RentioPress

FUJIFILM X100F実写レビュー。おしゃれなデザインで本格撮影を楽しめるコンパクトカメラ

公開日
120view
FUJIFILM X100F実写レビュー。おしゃれなデザインで本格撮影を楽しめるコンパクトカメラ

携帯性に優れ、気軽に撮影できることで人気のあるコンパクトデジカメ。

今回ご紹介する富士フイルムから販売されているFUJIFILM X100Fは、コンパクトデジカメという分類ながら、他モデルと比較して大型である不思議なカメラです。

携帯性には決して優れているとはいえないX100Fですが、性能面や機能面では他のコンパクトデジカメを圧倒する能力を保有しています。

今回はそんなFUJIFILM X100Fを実際に使用して撮影した作品を基にレビューしていきます。

FUJIFILM X100Fのamazonページはこちら

富士フイルム
¥121,000 (2018/10/19 18:20:03時点 Amazon調べ-詳細)

X100F外観レビュー

FUJIFILM X100F デザイン

レトロな雰囲気が漂うカメラデザイン

X100Fは、非常にレトロな印象を持つデザインが採用されています。その姿はまるでフィルム時代のカメラのようなデザインです。

しかし古臭いという印象ではなく、「おしゃれなレトロ」としてのデザインを確立させています。

近年ではあえてレトロ感を出すようなファッションがあるほど、レトロというのは好かれる傾向にあります。X100Fもファッションの一部として取り入れることのできる「おしゃれカメラ」です。

レンズ一体型でも大きめのボディ

FUJIFILM X100F 大きい

コンデジのメリットとしてレンズ一体型による携帯性に優れたボディですが、X100Fはコンデジとしてレンズ一体型を実現していますが、決して小型・軽量とは言えません。

通常のコンデジは手のひらに収まるサイズ感を実現していますが、成人男性の手のひらからはみ出てしまうほどの大きさです。

そしてがっちりとしたボディは、ホールド性には優れていますが、重さもそれに伴って増加しているため、携帯性に優れているカメラではないので注意が必要です。

慣れるまでに少し時間を要する操作性

FUJIFILM X100F 操作性

見た目が非常におしゃれなデザインを実現しているX100Fですが、使いこなすのには少々時間を要することでしょう。

X100Fのボディにはダイヤルが配置されていますが、一般的なカメラに存在する撮影モードを変更する「モードダイヤル」は搭載されていません。

基本的には「絞り」「シャッタースピード」などを自分で設定する必要があり、絞り値はレンズのリングで、シャッタースピードはダイヤルにて調整する必要があります。

これらを使いこなすためには絞り、シャッタースピード、ISO感度の関係性など、写真撮影の基礎知識が必要となるため、初心者の方には少々難しく感じるかもしれません。

X100Fの撮影性能

2430万画素、大型APS-Cセンサーで実現する高画質

FUJIFILM X100F 高画質

携帯性には優れていないカメラとご紹介しましたが、その分撮影に関する性能は非常に優秀です。

デジタルカメラでも高画素の部類に入る約2,430万画素を実現。さらに写真の撮像に大きく影響する撮像センサーでは、一眼カメラで搭載されているセンサーサイズと同じAPS-C規格のセンサーが搭載されています。

これにより、一般的にセンサーが小さいことで画質の劣化や、暗い場所での撮影に弱いというコンデジの悩みを感じることなく撮影することができます。

ファインダーは光学式と電子式を切換可能

FUJIFILM X100F ファインダー

X100Fの魅力的な機能にファインダーでの操作があります。通常コンデジではファインダーに液晶が搭載されることで映し出される電子ビューファインダーが大半ですが、X100Fでは、電子ビューファインダーと一眼カメラなどで液晶に映さない光学ビューファインダーの切換を行うことができます。

電子ビューファインダーのメリットは、撮影後の仕上がりイメージをその場で確認できることですが、液晶画面越しということで、撮影者によっては違和感を感じることも多々あります。

