RentioPress

海外でのカメラやスマホのトラブル対処法を徹底解説!もう焦らない海外旅行でのトラブル

公開日 最終更新日
海外でのカメラやスマホのトラブル対処法を徹底解説!もう焦らない海外旅行でのトラブル

LCCや格安航空券の登場により、海外旅行が身近になりました。場所によっては国内旅行のような価格で渡航できる国も多くなってきました。

身近になるがゆえに海外旅行への注意力も散漫になります。海外でのトラブルとして盗難や詐欺は注意すべき事例ですが、意外とケアを忘れがちなのが身に着けているスマートフォンやデジタルカメラ、家電製品の技術的トラブルです。

一体どんなトラブルが起きたり、どのように対処するのか、私の実体験を基にご紹介していきます。

渡航先のコンセントタイプを確認

世界地図

家電製品を海外で使う場合、渡航前に行先の国のコンセントのタイプを調べることが必須となります。

実は国によってコンセントの形や電圧は大きく異なり、日本で使用しているコンセントをそのまま持ち出しても使えないということがほとんどです。事前に渡航先のコンセントタイプを調べ、家電量販店で変換アダプターを購入する必要があります。

コンセントタイプは日本で使われるAタイプをはじめ、Bタイプ、B3タイプ、BFタイプ、Cタイプ、Oタイプ、O2タイプ、SEタイプなどの全10種類存在します。ちなみに人気渡航先として知られる、アメリカ合衆国は日本と同じAタイプを採用しています。

しかし同じAタイプだからといって何も気にせず使用可能という訳ではありません。

渡航先の電圧を確認

先ほど日本とアメリカは同じAタイプとご紹介しましたが、コンセントの形状が同じでも、国によって電圧が大きく異なる場合があります

日本は100Vで統一されていますが、アメリカは110-120Vと少し高い数値になっています。日本国内用の家電製品をそのまま海外で使うと、電圧に耐えきれず危険であり、家電製品自体が壊れてしまう恐れがあります。

日本国内用の家電製品を電圧の異なる国で使う場合は、その国の電圧を100Vに変換する「変圧器」が必要になります。

しかし近年では、日本国外両対応の家電製品が増えてきており、一般的なPCやデジタルカメラは100-240Vまで対応していることが多いです。コンセントのアダプターに記載してある電圧数を見て範囲内に渡航先の電圧が含まれていれば、「変圧器」を必要とすることがなく使用することができます。

多種対応のコンセントがオススメ

複数の国を旅行される場合、その国ごとに変換用のコンセントを用意する必要があります。そしてコンセントで最も心配となるのが、「2つ以上のコンセントタイプを持つ国」です。

日本では完全にAタイプだけがコンセント規格として使用されていますが、ドイツではCタイプとSEタイプが存在しました。ドイツのように2つ以上のタイプが存在する国の場合、ホテルでもどちらが採用されているのか分からない場合が多々あります。

このような事例があるため、事前にホテルにどちらのコンセントタイプかを問い合わせることが最も安全策として挙げられますが、海外のホテルはレスポンスが遅かったり、場合によっては返答をもらえないこともあるので、ここでは複数のコンセントタイプに対応したプラグをオススメします。

私が普段海外で使用しているコンセントプラグは、タイプA、C、O、BF、SEの5タイプのコンセント形状に対応しています。更にマルチ変換タップなのでコンセントが少ない部屋などでも複数のコンセントを接続することができます。

これを使用すれば世界の主要国ではコンセント形状問題に難なく対応することができます。ただし変圧器ではないため、その点の注意は必要です。

メモリーカードやバッテリーを忘れた場合

海外旅行の思い出を写真に残す方も多いでしょう。現地に到着しカメラを取り出したら「バッテリーを忘れた」「メモリーカードを忘れた」などで青ざめてしまう場合もあるでしょう。

メモリーカードは見つけやすい

メモリーカードの場合、大きな都市であれば間違いなく購入できます。家電量販店や場合によってはスーパーでも購入することができます。しかし価格は日本より高値であったり、日本製ではなく中国製の場合も多いため相性の問題が生じることがあります。

【初心者向け】SDカードの選び方をやさしく解説!見るべき性能とおすすめSDカード5つを紹介 – RentioPress

バッテリー探しは困難

バッテリーの場合は、メモリーカードよりも入手が困難になります。これは日本国内でも同じですが、カメラを扱っているお店に行かないとないからです。メモリーカードと同じような感覚で見つけることは難しいです。

キヤノンの場合、数は少ないものの海外にサービスセンターを設置していることもあり、修理や調整、相談などのサービスを受けることができます。近くにある場合はサービスセンターに依頼することが最適でしょう。

