Anker PowerWave Magnetic Padを実機レビュー!Magsafe充電器との違いとは

まーしー
まーしー

更新日2021/08/16

Anker PowerWave Magnetic Padを実機レビュー!Magsafe充電器との違いとは

Qi規格のモバイル端末が増え、置くだけで充電できるワイヤレス充電器はより身近に感じるようになりました。

特にAppleのMagSafe充電器が登場してから、効率的かつ安定した充電ができるマグネット式のワイヤレス充電器も増えてきたように思います。

そんなマグネット式のワイヤレス充電器ですが、モバイルバッテリー大手のAnkerからも2021年1月29日に発売されました。

そこで、この記事ではAnker PowerWave Magnetic Padの特長と実機レビューを紹介したいと思います。


Anker PowerWave Magnetic Padの特長

Anker PowerWave Magnetic Padの実機レビュー

「Anker PowerWave Magnetic Pad」はAppleのMagsafe充電器にならって設計されたワイヤレス充電器です。

一方でMagsafe充電器との相違点もありますので、それも踏まえて製品の特長について解説したいと思います。

以前にAppleのMagsafe充電器の実機レビューもしておりますので、合わせて参考にしてみてください。
AppleのMagSafe充電器を実機レビュー!iPhone 12ならワイヤレス急速充電器として活躍 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

最大7.5Wの出力

Anker PowerWave Magnetic Padの出力

「Anker PowerWave Magnetic Pad」の最大出力は7.5Wです。

iPhone 12以前のiPhoneは最大7.5Wのワイヤレス充電に対応していることからも、「Anker PowerWave Magnetic Pad」は幅広いモバイル端末で利用可能です。

強力なマグネット

Anker PowerWave Magnetic Padの磁力

「Anker PowerWave Magnetic Pad」にも強力な磁石が内蔵されており、iPhone 12 シリーズとMagSafe対応のiPhoneケースに対応しています。

磁力で端末を固定するため位置ずれなく安定した電力供給が可能です。

磁力の強さ的にはMagSafe充電器とほぼ変わらないように思います。

Magsafe充電器よりお手頃価格

Anker PowerWave Magnetic Padのお手頃価格

「Anker PowerWave Magnetic Pad」はMagSafe充電器の約半値で購入できるというお手頃感が魅力です。

その分最大15W出力のMagSafe充電器と比べて出力が半分になることを考慮すると、充電時間を気にしない方にとってコスパのよいマグネット式ワイヤレス充電器と言えるでしょう。

製品スペックを比較

「Anker PowerWave Magnetic Pad」の製品スペックを一覧表にまとめました。

項目 Anker PowerWave Magnetic Pad
出力 5W/7.5W
入力 5V/2.4A, 9V/2A, 12V/2A, 15V/2A
カラー ホワイト
サイズ
(幅×奥行き×高さ)
約62mm×62mm×7.5mm
重量 約70g
公式税込価格
(2021年2月2日現在)
2,999円

Anker PowerWave Magnetic Padの実機レビュー

「Anker PowerWave Magnetic Pad」の見た目はMagsafe充電器とほぼ変わりません。白色のシンプルなプロダクトデザインで、コンパクトなサイズ感です。

大きな違いと言えばUSB-C端子の部分に搭載されたLEDランプによって状態確認ができることで、それによって正常に使えているかどうかを自身で判断できるのため優しい設計だと感じました。

  • 白色で3秒間点灯してから消灯:電源に接続済み
  • 白色で点灯:充電中
  • 白色で点滅:金属製の物体または異物が検出

ケーブルの長さは約160cm

Anker PowerWave Magnetic Padのケーブル長さ

「Anker PowerWave Magnetic Pad」のケーブルは約160cmと長めに設計されています。

AppleのMagSafe充電器は約1mしかありませんでしたので、電源の場所に制約がある方にとっては嬉しいポイントだと言えるでしょう。

約70gと軽量

Anker PowerWave Magnetic Padの重さ

「Anker PowerWave Magnetic Pad」の重さは約70gと軽量なので、ケーブルを丸めて括れば持ち運びの邪魔にもなりません。実際に持った感じも軽く、荷物に感じることはないでしょう。

MagSafe充電器の重さともほぼ変わりません。むしろケーブルが長くなったことを考慮すれば、MagSafe充電器よりも「Anker PowerWave Magnetic Pad」のほうが使い勝手は良いと思いました。

電源アダプタは別売り

Anker PowerWave Magnetic Padの別売り充電器

電源アダプタはMagsafe充電器同様で別売りとなります。

12W以上のUSB-C出力のある急速充電器が推奨されておりますので、AnkerのモバイルバッテリーやAnkerの「PowerPort III Nano 20W」なども用意しておきましょう。

ペースメーカーの人は要相談

AppleのMagSafe充電器の注意点

「Anker PowerWave Magnetic Pad」には電磁場を発生させる磁石が内蔵されています。

ペースメーカーを使用している方は必ず購入前に医師や医用電気機器メーカーに相談してから判断してください。

お手頃価格で購入できるマグネット式ワイヤレス充電器

Anker PowerWave Magnetic Padの実機レビュー

「Anker PowerWave Magnetic Pad」は充電時間よりも購入予算を重視したい方におすすめのマグネット式ワイヤレス充電器です。

2倍の金額を出しても充電時間を短縮したい方なら迷わずMagsafe充電器を選ぶと良いでしょう。

純正品以外にも選択肢が広がることで、利用者のニーズに見合った製品を探せるようになるので、今後もAnkerから発売されるモバイルバッテリーやワイヤレス充電器に期待しましょう。

モバイルバッテリーはレンタルできる

旅行やキャンプなど短期間だけモバイルバッテリーを使うならレンタルがおすすめです。

家電レンタルのRentio(レンティオ)では、3泊4日からモバイルバッテリーのレンタルが可能です。

カメラやポケットWi-Fiなど旅行に役立つアイテムと一緒に借りられるので、普段より容量の大きいモバイルバッテリーを使いたい方は、ぜひ試してみてください。

[レンタル] モバイルバッテリー・ポータブル電源 一覧 – Rentio[レンティオ]

[レンタル] 旅行で役立つアイテム特集 – Rentio[レンティオ]

※商品提供/アンカー・ジャパン株式会社

関連記事

AppleのMagSafe充電器を実機レビュー!iPhone 12ならワイヤレス急速充電器として活躍 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

Ankerのモバイルバッテリー全28種を一覧表で比較!容量別おすすめと選び方のポイントを解説します – Rentio PRESS[レンティオプレス]

[最新] モバイルバッテリーの容量別おすすめ13機種を一覧比較!軽い・大容量・ハイパワーな一台の選び方 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

ポータブル電源のおすすめ9機種を比較!キャンプや防災用に失敗しないための選び方 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

よく読まれている記事モバイルバッテリー・充電機器カテゴリのランキング

ピックアップ記事