切換を行えることでピントを確認したいときだけ拡大できる電子ビューファインダーに切り替えるなどの作業を行うことができるメリットがあります。

富士フイルム独自のフィルムシミュレーション搭載

FUJIFILM X100F フィルムシミュレーション

RentioPressではミラーレス一眼カメラであるX-A5の実写レビューも行ってきましたが、富士フイルムでは独自の色表現技術に自信を持ちます。

その色表現技術を体感するのにカメラに搭載されている「フィルムシミュレーション」が最適で、数あるパターンから選んでお好みの色調へと仕上げることが可能です。

他のメーカーでは感じることのない絶妙な色再現能力と、写真から感じる被写体の質感は、長年フィルム製造にて培った技術を保有する富士フイルムだからこそできる技術です。

作例を基にレビュー

単焦点で切り取るコツ

FUJIFILM X100F 35mm 単焦点

X100Fではズーム性能を保有していないことから35mm換算で35mmの画角固定撮影となります。

これは一眼カメラでいう単焦点レンズを付けた状態と同じで、限られた画角で作品を撮影する必要があります。

X100Fで採用されている35mm換算35mmの画角は、スマホなどで使われる一般的な画角よりも少し拡大した画角となります。そのため、広く写すことも遠くの被写体を大きく写すこともできない、実は難しい画角です。

そのため、被写体との距離感が重要になります。画角内にバランスよく被写体を配置させるように考えることで、構図の勉強にもなるでしょう。

X-Processor Proによる高速撮影

FUJIFILM X100F 35mm AF性能

最新の画像処理エンジンであるX-Processor Proを搭載し、ピント合わせで重要となるAF性能にも優れています。

AFでは3タイプ存在し、「シングルポイントAF」「ゾーンAF」「ワイド/トラッキングAF」から指定することができます。動かないものを撮影する場合は、基本的にシングルポイントAFで良いですが、作例の花のように少しの風で動く被写体にはワイド/トラッキングAFが有効的です。

そして焦点距離固定35mmであるレンズを搭載しているため、大きく被写体を写すためには近づく必要があります。そのような場合、背景はボケやすくなり、被写体までの距離も近いことから被写界深度の変化が大きくなるため、ピント合わせには敏感になる必要があります。

NDフィルターが内蔵されている

本格撮影を実現するX100Fでは、他のコンデジにはあまり存在しない「NDフィルター」の効果を実現できる機能を搭載しています。

カメラの撮影設定において「NDフィルター」をONにすることで使用できます。そもそもNDフィルターは光量をわざと落とす際に使用しますが、これは低速シャッター時に効果的です。

低速シャッター時はシャッターを開けている時間が長くなることから光を取り込める量も多くなります。そのような場合、日中の明るい時間帯などでは絞りやISO感度などで光の量に対応できず、露出オーバーになります。

そこで「NDフィルター」を使用することで光量を自然に落とすことができ、自然な露出のままスローシャッター撮影を実現します。滝や水流の撮影時にとても有効的な撮影手法です。

X100Fを使って撮影する秋

ここからはX100Fを実際に使って撮影した秋らしい写真を中心にご紹介していきます。

富士フイルム独特の色表現技術や、X100Fが魅せる描写力をお楽しみください。

https://portfolio.rentio.jp/post/178879227266/fujifilm-x100f-ss-160秒-f10-iso-1250-焦点距離

https://portfolio.rentio.jp/post/178879293106/fujifilm-x100f-ss-190秒-f9-iso-200-焦点距離

https://portfolio.rentio.jp/post/178879323341/fujifilm-x100f-ss-1420秒-f4-iso-200-焦点距離

https://portfolio.rentio.jp/post/178879374186/fujifilm-x100f-ss-1600秒-f56-iso-200-焦点距離

https://portfolio.rentio.jp/post/178879464606/fujifilm-x100f-ss-1750秒-f4-iso-200-焦点距離

