Rentioによるカメラ・家電の徹底解説サイト

Rentio PRESS

ダイソンヘアードライヤーを使ってレビュー!注意点や新HD03と旧HD01の違いを徹底解説

更新日
ダイソンヘアードライヤーを使ってレビュー!注意点や新HD03と旧HD01の違いを徹底解説

皆さん。
掃除機で有名なあの『ダイソン(Dyson)』からヘアードライヤーが販売されていることはご存じですか。想像するだけでパワフルな風量を期待しちゃいますよね!

ドライヤーを購入するとなると、どれを選べば良いかとても難しいですよね。

特に重要なのは風量!!

乾かす時間が短ければ、身支度の時間短縮に!他のことが出来ちゃいます♪
毎日使用するものなので、ドライヤー選びはとても重要ですよね。

今回、ダイソンの「ヘアードライヤー HD01」を実際に2週間使用しその実力を検証したいと思います。また、最新モデル「HD03」と「HD01」の新旧2機種を比較してみました♪

 

Dyson Supersonic Ionic ヘアードライヤーとは

Dyson Supersonic Ionic ヘアードライヤーは、ダイソン(Dyson)製の家庭用ヘアドライヤーです。

パワフルな「ダイソン デジタルモーターV9」が13枚の羽根を持つインペラーを毎分最大110,000回転させ、3.5キロパスカルの風圧を生み出します。

他社のドライヤーと比べて平均6倍の速さで、重さも約3分の1となっています

 


「HD03」は、2019年9月11日発売の最新機種です

上記ドライヤーの色はアイアン/フューシャですが、現在様々な色のモデルが発売されています。


「HD01」は、2017年5月25日発売の旧モデル。

現在メーカーでは取り扱いがないものになりますが、現在もまだ市場には流通しております。

最新モデル「HD03」の特長

風の力ですばやく乾かすので髪にやさしい

髪をすばやく乾かす

パワフルなデジタルモーターとAir Multiplier テクノロジーが、コントロールされた高速の風をつくりだします。

過度な熱によるダメージを防ぎ、髪のツヤを守る

インテリジェント・ヒートコントロールが、風温を毎秒20回測定し、過度な熱によるダメージを防ぎます。

マイナスイオン

マイナスイオンを帯びた粒子が、髪の静電気を抑えます。

3段階の風速調節&4段階の風温調整機能

風速と風温のそれぞれ調節が可能です。

不快な音も低減

使用する際の音。重要ですよね。
パワフルなモーターは、不快な周波数の音を低減するように調整されています。

髪に合わせて取替えられるアタッチメント

ダイソンのドライヤーには、髪質やなりたい仕上がりに合わせて設計されたアタッチメントが付属されています。

マグネット式アタッチメントでワンタッチで着脱できて、360度回転できるので好みに合わせて風向きを簡単に変えられます。

スムージングノズル


手ぐしで乾かす際に♪
最大6倍なめらかなコントロールされた風で、髪をやさしく乾かしながらよりなめらかな髪に仕上げます。

スタイリングコンセントレーター


ブラシを使ったブローに
エッジ部分をより広く薄く設計したことで、周りの髪を乱すことなくブローしたい箇所に的確に風圧の高い風を送ります。

ディフューザー


カールやウェーブなど、パーマスタイルに♪
均一に分散した風が髪の縮れを防ぎ、ふんわりと乾かします。
長くなった突起部分が髪の奥深くまで届き、しっかりととらえます。弱めの風量、低め温度で使用すると効果的です。

ジェントルエアーリング


細い髪やデリケートな頭皮に♪
低温のやさしい風でありながら、髪をすばやく乾かします。

安全にも配慮

触れても熱くなりにくい

ヒートシールドテクノロジーにより、アタッチメントの表面が熱くなりにくいため、髪に近づけてスタイリングできます。

髪がからみにくい設計

リング状のデザインのため他のドライヤーと違い、髪が吸い込まれる心配がありません。

新旧モデル「HD03」と「HD01」を比較

最新モデル「HD03」と旧モデル「HD01」。新旧2つのドライヤーの違いを比較します

まずは、仕様表を見てみましょう。

HD03 HD01
重量697g630g
最大消費電力1200w1200w
風量2.4 m³/分2.4 m³/分
コードの長さ1.9 m1.9 m
通常時の最高使用温度100°C105°C
本体サイズ高さ245×幅78×奥行97mm高さ245×幅78×奥行97mm
付属品スムージングノズル
スタイリングコンセントレーター
ディフューザー
ジェントルエアーリング
滑り止めマット
スムージングノズル
スタイリングコンセントレーター
ディフューザー
滑り止めマット
収納ストラップ

