RentioPress

スリムなエスプレッソマシン「デロンギ デディカ」の特長・デメリットや口コミを解説!

公開日
スリムなエスプレッソマシン「デロンギ デディカ」の特長・デメリットや口コミを解説!

デロンギは本場イタリアのエスプレッソマシンで、世界中のコーヒー愛好家から絶大な人気を集めています。

そんなデロンギのエスプレッソ・カプチーノメーカー「デディカ」は、幅15㎝というスマートさが特徴。場所を取らないスリムタイプなので、比較的狭い日本のキッチンでも設置しやすいエスプレッソマシンです。

そんなデロンギ デディカの購入を検討中の方に向けて、特長・デメリットや口コミを詳しく解説します。

 

狭いキッチンに嬉しいスリムタイプ「デディカ」の特長

狭いキッチンに嬉しいスリムタイプ「デディカ」の特長

デロンギ デディカは、お店で飲むような本格的なエスプレッソやカプチーノが楽しめる家庭用エスプレッソマシンです。

デディカの最大の特長が、そのスリムな形状。デロンギでは最もスリムな幅15㎝なので、これまで大きさがネックでエスプレッソマシンを購入を悩んでいた方にもおすすめの一台です。

半自動で本格バリスタ気分も味わえる

半自動で本格バリスタ気分も味わえる

デディカは、豆を挽くグラインダーが搭載されていないシンプルなエスプレッソマシン。抽出にはすでに挽いてあるコーヒー粉もしくはカフェポッドを使います。

コーヒー豆を挽きコーヒーパウダーを詰めタンピングをする一連の作業を自分で行うので、本格的なバリスタ気分を味わえます。また、時間が無い時には専用の44mmカフェポッドを使えばボタン一つで淹れられて簡単です。

粉とカフェポッドを使い分けて、ライフスタイルに合わせて便利に使えるエスプレッソマシンです。

本格的なエスプレッソ抽出技術

本格的なエスプレッソの抽出技術

ポンプで圧力をかけて短時間で一気に抽出するエスプレッソ。美味しく抽出するには、圧力が非常に重要なポイントとなります。

香り高いエスプレッソを抽出するのに最適な圧力は、9~10気圧。高すぎても低すぎても良くないそうです。
デディカは15気圧で水を吸い上げて、常に理想的な9気圧で抽出できるよう設計されています。

さらに、お好みに合わせてコーヒーの抽出量と抽出温度を調整することもできるので、自分好みの理想のエスプレッソを淹れることが可能です。

プロ仕様のミルクフロッサー

プロ仕様のミルクフロッサー

デディカに搭載されているのは、プロ仕様のミルクフロッサー

スチームでミルクの温めと泡立てを同時に行えるので、お店のようなふわふわのフォームミルクを作ることができます。

お家で手軽にカプチーノやカフェラテなどのラテメニューを楽しめて、かわいいラテアートも練習できるのは嬉しいですね。

お手入れはほぼ水洗いのみ

エスプレッソマシンを長く使うには、日々のお手入れも重要です。

デディカの場合、ほとんどの部品が取り外して水洗いできるので、毎日のお手入れはそこまで手間ではありません。

ただし、ミルクメニューを作ったときは、毎回使用後にすぐに洗浄が必要になります。少し面倒ですが、慣れればそこまで時間はかからないでしょう。

同シリーズのグラインダーもラインナップ

同じ「デロンギ デディカ」シリーズから、コーヒー豆を挽くグラインダーも発売されています。

こちらはコーヒー豆を挽く機能に特化しているのですが、コーヒー豆の香りを逃すことなく均一に挽けて、粒の大きさまで細かく調整可能です。

エスプレッソマシンのデディカと併用することで、さらに自分好みの最高のエスプレッソを追求することができます。

デロンギ デディカの気になるデメリット

デロンギ デディカの気になるデメリット

スリムでシンプル、だけど本格的という「デロンギ デディカ」エスプレッソマシンですが、少し気になるデメリットも見つかりました。

購入前に必ずチェックしておきたいデメリットがこちらです。

置き場所は要検討

デディカは、スリム形状が特長のエスプレッソマシン。ものすごくコンパクトなものを想像しがちですが、幅150×奥行330×高さ305mmと、じつは奥行や高さは結構あります

本体奥に位置する水タンクの取り外しなどを考えると、上部空間には少し余裕が欲しいところです。ミルクメニューを作るなら、作業のために右側のスペースも多く必要になります。

スリムタイプとはいえ意外と場所を取るので、部屋の中のどこに置くか?をしっかり検討する必要があるでしょう。

カップ受けに2個は置きづらい

デディカでは、一度に2杯のエスプレッソを抽出することが可能です。

ですが、スリムタイプゆえにカップ受けの幅も狭く、普通のマグカップやカフェラテ用のカップだと2つは置きづらくなっています

2杯同時に抽出したい方は、エスプレッソ専用のカップを用意すると良さそうです。

ミルクの泡立てが手間

デロンギのエスプレッソマシンの上位機種には、自動でミルクの泡立てをしてくれる「ラテクレマシステム」を搭載しているものもあります。

ですが、デディカは手動でのミルク泡立てのみなので、カプチーノやカフェラテを作る際はひと手間かかってしまいます。

ラテメニューをよく飲む方は、ボタン一つで手軽に飲める上位機種を検討するのもおすすめです。

グラインダー非搭載機種にしては高価

デロンギのエスプレッソマシンの中には、グラインダー一体型で挽豆~抽出まで全自動タイプもあります。ボタン一つでエスプレッソが淹れられて便利なのですが、高価なのがデメリットです。

