RentioPress

RICOH GR III(GR3)実写レビュー。待望の最新高級コンデジの実力を作例から徹底解説

公開日 最終更新日
RICOH GR III(GR3)実写レビュー。待望の最新高級コンデジの実力を作例から徹底解説

デジタルカメラといえばミラーレス一眼が盛り上がりを見せていますが、コンパクトデジカメの存在も忘れてはいけません。

コンパクトデジカメの中でも高性能にこだわったモデルである高級コンデジは、ミラーレス一眼カメラが盛り上がりを見せる今でも人気を集めているシリーズです。

その中でもリコーが開発するGRシリーズは、高級コンデジの中でもコンデジらしい携帯性を維持しながら、一眼カメラに近い高画質を実現するカメラとして選ばれているシリーズです。

今回はそんなGRシリーズより2019年3月15日に発売となった最新モデル「RICOH GR III」を実際に使用してレビューしていきます。

単なるコンデジとは呼ばせない「GRシリーズ」

RICOH GRシリーズ

リコーが展開するコンパクトデジカメシリーズである「GR」は、レンズ一体型デジタルカメラとしてボディのコンパクト性をそのままにAPS-Cサイズのセンサーを搭載する高級コンデジです。

コンデジというと「安い」「コンパクト」「レンズ交換の必要がない」などの印象があります。

GRシリーズはコンパクトデジカメとして「コンパクト」「レンズ交換の必要がない」は満たしていますが、価格に関しては他のコンパクトデジカメよりも高値がついています。

しかし、GRシリーズは高価格を考えたとしても、「デジタルカメラとしての質」を追求した、ただのコンパクトデジカメではないのです。

今回のレビューでは、その辺りを踏まえたGRシリーズの素晴らしさもお伝えしていきます。

人気シリーズ待望の新モデル誕生

RICOH GR III 新登場

高価格ながら幅広い層から支持を集めるGRシリーズ

従来モデルであるGR II(GR2)は、2015年発売ですが、こちらもコンパクトデジカメとして非常に優れた描写能力や、持ち歩きに最適なサイズ感でスナップ写真愛好家を中心に人気を集めました。

今回発売となったGR III(GR3)は、人気GRシリーズで待望の最新モデルとして約4年の時を経てモデルチェンジとなりました。

GR III(GR3)外観レビュー

まずはカメラのデザインや大きさなど、外観面について実機を使用してレビューしていきます。

究極のコンパクトボディを実現

RICOH GR III コンパクト

RICOH GR III(GR3)はコンパクトデジカメとして小型・軽量のボディを実現。

そのサイズ感は手で握りしめることができるほどのコンパクトさです。コンパクトデジカメとしては、あまり珍しくないサイズ感ですが、後ほどじっくりご紹介する性能面を考えるとGR III(GR3)は性能に対して驚愕のコンパクト性を実現していることが分かります。

重さもバッテリーとSDカードを含めても約257gと、デジタルカメラとして非常に小型で軽量なボディを実現しています。さらにレンズ一体型であるため、レンズを含んだ重量として持ち歩きに最適です。

シンプルなデザイン

RICOH GR III シンプルデザイン

GR III(GR3)のデザインはシンプルな印象を受けます。

カメラボディでは、歴代のラインナップを通してブラックを基調としたカラーで統一されており、グリップとレンズ部分以外の突起は目立たないシンプルさを採用しています。

変に飾らない、そんなデザインが最近の流行のようにも感じますが、GR III(GR3)では「飾らない美しさ」を体現した、シンプルながらスタイリッシュなデザインとなっています。

少ないボタン数で簡単操作

RICOH GR III 背面デザイン

高級モデルというと操作性に不安を覚える方も多いのではないでしょうか。

GR III(GR3)では、その心配は無用といえるでしょう。カメラボディに配置されているボタン数は、一般的な一眼カメラと比較しても非常に少なく、1つひとつのボタンの用途が分かりやすいため、はじめて扱う際でも迷うことはありません。

