[2021最新]手動コーヒーミルのおすすめ9種を比較!アウトドアでも使える手挽きの良さと選び方

まーしー
まーしー

更新日2021/06/17

[2021最新]手動コーヒーミルのおすすめ9種を比較!アウトドアでも使える手挽きの良さと選び方

家カフェを満喫するためにハンドドリップを始める方も少なくないと思います。ハンドドリップにはドリッパー・フィルター・ケトルなど様々なコーヒー器具を用意しなければいけませんが、なかでも挽きたてを味わうならコーヒーミルは必需品です。

コーヒーミルがあれば選べるコーヒーの種類も増え、挽き方によって風味に変化をつけることもできるのでコーヒーを楽しむ幅がぐっと広がります。しかし、コーヒーミルといっても電動ミルミル付きの全自動コーヒーメーカーと色んな選択肢があります。

そこで、この記事ではコーヒー手挽きミルと電動ミルの違いや選び方、おすすめ製品について紹介します。

これからハンドドリップを始めようとしている方はおすすめの電気ケトルと合わせて参考にしてください。

おすすめ9製品の比較一覧表から確認することもできます。

電動ミルにはない手挽きミルの良さ

電動ミルと手挽きミルの違い

コーヒーミルを検討する際に電動ミルと手挽きミルで悩みますが、手挽きミルの良さは挽く過程を楽しめることです。他にも携帯しやすい、コンパクトという良さもあるのですが、ハンドドリップの過程の1つである豆挽きの時間を体感できることが一番の魅力だと思います。

合理的に考えれば結果的に得られるものは変わらないため電動ミルのほうが楽ではあるのですが、手挽きというアナログさ、クラフト感に惹かれる方も少なくないのではないでしょうか。

手挽きミルと電動ミルのメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。

ミルの種類 メリット デメリット
手挽きミル ・挽いてる感覚、自分で作っている感がある
・コンパクトで収納しやすい
・外に持ち出して使える(アウトドア/キャンプ etc.)
・デザインの選択肢が多くインテリア等に合わせやすい
・一度に挽ける量が限られる
・挽くのに労力と時間を要する
・挽目調整が難しい
(特にダイヤル式)
電動ミル ・一度に挽ける量が多い
・労力もかけずに短時間で挽ける
・コーヒー豆以外に使える製品もある(マルチブレンダー etc.)
・コーヒーメーカー一体型もある
・挽目調整がしやすい
・電源が必要(設置場所に制限がかかる)
・比較的大きいサイズになる
・音がうるさい

おすすめの電動コーヒーミルはこちら
[2021最新]電動コーヒーミルのおすすめ11選を比較!種類と選び方について解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

手挽きコーヒーミルの種類

コーヒー手挽きミルの種類

手挽きコーヒーミルは基本的に刃がコニカル式(コーン式/臼式)ですが、形状の違いにより2種類に分けることができます。

1つは据え置き型、もう1つは持ち運び型(ハンディタイプ)です。それぞれのメリット・デメリットについても以下表にまとめました。

ミルの種類 メリット デメリット
据え置き型 ・クラシックなものが多く、インテリアとしても人気がある
・持ち運び型よりも挽き量の選択肢が多い
・接地面が大きく挽き時に安定しやすい
・場所を取る
・コーヒー豆のかけらが飛び散りやすいものもある
・手入れがしにくい(分解しにくい)
・挽目のダイヤル調整が少し面倒
持ち運び型 ・外に持ち出して使える
・分解したお手入れがしやすい
・収納しやすい
・一度に挽ける量は少ない
・挽きくのに少しコツがいる
(両手で持ち、それぞれの腕を交差するように弧を描いて回す)

手挽きコーヒーミルの選び方

手挽きコーヒーミルの選び方

手挽きコーヒーミルの良さや種類を知り、なんとなくでも自身が欲しているコーヒーミル像は固まってきたでしょうか?手挽きコーヒーミルは本当にたくさんの種類がありますので、何回か買い替えながら理想のミルを見つけることになると思います。

