「Anker PowerCore+ 26800 PD 45W」レビュー! 超大容量&高出力の高コスパ・トップエンドモデル

mouri
mouri

更新日2020/08/05

「Anker PowerCore+ 26800 PD 45W」レビュー! 超大容量&高出力の高コスパ・トップエンドモデル

更新日

ワイヤレスイヤホンからスマートウォッチ、スマホ、タブレット、GoPro、モバイルルーター、さらにはMacBookなどの大型デバイスまで、幅広いデバイスを素早く、そして繰り返し充電できるトップエンドのモバイルバッテリー。そんな華やかなプロフィールを持つ1台が、「Anker PowerCore+ 26800 PD 45W」です。

バッテリー容量は、Ankerのモバイルバッテリーのなかでも最大容量の26800mAh
最大45Wの入出力が可能な「USB Power Delivery」(USB PD)対応のUSB-Cポートを搭載するほか、同梱品として、最大60W出力を誇るUSB PD 対応USB急速充電器と、同じくUSB PD 対応のUSB-Cケーブルが付属。

税込9,999円(Amazonでの販売価格。2020年7月17日時点)というリーズナブルな価格ながら、1セットですぐに急速充電環境を整えられる高コスパ・ハイエンドモデルとなっています。

スマホを5回以上フル充電できる26800mAhの超大容量

Anker PowerCore+ 26800 PD 45W全景

26800mAhの超大容量バッテリーを備えた「Anker PowerCore+ 26800 PD 45W」。

スマホなら「iPhone 11」を6.2回、「Galaxy S9」を約5.5回、タブレットなら「iPad Pro」を2回以上、USBPD対応ノートPCなら「MacBook Pro 13」を約1.2回、「Dell XPS」を約1.1回充電できます。

ほぼすべてのスマホを5回以上フル充電できるので、約1週間、充電を「Anker PowerCore+ 26800 PD 45W」1台でまかなう、なんてことも。

実際、「Xperia 1」ユーザーである筆者も、「Anker PowerCore+ 26800 PD 45W」による充電だけで7日間過ごすことができました。

これだけの超大容量なので、モバイルバッテリー本体を充電するためのUSB急速充電器を持ち歩く必要もありません

機内持ち込みOK。国内外の旅行や出張にも安心して持ち出せる

なお、国内線・国際線ともに、機内に持ち込めるバッテリー容量は160Wh以下(2020年7月17日時点)と定められていますが、「Anker PowerCore+ 26800 PD 45W」のバッテリー容量は97.28Wh

超大容量モバイルバッテリーが活躍するであろう、国内外の旅行や出張に問題なく持ち出せるのはありがたいですよね。

最大45W出力のUSB PD対応。「MacBook Pro 13」を2時間半でフル充電

Anker PowerCore+ 26800 PD 45Wの入出力ポート

出力ポートは、最大45Wの高出力が可能なUSB PD対応のUSB-Cポートと、最大5V/2.4A(12W)の出力が可能なUSB-Aポート2基という構成。

USB PD は、iPhoneなら「iPhone 8」以降のモデルが対応しており、その圧倒的な充電速度でUSB機器のデファクトスタンダードになりつつあります。

ノートPCを充電するAnker PowerCore+ 26800 PD 45W

早速13インチの「MacBook Pro」を充電してみましたが、約2時間で充電完了。驚異的なスピードです。

さまざまなUSB機器をフルスピード充電できる「PowerIQ」

まだまだUSB-Aポートを採用する機器が多いことを考えると、USB-Aポートを2基備えている>のも朗報と言えるでしょう。

接続デバイスを検知し、最適な電流を供給するAnkerの独自技術「PowerIQ」にも対応しているので、あれこれ考えずデバイスを差してしまえばOK。さまざまなUSB機器を最適な出力でフルスピード充電できます。

スマホ、タブレット、ノートPCを充電するAnker PowerCore+ 26800 PD 45W

2台、3台のデバイスを同時に充電することも可能ですが、3ポートの合計最大出力は60Wなので、ノートPCの充電に45Wを使用する場合には、USB-Aポート2基で残りの15Wを分け合うことになります。充電速度と同時充電台数のどちらを優先するか、シーンに応じて使い分けるといいでしょう。

「低電流モード」対応。ワイヤレスイヤホンやスマートウォッチの充電も

このほか、入力電流量の小さいデバイスに対して最適な電流量で充電できる「低電流モード」も搭載。

ワイヤレスイヤホンやスマートウォッチ充電時も、過度な電流による故障の心配はありません

実感! USB PDならではの高出力を実測テスト

「USB電流電圧テスター」を使って出力を確認したところ、USB-Cポートが20.0V/2.12A(42.4W)USB-Aポートが5.12V/2.05A(10.49W)と、スペック通りの結果に。

「iPhone 11 Pro」と「DELL XPS 13」を2台同時に充電した場合も、これとほぼ同じ高出力を確認できました。

USB-Cポート Dell XPS 13:20.0V/2.12A(42.4W)

Anker PowerCore+ 26800 PD 45W出力テスト

USB-Aポート iPhone 11 Pro:5.12V/2.05A(10.49W)

