[最新]ブルーレイレコーダーおすすめ4機種をご紹介!“スマホで視聴”が人気

naga
naga

更新日2019/07/08

[最新]ブルーレイレコーダーおすすめ4機種をご紹介!“スマホで視聴”が人気

更新日

見たいテレビがあってもその時間が作れないって方も多いと思います。

生活が豊かで便利になっても、時間にはなかなか余裕ができないことのほうが多いですよね。

そこで、お休みの日に見たいテレビをまとめて視聴できる!
ようにするおすすめのブルーレイレコーダーを今回ご紹介させて頂きます。

※前回32型のテレビについてご紹介しておりますので、良ければこちらもご参考にして頂ければ!!

一人暮らしにおすすめの32型液晶テレビ5機種を紹介!はじめての一人暮らしで迷わないテレビ選び – Rentio PRESS

1.パナソニック DIGA(ディーガ)DMR-BRW1060

こちらの商品はスマートフォンアプリ「どこでもディーガ」(無料)を利用することによって録画予約・視聴が出来る物。

電車等の移動時間が長い方等は、スマートフォンやタブレットさえあれば見たい番組を家の外でも視聴できる優れもの!

私は電車でおよそ1時間の通勤時間なのでドラマの1話をちょうど見られてしまいます。そう考えると、とてもいい商品ですね!

また、おうちクラウドディーガという機能が搭載されており録画番組だけでなく、スマホで撮った写真、動画や、CD楽曲を保存できます。

スマートフォンで保存した写真や動画の視聴も可能で、音楽まで楽しめてしまいます。

2.シャープ アクオス 2B-C10BW1

こちらの商品の特徴が声で簡単検索、再生が可能だということ。

録画してる番組が多いと画面で探すのも大変ですよね。

録画リストのみではなく、タレント名などからの検索で放送予定の番組検索も可能。

検索のみではなく再生時のジャンプ操作や視聴中の番組録画、電源、音量調整等との事で、リモコン不要で簡単に操作できますね!

AQUOSリモコンやスマートスピーカー、スマートフォンのアプリ等で音声操作も可能。

こちらの商品では有料のアプリ(AQUOSスマートスピーカーコネクト)とはなりますが、専用アプリを使用することによって、レコーダーに録画している番組や受信中の番組を外出先から視聴可能となるようです。

3.東芝 REGZA DBR-W1009

2019年6月発売予定の最新ブルーレイレコーダー。

東芝さんは時短視聴にこだわって作られているように感じます。

こちらの商品ですと通常再生の他にらく見、らく早見、飛ばし見と3パターンの時短再生機能がある模様。

らく見がレコーダーがチャプターを選択し、自動スキップ再生。

らく早見が「らく見」で短縮しながら、さらに約1.3倍速で再生。

飛ばし見が「らく見」を20分割し、15秒再生するごとにスキップ。

という感じで再生出来るようです。

番組のジャンルにもよりますが、ドラマを飛ばし見で見ても絶対面白くないですよねw

ただ、スポーツ観戦等は少し早送りでもちゃんと見られると思うので、らく見で再生すると確かに時短になる気はします!

こちらもスマートフォン、タブレットに対応。現在は有料アプリ(DiXiM Play)ですが、2019年の秋ごろから無料アプリが提供される予定のようです。

4.SONY BDZ-FW1000

Sonyさんのセールスポイントは先録(サキロク)という機能のようですね。

インターネットに常時接続していないといけませんが、最長1か月前から録画予約が出来る「新作ドラマ・アニメガイド」を搭載されており、予め見たい番組を確認して録画予約が可能です。

また、こちらの商品もアプリを利用することによってスマートフォン、タブレット等で視聴可能。

こちらのアプリ(Video & TV SideView)は初回のみ有料となるようです。

最後に

私の使ってるブルーレイレコーダーは、購入してからもう5年くらいたちますがスマートフォンとの連携なんて全く知りませんでした。

レコーダーとアプリがあれば長時間の移動でも暇をしなくて良さそうですし、見たい番組をどこでも見られるっていうのはいいですね!

今回ご紹介したブルーレイレコーダーは全て1TBとなりますが、市場価格をみると4万円台前半程で購入可能な物もあるようです。

私が買った時は500GBでもっと高かった気がします。。

レンティオではブルーレイレコーダーの取り扱いはございませんが、視聴をよりよくするためのスピーカー等のレンタルをしておりますのでぜひお試し頂けますと幸いです。

[レンタル] オーディオ・録音/再生機器 一覧 – Rentio[レンティオ]

よく読まれている記事デジタル・AV機器カテゴリのランキング

ピックアップ記事