その買い替え回数をできるだけ少なくするためにも、次の選び方を参考に製品を絞り込んでみてください。

選ぶポイント

  1. サイズや容量で選ぶ
  2. 刃の素材で選ぶ
  3. 挽目の正確さで選ぶ
  4. 手入れのしやすさで選ぶ

電動コーヒーミルのほうが用途に合いそうな方はこちらの記事を参考にしてください。
[2021最新]電動コーヒーミルのおすすめ11選を比較!種類と選び方について解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

サイズや容量で選ぶ

コーヒー手挽きミルは容量やサイズで選ぶ

手挽きコーヒーミルは「据え置き型」と「持ち運び型(ハンディタイプ)」の種類があるように、使う場所やコーヒーを淹れる量によってサイズや一度に挽ける容量から考えなければなりません。

特に3〜4人で挽きたてコーヒーを嗜むなら「据え置き型」、1人〜2人なら「持ち運び型(ハンディタイプ)」が良いでしょう。持ち運び型が携帯しやすいため、アウトドアやキャンプで利用されている方もよく見かけます。

5人以上もしくは複数杯飲む方は、今はよくてもいずれ挽くことに辟易するかもしれません。はじめから挽く量が多いことが分かっているなら、電動コーヒーミルを検討したほうがトータルで満足度は高くなるでしょう。

刃の素材で選ぶ

コーヒー手挽きミルの刃の素材

手挽きコーヒーミルの刃素材は主に金属とセラミックの2種類です。

どちらもメリット・デメリットはありますが、精度の高い挽き目を重視したい方は金属刃、普段の手入れのしやすさを重視したい方はセラミック刃と覚えておきましょう。

金属 セラミック刃
特長 ・切れ味が良い
(摩擦熱が生じにくい)
・豆に金属臭が移ることも
・金属より切れ味は劣る
・熱伝導や経年劣化がしにくい
経年劣化 ある ほぼない
水洗い できない できる

挽目の正確さで選ぶ

コーヒー手挽きミルは正確さで選ぶ

刃素材とも関連するのが挽目の正確さです。例えばセラミックと金属では鋭利さや溝の深さが異なりますので、セラミックはすり潰す金属は切り刻むイメージです。つまり金属刃のほうが微粉がでにくい挽き方になります。

加えて、同じ素材でも製品/メーカーによってミル刃の形状や仕組みが異なり、金属刃でも挽き目が不均一だったり、逆にセラミック刃なので挽き目が均一だったりもします。

基本的に挽目の正確さ/均一さは金額と比例する関係にありますので、用意できる予算の中でできるだけ高いミルから刃の素材やミルの構造を確認して絞り込んでいくのがいいでしょう。

手入れのしやすさで選ぶ

コーヒー手挽きミルの手入れのしやすさ

コーヒーミルには微粉やコーヒー豆の油分など付着してしまうので、ブロワーやブラシを使った定期的なメンテナンスが欠かせません。

そのため、ミルがどれだけ分解できるか、分解のしやすさや組み立てのしやすさもチェックすることをおすすめします。

手入れのしやすさだけでいえばセラミック刃の持ち運び型ミルがおすすめです。


おすすめの手挽きコーヒーミル

おすすめの手挽きコーヒーミル

おすすめの手挽きコーヒーミルを9製品ピックアップしました。

手挽きの良さや種類、選び方を紹介してきましたので、それらを踏まえて自身に合うミルがないか参考にしてみてください。

最初に持ち運び型、後半に据え置き型の手挽きミルを紹介します。

おすすめ9製品の比較一覧表はこちら

COMANDANTE C40

手挽きミルの中でも最高峰の品質を有すると言われているのが「COMANDANTE C40(コマンダンテ)」です。

ステンレス鋼素材に窒素を添加することで高硬度と耐摩耗性を実現した「ニトロブレード」が特長で、少ない力でコーヒー豆を均一に挽くことができる製品です。

ニトロブレード1つの金属から削り出しで作るため生産が追いつかず、国内でなかなか手に入らない状況が続いています。

項目 スペック詳細
ミル刃のタイプ コニカル式
ミル刃の素材 金属
(ニトロブレード)
一度に挽ける最大容量 40g
挽目調整 52段階(粗挽き〜極細挽き)
カラーバリエーション チョコレートファインライン
アメリカンチェリー
レッドソニア
ブラック
コバルト
バーガンディ
グラン
サイズ
(幅×奥行き×高さ)
約61mm×61mm×182mm
重さ 約629g
公式税込価格
(2021年6月15日現在)
36,300円
※金額以上の場合はすべて並行輸入品です

