Rentioによるカメラ・家電の徹底解説サイト

Rentio PRESS

本格派子ども用カメラ「HappiCAMU ハピカム」を紹介!かわいいだけじゃないその実力とは?

更新日
本格派子ども用カメラ「HappiCAMU ハピカム」を紹介!かわいいだけじゃないその実力とは?

カメラは大人の趣味…と思いきや、いまは小さい子どもでも興味をもって触りたがりますよね。
スマホのカメラで撮りたがる子もいますしね!

もちろん興味があるならカメラを使わせてあげたい、買ってあげたいとおもう親御さんもいると思います。

でも安くはないカメラ…子どもにとっては重いし落として壊してしまったらどうしよう…

なんて不安があって、使わせてあげたいけどなかなか自分のカメラは貸したくないと葛藤することもあるのではないでしょうか。

しかも高価なものなので気軽にプレゼントもしにくいですよね。

そんな方にご紹介したいのが、子ども用カメラ『ハピカム』!

「見た目はなんだか “おもちゃ” みたいだけど…」
と思うかもしれませんが、子ども用カメラとあなどるなかれ。

充実の機能を搭載してるんです!

今回はそんな『ハピカム』をご紹介したいとおもいます!

「子ども用カメラ」の必須条件とは

まず、そもそも子ども用にどんなカメラがいいのかを解説。

壊れにくい

これは大鉄則。。。
あるあるなのが落として壊れちゃったというやつですね。
大人でもあることなんですが!

シリコンなどのやわらかい素材を使ったカメラであれば、落としても壊れにくいです。
また、落とすこと自体を防止するために、ネックストラップリストストラップが付いているといいですね。

小さな手でも持ちやすく軽い

子どもがカメラを落としてしまう理由に、持ちにくいからというのもあります。
ちっちゃな子どもの手でも持ちやすい形・大きさ・重さであることが大事です。

重いと疲れちゃいますしね…。
ネックストラップがあっても首が痛くなってしまうので、なるべく軽いものがいいでしょう。

また、レンズが端にあると手指で覆ってしまうことがあるので、レンズが真ん中についているタイプがおすすめです。

手ブレ防止機能

好奇心旺盛でアクティブな子どもたち…。
手ブレはあたりまえですね…。

ただ手ブレ防止機能が付いていても動き回る子どもたちはなかなか難しい…!
でもついているのとついていないのでは大違い。

手ブレさせない!というよりは少しでも手ブレを軽減するために、手ブレ防止機能がついているものを考えるようにしましょう。

かんたんに使える

プロが使うような一眼レフを渡されても子どもはよくわかりません。
大人ですら初心者なら全くわかりませんよね…。

なるべくボタンが少なく、簡単に扱えるものがおすすめです。
年齢にもよりますが、最初のうちは「撮る・撮ったのを見る」がメインだと思うので、そのボタンさえすぐにわかるような作りであれば問題ないです。


・・
・・・
…とまあ、子ども用カメラに求めるものを踏まえた上で、さっそく本題!!!

子ども用にぴったりのカメラ「ハピカム」について解説していきます!

ハピカムってどこのカメラ?

子ども向けのデジタルカメラや携帯電話に特化した企画開発・製造を行なう香港の会社、「VisionKids(ビジョンキッズ)」が作っています。

VisionKidsの日本正規代理店として、株式会社FOX(東京・有楽町)が販売しています。

ハピカムは株式会社FOXで2019年1月7日より販売開始しました。

ハピカムはどんなカメラ?

子ども用カメラって機能も画質も良くなさそうなイメージがあるかもしれません。

でもこのハピカムは“本格”子ども用カメラ!

なにが本格なのか…?
かわいい見た目に隠された機能とは…?

気になることがたくさんありますよね!

まずは外観からご紹介します▼▼

持ちやすくて落としにくい&かわいい

子どもが持ちやすいサイズ

80×55×60mm(幅×奥行き×高さ)というコンパクトサイズで子どもでも持ちやすい!
幅はiPhone5より小さいです!

しかも本体の重さは約73gなので重くて疲れてしまう…ということも少ないと思います。
むしろ軽すぎて不安になっちゃうレベルです(笑)

長さ48cmのネックストラップがついているので、誤って落としてしまうのも防げて安心。
リストストラップもついてますよ!

