EcoQube Air 植物を育てるだけでなく室内の空気もキレイにする室内用水耕栽培温室 / 空気清浄

1ヵ月あたりの料金(税込)

3,000円

※ 最低3ヵ月間のご利用が必要です

・貸出時、返送時ともに送料無料

・月々カード決済で手間なし(詳細…)

・安心の補償プランが無料で付帯(詳細…)

・アルコールによる除菌作業の実施(詳細…)

商品の詳細を見る
Rentio月額プラン
  • 返却期限なしでずっとお手元に
  • 3ヵ月目以降ならいつでも好きなときに返却が可能
  • 無料の修理補償※自然故障のみ

お届け日時は注文手続きの途中で選べます。

より早いお届け日をご希望ですか?
表示されている日程よりも早くお届けできる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。

必ずご確認ください

植物は付属いたしません。ご自身でご用意頂く形となります。

インテリアとして置くことで部屋を華やかにしてくれる観葉植物は、視覚的効果の他にも空気の洗浄効果が期待できるとされています。

しかし、これまで室内で観葉植物を育てるには、光の量や、空気の乾燥、水やりなどに手間がかかりうまく育たないことがありましたが、「EcoQube Air」 は2層のUVフィルターで、HEPAフィルターが、埃、花粉、カビを除去し、活性炭フィルターが、有害な化学物質をキャッチ除去します。

EcoQube Air に取り込まれた空気は、植物を通してろ過されたキレイな酸素が室内へ循環供給されます。また、植物を育てるうえで必要な太陽光、水などを、最新のテクノロジーシステムによってすべて自動で植物に供給することができる画期的な水耕栽培温室です。

EcoQube Air のここがスゴイ

その1 拡張気流システム

私たちが普段過ごしている部屋には、目には見えない汚れが空気中に存在しています。この汚れは壁紙や家具から発生する有機化合物や、タバコの煙等によって生じているとされています。EcoQubeAirは、悪臭や空気中のホコリ、花粉、カビ等のアレルギー誘発物質を抑制するフィルターを通し取り込まれ、活性炭フィルターが除去します。また、植物が空気をろ過し、二重ファンによって1時間あたり12.74258㎥の清浄化した酸素を室内へ循環します。(小さな部屋の場合、1日あたり3度循環)

gifイメージ

EcoQubeAir使用時の植物の酸素及び二酸化炭素濃度の変化

数値表

EcoQubeAirで観葉植物のスパティフィラムを使って上記の検証をしたところ、二酸化炭素を取り込み植物を介して光合成した後の酸素から、精油に含まれるフィトンチッドの成分のa-ピネンが発生していることがわかりました。

EcoQubeAirから酸素が一緒にお部屋の中に供給されることから、自宅でのストレスケアタイムになります。

※植物によって発生しない場合もあります。

その2 カラー温度レンジ

(1800K(キャンドル光)から、10,000Kまで(太陽光をまねた青白い光)

・LEDライトが植物の成長に必要な量の光を与えるようにプログラムされています。

・湿度と温度(暖かさ)を維持しています。

led

・LEDライトの光量と色調は専用のアプリで、特定のスケジュールを事前にプログラムしたり、色や天候機能を調節したり、室内の光を制御したりすることができます。

その3 組み込みUVフィルター

2層のフィルターは、2段階で有害な微生物、藻などの繁殖を防いで、よりクリーンな空気を提供します。第1段階は、0.3ミクロン以上の微粒子をキャッチし取り除き、第二段階は、活性炭素フィルターが、大気中の有毒化学物質や臭跡を除去します。

