RentioPress

Canon EOS 9000D実写レビュー。EOS Kissでは味わえないプレミアムな初心者向け一眼レフ

公開日 最終更新日
Canon EOS 9000D実写レビュー。EOS Kissでは味わえないプレミアムな初心者向け一眼レフ

キヤノンの一眼カメラで初心者向けといえばEOS Kissシリーズが有名ですが、EOS Kissシリーズに属さない初心者向けカメラがあるのはご存知ですか?

2017年4月7日に発売されたデジタル一眼レフカメラ「EOS 9000D」は、初心者向けEOS Kissシリーズには属さないながらも、初心者でも使いやすく、性能が良いカメラとして誕生しました。

中途半端な位置にいるカメラに思えますが、EOS 9000Dはどのような特徴があるのか、どのようなユーザーに向いているのかを、実際に私が使用した感覚を基にレビューしていきます。

初心者シリーズに属さないエントリーモデル

先ほどの通り、EOS 9000Dは人気初心者シリーズである「EOS Kiss」に属さないカメラモデルです。

しかしキヤノンの「初心者にオススメ」というタグが付けられており、初心者向けのカメラとして販売されている不思議なモデルです。

EOS Kissのイメージが付かないエントリーモデル

実はEOS Kissはあまりにも知名度が高すぎるゆえに「初心者が使うカメラ」というイメージも浸透しています。カメラ愛好家の中にはEOS Kissというブランド名が入ると初心者に見られると毛嫌いする方も少なからず居るのも事実です。

[2018年最新版]一眼レフ初心者が知りたいEOS Kissシリーズの選び方と全ラインナップの比較 – RentioPress

個人的にEOS Kissシリーズのカメラも非常に優秀で、初心者だけでなく、長年カメラを使っている方にも感心できる完成度だと思いますが、EOS Kissのブランド名を気にすることなく、中級機としての感覚を味わうことができるプレミアムなエントリー一眼レフなのがEOS 9000Dと言えるでしょう。

EOS 9000D含む初心者におすすめの一眼レフはこちらで紹介

[2018年]初心者向けおすすめ一眼レフ6選!カメラ選びで大切なポイントを解説 – RentioPress

EOS 9000D外観レビュー

EOS 9000Dは、EOSシリーズ伝統のデザインを基調とし、特別な特徴を持つデザインではありませんが、一眼レフらしいフォルムです。

撮影設定が一目で分かるパネルを搭載

Canon EOS 9000D パネル

EOS 9000Dでは、中上位モデルのみに搭載されている撮影設定を一目で確認できるパネルをカメラ上部に搭載しています。

こちらはEOS Kissシリーズのモデルには搭載されていないため、プレミアムモデルだからこその特権と言えるでしょう。

パネルではシャッタースピード絞りISO感度ドライブモード撮影可能残り枚数などの撮影に関する情報が一通り表示される便利なパネルです。瞬時に撮影設定を確認する場合は、カメラ背部のディスプレイを確認するよりも素早く現状の設定を確認することができます。

EOS Kissシリーズよりは大きいボディ

EOS 9000Dも初心者向けモデルとして販売されていますが、EOS Kissシリーズのラインナップと比較すると小さいカメラとは言えません。

大人気EOS Kiss X9と大きさを比較

EOS 9000D EOS Kiss X9 比較

実際にEOS Kissシリーズの代表モデルであるEOS Kiss X9と大きさを比較してみましたが、奥行きこそあまり変化はないものの、幅と高さの面では大きな差があることが分かります。

モデル名EOS 9000DEOS Kiss X9
大きさ131.0mm(幅) × 99.9mm(高さ) × 76.2mm(奥行き)122.4mm(幅) × 92.6mm(高さ) × 69.8mm(厚さ)
質量約540g約453g(ブラック)

それでも中級モデルであるEOS 80Dなどと比較すると小型で軽量化を実現しており、これまで結構な差があったEOS Kissと中級モデルの間を埋める存在になっています。