TIMEMORE C2

「TIMEMORE C2(タイムモア)」はおすすめのコーヒースケールでも有名な台湾コーヒープロダクトメーカーの手挽きミルです。

「COMANDANTE」よりも手頃な価格設定ながら、挽目の均一さや微粉の少なさからコスパ最強の手挽きミルと評価も高い製品です。

上のランクにチタンコーティングされた刃を搭載するTIMEMORE G1 Plusというモデルがありますので、「TIMEMORE C2」はエントリー機としておすすめです。

項目 スペック詳細
ミル刃のタイプ コニカル式
ミル刃の素材 金属
一度に挽ける最大容量 20g
挽目調整 36段階(粗挽き〜極細挽き)
カラーバリエーション ブラック
ホワイト
レッド
サイズ
(幅×奥行き×高さ)
約52mm×52mm×147mm
重さ 約430g
公式税込価格
(2021年6月15日現在)
7,200円

1Zpresso Zpro

「COMANDANTE C40」と価格帯が似ていることからよく比較されているのが「1Zpresso Zpro」です。「COMANDANTE C40」がニトロブレードと呼ばれる刃に特長があるとしたら、「1Zpresso Zpro」は3つのベアリング構造によって高い精度を持つ手挽きミルになります。

挽き目ダイヤルがハンドル側の外側に設置されていること、ミニエアダスターとブラシが付属することなどから、使いやすさにおいては「1Zpresso Zpro」に軍配があがるかもしれません。

項目 スペック詳細
ミル刃のタイプ コニカル式
ミル刃の素材 金属
一度に挽ける最大容量 30g
挽目調整 60段階(粗挽き〜極細挽き)
カラーバリエーション シルバー
サイズ
(幅×奥行き×高さ)
約60mm×60mm×185mm
重さ 約358g
公式税込価格
(2021年6月15日現在)
32,780円

ポーレックス コーヒーミルⅡ

セラミックコーヒーミルの代表格と言えるのがポーレックスです。アウトドア愛好者から家カフェを嗜む方まで利用している方も多いのではないでしょうか。

一番の魅力は手入れのしやすさです。ステンレス素材の外観とセラミック素材のミルで構成されているので、水洗い&自然乾燥でOKです。

軽くコンパクトなので携帯性も◎です。

項目 スペック詳細
ミル刃のタイプ コニカル式
ミル刃の素材 セラミック
一度に挽ける最大容量 30g
挽目調整 18段階(粗挽き〜細挽き)
カラーバリエーション シルバー
サイズ
(幅×奥行き×高さ)
約49mm×49mm×192mm
重さ 約270g
公式税込価格
(2021年6月15日現在)
6,930円

HARIO セラミックスリム MSS-1TB

「HARIO セラミックスリム MSS-1TB」はエントリーモデルの中のエントリーモデルで、できるだけ予算をかけずに挽きたてコーヒーを楽しみたい方におすすめの手挽きミルです。

別売りでスティック状の電動ミルが販売されているので、「HARIO セラミックスリム MSS-1TB」と組み合わせればポータブル電動ミルとしても活用することができます。

項目 スペック詳細
ミル刃のタイプ コニカル式
ミル刃の素材 セラミック
一度に挽ける最大容量 24g
挽目調整 13段階(粗挽き〜細挽き)
カラーバリエーション シルバー
サイズ
(幅×奥行き×高さ)
約150mm×72mm×220mm
重さ 約250g
公式税込価格
(2021年6月15日現在)
3,300円

Kalita KH-3AM

人気の高かった「Kalita KH-3」が終売(現在販売価格が高いので注意)となっているため、Amazon.co.jp限定で販売されているのが「Kalita KH-3AM」です。

日本が誇るコーヒー器具メーカーKalitaにはクラシックな据え置き型ミルがたくさんあります。「Kalita KH-3AM」はその中でエントリーモデルに分類される手頃な手挽きミルです。

