楽天モバイル“UN-LIMIT 2.0”レビュー!実際に使ってわかったメリット・デメリットを徹底解説

M.Akagi
M.Akagi

公開日2020/08/21

楽天モバイル“UN-LIMIT 2.0”レビュー!実際に使ってわかったメリット・デメリットを徹底解説

公開日

日本のスマホ代は高すぎる!」というCMで、プラン料金1年無料、楽天回線エリアならデータ・通話し放題を打ち出すなど挑戦的な姿勢を打ち出す楽天モバイルの”UN-LIMIT 2.0″。

私も今回、一人暮らし用のネット回線として契約してみたため、実際に使ってみてわかったメリットとデメリットをお伝えしたいと思います!

ちなみに、私が楽天モバイルを使用した環境としては以下の通りです。

  • 使用エリア:東京都23区南部(楽天回線エリア内)
  • 自宅スペック:木造アパートの1階、周辺は一軒家が多い住宅街
  • 使用スマホ:Huawei P20 lite(動作保証なし)、Galaxy A7(動作保証あり)

使ってみてよかった!実感できたメリット

通信速度は特に問題なし!動画も快適に視聴OK!

自宅にて通信速度をテストしてみたところ、一般的に混雑しやすい夜10時でも約39.7Mbpsと、4G通信としてはまずますの通信速度でした。

また、せっかくなのでNetFlixをSD画質で1ヶ月だけ契約して、3日に分けていろいろイッキ見してみることに。

1日目:ドラマ1シーズン分(12話:約10.8時間分)

2日目:アニメ2シーズン分(24話:約9.6時間分)

3日目:映画2本(約3.7時間)

NetFlixのSD画質の場合、これらを見ると合計で約17GBほど使用することになります。(1時間当たり0.7GBとして計算)

普通に使用したらギガ的に心配になりそうな内容ですが、視聴中も視聴後も特に速度制限を受けることなく快適に使用することができました♪

Youtubeについても、720pほどの画質であれば特にストレスなく楽しめたので、速度面での不満は特にありませんでした。

縛りがない&1年無料なので気楽に契約できる

以前大容量Wi-Fiサービスについてご紹介しましたが、大手キャリアはもちろん、「大手よりおトク」なこのようなサービスでも、2年縛りがあるサービスが一定数あります。

大容量モバイルWi-Fiおすすめ5選。月3000円台で使い放題!?ギガ不足な方や一人暮らしのネット回線に – Rentio PRESS[レンティオプレス]

しかし、楽天モバイルUN-LIMITは、キャンペーンにより1年無料&解約の縛りがないという気軽に試しやすい状況になっています。

また、契約事務手数料は支払うことになりますが、こちらもキャンペーンにより契約事務手数料相当額の楽天ポイントがプレゼントされるなど、かなり負担感の少ない形となっています。

使ってみてダメそうなら解約しよう」「テレワークが今後も続くか読めないからいつでも辞められるのがいい」といった方にとって、柔軟に使えるのはうれしいですね!

公式には対応していない機種でも実は使えるかも?

私の場合、持っていたP20 liteは「データ通信とSMSはできるけど通話は不可」とのことでしたが、当初はあくまでデータ通信用のサブ回線として割り切って、スマートフォンにSIMだけ入れて使用していました。

特に「サブ回線としてネットさえできればOK」という方の場合は、「データ通信」の部分が動作確認済なら、割り切って使用できる可能性があると言えるでしょう。

(ただし、公式対応ではない機種の場合、別途APN設定が必要になる場合があります。APN設定については楽天モバイルのヘルプページに記載があります)

また、口コミになるため確実性は落ちますが、SNS上で「(持っている機種名) 楽天モバイル」などの形で検索することで、使えそうかどうかを見てみる手もあります。

楽天モバイルの「う~ん」と思ったデメリット

使い放題エリアがまだまだ狭い

楽天モバイルUN-LIMITの使用エリアは、使い放題の楽天回線エリアと、月に5GBまでの「パートナー(au)回線エリア」の2種類があり、肝心の楽天回線エリアは、2020年8月現在では残念ながらまだまだ限られています。

7月末現在、基本的に東京・名古屋・大阪を中心にしたエリア以外は、ポツポツとある程度で、大半の地域はパートナー回線エリアという形になっています。

23区内など、楽天回線エリアが広い場所からあまり出ない場合は気にならないのですが、通勤などでエリアをまたぐ移動をする場合はどうしても気になってしまいます・・・。

関東では23区内やさいたま市であればほぼ楽天回線エリア内(地図上の濃いピンク部分)、千葉市は比較的広い範囲が楽天回線エリアですが、横浜市や多摩方面ではまだパートナー回線エリア(地図上の薄いピンク部分)が目立つ状況にあります。

