Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF 広角ズームレンズ (NIKON Fマウント)

ひとまず使ってみたい
お試し利用

3泊4日レンタル料金
(税/送料込)

5,980

利用の途中でそのまま購入™
購入ご検討の際は別途お問合せください
(商品により販売を承れない場合もあります)

貸出時、返送時ともに送料無料

4泊5日以上にも延長可能(+500円/日)

その他レンタルに関するQ&A

必ずご確認ください

この商品はニコンFマウント用レンズです。キヤノンEFマウント用も用意があります。

商品について

補償込み
除菌の実施

トキナーレンズ最新シリーズの誕生

これまでもトキナーでは、レンズブランドとして「FiRIN」や「opera」を展開してきましたが、こちらのatx-i 11-16mm F2.8 CFも最新シリーズとなる「atx-i」における最初のモデルとして発売になりました。最新の「atx-iシリーズ」は、従来から存在したAT-Xシリーズより人気のあったレンズを中心にリニューアルを行っていくシリーズとして誕生しました。こちらのatx-i 11-16mm F2.8 CFも従来モデルであるAT-X 116 PRO DX IIをリニューアルする形で誕生したレンズです。

APS-C専用レンズとして貴重な超広角の画角

APS-Cセンサー搭載のカメラは、必然的に1.5倍(ニコン)~1.6倍(キヤノン)に画角がクロップされます。そのため、広い範囲を写す広角の画角に関してはフルサイズセンサー搭載モデルと比較すると不利になります。しかし、こちらのatx-i 11-16mm F2.8 CFを使用することでAPS-Cセンサー搭載モデルでも35mm換算約17mmから25mmという広角らしい画角を実現することができます。APS-C専用の超広角レンズとして貴重な選択肢になるでしょう。

青空をより鮮やかに写し出す「トキナーブルー」

広角レンズを使用して風景を写すと、その画角の広さから青空が画角において大きく面積を占める場面も少なくありません。トキナーレンズでは、昔から青の発色性で非常に優れており、青空を写したときの発色というのは非常に優れています。その優れた性能から愛好家から「トキナーブルー」と名付けられるほど、トキナーレンズにおける青色の発色は魅力的です。

(文・写真 / Atsushi Yoshioka)

詳細はメーカー公式サイトをご確認ください
お試し利用(税込/4日間〜)
5,980円
月額制で利用(税込/3ヶ月〜)
5,000円/月

詳細仕様

焦点距離
11-16mm
開放絞り値
F2.8
レンズ構成
11群13枚
最短撮影距離
0.3m
フィルター径
Φ77mm
最大径
84.0mm
長さ
Φ91.7 mm
質量
555g
マクロ最大倍率
1:11.6
最小絞り
F22
手ブレ補正効果
-

おすすめ商品

おすすめ商品

実際のご利用レビュー

この商品はまだレビューがありません。

Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF 広角ズームレンズ (NIKON Fマウント)を、送料無料で今すぐご注文