洗車するなら高圧洗浄機!がおすすめする理由とは?

Rentio編集部

更新日2019/10/23

更新日

大切なマイカーは、いつもきれいな状態にしていたいものです。ガソリンスタンドの洗浄機だと傷がついてしまうかも……、そんな心配症な人には

高圧洗浄機をおすすめします。

なぜ洗車に高圧洗浄機がおすすめなのか

端的にその理由を伝えるならば、「手洗いよりも簡単で、丁寧に洗車ができるから」です。

水圧を利用して洗浄する高圧洗浄機なら、手洗いでは掃除がしにくい場所の汚れもしっかりと落としてくれます。泥はねや鳥のフンなどは時間が経つと汚れが落ちにくいものですが、それも簡単に流し落とすことができます。

高圧洗浄機のメリットとデメリット

洗車に高圧洗浄機を使うメリットもあれば、当然デメリットもあります。

洗車に高圧洗浄機をおすすめする3つのメリット

環境にやさしい

高圧洗浄機を使って洗車をすれば、洗剤を使わずに、もしくは洗浄液料を減らして汚れを落とすことが可能です。高圧洗浄機で車を洗浄するのは、環境保護の観点からもメリットと言えるのではないでしょうか。

家計にもやさしい

貯水を使えるタイプなら、節水にも繋がります。また、年に数回ガソリンスタンドで洗車するよりは、長い目で見れば、高圧洗浄機のほうがコストパフォーマンスは良いといえるでしょう。

高い場所でも掃除しやすい

また、高圧洗浄機ならば、車のルーフの部分のような手洗いでは手が届きにくい高い所も、簡単に洗い落とすことが出来ます。

高圧洗浄機を使う上で気をつけたい3つのデメリット

水垢が苦手

高圧洗浄機は、水垢のようなこびりついた汚れを落とすのが苦手です。

水垢を落とす際には、高圧洗浄機で洗車を始める前に、専用のクリーナーを使うなど手洗いでの作業も必要になります。

水垢が取れないからといって、高圧洗浄機=汚れが落ちないではなく、高圧洗浄機にも得意な汚れと苦手な汚れがあることを覚えておきましょう。

モーター音が大きい

高圧洗浄機の最大のデメリットとも言えるのが、そのモーター音の大きさです。

ただし、最近はモーター音が小さな製品も多数投入されており、以前よりも周囲を気にすること無く使えるようにもなっております。

周囲に汚れが飛びやすい

高圧洗浄機で洗車をすると、周囲に汚れが飛び散ることがあります。車を洗車しているのに、ほかの場所が汚れたら意味がありませんので、洗車時は車の周囲には物を置かない、もしくはカバーをかけるといった方法で保護するといいでしょう。

ガソリンスタンドと高圧洗浄機、どっちがお得?

ガソリンスタンドと高圧洗浄機の洗車にかかるコストを比較してみました。

ガソリンスタンド(シャンプー) 高圧洗浄機
洗車機 手洗い ケルヒャー高圧洗浄機K3サイレント(50HZ)
料金 200円~ 1,900円~(SSサイズ) 30,218円(公式サイト)

1週間に1度の洗車を行う頻度であれば、高圧洗浄機を1年使って回収できるコスト感ではないでしょうか?当然、高圧洗浄機は数年利用することが出来るため、長い目で見るとお得なことが分かります。

おすすめの高圧洗浄機はケルヒャー

高圧洗浄機といえばケルヒャーということで、洗車にも活躍するケルヒャーの高圧洗浄機を3つ紹介します。

K2クラシックカーキット

価格.com – ケルヒャー K2 クラシック カーキット 価格比較

小型車を洗車するのにおすすめのケルヒャー商品です。ケルヒャーのなかでも3.8kgと軽量なので、女性にも扱いやすいのが特徴です。ため水を使うこともできます。

K3サイレント

価格.com – ケルヒャー K3 サイレント [50Hz専用(東日本)] 価格比較

水冷式のモーターを採用し、従来の物よりもモーター音が半分になったので、住宅地でも安心して使えます。東日本型(50Hz)と西日本型(60Hz)があります。

ケルヒャーの商品仕様一覧表

おすすめしたケルヒャーの商品の仕様を一覧表にまとめています。

K2クラシックカーキット K3サイレント(50HZ)(60HZ)
吐出圧力 2~6 最大8MPa 2~7.5 最大10MPa 
吐出水量 330L/h 360L/h
許容水温 40℃ 40℃
高圧ホース長 5m 10m
サイズ 17.1×24.3×39.3 cm 28.6×56.3×33.1cm
重量 3.8Kg 10.3kg

まとめ

一度高圧洗浄機は使ったら、洗車が楽しくなると思います。

手洗いよりもラクラクに洗車ができて、ガソリンスタンドに行くよりも時短ができる高圧洗浄機を使って、大切なマイカーをきれいにしてくださいね。

[レンタル] ケルヒャー高圧洗浄機 一覧 – Rentio[レンティオ]
[レンタル] 高圧洗浄機 一覧 – Rentio[レンティオ]

よく読まれている記事高圧洗浄機カテゴリのランキング

ピックアップ記事