特にカメラ上部ではモードダイヤルシャッターボタン電源ボタンの3つか存在しませんが、これらを使うだけで基本的な撮影は可能といえます。

タッチパネル液晶に対応

RICOH GR III タッチパネル

少ないボタン数で簡単操作とご紹介しましたが、細かい撮影設定についてはタッチパネルを搭載した液晶画面上で操作が可能です。

タッチパネル液晶であることから、視覚的で直感操作で撮影における細かい設定が可能です。

その操作性はまるでスマートフォンのような感覚に近く、デジタルカメラとしてのハードルの高さを感じることはありません。

画面上で自分の理想を簡単に表現できる。そんなカメラなのです。

撮影性能レビュー

ここからはGR III(GR3)を使用して撮影した作例や感覚を基に撮影性能面のレビューを行っていきます。

高級コンデジとして一体どんな性能を保有しているのかなどを解説していきます。

コンデジの常識を超えた高性能を実現

RICOH GR III 高性能

GR III(GR3)では、コンパクトデジカメとしての携帯性も特長の一つですが、圧倒的に優れた撮影性能も魅力的です。

4年の時を経てモデルチェンジが行われたモデルであることから、最新技術による性能向上を体感することができます。

有効画素数約2424万画素、優れた高感度耐性など、これまでコンパクトデジカメでは届かなかった部分まであらゆる高性能を追求した最新カメラです。

APS-Cサイズの大型センサーを搭載

RICOH GR III in Tokyo

RICOH GR III, 1/160sec, F8, ISO200, 戸越公園

カメラの撮像素子であり、心臓部分にあたるイメージセンサーでは、一眼カメラで一般的となっているAPS-Cセンサーサイズが採用されています。

イメージセンサーは、サイズ大きいほど画像内において1ドットに含むことができる情報量が多くなるため、APS-Cのような大型センサーを使用することで画質の向上が図られています。

画角は35mm換算28mm固定

RICOH GR III in Tokyo

RICOH GR III, 1/800sec, F3.2, ISO400, 戸越公園

通常コンパクトデジカメは焦点距離に幅を持たせたズーム機能が搭載されていることが大半ですが、GR III(GR3)では35mm換算28mmの焦点距離固定の単焦点となっています。

そのため、ズームして被写体を大きく見せたり、広範囲を写すために広角側にセットすることができません。

単焦点は感性が問われる、立ち位置によって作品が大きく変わるため難易度は高いですが、使う人によって作品に大きな違いが出る部分なのです。

クロップ機能も搭載

しかし、やはりどうしても撮影場所によっては焦点距離の問題が出てきます。

そんなときGR III(GR3)では、クロップ機能として「35mm」「50mm」の画角にクロップできる機能を搭載しています。

新開発の画像処理エンジンで魅せる高感度撮影

GR III(GR3)では、新たに開発された最新画像処理エンジンであるGR ENGINE 6が搭載され、処理能力や高画質を実現するための性能向上で重要な役割を果たしています。

中でも画像処理エンジンの性能が向上したことで、暗い場所などの撮影で必要となる高感度撮影において力を発揮します。

独自のノイズ低減処理により、高ISO感度設定時でもディティールを失わない高画質を維持します。最高ISO感度は102400と、一眼カメラでもなかなか実現することのない、高い高感度耐性を実現しました。

3軸・4段の強力な手ブレ補正機構を搭載

RICOH GR III 手ブレ補正

従来モデルでは、近代のデジタルカメラにおいて一般的となる手ブレ補正機構が搭載されていませんでした。

GRシリーズの場合、レンズ一体型であることから、一眼カメラのようにレンズに手ブレ補正機構が搭載されていれば効果を得ることができるようなことが存在せず、従来モデルまでは全く手ブレ補正の機能が存在しない状況でした。

今回発売となったGR III(GR3)では、シリーズ初となるボディ内手ブレ補正機構を搭載し、3軸方向・4段分の強力な手ブレ補正を実現しています。

この機能の新搭載により、暗い場所での撮影で低速シャッタースピードに設定されるときも手ブレを抑えた撮影が可能となりました。

作品としての写真表現「イメージコントロール」

RICOH GR III イメージコントロール

GR III(GR3)では、高画質・高性能へのこだわりを最大限に活かすことができる撮影設定エフェクト機能を統合した新たな調整機能として「イメージコントロール」機能を搭載しています。

10種の基本となるイメージから彩度や色相、露出、コントラスト、シャープネスなど、複数の項目から細かく画像の仕上がりを調整することが可能です。

マクロモードの搭載で広がる表現力

RICOH GR III in Tokyo

RICOH GR III, 1/250sec, F8, ISO200, しながわ中央公園

GR III(GR3)では、レンズの先端から6cmまで寄ることができるマクロモードを搭載しています。

6cmの近さまで寄ることができて、6~12cmの範囲でAFの動作を可能としているため、被写体に大幅に近づいて撮影するマクロ撮影においても、カメラ単体で行うことができます。

マクロモードへは、マクロボタンを押すだけで切り替えが可能で、被写体に近寄って撮影することから大きなボケ味を感じることのできるため、作品作りにおいて便利な機能です。

しかし被写体から12cm以上離れた場合は、AFが作動しなくなるため、撮影シーンに応じたモードの切替が必須となります。

スローシャッター時に効果的なNDフィルターを内蔵

GR III(GR3)では、簡単に効果の切り替えが可能なNDフィルターを内蔵しています。

NDフィルターは日中などの明るい時間帯でもスローシャッターを使用したい場合におすすめです。

露出2段分のNDフィルターであることから通常の撮影時よりもスローシャッターによる表現の幅を広げてくれます。

充実の通信機能でスマートフォンとその場で連携

RICOH GR III 通信機能

GR III(GR3)では、無線LAN機能を搭載することでスマートフォンと連携し、専用アプリを使用することで画像の確認、転送やリモート撮影などを行うことが可能です。

近年のデジタルカメラでは無線LAN機能を使用したスマートフォンとの通信が一般的となってきましたが、GR III(GR3)ではBluetoothによる常時接続も可能としています。

