[2020最新]スキー・スノボで活躍するカメラ5選!関連アクセサリーもまとめてご紹介

レンティオ編集部
レンティオ編集部

更新日2020/01/01

[2020最新]スキー・スノボで活躍するカメラ5選!関連アクセサリーもまとめてご紹介

更新日

冬のアクティビティといえば、やっぱり「スキー・スノーボード」ですよね!

せっかくゲレンデに来たんだから、仲間との記念写真や、SNSにアップするための写真や動画を撮りたい!

でも、スマートフォンだと雪に濡れないか心配だと思います。

そこで撮影用にカメラを1台用意してみてはいかがでしょう?

コンパクトなカメラならウェアのポケットに入れておけば邪魔にならないし、防水性能があるカメラなら濡れても心配無用です!

そして、なんと!体に固定すれば滑りながら撮影することも可能です!

そこで今回は、スキー・スノーボードで活躍するカメラ5選と関連アクセサリーをご紹介します!

アクションカメラ

みなさんは、「アクションカメラ」をご存知でしょうか?

「アクションカメラ」は非常にコンパクトで手のひらサイズくらいのものがほとんどです。

そして、防水性能もあるものが多いので、まさにゲレンデにはうってつけなのです!

1. GoPro HERO7

「GoPro(ゴープロ)」はアクションカメラの代表的なカメラです。

HERO7は最新機種となり、手振れ補正機能が飛躍的に向上し動きに強いです。

本体のみで水深10mまでの防水性能を備えてますので、雪で濡れても安心です。

専用マウントを使えば、体に固定することが可能なので、滑りながらでも両手が空き、安全に撮影が可能です。

GoPro用 バックパックマウント

GoPro チェストマウントハーネスGCHM30

スキー・スノボのカメラはGoProが最強!実体験を元に撮影方法と持ち物を徹底解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]
GoPro HERO7 Black実写レビュー!新機能を実際に使って性能やおすすめポイントを徹底解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

2. DJI Osmo Action オズモ アクション

「Osmo Action(オズモアクション)」は、ドローンなどで有名なメーカー「DJI」から発売されたアクションカメラです。

ドローンなどの技術を応用し、高度な映像ブレ補正技術を実現していますので、動きに強いです。

こちらも本体のみで水深11mまでの防水性能があります。

DJI Osmo Action実写レビュー。気になる画質や手ブレ補正の効果など作例から徹底解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

DJI Osmo ActionとGoPro HERO7の違いを徹底解説!どちらを選ぶべきか比較検証 – Rentio PRESS[レンティオプレス]
 

3. FDR-X3000R(ライブビューリモコンキット)

SONYのアクションカムの中で、「X3000R」はもっとも高性能なフラッグシップモデルです。

付属の防水ハウジングは水深60mまで耐えられますので、濡れても安心です。

専用のリモコンを使えば、手元で操作ができる+ライブビューで撮影中の映像を確認することが可能です。

また、「ヘッドマウント」を使用すれば、カメラを頭に固定可能なので、滑ってる視点での撮影が可能です。

ソニーアクションカム用 ライブビューリモコン RM-LVR3

SONY ユニバーサルヘッドマウントキット BLT-UHM1 C1SYH

360度カメラ

次にご紹介するのは「360度カメラ」です。

「360度カメラ」は名前の通りカメラの周り360度の撮影をすることが可能です。

カメラ自体に防水性能がない場合は、専用の防水ハウジングをつければ安心です。

360度の動画撮影も可能ですので、滑りながら360度のパノラマ撮影などもできちゃいます。

360度カメラ“THETA”と“insta360”をスキー・スノボで使う注意点!失敗と反省から学ぼう – Rentio PRESS[レンティオプレス]

4. 全天球カメラ RICOH THETA V

「THETA V」は、最新機種「Z1」の発売までは、シリーズ最上位機種でした。

4K動画撮影をシリーズで初めて可能にしたのも「THETA V」です。

本体に防水性能はありませんが、専用の防水ハウジングを使えば濡れても安心です。

RICOH THETA用 水中ハウジング TW-1

RICOH THETA Vを実写レビュー!話題の高性能360度カメラを細部まで徹底検証 – Rentio PRESS[レンティオプレス]
RICOH THETA V&防水ケースで水中撮影!ダイビングの実体験から注意点と使い方のコツを解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

5. Insta360 ONE X 360度カメラ

「Insta360 ONE X」は、撮影モードの選択により動きの多いシーンも滑らかに再生できます。

動きに強いのは、スキー・スノボにはもってこいですね。

また、専用アプリを使えば、撮影後の動画編集も可能です。

こちらも本体に防水性能はありませんが、専用の防水ハウジングを使えば問題なしです。

Insta360 ONE X専用 潜水ケース Dive Case

Insta360 ONE X 実写レビュー!手ブレ補正効果が分かる沢山の作例から最新360度カメラを徹底解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

まとめ

以上がスキー・スノーボードで活躍するカメラ5選と関連アクセサリーの紹介でした。

せっかくの冬のアクティビティ、自分や仲間の滑ってる姿、ゲレンデの大自然を最新の高性能カメラで残してみませんか?

しかし、撮影に夢中になるあまり危険な滑り方や周りの方に迷惑をかけないよう気を付けましょう。

ケガをしてしまっては、せっかくのアクティビティも台無しです。

安全に十分配慮して楽しんでくださいね。

家電レンタルRentio(レンティオ)

今回ご紹介したカメラは、全て家電レンタルRentio(レンティオ)でレンタルができます。

1回の使用のためにカメラを買うのはさすがに…という方も多いかと思いますので、レンタルサービスを利用して、最新のカメラをお得に使ってみてください!

また、カメラ以外もルンバなどのロボット掃除機をはじめ、最新家電をレンタルすることが可能です!

あわせてチェックしてみてくださいね!

[レンタル] カメラ 一覧 – Rentio[レンティオ]

Rentio[レンティオ] – カメラ、家電、ガジェットのレンタルサービス 必要な間だけ買わずにいつでも使えます

よく読まれている記事カメラその他カテゴリのランキング

ピックアップ記事