すべりにくい素材&持ちやすい形状

一眼カメラの中でもミラーレス一眼は軽くて、子どもにも使わせやすいと人気ですが、表面がつるつる・さらさらしたカメラが多いですよね。

さわった感じは気持ちいいですが、手が滑って落としてしまうことも。

▼やっぱりミラーレスは子どもの手にはちょっと大きいかも。。

でもハピカムはシリコン素材!なので滑りにくくなっています。
フォルムも握りやすく作られていてフィット感も◎!

全体的にまるっこく作られていてかわいいですね♪

わかりやすい操作ボタン&見やすい液晶画面

ボタンが少ない+ボタンにマーク付き=わかりやすい◎

操作が簡単なので、子どもでも直感的に使えます。

さらに
プレビューの拡大・縮小表示可能な見やすい液晶がついてます!

なお、ファインダーらしきものがありますが実際には見えません。(笑)
撮るときも液晶を見てとりますよ!

カラーバリエーションは2種類!

ピンクとブルーがあります。

色味もやさしくてかわいいですね♪

充実の機能を搭載

つづいて気になる機能をご紹介!▼▼

1,500万画素レンズを搭載!フルHD動画も撮影可能

\子ども用カメラ業界初!/
1,500万画素(5,120×2,880)の静止画&1,080Pの動画が撮影できちゃう本格的デジタルカメラ!

iPhoneの背面カメラ(SE~XS)は1,200万画素なのでそれより多いです。

さらに4倍ズームも可能!

子ども用カメラってどうしてもおもちゃみたいな…
というより古いガラケーで撮った写真みたいななんともいえないイメージになりがち。

ですが、ハピカムなら本格的なカメラで撮った写真と遜色ない写真が撮れそうです!

手ブレ防止機能

子どもってどうしても動いちゃうのでブレブレになっちゃいますよね。
そんなアクティブな子どもたちのために手ブレ防止機能が付いています!

それでもやっぱりブレちゃうことはありますが(笑)
極力抑えてくれるので助かる機能です。

顔認識機能

顔を認識できるので、ピントを顔に合わせてきれいな写真が撮れます。

タイマー&連続撮影OK

何回も言いますが、子どものカメラだとあなどってはいけません!

2秒・5秒・10秒でタイマー撮影可能です。

さらに連続撮影もできちゃうんです!連続撮影は3枚できて、タイマー+連続撮影もOK!
こちらも2秒・5秒・10秒でタイマー+連続撮影できます。

フレーム・デコレーションは21種類以上

簡単にかわいくできちゃうフレームとデコレーションがついています。
うさぎの耳をはやして撮影もできちゃいますよ!

スペック表

モデル名HappiCAMU ハピカム
サイズ(cm)H6×W8×D5.5
本体重量約73g
画面サイズ(cm)H3×W4
写真解像度1500万画素
画像解像度1000mAh
連写可能枚数3枚
動画種類1080P
ズーム機能4倍
セルフタイマータイマー撮影(2秒-5秒-10秒)
MicroSDカード最大容量32GB
USBポートマイクロUSB
言語8か国語言語対応
手ブレ防止機能

ハピカムは見た目がかわいい&機能も文句なしな子ども用カメラ!

見た目がかわいすぎて、私は最初これ普通におもちゃだと思っちゃったんですが、機能の充実ぶりがすごい…。
画質も良いし、まさかの連続撮影もできるという…。

これはお子さんもハマっちゃって手離さないかもしれませんね!

SDカードがすぐいっぱいになっちゃうかもしれません(笑)

ハピカムは大人も子どもも楽しめるカメラです。
子どもの視点からみる世界ってまた違って面白いですよね!

お子さんが撮った写真を一緒に見て楽しみましょう!

Rentioでレンタル!

Rentioではハピカムを3泊4日~レンタルできます♪

「子どもが気に入るかわからないからお試ししたい」
「旅行中だけ持たせたい」

などなど、そんな方はレンタルもありかも!
ぜひぜひご覧くださ~い♪

[レンタル] VisionKids ビジョンキッズ HappiCAMU ハピカム – Rentio[レンティオ]

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 コンデジカテゴリのランキング

ピックアップ記事