一方、デディカのようなグラインダー非搭載の半自動タイプは、抽出以外を手動にすることで低価格を実現したエスプレッソマシンです。安いエントリーモデルだと1万円程度で購入できる機種もあります。

ですが、デディカは公式販売価格43,780円(税込)と、半自動タイプの機種の中では比較的高額。グラインダーも同時に購入する場合は、全自動タイプにも手が届くような価格となってしまいます。

手動でコーヒーの準備をするのが面倒だと感じる方は、全自動タイプのエントリーモデルを購入したほうが満足度が高くなるかもしれないので、よく検討したほうが良さそうです。

デロンギ デディカの口コミ・評判

デロンギ デディカの口コミ・評判

デロンギ デディカを実際に使った方の口コミ・評判はどうでしょうか?デディカの口コミを調べてまとめてみました。

★★★★★5.0
この商品でエスプレッソを入れたところ、十分なクレマが出来、コーヒー自体も濃厚な茶褐色で非常に美味でした。
また、ミルク用のジャグも蒸気も撹拌も十分でラテ使用も喫茶店並みです。
デザインもコンパクトでお洒落で、我が家のキッチンで輝いています。
(参考:「デロンギ デディカ」のAmazonレビュー

 

★★★★★5.0
唯一面倒くさいのはミルクフォームを作る手順(手動なのでしかたないですが)
ただ、ミルクメニューはほとんど飲まないのであまり問題ではありません。
(参考:「デロンギ デディカ」のAmazonレビュー

 

★★★★★5.0
エスプレッソを淹れる能力自体は安価な下位モデルと変わらない割には価格が高すぎる気がしますが、まあ買ってしまったのでスリムなデザインとメタルな質感がとても気に入ってます
(参考:「デロンギ デディカ」のAmazonレビュー

 

★★★★☆4.0
カップを2個並べるとギリギリです。細身なので仕方がないですが、デザインは最高です。
(参考:「デロンギ デディカ」のAmazonレビュー

 

★★★☆☆3.0
あくまでも私的ダメなところ3ポイント述べて見たいと思います。
1つ目は、本体は思ったより軽い。持ち運びには軽いのはいいんですが、コーヒーを詰め終わったハンドルを本体に取り付けの際に右に回します。この時に本体側が動いて扱いにくいです。圧力がかかる所なのでピッタリしていて回すのに力が必要ですし、スムーズに回らないので本体が動いてしまいます。
2つ目はミルクのあわ立てをするところの掃除がわかっていてもやはり面倒
3つ目は水を入れるところが後ろにあるのは絶対使いにくい
(参考:「デロンギ デディカ」のAmazonレビュー

 

★★★☆☆3.0
電源ボタンについて
使うたびにオンオフしていましたが、反応が悪くなり押しても戻らない状態になりました。チープ過ぎる作りです。
毎日使う方は自動オフまでの時間を短く設定してスイッチはオンにしたままがいいと思います。
(参考:「デロンギ デディカ」のAmazonレビュー

口コミを見ると、デディカはスリムなデザインでかなりの高評価を得ているようでした。

エスプレッソの味や抽出圧については賛否が分かれるところでしたが、概ね家庭用としては十分という意見が多い印象でした。

使い勝手についてはデメリットの項目で解説した以外にも、「電源ボタンの陥没」という点が多くあがっていました。これは初期不良なのか仕様なのか微妙なラインですが、扱いには注意したほうが良さそうです。

まとめ:デロンギ デディカを使って本格バリスタ気分を楽しもう

デロンギ デディカ まとめ

デロンギ デディカは、スリムでおしゃれなデザインで人気のエスプレッソマシン
ご自宅でバリスタ気分を味わいながら、毎日美味しいエスプレッソを飲みたい方はぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか?

大きさや使い勝手、コーヒーの味などが気になって購入を迷っているなら、エスプレッソマシンのレンタルもおすすめです。

家電レンタルサービスRentioでは、デロンギ デディカをお得にレンタルできます。

[レンタル] デロンギ デディカ エスプレッソ・カプチーノメーカー EC680M – Rentio[レンティオ]

デディカ以外にも、上位モデルのコーヒーメーカーもレンタル可能。

レンタルできるコーヒーメーカーの種類や価格などプランの詳細については、こちらからチェックしてみてください。

[レンタル] エスプレッソマシン・コーヒーメーカー 一覧 – Rentio[レンティオ]

デロンギエスプレッソマシン関連記事

デロンギのエスプレッソマシン(全自動コーヒーメーカー)全機種比較!おすすめと選び方を解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

コスパ最強「デロンギ マグニフィカ」の特長・デメリットや口コミを解説!マグニフィカSとの違いも比較 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 調理家電・料理カテゴリのランキング

ピックアップ記事