RAW撮影で現像にもこだわることができる

FUJIFILM X100Fでは、RAW記録の撮影にも対応しているため、撮影後にRAWデータの現像作業も可能です。

RAW現像は、Adobe社が提供するCamera RAWなどで行うことができます。私は同じくAdobe社が写真現像用ソフトとして販売しているLightroom Classic CCを使用してRAW現像を行いました。

https://portfolio.rentio.jp/post/178880667836/fujifilm-x100f-ss-1120秒-f28-iso-200-焦点距離

https://portfolio.rentio.jp/post/178880761581/fujifilm-x100f-ss-1160秒-f9-iso-200-焦点距離

https://portfolio.rentio.jp/post/178880694171/fujifilm-x100f-ss-1420秒-f4-iso-200-焦点距離

https://portfolio.rentio.jp/post/178880737751/fujifilm-x100f-ss-140秒-f11-iso-400-焦点距離

https://portfolio.rentio.jp/post/178880639901/fujifilm-x100f-ss-11250秒-f56-iso-200-焦点距離

https://portfolio.rentio.jp/post/178880715196/fujifilm-x100f-ss-1160秒-f2-iso-200-焦点距離

FUJIFILM X100F製品仕様表

モデル名FUJIFILM X100F
発売時期2017年2月23日
参考価格11万5千円程度
有効センサーサイズAPS-C (23.5mm × 15.6mm)
撮像素子X-Trans CMOS IIIセンサー
カメラ部有効画素約2,430万画素
レンズ焦点距離(35mm換算)35mm
レンズF値(開放)F2
オートフォーカス方式インテリジェントハイブリッドAF
測距点325点
常用ISO感度ISO200~12800
シャッター速度1/4000~30秒
連続撮影速度最高約8.0コマ/秒
液晶モニター3.0型/TFTカラー液晶モニター
タッチパネル採用
ドット数約104万ドット
Wi-Fi
Bluetooth
大きさ126.5×74.8×52.4mm(幅×高さ×奥行)
本体質量約469g

写真の奥深さを感じられる新しくもあり、原始的なカメラ

FUJIFILM X100F レビュー

今回ご紹介してきたFUJIFILM X100Fは、デジタルカメラの中でもデジタルカメラらしくない一面も見ることができるモデルです。

レトロなデザインを採用し、直感操作のできるダイヤルやボタン配置は、昔ながらのフィルムカメラを思い出す方もいらっしゃるでしょう。

しかしその中に富士フイルムがデジタルカメラ開発で培った色表現やオートフォーカスなどの技術が沢山投入され、現代のカメラらしい高画質で美しい写真を撮影することができます。

使いこなすには難易度高め。スキルアップに最適モデル

そしてX100Fを使って最も感じたことは、初心者にも写真の勉強がしやすく、使いやすいカメラであることはもちろんですが、知識があるほどX100Fを使いこなすことができ、表現力を拡大してくれる上級者向けのカメラであるとも感じました。

この1台で、写真撮影のスタートから自分らしい表現力を見つけることができる「長く使えるカメラ」としてとてもおすすめできるモデルです。

FUJIFILM X100Fをレンタル

今回ご紹介してきたX100Fですが、公式サイト上で購入すると15万円を超える非常に高価なカメラであるため、いきなり最初のカメラとして購入するには勇気がいるでしょう。

そんなときおすすめなのがカメラのレンタルサービスです。

家電レンタル「Rentio」では、今回ご紹介したコンパクトデジカメ「FUJIFILM X100F」をはじめ、さまざまなカメラバリエーションから選んでレンタルすることができます。

レンタルは最短3泊4日で返却は最終日の24時までに行えばOK。お得にじっくり使えるRentioのレンタルサービスで気になるカメラをお試ししてみてくださいね。

[レンタル] FUJIFILM デジタルカメラ X100F – Rentio[レンティオ]

よく読まれている記事 週間アクセスランキング

ピックアップ記事