RentioPress

Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF実写レビュー。最新シリーズで写すAPS-C専用超広角レンズの実力

公開日
Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF実写レビュー。最新シリーズで写すAPS-C専用超広角レンズの実力

広角域のレンズを得意とするトキナーレンズ。

トキナーでは、これまでも広角や標準域の焦点距離を保有するレンズを中心に開発を行ってきましたが、今回ご紹介する「Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF」は、APS-Cセンサー搭載機向けの超広角レンズとして発売されました。

焦点距離11mmから16mmを保有するレンズは、これまでも「Tokina AT-X 116 PRO DX II」が存在しましたが、新たにatx-iシリーズとして生まれ変わりました。

ここからは新シリーズにおける特徴や、生まれ変わったAPS-C専用超広角レンズの実力をレビューしていきます。

Tokinaレンズ最新シリーズ「atx-i」誕生

Tokina atx-i 新シリーズ

トキナーではここ数年でFiRINoperaなど、高級路線を意識した最新レンズシリーズを発表してきました。

レンズシリーズとして長い歴史を保有するAT-Xシリーズの行方が気になるところでしたが、今回ご紹介するTokina atx-i 11-16mm F2.8 CFでは、AT-Xの後継シリーズとして、atx-iというシリーズ名として新たに生まれ変わりました。

atx-iは、AT-Xシリーズで存在した人気レンズをピックアップし、外観・性能・価格の見直しを行い、リニューアルする目的で新設された最新レンズシリーズです。

第一弾はAPS-C専用超広角レンズ

Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF リニューアル

新シリーズatx-iにおける第一弾レンズとなったのは、これまでAT-Xシリーズで存在した「AT-X 116 PRO DX II」の後継モデルにあたる「atx-i 11-16mm F2.8 CF」です。

35mm換算で約17mmから25mm相当の焦点距離を保有する超広角レンズです。

トキナーでは既にフルサイズセンサー搭載モデル対応の超広角レンズとしてopera 16-28mm F2.8 FFがラインナップに存在しますが、今回のatx-i 11-16mm F2.8 CFは、APS-Cセンサー搭載モデルにおいても、その画角を体感できるレンズとなります。

外観レビュー

ここからはatx-i 11-16mm F2.8 CFのデザインや大きさ、重さなどの外観面についてレビューを展開していきます。

非常にコンパクトに収められたサイズ

Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF 携帯性

APS-Cセンサーは、上級向けで搭載されているモデルも存在しますが、初心者向けの一眼レフにおいて必ず採用されるセンサーサイズと言っても過言ではありません。

初心者が写真撮影を楽しく行う上で、重要なポイントとして持ち運びに苦を感じない携帯性がありますが、atx-i 11-16mm F2.8 CFでは、従来モデル同様にコンパクトなサイズ感に収められていることが特徴的です。

operaシリーズでも採用された最新デザイン

Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF デザイン

従来のAT-Xシリーズから大きく変わったポイントとしてレンズのデザインが象徴的です。

atx-i 11-16mm F2.8 CFでは、近年のデジタル一眼レフカメラの流行に合わせたデザインとしてシンプルながらもスタイリッシュなデザインが採用されています。

基本的には既にラインナップに存在する「operaシリーズ」におけるデザインに似ており、近年トキナーが開発するレンズにおいて統一感を持たす狙いを感じ取ることができます。

Tokina伝統のワンタッチフォーカスクラッチ機構

Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF ワンタッチフォーカスクラッチ機構

トキナーが昔からの伝統機能として搭載し続けているAF/MF切換におけるワンタッチフォーカスクラッチ機構をatx-i 11-16mm F2.8 CFでも搭載しています。

ワンタッチフォーカスクラッチ機構は、レンズのフォーカスリングを前後に移動させることでオートフォーカスとマニュアルフォーカスを切り換えることができる機能です。

純正レンズや他のサードパーティー製レンズにおいては、スイッチによるオートフォーカスとマニュアルフォーカスの切換が一般的ですが、トキナーレンズでは、スイッチの場所を探す必要がなく、ファインダーを覗きながらでも瞬時にAF/MF切換を行うことができます。

撥水性・撥油性の優れたコーティングを採用

Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF コーティング

広角レンズほどレンズ面に付いた水滴や指紋などの汚れが写真上にも影響を及ぼす可能性が高い存在です。

特に夜間の撮影において街灯などの明るい光源が画角内に入った際、レンズ上に汚れなどが存在すると、不自然な反射やフレア・ゴーストが目立ってしまう場合もあります。

atx-i 11-16mm F2.8 CFでは、トキナー独自のWRコートによって撥水性や撥油性に優れたコーティングを採用し、万が一レンズ上に指紋や水滴などが生じた場合も、簡単でキレイにふき取ることが可能です。

広角レンズでは、レンズの汚れには細心の注意を払い、見つけた場合はすぐ拭き取ることを心がけましょう。

性能レビュー

ここからはatx-i 11-16mm F2.8 CFにおける写りを中心に、レンズとしての性能面をご紹介していきます。

従来のAT-Xシリーズからリニューアル

先ほどからご紹介しているように、atx-i 11-16mm F2.8 CFは、従来から存在するAT-X 116 PRO DX IIの後継モデルとして誕生しました。

デザイン面などが大きく変化が加えられたとご紹介しましたが、光学系やAF機構に関しては従来から変わらない高いクオリティを実現しています。

APS-C専用レンズにおける貴重な超広角の選択肢

Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF

Canon EOS 7D Mark II, Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF, 1/800秒, F10, ISO200, 焦点距離 11mm, お台場海浜公園

