GoPro 各種マウントの取り付け方

GoProのマウントとは

GoProには使用用途に応じて様々な専用アタッチメントが存在します。3Wayと呼ばれる自撮り棒、クリップ式パーツ、粘着固定パーツなどの種類があります。

これらを総称して「マウント」と呼びます。

基本的にGoProにはネジ穴式の三脚や自撮り棒を取り付けることはできません。独自の規格で作られたマウントのみが取付可能です。


GoProにマウントを取り付ける前に

GoPro本体にはマウントを取り付けるための接続箇所がありません。
そのためGoPro本体を標準フレームまたは防水ハウジングに装着したうえで、それらをマウントと組み合わせます。


GoProとマウントの取り付け方法

取り付けイメージを動画でご覧いただくことができます。

GoProのマウントには、フォークのような2〜3本のツメにネジ穴が空いた、独自の接続箇所があります。

  • 互いのツメを互い違いに差し込んで、ネジ穴の位置を合わせます。
  • 専用のネジを通して固定したらマウントの取り付けは完了です。

マウントと本体の取り付け角度を調整したい場合は、ネジを少し緩めて調整し、再度しっかりネジを締め直して固定してください。

Was this article helpful?

Related Articles