通勤で利用する人が多いエリアでも、まだまだ整備が進んでいない状況がうかがえます。

また、札幌はある程度楽天回線エリアはあるものの、中心部の大通・すすきの付近がパートナー回線エリアという残念な状態に・・・。

詳しくエリアを確認されたい方は、楽天モバイルの「サービスエリア」ページより確認することができます。

なお、地図上では楽天モバイルのエリア内でも、基地局やアンテナの関係でパートナー回線での接続となる場合があります。そのため、適宜楽天モバイルアプリ等で楽天回線エリア内かどうかを確認しながら使用した方が良さそうです。

建物内(特に鉄筋コンクリート造)は電波が入りにくい

楽天モバイルは、楽天回線では1.7~1.8 GHz帯の電波を使用しており、プラチナバンド(700〜900MHz帯)に比べると電波が入りにくい特性があります。

一例として鉄筋コンクリート造オフィスで、窓から5mほど離れると・・・

このように電波がかなり弱くなってしまいます。建物奥の方で通信をする場合は注意が必要そうです。

通信速度制限に関して表記が不明確(1日10GBが目安?)

サイト上では「完全使い放題」とうたっているものの、SNS上での口コミを見ると、楽天回線エリアで1日10GBほどを使用すると通信速度に制限がかかるようです。

実際に比較的容量の大きいゲームのダウンロードを行ったところ、しばらくすると通信速度が落ちた様子が見られました。(その後翌日には元に戻りました)

なお、通信制御がかかっても、楽天回線の場合は約2~3Mbps程度の速度は出るため、Webサイトや画質を抑えた動画視聴であれば使用はできそうです。

私の場合、休日は1日4GBほど、平日が1日1~2GBほどのデータ使用量ですし、制限後もある程度の速度は出るので許容範囲ではありますが、

楽天モバイル上では「公平にサービスを提供するため通信速度の制御を行うことあり」とのみ記載されており、もう少し明確に記載してもらえると安心かなと感じました。

楽天回線エリア内ならコスパ抜群!今後の楽天回線のカバー範囲拡大に期待。

楽天回線エリアは大幅に限られてしまったり、一部電波が入りにくい等の問題はあるものの、契約事務手数料のみの負担で、開通日から1年間無料で使用できる大きな魅力を持っているのは間違いありません。

1日10GB以降の通信に制限がかかるとしても、30日間で300GBは快適に使えると考えられますし、この内容で無料期間が終わっても月額2,980円(税抜)なので、大手キャリアの50~60GBプランよりもコストパフォーマンスに優れています。

使い放題エリアにお住まいで、テレワークや一人暮らしなどで大容量通信を安く使用したい方にとっては、有力候補となるキャリアと言えるのではないでしょうか。

また、「21年3月末までには人口カバー率70%に到達予定」とのアナウンスもありましたので、ぜひ楽天モバイルには基地局の整備を進めてもらい、全国でガンガン使えるキャリアとなるように頑張っていただきたいところです。

楽天モバイル公式対応機種、レンタルで使ってみるという手も

「楽天モバイルは試してみたいけど、対応機種をわざわざ買うのもなぁ」「購入も検討してるけど、いろいろ不安だな」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

楽天モバイルに公式に対応している機種は結構少なく、特にiPhoneでの使用は今のところ期待できない状況です。

そんな時に便利なのがレンタルサービス家電レンタル「Rentio」では、楽天モバイル公式対応機種のHuaweiのP30 liteを14泊15日からレンタルすることができます!

「楽天モバイルはお試しで使うから、わざわざ対応機種を買いたくない」という方には特におすすめです!

また「急にスマホが壊れたので当分の間のスマホが欲しい!」という使い方もOKです♪

[レンタル] HUAWEI P30 lite ブルー (SIMフリー) – Rentio[レンティオ]

「もらえるレンタル」なら新品を使えて、3ヵ月経過後は都合に合わせて返却OK!

さらに、新品をレンタルできる「もらえるレンタル」プランは、3ヶ月経過後は返却してレンタル終了もできるシステムなので、解約の縛りがない楽天モバイルUN-LIMITとの相性もGOOD!

「楽天モバイルはもういいや」という場合は楽天モバイルの解約に合わせてスマホも返却できますし、気に入ったらそのまま継続したり、12か月レンタルしてP30 liteを自分の物にすることもできたりと都合に合わせて柔軟に使うことができます♪

Leicaのトリプルカメラを搭載しており、SNSなどに写真を上げる機会が多い方にとってもちょうどいい楽天モバイル公式対応機種のHuawei P30 lite。ぜひレンタルで楽天モバイルと一緒に体験してみてはいかがでしょうか?

[月額レンタル] HUAWEI P30 lite ブルー (SIMフリー)[もらえるレンタル 対象品] – Rentio[レンティオ]

よく読まれている記事役立つ知識カテゴリのランキング

ピックアップ記事