仕様表を見ていただくと分かるのですが、大きさ・重さ・風量もほぼ一緒です

違いは、付属品と通常時の最高使用温度が5℃差があるくらいでした。

付属品の違い

最新モデル「HD03]では、付属品に『ジェントルエアーリング』が追加されました!

細い髪やデリケートな頭皮をやさしい風ですばやく乾かすことができます
髪質によって乾かし方を変えられるのは嬉しいですよね。

このアタッチメントの凄いのがマグネット式なところ!面倒な付け替えが不要なのです。
ワンタッチで付け替えができ、部分的に乾かし方を変えられます。

「ダイソン ヘアードライヤー HD01」を実際に使ってレビュー!

今回、「HD01」を実際に2週間レンタルして使用してみました!

使い方や実際の使用感を動画で解説

使い方や実際に使っている様子を撮影したのが、こちらの動画です。

ボタンも少なくシンプルな操作なのでそれほど迷うことはないと思います。
持ちやすい形状で、リング状のデザインなので髪が巻き込まれる心配もなく安心して利用ができました。

使用時の音については、人によっては気になるかもしれないので、ぜひ実際の動画を参考にしてください♪

※なお、今回の動画ではアタッチメントは使用しておりません。

風量がすごい!

普段髪が長いので、乾かすのに15分以上掛かるのですが、ダイソンのドライヤーだと平均9分で乾かすことができました

時間短縮!感激です!
マイナスイオン効果やうまく温度調節されているため、チリチリに髪が痛む心配もないです

ストレートもゆるフワも自由自在♪

写真左側はそのまま乾かした状態のストレート。右側は毛先のみ「ディフューザー」を使用しました。

毛先をディフューザーの上に乗せて乾かすだけです。
ワックスを少量付ければゆるフワヘアーが完成しちゃいます!

《ディフューザー》

月1度の定期メンテナンスが必要

月に一度もしくは、風速LEDディスプレイが3つ点灯した際は、お手入れの必要があります。

1.コンセントを抜きます。

2.写真のフィルターカバーの赤い点部分を左回りに回し、カバーを下げます。

3.写真のような埃がついている場合は、糸くずの出ない乾いた布で拭き取ります。
※水洗いはしてはいけません。

4.フィルターカバーをもとの位置に戻してメンテナス終了です。とても簡単です♪

まとめ

2週間ダイソンドライヤーを使用してみてとても気に入りました。
すぐ乾いて、髪が傷つきにくいというのは大きなポイントですね!

特に毎日使用するものは、慎重に商品選びをする必要がありますよね。

通常、旧モデルとなると市場では型落ちに伴って価格が落ちてきたりするものですが、こちらのダイソンドライヤーはそんなことはありません。
やはり良い商品なだけに人気が高いといえます。

ダイソンのドライヤーはレンタルができます

家電レンタルのRentioでは、最新モデルの「HD03」と「HD01」両方レンタル可能です

気になるドライヤーの実力をこの機会にお試ししてみては?

[レンタル] ダイソン ヘアードライヤー Super Sonic Ionic HD03 ULF – Rentio[レンティオ]
[レンタル] Dyson ヘアードライヤー HD01 IIF アイアン/フューシャ – Rentio[レンティオ]

その他のドライヤーにも興味がある方は、こちらからどうぞ♪

レンタルをして気に入れば、そのまま購入が可能です。

[レンタル] ドライヤー 一覧 – Rentio[レンティオ]

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 美容・ヘルスケア家電カテゴリのランキング

ピックアップ記事