Anker PowerCore+ 26800 PD 45W出力テスト

USB-Cポート Dell XPS 13:19.9V/1.96A(39.00W)
USB-Aポート iPhone 11 Pro:5.11V/2.00A(10.22W)

Anker PowerCore+ 26800 PD 45W出力テスト

最大60W出力の急速充電器を同梱。本体充電もスピーディに

コンセントに差さったAnker PowerPort Atom III 60W

容量も出力も最高峰。しかしその分、「モバイルバッテリー本体の充電時間が長い」ようでは魅力半減です。実際、20000mAhを超える超大容量クラスでは充電に10時間以上かかる製品も珍しくありません。

Anker PowerCore+ 26800 PD 45WとAnker PowerPort Atom III 60WとトラベルポーチとUSB-Cケーブル

その点、「Anker PowerCore+ 26800 PD 45W」なら、最大60W出力が可能なUSB PD 対応USB急速充電器Anker PowerPort Atom III 60Wが付属し、モバイルバッテリー本体をわずか約3.5時間でフル充電できます。

一般的な5Wの充電器ではフル充電に24時間以上かかることを考えると、にわかには信じがたいほどの充電スピードです。

100-240V対応で海外での充電もOK

充電中のAnker PowerCore+ 26800 PD 45W

もちろん、急速充電器「Anker PowerPort Atom III 60W」はMacBookやGoPro、iPhoneなど、モバイルバッテリー本体以外の充電にも使用できるほか、100-240V対応なので海外でも問題なく使えます

なお、出力ポートはUSB-Cポート1基のみ。USB-AとUSB-Cの2ポートを使いたい人は、別売の急速充電器「Anker PowerPort Atom III (Two Ports)」もおすすめです。

納得できるサイズと重さ

スマホと並ぶAnker PowerCore+ 26800 PD 45W

「Anker PowerCore+ 26800 PD 45W」の本体サイズは約180(幅)×約80(奥行)×約24(高さ)mm、重さは約581g

サイズは10000mAhクラスのモバイルバッテリーとそれほど変わらない印象ですが、26800mAhの超大容量モデルだけあって、重さはそれなりにあります

ただ、「Anker PowerCore+ 26800 PD 45W」を選ぶのは複数のデバイスを持ち歩くヘビーユーザーが多いであろうこと、また、普段使いというよりは長期の旅行や出張で活躍するであろう製品特性を鑑みると、このサイズ、この重量でも十分に納得はできます

美しく機能的なラウンドデザイン

Anker PowerCore+ 26800 PD 45WのLEDインジケーター付き電源ボタン

重さの割に持ちやすく感じるのは、面取り仕上げが施されたラウンドフォルムによるところが大きいでしょう。

カバンの中での引っかかりにくさや、シンプルで飽きの来ないデザイン、充電量を10段階で確認できるLEDインジケーターを含めて、モバイルバッテリーのリーディングブランドであるAnkerらしい、細やかなモノ作りを垣間見ることができます。

「Anker PowerCore+ 26800 PD 45W」スペック

モデル名 Anker PowerCore+ 26800 PD 45W
容量 26800mAh
寸法 約180(幅)×約80(奥行)×約24(高さ)mm
重量 約580g
出力ポート(最大出力) USB-A(12W)、USB-C(45W)
出力ポート数(最大合計出力) 3(60W)
USB PD
QC ×
PowerIQ
入力ポート USB-C
最大入力 45W
Amazon税込価格(※2020年7月17日時点) 9,999円

すべてに妥協したくない人が選ぶべき1台

最高峰のスペックを備えたモバイルバッテリーを探しているのなら、「Anker PowerCore+ 26800 PD 45W」をチェックしない手はないでしょう。

バッテリー容量は26800mAhで、USB PD対応のUSB-Cポートを含む3基の出力ポートを搭載し、コストパフォーマンスも文句なし。

さらに単体で税込3,490円の「Anker PowerPort Atom III 60W」が同梱される点はとりわけ大きなトピックではないでしょうか。

気になる重量についても、用途やターゲット層を考えると、それほど大きな弱点とはならないはず。「妥協」を知らないハイスペックモバイルバッテリーの実力を、ぜひ手に取って体感してみてください。

モバイルバッテリーはレンタルもできる

スマホを充電するAnker PowerCore+ 26800 PD 45W

旅行やキャンプなど、短期間だけモバイルバッテリーを使うならレンタルもおすすめです。

家電レンタルのRentioでは、各種モバイルバッテリーを3泊4日~レンタル可能

カメラやポケットWi-Fiなど旅行に役立つアイテムと一緒に借りられるので、普段より容量の大きいモバイルバッテリーを使いたい方は、ぜひ試してみてください。

[レンタル] モバイルバッテリー・ポータブル電源 一覧 – Rentio[レンティオ]

[レンタル] 旅行で役立つアイテム特集 – Rentio[レンティオ]

関連記事

Ankerのモバイルバッテリー全28種を一覧表で比較!容量別おすすめと選び方のポイントを解説します – Rentio PRESS[レンティオプレス]

[最新] モバイルバッテリーの容量別おすすめ13機種を一覧比較!軽い・大容量・ハイパワーな一台の選び方 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

よく読まれている記事モバイルバッテリー・充電機器カテゴリのランキング

ピックアップ記事