Anker PowerCore III Elite 25600 87W実機レビュー!超高出力でノートPCもフルスピード充電

まーしー
まーしー

公開日2020/10/29

Anker PowerCore III Elite 25600 87W実機レビュー!超高出力でノートPCもフルスピード充電

公開日

Ankerのモバイルバッテリーの中で「Anker PowerCore III Elite 25600 87W」は最も高出力な製品です。

バッテリー容量も多いため、ノートパソコンの充電はもちろん、防災用としても役立つこと間違いありません。

そこで、今回は「Anker PowerCore III Elite 25600 87W」の特長を調べ、実機レビューをまとめました。

Anker PowerCore III Elite 25600 87Wの特長

Anker PowerCore III Elite 25600 87W

「Anker PowerCore III Elite 25600 87W」は超高出力&超大容量のモバイルバッテリーです。

移動時間やカフェなど場所を選ばずにノートパソコンやタブレットを使うことが多い方に魅力的な製品です。

最大87Wの超高出力

Anker PowerCore III Elite 25600 87Wは高出力

「Anker PowerCore III Elite 25600 87W」はUSB-Cポート単体で利用すると最大87Wの高出力になります。

スマホやタブレットはもちろん、次のようなノートパソコンでも急速充電が可能です。

  • MacBook Air 13インチ / MacBook 12インチ / MacBook Pro 13インチ / MacBook Pro 16インチ
  • Lenovo ThinkPad X1 / X390 / E490
  • Dell XPS 13 / XPS 15 / Inspiron 5480
  • Huawei MateBook 13 / MateBook X / MateBook X Pro 2019
  • HP EliteBook X360 / Spectre x2 12インチ / Spectre x360 2019 / Spectre Folio

PowerIQ 3.0 (Gen2)による高い互換性

AnkerのPowerIQ 3.0

「Anker PowerCore III Elite 25600 87W」に搭載されているのはPowerIQ 3.0 (Gen2)であり、Appleの高速充電・Qualcomm® Quick Charge™(QC)・USB PDなど幅広いデバイスでの急速充電規格と互換性があります。

iPhone12もUSB-C to Lightningへの移行によりPD対応製品を使えるようになりましたし、特に最新のモバイル端末を利用している方はPowerIQ 3.0 (Gen2)のモバイルバッテリーを選ぶようにしたほうが良いでしょう。

最大4ポート同時充電が可能

Anker PowerCore III Elite 25600 87Wは4ポート

超高出力のUSB-Cポートを含め、「Anker PowerCore III Elite 25600 87W」には全部で4つのUSBポートがあります。(USB-Cポート×2,USB-Aポート×2)

公式では各ポートの出力合計を以下のようにまとめています。

ポート数 使用ポート 合計出力(最大)
1 USB-C 87W
USB-A 18W
2 USB-CとUSB-A USB-C:60W
USB-A:18W
USB-C×2 USB-C:60W
USB-C:18W
USB-A×2 USB-A×2合計で15W
3 USB-CとUSB-A×2 USB-C:60W
USB-A×2合計で15W
USB-C×2とUSB-A USB-C: 18W
USB-C:45W
USB-A:15W
4 USB-C×2とUSB-A×2 USB-C:18W
USB-C:45W
USB-A×2合計で15W

25600mAhの超大容量でスリムボディ

Anker PowerCore III Elite 25600 87Wは超大容量のスリムボディ

「Anker PowerCore III Elite 25600 87W」は超大容量の25600mAhがあり、目安としてiPhone 11 Pro Maxを約4回、iPad mini 5を約3回、 MacBook Airを1回以上満充電できるボリュームです。

バッテリー容量が大きいので約573gと少々重いですが、薄さが約24mmとスリムなので携行性に優れたモバイルバッテリーと言えるでしょう。

バッテリーフル充電も最短2時間

Anker PowerCore III Elite 25600 87Wは充電スピードも早い

「Anker PowerCore III Elite 25600 87W」は最大100Wの本体充電に対応しているので、65W出力の充電器を使えば約2時間でフル充電になります。

付属のUSB-C&USB-Cケーブルも最大60Wに対応したものなので、「Anker PowerPort III 65W Pod」と合わせて使うと効率がグンと上がります。

なお、例えば12W出力の充電器を使うとフル充電までに9時間以上かかる場合があるため、できるだけ出力数の高い充電器も用意することをおすすめします。

60Wの充電器なら約2.5時間でフル充電を確認

65W以上の急速充電器がなかったので、自宅にあったMacBook Pro付属の「61W USB-C電源アダプタ」や「Anker PowerPort Atom III 60W」で充電時間を計測してみたところ、約2.5時間で満タンになりました。

