Vivitek QUMI Q8 モバイルプロジェクター

4.51件のレビュー

3泊4日レンタル料金(税込)

9,980

+75,000円でそのまま購入も可能(詳細…)

・4泊5日以上にも延長可能 (+700円/日)

・貸出時、返送時ともに送料無料

・安心の補償プランが無料で付帯(詳細…)

・ケーブル、バッテリー等の付属品(一覧…)


製品特徴・利用シーン

DLP® 0.47” Pico Technology by TIを採用し、ネイティブフルHD解像度を実現

従来のモバイルプロジェクターは、WXGAクラス(1280×800)の解像度が主流でした。QUMI Q8は、DLP® 0.47” Pico Technology by TIを採用し、QUMIならではの圧倒的なコンパクトボディにネイティブ解像度1920×1080を実現。画素ずらしではない本物のフルHD画像を楽しむことができます。更に30000:1の高コントラストで、より高画質を楽しむことが可能です。

700g以下フルHDクラス最高輝度1000ルーメンの明るさ

サイズW190mm×H114mm×43mm、重さ621g。

さらに700g以下のLEDフルHDモバイルプロジェクターとしては最高輝度となる1000ルーメンのLED光源を搭載。部屋の電気をつけたままで投射可能な明るさを、このサイズで実現しました。高解像度、高輝度をを実現した。まさにQUMI史上最高モデルです。

タテヨコ台形補正機能

スクリーンに対してタテ方向に傾斜投影した映像を自動的に補正する“自動台形補正機能”がついております。細かい調整をしなくても、歪みも気になりません。またスクリーンに対してヨコの位置からの投影でも、映し出す画面を見やすい四角形に手動で補正する機能もあります。プロジェクターをスクリーンに対して、真正面から設置できないときでも、タテヨコの台形補正機能で歪みのない見やすい画面を映し出すことができます。

最新モバイルプロジェクター「Vivitek QUMI Q8」レビュー。求めていた最高級の性能と携帯性を実現 - Rentio PRESS モバイルプロジェクター「Vivitek QUMI」全モデル比較。携帯性に優れたビジネスシーンにおすすめモデルを紹介 - Rentio PRESS[レンティオプレス] おすすめモバイルプロジェクター7選!鞄に入れて持ち歩ける携帯性抜群の最新モデルを紹介 - Rentio PRESS

詳細はメーカー公式サイトをご確認ください

詳細仕様

明るさ
1000ルーメン
ネイティブ解像度
フルHD1080P (1920×1080)
最大入力解像度
フルHD1080P (1920×1080)
コントラスト比
30,000:1 (Full On/Full Off)
ディスプレイタイプ
DLP® 0.47” Pico Technology by TI
画像サイズ
40インチ~120インチ
投写距離
132.8cm~398.5cm
アスペクト比
16:9 (ネイティブ)
サイズ
190 x 114 x 43mm
重さ
約621g (ACアダプターを除く)

実際のご利用レビュー

4.5
1件のレビューによる平均です
匿名様より
投稿日 2019/11/20

この商品について4.0

  • 購入したいです
  • デザインが良かったです
  • 性能に満足しました
コメントがありません

サービスについて5.0

  • また使いたいです
  • 対応が親切でした
  • 返却が簡単でした
  • 商品がキレイでした
  • 梱包が丁寧でした
  • 予約が簡単でした
コメントがありません

おすすめ商品

おすすめ商品