コンエアーの衣類スチーマー「エクストリームスチーム ウルトラ」使用レビュー!使い方や実力を検証

mari fukuen
mari fukuen

更新日2021/06/14

コンエアーの衣類スチーマー「エクストリームスチーム ウルトラ」使用レビュー!使い方や実力を検証

ハンガーにかけたまま衣類ケアがかんたんにできる衣類スチーマーは、毎日忙しい方の強い味方。

衣類スチーマーの中でも、コンエアージャパンが発売する「エクストリームスチーム ウルトラ」は、大量スチームが特長のパワフル衣類スチーマーです。

今回は、実際にコンエアーの衣類スチーマー「エクストリームスチーム ウルトラ」を使って、その実力を詳しく検証しました。

 

コンエアーの衣類スチーマー「エクストリームスチーム ウルトラ」

コンエアーは日本ではそれほど有名ではありませんが、アメリカでは大手の衣類スチーマーブランドです。

コンエアーの衣類スチーマーシリーズの中でも、「エクストリームスチーム ウルトラ」はパワフルなスチームが特長の高性能モデルです。

パワフルなスチームで衣類を時短ケア

コンエアーの衣類スチーマー「エクストリームスチーム ウルトラ」 パワフルなスチームで衣類を時短ケア

コンエアー エクストリームスチーム ウルトラの最大の特長が、パワフルな大量スチーム

1分当たりのスチーム量は約22gと衣類スチーマーの中でも最高クラス。たっぷりの高温スチームを繊維に含ませることで、短時間でしっかりとシワを伸ばすことができます

高温のスチームにはシワ伸ばしだけでなく、除菌・殺ダニ・脱臭・花粉アレルゲン対策などの効果もあるので、洗いづらい衣類のケアにもぴったりです。

立ち上がり時間も約40秒と早いので、朝の忙しい時間でもササっと短時間で衣類のケアができて便利ですね。

素材に合わせて5段階でスチーム量の調整可能

コンエアーの衣類スチーマー「エクストリームスチーム ウルトラ」 素材に合わせて5段階でスチーム量の調整可能

スチーム量は5段階で調整可能で、衣類の素材に合わせて最適な量で使うことができます。

デリケートな素材には最小のレベル1、厚手のウールなら最大のレベル5といったように便利に使い分けられるので、どんな素材にも安心して使えますね。

連続使用時間は約8分

コンエアーの衣類スチーマー「エクストリームスチーム ウルトラ」 連続使用時間は約8分

エクストリームスチーム ウルトラは、200mlの大容量タンクを搭載しているので最大スチームのレベル5でも連続約8分の使用が可能です。

複数の衣類をケアしたいときにも、給水の手間なく一度で済ませることができます

さらに、手を離すとスチームが止まるスマートタッチセンサーを使用すれば、いちいちボタンを押さなくてもスチームを節約できます

3種類のアタッチメントに簡易ズボンプレッサーも内蔵

アタッチメントはシリコンバンド・デリケート衣類ガード・ブラシの3種類を付属。さらに簡易ズボンプレッサーも一体型となっています。

通常のシワ伸ばしにはシリコンバンド、衣類との距離を保ってデリケートな素材を守りたいときはデリケート衣類ガード、繊維の流れを整えたいときはブラシ、折り目をつけたいときはズボンプレッサーといったように、用途に合わせて使い分けることができます

ここまでアタッチメントが充実している衣類スチーマーは珍しいので、色々な種類の衣類に使いたい方にとっては嬉しいですね。

コンエアーの衣類スチーマーを使ってみた

 コンエアーの衣類スチーマーを使ってみた

今回コンエアー「エクストリームスチーム ウルトラ」をレンタルして実際に使ってみました。

衣類のシワはしっかり伸びるのか?使い勝手はどうなのか?詳しく検証してみたいと思います。

コンエアー衣類スチーマーの使い方

まずはコンエアー衣類スチーマーの使い方を確認していきましょう。

水タンクを固定しているレバーを押し上げながら水タンクを取り外します

ゴムキャップを外して給水したら、元の位置にしっかり取り付けましょう。

電源をコンセントにつないだら、背面の電源ボタンを押してON

手元の「READY」ランプが点滅から点灯に変わったら準備完了です。「MODE」ボタンでスチームの強さを切り替えて「STEAM」ボタンを一回押すとスチームが噴射されます。

