Rentioによるカメラ・家電の徹底解説サイト

Rentio PRESS

知らなきゃ損。ケルヒャー高圧洗浄機の機種ごとの違いについて解説

更新日
知らなきゃ損。ケルヒャー高圧洗浄機の機種ごとの違いについて解説

家の窓、車など、人の手では掃除が大変なところを水の力で掃除してくれる高圧洗浄機。

その中でもケルヒャーは高圧洗浄機の大手メーカーとして人気を集めています。

一言で高圧洗浄機とありますが、性能やタイプなどに違いがあり、機種によって使用用途も変わってきます。

今回はケルヒャーの高圧洗浄機の機種ごとの違いについて詳しくご紹介します。

ケルヒャー高圧洗浄機には業務用と家庭用がある

まず、ケルヒャーの高圧洗浄機には業務用と家庭用の2種類があります。

見分け方は色を見れば一目瞭然で、グレーの色をした高圧洗浄機が業務用、黄色の高圧洗浄機が家庭用です。

価格は業務用の高圧洗浄機の方が2倍ほど高いです。

その理由は、毎日使用することを考えて作られているため耐久力がかなり高いためです。

ただ、高圧洗浄機を毎日使うことはほぼないので、家庭用高圧洗浄機を購入するのが一般的です。

ケルヒャー高圧洗浄機シリーズごとの違い

ケルヒャーの高圧洗浄機は種類が幅広く形も似ているため、違いがわからないという方も多いのではないでしょうか?

ただ、ケルヒャーの高圧洗浄機はシリーズごとでも特徴が大きく違います。

ケルヒャーの高圧洗浄機をシリーズごとに紹介していきます。

K2シリーズ


K2シリーズの一番の特徴は、コンパクトで持ち運びがしやすいため、最も初心者向けであること。

価格帯もリーズナブルです。

K2シリーズは現在6種類販売されていて、だいたい1万円〜2万5千円前後の価格帯で購入できます。

またK2シリーズは、東日本(50Hz)と西日本(60Hz)共用のユニバーサルモーターを使用しているので、エリアを気にすることなく利用することができます。

ただ、ユニバーサルモニタータイプは、どちらか一方でしか使用できないインダクションモニターに比べて耐久性が低い傾向にあるので利用する際は注意が必要です。

K3シリーズ


K3シリーズはK2シリーズに比べて静音性に優れているのが特徴。

マンションやアパートで利用しても騒音にならないと評判です。

「K3サイレント」と「K3サイレントベランダ」の2種類が販売されいてます。

特にK3サイレントベランダの静音性は高く、集合住宅でも周りを気にすることなく使うことができます。

インダクションモーターを採用しているため耐久性が高いのも魅力的。

10mの高圧ホースがついているため、広い範囲でもしっかりと掃除ができます。

家庭で使う分には困らないほどのパワーを備えています。

サイズもパワーのわりに大きすぎず、収納も手軽にできます。

K5シリーズ

K5シリーズは、最も静音性に優れていて、住宅地でも使用できるだけでなく、使用できる範囲が広いのがポイント。

耐久性も高いため長持ちします。高圧ホースは12mがついていたり、回転ブラシがあったりとアクセサリーも充実。

ただ、その分シリーズの中でも最も値段が高いです。

また、K5シリーズもインダクションモーターを採用しているので、東日本で使うか西日本で使うかは注意が必要です。

ケルヒャーJKTモデルとは?

ケルヒャーの高圧洗浄機にはもう一つ、変わったシリーズがあります。それがJKTモデルです。

こちらはケルヒャーの公式サイトには載っていません。

ケルヒャーJKTモデルは、ケルヒャーとジャパネットたかたが共同開発したモデルです。

JKTはじゃぱじゃぱねっとたかたケルヒャーの略語です。

通販で超有名なジャパネットたかたと共同開発されただけあって、初心者でも利用できるようにアクセサリーも充実しているのが魅力。

値段も手頃なため求めやすい値段で購入ができます。

 

ケルヒャー高圧洗浄機の購入に迷ったら実際にレンタルして利用してみてはいかがでしょうか?

ケルヒャー高圧洗浄機のシリーズごとの特徴についてご紹介してきました。

それぞれに特徴やメリットがあるため、どの高圧洗浄機にしようか迷っている方も多いかもしれません。

使用頻度は高くないが今回だけ必要という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方はレンタルでの利用も検討してみてはいかがでしょうか?

Rentioでは、ケルヒャーの高圧洗浄機のうち2機種を3泊4日からレンタル販売しています。

お試しという形で実際に利用してみて、高圧洗浄機の魅力を確かめてみてはいかがでしょうか?

[レンタル] ケルヒャー高圧洗浄機 一覧 – Rentio[レンティオ]

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 高圧洗浄機カテゴリのランキング

ピックアップ記事