Canon EOS Kiss X9実写レビュー!現役カメラマンが大人気カメラを使用して徹底解説 – RentioPress

EOS 9000D撮影性能レビュー

外観のレビューを行ったところでここからは撮影の性能に関するレビューを行っていきます。

プレミアムエントリーモデルとしてどのような機能や性能を保有しているのか、実際に使った感覚を基に解説していきます。

中級モデルで採用されているAF性能を搭載

Canon EOS 9000D AF性能

EOS 9000Dの最大の特長としてエントリーモデルとしては抜群の高速AF性能が挙げられます。

外観でパネルの搭載を初心者シリーズ「EOS Kiss」との違いとご紹介しましたが、初心者シリーズとの最大の違いはこのAF性能にあると言えるでしょう。

EOS 9000Dではオールクロス45点AFセンサーを搭載し、複数のAFポイントから正確かつ高速にピントを合わせることができます。

更に動き続ける被写体を追従し続ける「AIサーボAF II」も非常に優秀で、エントリーモデルでは弱いとされていたAFから圧倒的に差をつけた性能を保有します。

高画質を実現する最新映像エンジンと大きなAPS-Cセンサー

APS-Cセンサー サイズ

一眼レフとしての基本的な撮影性能も充実しています。

約2420万画素のCMOSセンサーをEOS 9000Dでは搭載。高画素を誇る優秀な自社開発・自社生産のセンサーで、他のカメラメーカーよりもワンランク上の高画質を体感することができます。

また一眼レフだからこそのAPS-Cサイズの大型センサーは、高画質や幅広いダイナミックレンジを実現する上でも重要な役目を担っています。

最新カメラとしてWi-Fi・Bluetoothを搭載

Canon EOS 9000D Wi-Fi機能

かつてはカメラ内に通信機能が搭載されることはなく、SDカードを使用した外部への写真転送が一般的でした。

しかしここ数年で技術は大幅に進歩し、Wi-FiBluetoothなどの無線機能がカメラにも搭載されるようになりました。

スマートフォンとの連携も楽々

Canon EOS 9000D スマホ連携

EOS 9000Dは、2017年4月発売と新しいカメラであるため、Wi-Fi・Bluetoothともに標準で装備され、スマートフォンと接続することで専用のアプリを使った画像転送やリモート撮影を簡単に行うことが可能です。

またBluetooth機能を搭載していることから一度設定を終えてしまえば、カメラの電源をONにした段階からスマートフォンと自動的に接続できるため、接続の手間も省かれます。

動画撮影にも最適

キヤノン:EOS 9000D|動画撮影・作画機能

EOS 9000Dでは、動画撮影機としても十分活躍する性能を保有しています。

最高Full HD画質で、約60fpsで撮影が可能な動画撮影機能は、なめらかで美しい動画を実現します。

また、タッチパネル液晶を使用して、ピントを合わせたい箇所をタッチするだけで自動的にピントを合わせてくれます。動画撮影時のAFモードも3種類存在し、追尾優先AF/ズームゾーンAF/ライブ1点AFから選んで撮影を行うことができます。

さらに動画では静止画以上に手ブレが影響するため、カメラ内に電子的に手ブレを抑える5軸手ブレ補正機能を搭載しています。

EOS 9000Dを使った作例紹介

ここからはEOS 9000Dを使用して実際に私が撮影した作例をご紹介していきます。

カメラの性能を活かした作例を意識しています。ぜひご覧になってお楽しみください。

迷うことのない優秀なAF性能

EOS 9000D AF性能

Canon EOS 9000D, Tokina opera 50mm F1.4 FF, F6.3, 1/500秒, ISO-400, 焦点距離 50mm, 等々力渓谷

EOS 9000Dの特長でもある優秀なAF性能を実際に試してみました。

中級モデルと同等のAF性能を保有していることから、AFの速度や精度は非常に優れていることが分かります。

そしてEOS Kissなどのエントリーモデルよりも遥かに多い45点のAFポイントは、被写体に関わらず、狙いを捉えてくれる優秀な性能です。

カメラとしての描写力を検証

Canon EOS 9000D 描写力

Canon EOS 9000D, EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM, F5.6, 1/1250秒, ISO-800, 焦点距離 74mm, 等々力渓谷

