RentioPress

フォーマットを知れば安心!ビデオカメラとSDカードの関係

公開日 最終更新日
フォーマットを知れば安心!ビデオカメラとSDカードの関係

ビデオカメラのメモリがいっぱいになってSDカードを入れたけれどエラーが出る、そんな経験はありませんか?もしかしたらSDカードのフォーマットが原因かもしれません。初心者にはわかりづらいSDカードのフォーマットについて、わかりやすく解説します。

撮影した動画が保存できない!それは何が原因?

ビデオカメラでよいシーンを撮れた!と再生しようとしてみると動画が保存されてなかった。初心者にはよくあるトラブルです。原因はいくつかありますが、内蔵メモリがいっぱいになっているかSDカードをセットしていないケースなどが考えられます。

内蔵メモリの容量がいっぱいで、SDカードが入っていない

近年のビデオカメラはメモリが内蔵されているものが多く、本体に動画を保存しておくことができます。ただし、内蔵メモリは容量が機種ごとに決まっているので、撮影前には残りの内蔵メモリの容量を確認しておく必要があります。また、近年のビデオカメラの撮影画質は非常に高く、高画質なほど内蔵メモリに保存できる容量は少なくなります。画質モードを確認してから撮影しましょう。

SDカードも入っているが、容量がいっぱい

あらかじめSDカードを入れておいた場合でも、内蔵メモリと同様に容量には限りがあります。SDカードの容量はカードの種類によって異なります。また、SDHCやSDXCなど普通のSDカードとは規格の異なるカードもあります。カードを用意するときは事前にビデオカメラが対応している規格のSDカードの種類を確認しておきましょう。

SDカードの容量は十分だが、「フォーマット」されていない

セットしてあるSDカードの容量が充分あるはずなのにカードに保存できない時は、フォーマットがされていないことが原因かもしれません。お店で販売されているカードは多くの商品がフォーマットされていますが、はじめてビデオカメラで使う場合などはフォーマットが必要な場合もあります。説明書をよく確認しSDカードをフォーマットしましょう。

SDカードの「フォーマット」とは

フォーマットは型とか形式という意味ですが、ビデオカメラのSDカードなどの記録媒体の場合には、その機械に合わせて使えるようにするという意味になります。携帯電話やスマートフォンなどで使っていたカードをビデオカメラで使用する場合などには、ビデオカメラで使えるようにフォーマットする必要があります。

「フォーマット」の設定方法

フォーマットの仕方はビデオカメラによって異なります。メーカーによって設定方法もそれぞれですが、むずかしい操作ではありません。メニュー画面から「フォーマット〈カード〉」、「初期化〈カード〉」などの表示がされます。設定方法がわからなければ説明書を確認しましょう。説明書が手元になければインターネットで説明書をダウンロードすることができる場合もあります。

「フォーマット」するときの注意点

SDカードをフォーマットするときに気を付けたいのが、それまで保存してあったデータがフォーマットすると全て消えてしまうということです。SDカードを使い回す場合はフォーマットする前にカード内のデータを確認しましょう。保存しておきたいデータがある場合はカードリーダーなどを使ってパソコンに接続し、データをコピーしておきましょう。また、操作を誤ってフォーマットする必要のない内蔵メモリや別のカードをフォーマットしてしまわないように注意しましょう。

まとめ

ビデオカメラでデータを保存できない時は内蔵メモリかSDカードの容量がいっぱいになっているかも知れません。SDカードに撮影した動画を保存する場合は使う前にフォーマットが必要な場合があります。フォーマットするとそれまで保存していたデータは全て消えてしまいますので、バックアップしておくことが大切です。

よく読まれている記事 週間アクセスランキング

ピックアップ記事