとん表面を除菌するUVランプや、目に見えないゴミがきちんと取れたか検知するゴミセンサー温風でダニ対策できる機能などが搭載されている機種もあります。

吸引力も気になるところですが、共通の基準となる数値がないため比較が難しいのが現状です。

2. 集じん性能

掃除機でゴミを集めるダストボックス部分の集じん構造は、大きく3種類に分けられます。

ゴミをダストボックス内の紙パックに集める紙パック式・遠心力でゴミと空気を分離するサイクロン式・フィルターでゴミを分離するカプセル式となります。

それぞれメリット・デメリットがありますので、ライフスタイルに合ったものを選びましょう。

メリット デメリット
紙パック式 ・ゴミを紙パックごと捨てられる ・目詰まりによる吸引力の低下が起こる
・紙パック代がかかる
サイクロン式 ・ランニングコストがかからない
・目詰まりによる吸引力の低下が起こりづらい
・ゴミ捨て時にホコリが舞う
・カプセル式ほどではないがフィルターお手入れの手間がかかる
カプセル式 ・ランニングコストがかからない ・ゴミ捨て時にホコリが舞う
・直接ゴミがフィルターに触れるので汚れやすくお手入れ頻度が多い

また、より衛生面が気になる方は、ダストボックスの水洗いができるか・排気のキレイさもチェックしておきましょう。

3. 使い勝手

ふとんクリーナーをなるべく手軽にしたいなら、使い勝手も重要なポイントです。

中腰など、不安定な体勢で片手で持って使うことの多いふとんクリーナー。本体が重いと、掃除中に腕が疲れてしまいます。力に自信のない方は、なるべく軽いふとんクリーナーがおすすめです。

また、掃除頻度やふとんの数によっては、コードレスの方が手軽に掃除できます。一方、コード付きは稼働時間を気にせず使えるので、一度に長時間の掃除がしたい方におすすめです。

最新!ふとんクリーナーおすすめ7選

最新!ふとんクリーナーおすすめ6選

ここからは、選び方のポイントを踏まえた、おすすめのふとんクリーナーがこちらです。

定番のレイコップから人気のダイソン、有名国内メーカーなど6機種の特徴をご紹介します。

レイコップ PRO

言わずと知れたふとん専用クリーナーのパイオニアレイコップの高機能モデルです。

レイコップの特徴であるふとん掃除に特化した形状や叩き出し機能、UV除菌機能はそのままに、約60℃の温風機能を追加。

2.2㎏と軽くて使いやすいのも魅力で、性能と軽さを求める方におすすめのふとんクリーナーです。

レイコップ PRO
叩き出し・かき出し アクティブパンチブラシ (毎分28,800回)
UVランプ ○ (8W)
温風 ○ (約60℃)
ゴミセンサー
集じん方式/水洗い カプセル式/○
排気 0.3ミクロンの粒子を99.9%除去
重さ 2.2㎏
コード有無 コード付き(5m)
Amazon税込価格 (※2021/5/17時点) ¥22,000

レイコップ RN

レイコップシリーズの中でもっとも軽いふとん専用クリーナーです。

叩き出し機能やUV除菌などのベーシックな機能を備えながら、長時間の使用にも耐えられるよう製品を軽量化しハンドルも小型化

価格もレイコップの中では抑えめなので、初めてのふとんクリーナーとしてもおすすめです。

レイコップ RN
叩き出し・かき出し フィンパンチブラシ (毎分18,000回)
UVランプ ○ (8W)
温風
ゴミセンサー
集じん方式/水洗い カプセル式/○
排気 0.3ミクロンの粒子を99.9%除去
重さ 1.90kg
コード有無 コード付き(5m)
Amazon税込価格 (※2021/5/17時点) ¥16,000

ふとんクリーナーの定番「レイコップ RN」を使って効果を検証!PROとの違いも比較 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

ダイソン V7 Mattress

コードレス掃除機で有名なダイソンが発売するふとん&ハンディ兼用クリーナー

ふとんに特化したクリーナーではないのでUV機能などはありませんが、床掃除にも使える吸引力の高さで繊維の間に入り込んだハウスダストまで掃除します。

ふとん以外の場所の掃除にも使いたい方におすすめです。

ダイソン V7 Mattress
叩き出し・かき出し ミニモーターヘッド
UVランプ
温風
ゴミセンサー
集じん方式/水洗い サイクロン式/×
排気 0.3ミクロンの粒子を99.97%除去
重さ 1.76kg
コード有無 コードレス(最大30分)
Amazon税込価格 (※2021/5/17時点) ¥28,980

ダイソンのふとんクリーナーDyson V7 Mattressレビュー!旧V6 Mattressと比較検証 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

シャープ EC-HX150

シャープがダニの生態を研究してつくったふとん専用クリーナー。

ヒートサイクロンでダニをはがしてハウスダストとともに叩き出し吸引します。

やや重くコード付きではありますが、価格と機能のバランスもよく安心感のあるふとんクリーナーです。

シャープ EC-HX150
叩き出し・かき出し 高速たたきハイパワーブラシ (毎分12,000回)
UVランプ
温風 ○ (約40℃)
ゴミセンサー
集じん方式/水洗い サイクロン式/○
排気 アレル物質を99.99%以上除去
重さ 2.4kg
コード有無 コード付き(5m)
Amazon税込価格 (※2021/5/17時点) ¥7,464