キヤノンのカメラとして「キヤノンらしさ」は随所で感じることができます。

自社開発・自社生産のCMOSセンサーは、描写性にも大きく影響を与え、一世代前ながらも現在も数多くのモデルに搭載されているDIGIC7の映像エンジンによる画像の仕上がりは非常に美しく満足いく仕上がりとなります。

一眼レフで映す動画の世界

撮影性能でもご紹介した動画撮影においてもEOS 9000Dは立派な映像作品として仕上げてくれます。

残念ながら私は普段静止画による撮影を専門としているため、映像作品による撮影・編集技術を有していませんが、素人が撮影しても滑らかな映像表現で美しい作品へと仕上がってくれます。

Rentio Portfolio on Tumblr

https://portfolio.rentio.jp/post/181395204931/canon-eos-9000d-ef-s18-135mm-f35-56-is-stm-ss

https://portfolio.rentio.jp/post/181395132546/canon-eos-9000d-sigma-50-100mm-f18-dc-hsm

https://portfolio.rentio.jp/post/181395021746/canon-eos-9000d-ef-s18-135mm-f35-56-is-stm-ss

https://portfolio.rentio.jp/post/181394984121/canon-eos-9000d-ef-s18-135mm-f35-56-is-stm

EOS 9000D製品仕様表

モデル名EOS 9000D
撮像画面サイズAPS-C(約22.3×14.9mm)
映像素子型式CMOSセンサー
映像エンジンDIGIC7
有効画素数約2420万画素
オートフォーカス方式専用AFセンサーによるTTL二次結像位相差検出方式
測距点最大45点
常用ISO感度ISO100~25600
シャッター速度1/4000秒~30秒、バルブ
連続撮影速度最高約6.0コマ/秒
画面ワイド3.0型/約104万ドット
Wi-Fi搭載
Bluetooth搭載
大きさ約131.0(幅)×99.9(高さ)×76.2(奥行)mm
質量(バッテリー、カードを含む)約540g

EOS 9000Dはワンランク上のエントリーモデル

Canon EOS 9000D 実写レビュー

今回ご紹介してきたEOS 9000Dでは、キヤノンの一眼レフとしては少々立ち位置が不透明なモデルです。

おそらくこの記事をご覧になっている皆さんも、EOS 9000Dを選ぶ理由や、他のモデルとどのような違いがあるのだろうと気になってお越しになったと思われます。

記事内でもご紹介した通り、EOS 9000Dは、エントリーモデルという位置付けでありながら、あらゆる性能で中級モデルと同等の性能を搭載したワンランク上の初心者向けカメラです。

AF性能で他の初心者カメラから圧倒的な差を付ける

特に中位モデルであるEOS 80Dと同等を実現したAF性能は、EOS 9000Dを選ぶ上で大きなポイントとなります。ピントにシビアになりやすいポートレート撮影やAF追従の性能が求められる動体撮影などではEOS 9000Dは、他の初心者モデルよりも驚異的な能力を発揮するカメラとしておすすめできます。

しかしAFの性能を重要視しないような撮影シーンによっては、EOS 9000Dの能力を十分発揮できないため、ユーザーがどのような写真を撮りたいかによっても左右されるカメラとなります。

Canon EOS 9000Dを気軽にレンタル

自分が一体どのような性能を求めているのか分からない…という方も少なくないはずです。

そんな方に大変おすすめできるのがカメラのレンタルサービスです。

家電レンタルRentioでは、今回ご紹介したEOS 9000Dを最短3泊4日からお得にレンタルすることができます。EOS 9000D以外にもキヤノンの一眼カメラを多く取り揃えています。

数多くのラインナップから比較して使いたい場合や、短期間の旅行だけで使いたい場合など、さまざまな用途で利用することができるレンタルサービスは非常におすすめです。

ぜひRentioのレンタルサービスを使って、一眼レフの楽しさを感じたり、今後のカメラライフをともにするカメラ選びのヒントにしてくださいね。

[レンタル] Canon(キヤノン) EOS 9000D ボディ 一眼レフ – Rentio[レンティオ]

[レンタル] Canon(キヤノン) EOS 9000Dとシグマ便利ズームレンズ(18-300mm)のセット 一眼レフ – Rentio[レンティオ]

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 一眼カメラカテゴリのランキング

ピックアップ記事