項目 スペック詳細
ミル刃のタイプ コニカル式
ミル刃の素材 金属
一度に挽ける最大容量 ホッパー:35g
粉受け:55g
挽目調整 無段階(粗挽き〜細挽き)
カラーバリエーション ブラウン
サイズ
(幅×奥行き×高さ)
約170mm×85mm×210mm
重さ 約610g
公式税込価格
(2021年6月15日現在)
2,580円

様々な手挽きミルを用意するKalita

Kalitaのコーヒー手挽きミル

Kalitaには据え置き型ミル、セラミックミル、持ち運び型のミルなど様々な種類の手挽きミル用意されています。

なかにはディズニーコラボや桐ダンス型のモデルなどユニークな個体もあります。

ミルだけでなくハンドドリップに必要な器具はすべてKalitaで揃えることができるため、「カリタ式」から始めてみるのもよいかもしれません。

PEUGEOT Nostalgie

真っ先に自動車を思い浮かべる人も多いと思いますが、PEUGEOT(プジョー)はもともとペッパーミルの製造を起源(1810年〜)としているメーカーです。そのため最高品質の手挽きミルメーカーとしても長年高い人気を誇ります。

歴史が長いブランドのため、ザッセンハウスと並んでアンティークミル(ヴィンテージミル)も愛されています。

その中で「PEUGEOT Nostalgie(プジョー ノスタルジー)」は、往年のプジョーコーヒーミルを再現したアンティークスタイルの手挽きミルです。

フタ付きなのでホッパーの最大容量は少し減るものの、豆を飛び散らせずることなく挽くことができます。

項目 スペック詳細
ミル刃のタイプ コニカル式
ミル刃の素材 金属
一度に挽ける最大容量 ホッパー:40g
粉受け:25g
挽目調整 無段階(粗挽き〜細挽き)
カラーバリエーション ダークブラウン
サイズ
(幅×奥行き×高さ)
約130mm×130mm×210mm
重さ 約850g
Amazon税込価格
(2021年6月15日現在)
15,927円

Zassenhaus La Paz

PEUGEOTがフランスなら、Zassenhaus(ザッセンハウス)はドイツの歴史あるミルメーカーです。

「La Paz(ラパス)」はZassenhausの最上位モデルに位置づけられ、重厚感かつ高級感のあるデザイン硬質特殊鋼の切れ味鋭いミル刃と、いずれ持ちたい憧れの手挽きミルでもあります。

同じドイツ産で職人技によって製造されていることを考えると、「Zassenhaus」のDNAが次世代の「COMANDANTE」へと受け継がれている用に見えて感慨深いです。

項目 スペック詳細
ミル刃のタイプ コニカル式
ミル刃の素材 金属
一度に挽ける最大容量 ホッパー:60g
粉受け:50g
挽目調整 無段階(粗挽き〜細挽き)
カラーバリエーション ダークブラウン
サイズ
(幅×奥行き×高さ)
約195mm×150mm×238mm
重さ 約1,100g
Amazon税込価格
(2021年6月15日現在)
14,990円

SoloCano

少し変わり種になりますが、昨今は手挽きミル・電動ミルが付属するポータブルコーヒーメーカーが登場しています。「SoloCano(ソロカノ)」はその代表的な製品の1つです。

ミル・ステンレスフィルター・ステンレスカップ・ケトル・ドリッパーが1つにまとまっているので、コンパクトに持ち運びできるのが魅力です。

項目 スペック詳細
ミル刃のタイプ コニカル式
ミル刃の素材 セラミック
一度に挽ける最大容量 約40g
挽目調整 無段階(粗挽き〜極細挽き)
カラーバリエーション ブラック
シルバー
サイズ
(幅×奥行き×高さ)
約95.4mm×95.4mm×218mm
重さ 約717g
公式税込価格
(2021年6月15日現在)
17,800円

ポータブルコーヒーメーカーのSoloCano実機レビュー!ミル付きだからいつでも挽きたてを味わえる – Rentio PRESS[レンティオプレス]