自宅PCの充電器の出力数次第ではある程度の代用も可能だと思いますので、急速充電器購入前に一度調べてみることをおすすめします。

なお、本体充電の入力は最大100Wまで対応しております。

「Anker PowerCore+ 26800 PD 45W」レビュー! 超大容量&高出力の高コスパ・トップエンドモデル – Rentio PRESS[レンティオプレス]

製品スペック一覧表

ここまでの特長も含め「Anker PowerCore III Elite 25600 87W」の製品スペックをまとめました。

製品項目 スペック詳細
容量 25600mAh
カラー ブラック
寸法(mm) 約183.5mmx82.4mmx24.0mm
重量 約573g
出力ポート(最大出力) USB-C(87W)×2
USB-A(18W)×2
ポート数(最大合計出力) 4(78W)
※3ポート同時充電(75W)
※2ポート同時充電(78W)
USB PD
Quick Charge
PowerIQ ○※PowerIQ 3.0 (Gen2)
入力ポート (最大入力) USB-C(100W)
低電流モード
公式税込価格
(2020年10月9日時点)
10,490円

Anker PowerCore III Elite 25600 87Wの出力チェック

Anker PowerCore III Elite 25600 87Wの出力

実際に「USB電流電圧テスター」を用いて、「Anker PowerCore III Elite 25600 87W」の電力出力チェックを行ってみました。

※モバイルバッテリーの出力は機器の充電状況によって変動するため、記載の結果はあくまでも弊社で行った時の確認結果となりますことを予めご了承ください。

USB-Cでノートパソコンを充電した場合

Anker PowerCore III Elite 25600 87WのUSB-AでノートPC充電

PowerIQ 3.0 (Gen2)対応のUSB-CにMacBook Pro(13インチ,2017)を接続したところ、約57.82W(19.6V/2.95A前後)の値となりました。

「Anker PowerCore III Elite 25600 87W」があれば、電源がないところでも付属の「61W USB-C電源アダプタ」と同等の出力を得られることになります。

16インチのMacBook Proでも付属する「96W USB-C電源アダプタ」とほぼ同等の出力を得られますので外出時でも頼もしいモバイルバッテリーです。

USB-Cでスマホ単体を充電した場合

Anker PowerCore III Elite 25600 87WのUSB-Cでスマホ充電

独自の充電規格「VOOC」、「Quick Charge 2.0」に対応のOPPO Reno3 Aに付属のUSB-C to USB-Cを使って充電したところ約16.29W(9.0V/1.37A前後)のパフォーマンスを発揮し、9V=3Aの理論値に近い値となりました。

USB-Cでノートパソコンとスマホを同時充電した場合

Anker PowerCore III Elite 25600 87WのUSB-AでノートPCとスマホを同時充電

USB-CにそれぞれMacBook ProとOPPO Reno3 Aを繋げて同時に充電したところ、MacBook Proへの出力は約57.62W(19.6V/2.94A前後)となりました。

ノートパソコン単体で充電したときと変わらない出力を確認することができました。

3つのUSBポートで同時充電した場合

Anker PowerCore III Elite 25600 87Wの3ポート同時充電時の出力

Anker PowerCore III Elite 25600 87Wの3ポート同時充電時の出力

USB-CポートにMacBook ProとOPPO Reno3 A、USB-AにiPhone8 Plusを繋げて3ポート同時に充電してみました。(※ポート間隔が狭かったためMacBook Proに接続したUSB-Cの電圧チェッカーのみの確認)

結果は約43.54W(19.7V/2.21A前後)となり、USB-Cの2ポート同時充電のときと比較して出力が約25%減少しました。

4つのUSBポートで同時充電した場合

Anker PowerCore III Elite 25600 87Wの4ポート同時充電時の出力

Anker PowerCore III Elite 25600 87Wの4ポート同時充電時の出力

さらにUSB-AポートにQuick Charge 3.0対応のBOOX MAX3(Android E-inkタブレット)を追加して4ポート同時充電の出力を確認したところ、約43.96W(19.8V/2.22A前後)となりました。

MacBook Proへの充電としてはパワー不足ですが、MacBook Air程度のノートパソコンなら十分な出力と言えるでしょう。

USB-Aでスマホを充電した場合

Anker PowerCore III Elite 25600 87WのUSB-Aでスマホ充電

USB-AはPowerIQ 2.0に対応しているので、Quick Charge 3.0やAppleの急速充電規格の製品ならば最大18Wの出力に達します。

「Quick Charge 2.0」に対応のOPPO Reno3 AにUSB-A to USB-Cケーブルで充電してみると、約13.15W(9.13V/1.44A前後)の出力を確認することができました。

iPhone8 Plusの場合

Anker PowerCore III Elite 25600 87WのUSB-Aでスマホ充電

iPhone8 Plusに通常のUSB-A to Lightningケーブルを接続して充電した場合は約7.635W(5.09V/1.50A前後)の出力となりました。