パナソニック MC-DF500G

国内家電メーカーパナソニックの製造する紙パック式ふとんクリーナー

ふとんクリーナーで紙パック式は珍しく、ゴミ捨て時のハウスダストの舞い上がりや手洗いの手間が気になる方にはこちらが最適です。

また、目に見えないゴミを検知するクリーンセンサーもついていて、より衛生面を気にする方におすすめのふとんクリーナーです。

パナソニック MC-DF500G
叩き出し・かき出し ビートブラシ(毎分6,000回)
UVランプ
温風
ゴミセンサー ○(20ミクロンまで検知)
集じん方式/水洗い 紙パック式/×
排気 アレル物質を99%以上除去
重さ 2.0kg
コード有無 コード付き(5m)
Amazon税込価格 (※2021/5/17時点) ¥16,656

アイリスオーヤマ IC-FAC3

1万円以下で購入できるコスパのいいふとん専用クリーナーが、アイリスオーヤマのIC-FAC3

叩き出し機能や温風機能、ミクロのゴミを検知するダニちりセンサーも搭載。

高機能フィルター非搭載で排気のキレイさに若干の不安はありますが、価格に対しての機能は十分満たしているふとんクリーナーといえるでしょう。

アイリスオーヤマ IC-FAC3
叩き出し・かき出し 超ワイドたたきパッド (毎分6,500回)
UVランプ
温風
ゴミセンサー ○ (20ミクロンまで検知)
集じん方式/水洗い カプセル式/○
排気
重さ 1.6kg
コード有無 コード付き(4m)
Amazon税込価格 (※2021/5/17時点) ¥7,410

シロカ stingray SVC-350

シロカの「stingray SVC-350」も、1万円以下の高コスパふとんクリーナー。

叩き出し機能はもちろん、UV機能も搭載。手元部分を取り外せばハンディ掃除機としても使うことができます。

なるべく安くふとんクリーナーを購入したいという方にとっては、有力な選択肢となりそうです。

シロカ stingray SVC-350
叩き出し・かき出し 振動板による叩き (毎分3,600回)
UVランプ ○ (8W)
温風
ゴミセンサー
集じん方式/水洗い カプセル式/○
排気
重さ 2.1kg
コード有無 コード付き(4.5m)
Amazon税込価格 (※2021/5/17時点) ¥6,000

使い方二刀流!シロカのハンディ&布団クリーナー SVC-350実機レビュー – Rentio PRESS[レンティオプレス]

おすすめふとんクリーナー比較一覧表

最後に、ここまでご紹介したふとんクリーナー7種の機能を、一覧表にまとめました。

機能を比較して選びたい方は、こちらを参考にしてみてください。

レイコップ PRO レイコップ RN ダイソン V7 Mattress シャープ EC-HX150 パナソニック MC-DF500G アイリスオーヤマ IC-FAC3 シロカ stingray SVC-350
叩き出し・かき出し アクティブパンチブラシ (毎分28,800回) フィンパンチブラシ (毎分18,000回) ミニモーターヘッド 高速たたきハイパワーブラシ (毎分12,000回) ビートブラシ(毎分6,000回) 超ワイドたたきパッド (毎分6,500回) 振動板による叩き (毎分3,600回)
UVランプ ○ (8W) ○ (8W) ○ (8W)
温風 ○ (約60℃) ○ (約40℃)
ゴミセンサー ○(20ミクロンまで検知) ○ (20ミクロンまで検知)
集じん方式/水洗い カプセル式/○ カプセル式/○ サイクロン式/× サイクロン式/○ 紙パック式/× カプセル式/○ カプセル式/○
排気 0.3ミクロンの粒子を99.9%除去 0.3ミクロンの粒子を99.9%除去 0.3ミクロンの粒子を99.97%除去 アレル物質を99.99%以上除去 アレル物質を99%以上除去
重さ 2.2㎏ 1.90kg 1.76kg 2.4kg 2.0kg 1.6kg 2.1kg
コード有無 コード付き(5m) コード付き(5m) コードレス(最大30分) コード付き(5m) コード付き(5m) コード付き(4m) コード付き(4.5m)
Amazon税込価格 ¥22,000 ¥16,000 ¥28,980 ¥7,464 ¥16,656 ¥7,410 ¥6,000
レイコップ PRO レイコップ RN ダイソン V7 Mattress シャープ EC-HX150 パナソニック MC-DF500G アイリスオーヤマ IC-FAC3 シロカ stingray SVC-350

(※2021/5/17時点の価格)

まとめ:ふとんクリーナーでより快適な睡眠を

まとめ:ふとんクリーナーでより快適な睡眠を

キレイなふとんで眠ることは、快眠のカギでもあります。ご自宅に合ったふとんクリーナーで、快適な睡眠を手に入れませんか?

「どのふとんクリーナーがいいかまだ迷っている…」という方には、レンタルでお試しという方法もおすすめです。

家電レンタルサービスレンティオでは、ふとんクリーナー各種をお得にレンタルできます。

レンタルできるふとんクリーナーの種類や価格などプランの詳細については、こちらからチェックしてみてくださいね。

[レンタル] ハンディ掃除機・コードレス掃除機 一覧 – Rentio[レンティオ]

関連記事

[最新]コードレス掃除機おすすめ8機種を一覧表で比較!軽くて高コスパな一台の選び方 – Rentio PRESS[レンティオプレス]
[最新]ダイソンハンディクリーナー全6機種を一覧表で比較!おすすめや選び方を紹介 – Rentio PRESS[レンティオプレス]
[最新]ダイソンコードレス掃除機 全31種を一覧表で比較!おすすめや選び方を紹介 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

よく読まれている記事掃除機カテゴリのランキング

ピックアップ記事