スマートフォンのトラブル

現代では海外旅行で「データローミング」や「ポケットWi-Fi」により、データ通信を可能としている国がほとんどです。

現地情報や地図などもその場で見られるため、大変重宝する機器として欠かせない存在になるでしょう。

しかしスマートフォンも機械です。思わぬ故障やトラブルが発生することがあります。

画面破損

スマートフォン 海外 画面破損

私はフォトグラファーとして海外撮影も積極的に行っていますが、これまでで困った事例の一つにスマートフォンの落下があります。

私はズボンのポケットにスマートフォンを入れていましたが、運悪く地面に落下させてしまいました。さらに画面と地面が平行に接したため、画面上に大きな亀裂が入り、タッチパネルが機能しなくなりました。

日本国内でもスマートフォンのトラブルとして事例の多い画面破損ですが、私のように海外で発生することもないとは言えないでしょう。

メーカーによって差が出る

私が使用していたスマートフォンはSony製のXperiaでした。日本ではAppleに続く第2位のシェアを保有するSonyですが、海外シェアは非常に低いものです。

実際に私は画面破損させたのはアメリカ サンフランシスコでした。残念ながらSony製スマートフォンのアメリカシェアは非常に低く、日本国内の人気からは想像できないほど、どこに行っても販売されていない上、保有している人も見かけません。サンフランシスコではありませんが、フランクフルトへ行った際もドイツ人の友人から「Sony製のスマートフォンなんてはじめて見たぜ!」と驚かれるほどでした。

Sonyとしては、シェアの低いところにサポートセンターを置くことは非効率的なため、当然のように近くにSony関連のサポートセンターは存在しませんでした。結果的に私のスマートフォンは日本に帰国するまで直ることなく、日本で修理する形となりました。

携行品補償が適用される場合も

しかし、海外でのスマートフォンの破損は、海外旅行保険の携行品補償で修理費を請求できることがあります。

請求の際は、

  • 保険金請求書
  • パスポートのコピー(顔写真ページと出入国スタンプが押されたページ)
  • 破損したスマートフォンの証拠写真
  • 領収書(修理費等)

を用意して保険会社に送付する必要があります。

証明する書類が足りないことで適用されなかったり、使用具合や経過年月により消耗分を時価として差し引かれる場合もあります。そのため、全額補償というのは難しくなるため注意が必要です。

 

特定手続用海外旅行保険 ネットde保険@とらべる|三井住友海上

iPhoneは有利

そして世界的にもシェアが高いApple製スマートフォンであるiPhoneではどうなのかという疑問があると思います

Appleは世界中に拠点を置いているため、高確率で修理や交換が可能です。これらはApple storeやPremium Reseller認定のあるお店で対応が可能です。また、Apple careは海外でも適用されるため、海外でのトラブルサポートは圧倒的にiPhoneが有利となります。

海外での通信手段はどれが一番?

海外でスマートフォンを使用する場合、日本で通信していた方法から変更しなければなりません。現地での通信方法として「データローミングサービス」「ポケットWi-Fi」「現地でSIMカードを購入する」が主な利を利用として方法があります。

どちらを選ぶべきか迷う方もいらっしゃると思われます。それぞれの利点や欠点を含めてご紹介していきます。

データローミング

データローミングを利用した通信方法は、契約している通信会社(auやdocomo、softbankなど)の海外データ定額プランを使用した通信になります。この場合は、各社が提供する通信料に基づきます。

私はいつも海外でデータローミングを使用していますが、auの場合、事前申請必要なし(データチャージのみ加入の必要有)で、世界の主要国にて1日980円が上限でパケット容量は日本と合算する形になるため、実質1日のデータ使用料に制限はありません。

しかしdocomoやsoftbank(アメリカを除く)は海外で使用する場合、1日2,980円であったり、定額でも事前申請が必要であったり不便な場合もあります。Softbankではアメリカ放題というプランを作り、iPhoneとiPadユーザーに限りキャンペーン期間中無料でアメリカ国内にて通信を利用することが可能です。

日本国内大手3社を比較するとauが一番海外利用で有利なことが分かります。

 

世界データ定額 | 海外で使う(au世界サービス) | au

スマホ・携帯電話を海外でつかう:WORLD WING(ワールドウィング) | サービス・機能 | NTTドコモ

海外で使う | 国際サービス | サービス | モバイル | ソフトバンク

ポケットWi-Fi

データローミングと並んで海外旅行の通信手段として人気なのがポケットWi-Fiです。

こちらは海外で設定を変更することなく、Wi-Fiに接続する感覚で利用できるため、気軽に利用できるところが人気を集めています。しかし私はポケットWi-Fiを一度も利用したことがありません。