実際にコンエアー衣類スチーマーを使っている様子

実際にエクストリームスチーム ウルトラでジャケットにスチームを当ててみました。こちらの動画は最大のレベル5を使用している様子です。

スチームの量も多くかけ面の面積も広いので、それほど時間をかけずに全体にスチームを当てることができました。

普段なかなか洗えないジャケットやコートなども、かんたんにケアできて嬉しいですね。

コンエアー衣類スチーマーでのシワ伸ばしBefore&Afeter

続いて、シワ伸ばし性能について検証してみます。

タンスの中でくしゃくしゃになっていた綿100%のTシャツに、エクストリームスチーム ウルトラでスチームをかけてみました。

Before&Afeterの画像がこちらです。

胸からお腹にかけてシワシワだったTシャツが、見違えるようにするんとなめらかになりました。見た目にも清潔感がありますよね。

コンエアー衣類スチーマーでのシワ伸ばしBefore&Afeter

衣類スチーマーはアイロンとは違いパリっとはならないのですが、ふんわりと自然な風合いに仕上がります

使ってわかったコンエアー衣類スチーマーの魅力と注意点

使ってわかったコンエアー衣類スチーマーの魅力と注意点

正直使う前は「コンエアー?聞いたことないな…」と侮っていたのですが、実際に使ってみると想像以上にシワが伸びて使い勝手も良く驚かされました

とくに花粉やウイルスが気になるシーズンということもあり我が家では大活躍!アウターやソファなどに毎日使っていました。

ただし、使っていくなかで人によってはデメリットと感じてしまいそうな気になる部分も見つかりました。

実際に使って感じたコンエアー衣類スチーマーの魅力と注意点についてまとめましたので、購入前にチェックしてみてください。

○ たっぷりスチーム+広いかけ面+素早い立ち上がりで時短

コンエアー衣類スチーマーを使っていて便利だったのが、シワ伸ばしが短時間でできること。

立ち上がり時間は約40秒で素早く準備完了。たっぷりのパワフルスチームとワイドなかけ面で、スピーディに衣類全体にスチームを当てることができます。

外出前の忙しい時間でもササっと時短で衣類ケアができて、シワの無い清潔感のある装いでお出かけできるのは気持ちいいですよね。

○ 下向き・横向きでも使えて家中で大活躍

衣類スチーマーの中には、地面と垂直にまっすぐの状態でなければスチームが出ないものも多いのですが、エクストリームスチーム ウルトラの場合は下向き・横向き・上向き等どんな向きでも使用できます

そのため、ハンガーにかけたままの衣類に使うときはもちろん、ソファやクッション、布団、カーペット、カーテンなど家中様々な場所で不自由なく使うことができました

とくに下向きでしかスチームをかけられない布団やカーペットにも使いやすいのは便利で、花粉・ダニ対策アイテムとしてかなり重宝しました。

○ スマートタッチセンサーが便利

持ち手から手を離すとスチームが止まるスマートタッチセンサー機能
あまり必要無いのでは?と思っていたのですが、使ってみると意外にも便利でした。

複数枚の衣類にスチームを当てたいときには、どうしてもハンガーのかけ替えや休憩などロスタイムが発生します。そんなときにいちいちボタンを押さなくても、そのへんに置いて手を離すだけでスチームが止まり、再開時も手に取るだけでOK

ちょっとした手間が減るだけでも利便性がグッと高まることを実感する機能でした。

○ 給水の手間が少ない

通常衣類スチーマーはスチーム量が多いほど連続使用できる時間が短くなるのですが、エクストリームスチーム ウルトラは水タンクの容量が200mlと多いので、約8分という比較的長い時間使用することができます。

複数枚の衣類のシワ伸ばしをするときや、カーペットや布団など大きめの布製品をスチームしたいときなどにも給水の手間が少なくて済みますね。

× 重くて腕が疲れる

エクストリームスチーム ウルトラは通常時の重さが約1kg、タンク満水時には約1.2kgにもなります。

1枚だけをササっとかけるぶんにはそれほど負担に感じないのですが、長時間連続で使っているとだんだん腕が疲れてきてしまうのでまとめてスチーム派の方は注意が必要です。 

× サイズが大きく収納場所をとる

エクストリームスチーム ウルトラは重さだけでなく本体サイズも大きめです。

とくにヘッド部分が大きく背も高いので、我が家では置き場所をどこにするかで少し悩んでしまいました。

使用場所と給水場所も考慮しつつ、どこに収納するのがベストかを購入前に考えておくと良いでしょう。

× 簡易ズボンプレッサーは本当に簡易的

エクストリームスチーム ウルトラの特長の一つでもある簡易ズボンプレッサー

実際に折り目の消えかけたズボンに使ってみたのですが、折り目をピシッと復活させるのはなかなか難しいようでした。

あくまで今ある折り目をある程度キープするもので、しっかり折り目をつけたいならアイロンやズボンプレッサーのほうが向いていそうです。

× 素材によってはシワが伸びづらい

これは衣類スチーマーの特性でもあるのですが、シャツなど固い素材の衣類をパリっと仕上げたり厚い生地のシワをきっちり伸ばしたりするのは不得意

どちらかといえば、薄手の素材のおしゃれ着や化繊混紡生地などを自然にふんわりと仕上げるのが得意なので、衣類の素材に合わせて衣類スチーマーとアイロンとを使い分けるのがおすすめです。

コンエアーの衣類スチーマーで毎日時短で衣類ケア

コンエアーの衣類スチーマーで毎日時短で衣類ケア

たっぷりのスチームと使い勝手の良さで毎日の衣類ケアに役立つコンエアーの衣類スチーマー「エクストリームスチーム ウルトラ」
お出かけ前や帰宅後のササっと衣類ケアにぴったりの衣類スチーマーです。

ただし、重さや衣類との相性など、人によっては合う合わないがあるので注意が必要です。
できれば購入前に衣類スチーマーを家電レンタルなどで使ってみて検討するのがおすすめ。お家で実際に使って検討できるので、安心して購入できます。

家電レンタルサービスのレンティオでは、コンエアーの衣類スチーマーをレンタルして試すことができます。

気に入ったらそのまま購入も可能なので、ぜひ一度気軽に試してみてはいかがでしょうか?

[レンタル] コンエアージャパン 衣類スチーマー エクストリームスチーム ウルトラ GS-40J – Rentio[レンティオ]
[レンタル] 衣類ケア・衣類スチーマー 一覧 – Rentio[レンティオ]

関連記事

[2021] 衣類スチーマーのおすすめ10種を一覧表で比較!パワーや使い勝手など選び方も解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

よく読まれている記事衣類ケア・ミシンカテゴリのランキング

ピックアップ記事