製品スペック一覧表

メーカー COMANDANTE TIMEMORE 1Zpresso ポーレックス HARIO Kalita PEUGEOT Zassenhaus SoloCano メーカー
商品画像
商品画像
商品名 C40 C2 Zpro コーヒーミルⅡ セラミックスリム MSS-1TB KH-3AM Nostalgie La Paz ポータブルコーヒーメーカー 商品名
ミル刃のタイプ コニカル式 コニカル式 コニカル式 コニカル式 コニカル式 コニカル式 コニカル式 コニカル式 コニカル式 ミル刃のタイプ
ミル刃の素材 金属
(ニトロブレード)
金属 金属 セラミック セラミック 金属 金属 金属 セラミック ミル刃の素材
一度に挽ける最大容量 40g 20g 30g 30g 24g ホッパー:35g
粉受け:55g
ホッパー:40g
粉受け:25g
ホッパー:60g
粉受け:50g
約40g 一度に挽ける最大容量
挽目調整 52段階(粗挽き〜極細挽き) 36段階(粗挽き〜極細挽き) 60段階(粗挽き〜極細挽き) 18段階(粗挽き〜細挽き) 13段階(粗挽き〜細挽き) 無段階(粗挽き〜細挽き) 無段階(粗挽き〜細挽き) 無段階(粗挽き〜細挽き) 無段階(粗挽き〜極細挽き) 挽目調整
カラーバリエーション チョコレートファインライン
アメリカンチェリー
レッドソニア
ブラック
コバルト
バーガンディ
グラン
ブラック
ホワイト
レッド
シルバー シルバー シルバー ブラウン ダークブラウン ダークブラウン ブラック
シルバー
カラーバリエーション
サイズ
(幅×奥行き×高さ)
約61mm×61mm×182mm 約52mm×52mm×147mm 約60mm×60mm×185mm 約49mm×49mm×192mm 約150mm×72mm×220mm 約170mm×85mm×210mm 約130mm×130mm×210mm 約195mm×150mm×238mm 約95.4mm×95.4mm×218mm サイズ
(幅×奥行き×高さ)
重さ 約629g 約430g 約358g 約270g 約250g 約610g 約850g 約1,100g 約717g 重さ
参考税込価格
(2021年6月15日現在)
36,300円 7,200円 32,780円 6,930円 3,300円 2,580円 15,927円 14,990円 17,800円 参考税込価格
(2021年6月15日現在)

ホッと一息のコーヒータイムを楽しめる手挽きミル

コーヒー手挽きミル

筆者が手挽きコーヒーミルに興味を持ったのは、2005年に放送された寺尾聰さん主演、二宮和也さんや長澤まさみさん、大竹しのぶさんなど豪華俳優陣が並んだ「優しい時間」というドラマでした。

手挽きミルでごりごりと挽いているうちに日常から離れてゆったりとした時間の中に溶け込んでいき、自分自身と向き合ったり、誰かを思ったり、そんなシーンを見て子供ながらアナログなモノの良さに憧れを持ちました。

手挽きコーヒーミルの魅力は、そんな挽いている時間を楽しめることにありますので、ほんのひとときでもゆったりとした時間を過ごしたい方は手挽きミルを手にとって見てください。

コーヒーミルやコーヒーメーカーはレンタルで試せる

電動コーヒーミルやコーヒーメーカーを実際に試してみたい方はお試しレンタルがおすすめです。

家電レンタルのRentioではデロンギの電動コーヒーミルKG521Jオクソーの電動コーヒーミル バリスタブレイン、そして様々なコーヒー器具のレンタル商品を取り扱っています。

レンタルして気に入ればそのまま購入もできますので、ぜひ試してみてください。

[レンタル] 電動ミル・コーヒーグラインダー 一覧 – Rentio[レンティオ]

[レンタル] コーヒーメーカー・エスプレッソマシン 一覧 – Rentio[レンティオ]

関連記事

コーヒーメーカーの種類と選び方まとめ – Rentio PRESS[レンティオプレス]

おすすめの全自動コーヒーメーカー8つを徹底比較!好みのコーヒーを淹れられる機種の選び方 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

[2021最新]コーヒーにおすすめの電気ケトル11選を比較!おしゃれでハンドリップに適した製品の選び方 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

[2021最新]コーヒースケールのおすすめ8製品を比較!必要性や選び方について解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

デロンギのエスプレッソマシン(全自動コーヒーメーカー)全機種比較!おすすめと選び方を解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

よく読まれている記事コーヒーメーカーカテゴリのランキング

ピックアップ記事