その理由として、

  • データ通信量に制限がある
  • ポケットWi-Fi機器本体のバッテリーを気にする必要がある
  • 価格がデータローミングとほとんど変わらない
  • 地下や屋内、交通機関で移動中はつながらないことが多い
  • 通信地域が狭い

などデメリットを挙げると沢山あります。

これまでポケットWi-Fiのメリットとして価格が安いということがありましたが、auが1日980円プランを始めてしまった今(かつては1日2,980円)、ポケットWi-Fiを利用する意味は無くなってしまいました。

オススメ海外Wi-Fiレンタル会社

海外WiFiレンタルなら、イモトのWiFi|24時間365日サポート

海外WiFi レンタル | 海外でWiFiを使うならグローバルWiFi

現地でSIMカードを購入

今回ご紹介する3つの種類の中では最もコストを抑えることができ、通信に関するパフォーマンスも良好な選択肢です。この方法は現地で販売されているプリペイド式のSIMカードを購入し、自分のスマートフォンに差し込むことで使えます。

主に到着空港や街中の携帯電話ショップで販売されている場合が大半です。購入場所に困ることはありませんが、それぞれ提供するサービスは異なるため、見極めが必要になりそうです。

SIMフリースマートフォンが必須

現地のキャリアが販売しているSIMカードを使用する場合、お持ちのスマートフォンがSIMフリーである必要があります。購入時にSIMフリーであったスマートフォンは問題がありませんが、通常スマートフォンは契約したキャリアのSIMカードしか使用できないロックがかかっています。2015年5月以降に発売されたモデルに関しては、一定の条件を満たしている場合のみロック解除が可能です。

ロックがかかったままの状態では現地で購入したSIMカードも使えないので要注意です。

料金は安価だが、高難易度

現地で購入するSIMカードの最大のメリットは、データローミングやポケットWi-Fiを圧倒する安さです。データローミングでは日本のデータ容量を基に使用するため、個人によって使用できる容量は変わりますが、ポケットWi-Fiの場合、最大でも1日1GBで高額な場合が多いです。

現地SIMカードの場合は、1か月間有効でポケットWi-Fiよりも大容量、安価である場合がほとんどです。場所によってはデータ容量無制限というサービスを展開しているキャリアもあり、コストパフォーマンスは非常に高いです

その一方で現地でSIMカードを購入し、使用するには少々難しく感じることもあります。

  • 差し込んですぐ使える訳ではなく、接続先設定(APN設定)が必要
  • 現地での購入となるため、英語など外国語でのやり取りが必要
  • 電話番号が変更されてしまう

APN設定などはスマートフォンに詳しい方や慣れていないとスムーズに進まないことも考えられます。また、最低限の語学力が必要など、海外旅行が初めての方や慣れていない方には難易度が高く感じるかもしれません。

それでも驚異的な価格は魅力的です。

日本側提供サービスは、通信が不安定になることがある

データローミングを強く推薦している私ですが、一度だけ繋がらなくなったことがあります。

ロサンゼルスで撮影をしているときのことでした。スマートフォンにてインターネットの通信を試みましたが、電波マークは表示されるもののダウンロード通信が一切不能となりました。機器の再起動や電波モードのONOFFを繰り返しましたが、結局修復することはありませんでした。

スマートフォン側のトラブルも考えられましたが、結局原因は解明することなく帰国となりました。

この事例はデータローミングでしたが、ポケットWi-Fiでも同様のトラブルが起きる可能性はあります。ポケットWi-Fiは移動すると通信基地局を変更するため、基地局の引継ぎが上手に進まず、通信が途切れてしまう場合もあります。

日本側が提供する海外での通信サービスは発展途上ということもあり、確実性は求められないのが難点です。

海外ではあらゆるトラブルを想定しよう

日本とは環境が大きく異なる海外だからこそあらゆるトラブルを想定して、対策することが大切になります。

今はスマートフォンやデジタルカメラを海外へ持っていき、使用する時代です。現地で情報を得るのにスマートフォンは非常に便利な機器ですが、故障や破損などのトラブルが起きると日本に居るときのように対処できないため、大変な思いをすることがあります。

しかししっかり事前に対策を調べていれば、苦労することなく旅を終えることができでしょう。初めて海外へ行く方も、行き慣れた方もこの記事が参考になればと思います。

よく読まれている記事 役立つ知識カテゴリのランキング

ピックアップ記事