無線LAN機能の弱点は、常時接続ができず、都度接続する必要がありましたが、Bluetooth接続により、撮影画像の自動転送やスマートフォンが取得したGPSによる位置情報の記録も可能としています。

GR III(GR3)を使って撮り歩き「桜咲く春の東京」

持ち歩きに最適なGR III(GR3)とご紹介しましたが、実際にGR IIIを持ち歩いて桜咲く春の東京を歩いてみました。

撮影当日は朝から快晴だったものの、正午頃から急激に上空が雲で覆われてしまう春らしく天気の変化を感じる一日でした。

掲載している写真は傾き補正以外全て撮って出しの状態です。カメラだけで魅せることができる美しさを体感されてみてください。

RICOH GR III in Tokyo

RICOH GR III, 1/800sec, F2.8, ISO200, 大崎駅周辺

RICOH GR III in Tokyo

RICOH GR III, 1/200sec, F8, ISO200, しながわ中央公園

RICOH GR III in Tokyo

RICOH GR III, 1/2500sec, F2.8, ISO400, 大崎駅周辺

RICOH GR III in Tokyo

RICOH GR III, 1/250sec, F8, ISO200, ポジフィルム調, 大崎駅周辺

RICOH GR III in Tokyo

RICOH GR III, 1/100sec, F2.8, ISO200, ハイコントラスト白黒, 大崎駅周辺

RICOH GR III in Tokyo

RICOH GR III, 1/800sec, F2.8, ISO200, ハイコントラスト白黒, 大崎駅周辺

RICOH GR III in Tokyo

RICOH GR III, 1/800sec, F2.8, ISO200, ソフトモノトーン, 東京都内

RICOH GR III in Tokyo

RICOH GR III, 1/1000sec, F7.1, ISO400, 戸越公園

RICOH GR III in Tokyo

RICOH GR III, 1/800sec, F2.8, ISO200, 戸越公園

RICOH GR III in Tokyo

RICOH GR III, 1/800sec, F5, ISO200, 目黒川

RICOH GR III in Tokyo

RICOH GR III, 1/1000sec, F3.2, ISO400, ソフトモノトーン, 目黒川

RICOH GR III in Tokyo

RICOH GR III, 1/3200sec, F9, ISO400, レトロ, 東京都内

RICOH GR III in Tokyo

RICOH GR III, 1/1250sec, F2.8, ISO400, ポジフィルム調, 東京都内

RICOH GR III in Tokyo

RICOH GR III, 1/125sec, F9, ISO100, しながわ中央公園

GR III(GR3)製品仕様表

モデル名RICOH GR III
発売時期2019年3月15日
参考価格10万8千円程度
有効センサーサイズAPS-C (23.5mm × 15.6mm)
撮像素子原色フィルター/CMOS
カメラ部有効画素約2424万画素
レンズ焦点距離(35mm換算)28mm
レンズF値(開放)F2.8
オートフォーカス方式像面位相差検出およびコントラスト検出によるハイブリッド方式
常用ISO感度ISO100~102400
シャッター速度1/4000~30秒
液晶モニター3.0型/TFTカラー液晶モニター
タッチパネル採用
ドット数約103.7万ドット
Wi-Fi
Bluetooth
大きさ109.4×61.9×33.2mm(幅×高さ×奥行)
本体質量約258g(バッテリー、SDメモリーカード含む)

理想のその先へ届くGR III(GR3)の表現能力

RICOH GR III レビュー

一時は勢いを落としたコンパクトデジカメ。一眼カメラの価格も下降してきた時代において難しい存在でした。

しかしGR III(GR3)は、コンパクトデジカメながら高性能、幅広い表現の選択肢から多くのユーザーから支持を集めるモデルです。

コンデジという肩書ではあるものの、かつてのコンデジのイメージからはかけ離れたカメラであり、限りなく一眼カメラに近い存在といえるでしょう。

そして何より持ち運びが楽な携帯性は、旅行などのスナップにおいてミラーレス一眼よりも優れていると言えるでしょう。

理想の写真というのは、瞬間的に訪れることがあります。その理想を上回る作品へと仕上げてくれるカメラこそRICOH GR IIIなのです。

大人気RICOH GR IIIはレンタルでお試し

今回ご紹介してきたRICOH GR III(GR3)ですが、発売から注文が殺到し、品薄状態が続いているとのことです。

実際に2019年4月1日の通販サイトamazonでは、納入まで1~2ヵ月程度かかるとされており、今すぐ手に入れるのは困難な状況です。

しかしレンタルという手を使うことで話題の最新コンデジRICOH GR III(GR3)をすぐ使うことができます。

家電レンタル「Rentioでは、RICOH GR IIIを早速レンタルすることが可能です。購入までの検討材料としてや、少しだけ触ってみたいという方にもおすすめのサービスです。

ぜひRentioで最新カメラをレンタルして、その実力を体感されてみてください。

[レンタル] RICOH GR III コンパクトデジタルカメラ – Rentio[レンティオ]

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 コンデジカテゴリのランキング

ピックアップ記事