2台のスマホを同時充電した場合

USB-Cで2台のスマホを同時充電

OPPO Reno3 Aに加えてPD対応のUSB-C to Lightningケーブルを使ってiPhone8 Plusも接続し、2つのUSB-Cポートを使って同時充電のパフォーマンスも計測しました。(※ポート間隔が狭かったためOPPO Reno3 Aに接続したUSB-Cの電圧チェッカーのみの確認)

OPPO Reno3 Aへの出力は約16.67W(8.82V/1.89A前後)となり、USB-Cの出力は同時充電でも単体充電と変わらないことが確認できました。

USB-CとUSB-Aで同時にスマホ充電した場合

Anker PowerCore III Elite 25600 87WのUSB-AとUSB-Cでスマホを同時充電

USB-A to Lightningケーブルを接続したiPhone8 Plus、USB-C to USB-Cケーブルを接続したOPPO Reno3 Aを同時に充電した結果は以下のとおりです。

  • USB-C(OPPO Reno3 A)約16.36W(8.99V/1.82A前後)
  • USB-A(iPhone8 Plus)約7.79W(5.09V/1.53A前後)

低電流モードの場合

Anker PowerCore III Elite 25600 87Wの省電力モード

USB-Aポートに純正のLightningケーブルを接続して「AirPods」を低電流モードにして充電したら約0.10W(5.12V/0.02A前後)となりました。

低電流モードは電源ボタンの2回押しもしくは2秒間押し続けると切り替わります。

Anker PowerCore III Elite 25600 60Wとの違い

「Anker PowerCore III Elite 25600 87W」と似たモバイルバッテリーに「Anker PowerCore III Elite 25600 60W」があります。

2つのモバイルバッテリーの主な違いは出力数・ポート数・本体カラーリング・販売価格です。

スペックと販売価格を天秤にかけて、適したモデルを購入すると良いでしょう。

スペック比較 PowerCore III Elite 25600 87W PowerCore III Elite 25600 60W
容量 25600mAh 25600mAh
寸法(mm) 約183.5mmx82.4mmx24mm 約184.0mmx82.0mmx24mm
重量 約573g 約568g
出力ポート(最大出力) USB-C(87W)×2
USB-A(18W)×2
USB-C(60W)
USB-A(18W)×2
ポート数(最大合計出力) 4(78W)
※3ポート同時充電(75W)
※2ポート同時充電(78W)
3(75W)
※2ポート同時充電(78W)
USB PD
Quick Charge
PowerIQ ○※PowerIQ 3.0 (Gen2) ○※PowerIQ 3.0 (Gen2)
入力ポート (最大入力) USB-C(100W)
※最短2時間フル充電
USB-C(60W)
※最短3時間フル充電
低電流モード
付属品 USB-C&USB-Cケーブル,トラベルポーチ USB-C&USB-Cケーブル,トラベルポーチ
公式税込価格
(2020年9月8日時点)
10,490円 8,490円

「Anker PowerCore III Elite 25600 60W」の実機レビューはこちら!
Anker PowerCore III Elite 25600 60Wの実機レビュー!ノートパソコンの充電におすすめ – Rentio PRESS[レンティオプレス]

外出先でもノートPCを急速充電できるモバイルバッテリー

Anker PowerCore III Elite 25600 87W

「Anker PowerCore III Elite 25600 87W」は2020年10月現在、Anker史上で最も出力数の高いモバイルバッテリーです。

外出先でノートPCをただ充電するだけでは満足できず、できるだけ短時間で充電できるスペックがほしい方には大は小を兼ねるおすすめのモバイルバッテリーだと言えるでしょう。

モバイルバッテリーはレンタルもできる

旅行やキャンプなど、短期間だけモバイルバッテリーを使うならレンタルもおすすめです。

家電レンタルのRentioでは、3泊4日から各種モバイルバッテリーのレンタルが可能です。

カメラやポケットWi-Fiなど旅行に役立つアイテムと一緒に借りられるので、普段より容量の大きいモバイルバッテリーを使いたい方は、ぜひ試してみてください。

[レンタル] モバイルバッテリー・ポータブル電源 一覧 – Rentio[レンティオ]

[レンタル] 旅行で役立つアイテム特集 – Rentio[レンティオ]

関連記事

Ankerのモバイルバッテリー全28種を一覧表で比較!容量別おすすめと選び方のポイントを解説します – Rentio PRESS[レンティオプレス]

[最新] モバイルバッテリーの容量別おすすめ13機種を一覧比較!軽い・大容量・ハイパワーな一台の選び方 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

よく読まれている記事モバイルバッテリー・充電機器カテゴリのランキング

ピックアップ記事