Anker PowerCore 15000 Reduxの実機レビュー!コンパクトさ重視の大容量モデル

まーしー
まーしー

公開日2020/08/24

Anker PowerCore 15000 Reduxの実機レビュー!コンパクトさ重視の大容量モデル

公開日

「10,000mAhだと容量が少ない、20,000mAhを超えると大きく重すぎる、、、」

モバイルバッテリー選びでこのようにお悩みの方におすすめするのが「Anker PowerCore 15000 Redux」です。

そこで、この記事では「Anker PowerCore 15000 Redux」の特長と実機レビューについてまとめましたので参考にしてください。

Anker PowerCore 15000 Reduxの特長

Anker PowerCore 15000 Redux

「Anker PowerCore 15000 Redux」は「iPhone 11」を約3.6回、「Galaxy S10」を約3.3回、「iPad Pro(2018, 11インチ)」なら約1.4回充電できるバッテリー容量がありながらコンパクトサイズであることが魅力の製品です。

Ankerの大容量10000mAhクラスモバイルバッテリーの中で最もバッテリー容量があるモデルとなります。

大容量なのにコンパクトサイズ

Anker PowerCore 15000 Reduxのサイズ感

「Anker PowerCore 15000 Redux」は約104×73×25mmの大きさなので、成人男性の手のひらにすっぽり収まるくらいのサイズ感です。

重さが約269g(500mlペットボトルの半分)あるので、それなりの重量感があります。

モバイルバッテリーの厚みはスマホ2台分くらいなので、ズボンのポケットや鞄のサイドポケット等にも収納しやすく、大容量ながら携行性に優れたモバイルバッテリーと言えるでしょう。

2つのポートで同時充電が可能

Anker PowerCore 15000 Reduxのポート

「Anker PowerCore 15000 Redux」はPowerIQ対応のUSB-Aポートが2つ搭載されており、スマホとアクションカメラなど複数のモバイル端末を同時に充電することができます。

各USBポートは最大12Wの出力(2ポート同時使用なら最大15W)で、Anker独自技術であるPowerIQによって機器毎に最適なスピードで充電が可能です。

製品スペック一覧表

ここまでの特長も含め「Anker PowerCore 15000 Redux」の製品スペックを一覧表にまとめました。

製品項目 スペック詳細
容量 15000mAh
カラー ブラック
寸法(mm) 約104×約73×約25
重量 約269g
出力ポート (最大出力) USB-A (12W)×2
出力ポート数 (最大合計出力) 2 (15W)
USB PD ×
Quick Charge ×
PowerIQ
入力ポート (最大入力) MicroUSB (10W)
その他特徴 低電流モード
公式税込価格
(2020年7月29日時点)
3,299円

Anker PowerCore 15000 Reduxの出力チェック

Anker PowerCore 15000 Reduxの出力チェック

実際に「USB電流電圧テスター」を用いて、「Anker PowerCore 15000 Redux」の電力出力チェックを行ってみました。

※モバイルバッテリーの出力は機器の充電状況によって変動するため、記載の結果はあくまでも弊社で行った時の確認結果となりますことを予めご了承ください。

片側のUSB-Aポートの場合

Anker PowerCore 15000 Reduxの出力チェック

USB-AポートでiPhone8 Plusを充電した結果は約7.8W(5.16V/1.53A前後)となりました。

iPhone8 Plusの純正ケーブルの電圧は5Vとなりますので、PowerIQが端末を認識し最適な電流として1A程度になるよう自動調整されたことになります。

スマホ充電としては充分な電流量が供給されていることが確認できます。

Anker PowerCore 15000 Reduxの実機レビュー

MacBook Pro(13インチ,2017)にUSB A to USB Cのケーブルで繋いでみると約12W(5.09V/2.36A前後)となり、1ポート最大の12W出力も確認できました。

MacBook Proでは2分で1%程度の充電しかできませんでしたが、iPadなどのタブレットの充電には十分なスペックだと思います。

実際にはノートパソコンを充電するには「Anker PowerCore 15000 Redux」は適しておりませんので、さらに大容量&高出力の「Anker PowerCore+ 26800 PD 45W」がおすすめです。