APS-Cセンサーでは、レンズに記載されている焦点距離×1.6(ニコン機は×1.5)が35mm換算(フルサイズセンサーと同じ)における焦点距離になりますが、広い画角を必要とする広角レンズにおいては、APS-Cセンサーによるクロップというのは、不利になります。

そんな中でも35mm換算の焦点距離において約17mmから25mmという広角らしさを感じられるアングルを実現しているatx-i 11-16mm F2.8 CFは、APS-C専用レンズにおいて貴重な選択肢になると言えるでしょう。

伝統のトキナーブルーを感じられる

Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF

Canon EOS 9000D, Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF, 1/400秒, F11, ISO200, 焦点距離 11mm, 神奈川県内

トキナーレンズでは、青空を写した際に、優れた発色を実現することで「トキナーブルー」とユーザーの間から定評があります。

今回ご紹介しているatx-i 11-16mm F2.8 CFにおいてもトキナーブルーの力を存分に体感できる素晴らしいブルーの発色が特徴的で、広角レンズのメリットでもある広い範囲を写すことができる画角と合わせて鮮やかな仕上がりを実現します。

今回撮影を行った10月の関東地方は、秋雨前線や台風の影響により連日の曇り空。

なかなか晴天の日を見つけて撮影に行くことが難しい状況でしたが、この日はトキナーブルーを存分に活かすことができる澄み渡った青空が広がり、美しい「トキナーブルー」を体感することができました。

レンズの携帯性を合わせて、晴れた日は思わず持ち歩きたくなるレンズです。

トキナーブルーについてはこちらで詳しくご紹介

風景写真で活きる「トキナーブルー」とは。operaレンズを使って写す美しい「青色」の魅力 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CFフォトギャラリー

Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF

Canon EOS 9000D, Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF, 1/320秒, F7.1, ISO400, 焦点距離 11mm, 神奈川県内

Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF

Canon EOS 9000D, Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF, 1/100秒, F2.8, ISO400, 焦点距離 11mm, 神奈川県内

Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF

Canon EOS 9000D, Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF, 1/60秒, F9, ISO800, 焦点距離 11mm, 神奈川県内

Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF

Canon EOS 9000D, Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF, 1/640秒, F9, ISO200, 焦点距離 16mm, 神奈川県内

Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF

Canon EOS 7D Mark II, Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF, 1/800秒, F9, ISO200, 焦点距離 11mm, お台場地区

Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF

Canon EOS 7D Mark II, Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF, 1/320秒, F9, ISO200, 焦点距離 11mm, お台場地区

Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF

Canon EOS 7D Mark II, Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF, 1/1600秒, F10, ISO200, 焦点距離 11mm, お台場地区

Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF

Canon EOS 9000D, Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF, 1/800秒, F8, ISO200, 焦点距離 16mm, 神奈川県内

Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF

Canon EOS 7D Mark II, Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF, 1/400秒, F10, ISO200, 焦点距離 11mm, お台場地区

Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF

Canon EOS 7D Mark II, Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF, 1/500秒, F9, ISO200, 焦点距離 11mm, お台場地区

製品仕様表

モデル名Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF
焦点距離11-16mm
明るさF2.8
レンズ構成11群13枚
最短撮影距離0.3m
マクロ最大倍率1:11.6
フィルター径Φ77mm
最大径Canon EF:Φ91.7 mm
Nikon F:Φ89.2 mm
長さ143.0mm
質量約555g
絞り羽根9枚
最初絞りF22
手ぶれ補正効果

広角を得意とするトキナーの最新レンズ

Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF レビュー

昔から広角系や標準系の画角を得意としてきたトキナーですが、今回ご紹介してきたatx-i 11-16mm F2.8 CFも広角レンズのジャンルからの新製品となりました。

従来のAT-Xシリーズも広角レンズの選択肢としては、有力な候補になる存在でしたが、トキナーは「operaシリーズ」「FiRINシリーズ」によってワンランク上の存在へと進化を遂げた印象です。

今回ご紹介してきたatx-i 11-16mm F2.8 CFは、FiRINやoperaの新シリーズで培った技術力を活かして誕生したatx-iシリーズの第一弾として、今後AT-Xで展開されてきた名レンズのリニューアルを活気付ける存在としても期待されています。

APS-C専用の超広角レンズとして、キットレンズでは再現することのできない広角の画角をatx-i 11-16mm F2.8 CFにて体感されてみてはいかがでしょうか。

ケンコートキナー特別インタビューはこちら

ケンコー・トキナーの顔が語る特別インタビュー。「我々が得意とする広角系のレンズで勝負したい」 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

最新レンズをレンタルでお試し

今回ご紹介してきたatx-i 11-16mm F2.8 CFは、レンタルでお試しすることもおすすめです。

Rentioでは、トキナーレンズをはじめ多くのレンズを最短3泊4日からレンタルすることが可能です。

気になるレンズは購入する前に、まずはお試しで使用されることがおすすめです。

是非この機会にRentioのレンタルサービスで、トキナーレンズの魅力を感じてみてください。

[レンタル] Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF (CANON EFマウント) – Rentio[レンティオ]

[レンタル] Tokina atx-i 11-16mm F2.8 CF (NIKON Fマウント) – Rentio[レンティオ]

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 一眼カメラカテゴリのランキング

ピックアップ記事