フィルタ

画面、上のフィルターは、6ヵ月間使用されたもので、下のフィルターは、新規のフィルターです。

その4 植物培地ポッド

培地

培地ポッドを使って、バジル・ミントのような小さな葉の茂ハーブも育てられます。

また、苔玉や、小さな観葉植物の苗を培地ポッドに入れると育てやすく、早く成長します。

その5 EcoQube Air スマートフォンアプリケーション

EcoQube Airをプログラムして、適切な時間に適切な量の光を生成します。 植物が必要とする正確な量の光をスケジュールして植物を育成します。

スマートフォン

サンライズアラームで光を緩やかにしたり、望む時間に自然に目覚めたり、緩やかに光を減らして眠りにつけやすくしたりできます。

このようにEcoQubeAirは、好きな環境で好きな季節に、直接太陽光がなくても、植物を育てることができます。

利用方法・取り付け方法

セッティング方法

メンテナンス方法

EcoQubeAir利用イメージ

従来の水耕栽培や室内ガーデニング商品の多くは食べる事が目的で、育てられるものは葉物野菜が多くみられました。しかし、室外よりも室内の空気のほうが汚染されていることがあります。

EcoQubeAirは、野菜や植物を、部屋のホコリや虫や砂で部屋が汚れる心配もなく、部屋の中で自然環境をシュミレートし、植物を効率的に育てられるソリューションです。

利用イメージ

利用シーン

利用シーン

よくあるご質問

EcoQubeAirの植物への水やりは必要ですか?

水やりは必要ですが、1か月に1度程度です。簡単に水が変えられるように排水管が設けられています。新しい水を水鉢に注ぐだけで、増加した水圧により古い水が水鉢の下に押され排水管を通って排水されます。

空気フィルタはどれくらいもちますか?

EcoQubeAirが置かれている環境によりますが、約6カ月~8か月で交換することを勧めています。

種子や植物を育てるには、どのような設定を使用すべきですか?  

種子に対しては、常時ポンプを稼働状態に維持する種子設定が最適です。その後、種子が発芽して成熟した植物に成長したら、設定を成長の日時に応じて育成/一般設定に切り換えることをお勧めします。

アプリを使ってどのような事ができますか?

LEDの色を変えることで、EcoQubeAirのLEDを制御することができます。概日リズムと同期させるためにEcoQubeAirの点灯スケジュールをプログラムすることができます。また、ポンプ、ファン、UVを制御することもできます。

アプリのスケジューリング について教えてください

アクリル製の温室を持ち上げると、アプリの全設定がリセットされるため、アプリに戻って変更する必要があります。 製品は、あまり温室を持ち上げないように製造されています。一度設置したら、後はなるべくそのままにしてください。 EcoQube Airは、スマートフォンから離したり、スマートフォンの電源を切ったりしても、稼動し続けます。

どんな種類の植物を育成できますか?

育てやすく世話しやすい植物がご希望であれば、苔玉をお勧めしますが、バシル、ミント、ウィートグラスのようなもっと小さくて葉の茂るハーブを種から育てることもできます。当社のオフィスでは、様々なハイドロカルチャー用の観葉植物の苗を購入し、根っこの部分をよく洗ってから、付属しているプラント用の媒体ポッドに刺し、EcoQubeAirで寄せ植えのようにインテリアとして鑑賞し育てています。

詳細はメーカー公式サイトをご確認ください

1ヵ月あたりの料金(税込)

3,000円

送料無料で今すぐご注文

詳細仕様

製品重量
2.85kg
製品寸法
200 x 220 x 378mm
電力
24V 1.5A
生産国
中国
誘導ポンプ
水が溜めて自動で水を供給する誘導ポンプ
Hapa Filter
空気から有害な粒子を取り除いて、健康な植物へ成長促進します
Dual Fans 
毎時450立方フィート(12,735ml)の浄化された空気を毎時3回す、デュアルファン
Superbright LED
広範囲にわたりLEDが美しいショーケースに埋められ、カスタマイズ可能な色彩設計
プラント用媒体ポッド
プラント用媒体ポッドは、最高12本の植物が成長させられます。
UV Filter
UVフィルターは有害な微生物を除去して、藻類の増殖を防止します エアーフィルターは、0.3ミクロン以上の微粒子をキャッチし取り除きます。また、活性炭素フィルターで大気中の有毒化学物質や臭跡を除去します。
Bluetoothチップ仕様
ファームウェアのBluetoothチップによって、ユーザーはEcoQube AIRアプリケーションでEcoQube AIRを制御することができます。

おすすめ商品

おすすめ商品

実際のご利用レビュー

この商品はまだレビューがありません。