「Anker PowerCore+ 26800 PD 45W」レビュー! 超大容量&高出力の高コスパ・トップエンドモデル – Rentio PRESS[レンティオプレス]

2つのUSB-Aポートを同時利用した場合

「iPhone 8 Plus」と「Xperia XZ1」を同時接続して充電すると「iPhone 8 Plus」が約7.7W(5.09V/1.52A前後)「Xperia XZ1」が約3.9W(5.16V/0.76A前後)となり合計11.6Wとなりました。

「iPhone 8 Plus」と「MacBook Pro(13インチ,2017)」を同時接続した場合は「iPhone 8 Plus」が約4.0W(4.64V/0.87A前後)「MacBook Pro(13インチ,2017)」が約11.7W(5.06V/2.33A前後)となり合計15.7Wとなりました。

2ポートを同時に使用するとそれぞれの出力は落ちてしまうので、すばやく充電したい時には1ポートのみを使って充電するといいでしょう。

低電流モードの場合

Anker PowerCore 15000 Reduxの出力チェック

「低電流モード」は約1.5W(5.09V/0.31A前後)となりました。

通常の約5分の1の電流量になりますので、ワイヤレスイヤフォンのような小型のウェアラブル端末を安全に充電したい時に活用してください。

Anker PowerCore 15000 Reduxの低電流モード

本体の電源ボタンを2回連続で押すか2秒以上押し続けると「低電流モード」になります。

「低電流モード」であるか確認するには、バッテリー残量表示の1つが緑色に変わっていることをチェックしてください。

Anker PowerCore Essential 20000と比較して決めよう

Anker PowerCore 15000 ReduxとAnker PowerCore Essential 20000を比較

「Anker PowerCore 15000 Redux」は、できるだけたくさんのバッテリー容量がありつつもサイズや重さを重視して使いたい方におすすめのモバイルバッテリーです。

ただしAnkerには+700円で購入できる20,000mAhの「Anker PowerCore Essential 20000」もありますので、どこまでのサイズや重さなら許容できるのか今一度検討すると良いでしょう。

PowerCore Essential 20000 Anker PowerCore 15000 Redux
容量 20000mAh 15000mAh
カラー ブラック ブラック
寸法(mm) 158×74×19 104×73×25
重量 343g 269g
出力ポート (最大出力) USB-A (12W)×2 USB-A (12W)×2
出力ポート数 (最大合計出力) 2 (15W) 2 (15W)
USB PD × ×
Quick Charge × ×
PowerIQ
入力ポート (最大入力) MicroUSB (10W)、USB-C (10W) MicroUSB (10W)
その他特徴 低電流モード 低電流モード
公式税込価格
(2020年7月29日時点)
3,999円 3,299円
PowerCore Essential 20000 Anker PowerCore 15000 Redux

モバイルバッテリーはレンタルもできる

Anker PowerCore 15000 Redux

旅行やキャンプなど、短期間だけモバイルバッテリーを使うならレンタルもおすすめです。

家電レンタルのRentioでは、3泊4日から各種モバイルバッテリーのレンタルが可能です。

カメラやポケットWi-Fiなど旅行に役立つアイテムと一緒に借りられるので、普段より容量の大きいモバイルバッテリーを使いたい方は、ぜひ試してみてください。

[レンタル] モバイルバッテリー・ポータブル電源 一覧 – Rentio[レンティオ]

[レンタル] 旅行で役立つアイテム特集 – Rentio[レンティオ]

関連記事

Ankerのモバイルバッテリー全28種を一覧表で比較!容量別おすすめと選び方のポイントを解説します – Rentio PRESS[レンティオプレス]

[最新] モバイルバッテリーの容量別おすすめ13機種を一覧比較!軽い・大容量・ハイパワーな一台の選び方 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

よく読まれている記事モバイルバッテリー・充電機器カテゴリのランキング

ピックアップ記事