FUJIFILM X-S10実写レビュー。初心者でも使いやすく富士フイルムの魅力を凝縮した最新ミラーレス一眼

Atsushi Yoshioka
Atsushi Yoshioka

更新日2021/06/26

FUJIFILM X-S10実写レビュー。初心者でも使いやすく富士フイルムの魅力を凝縮した最新ミラーレス一眼

数あるカメラメーカーの中でも、表現者に寄り添ったカメラ開発を特徴とする富士フイルム

作品作りにおいては、他社では実現することのできない美しい発色を得意としており、「富士フイルムの色」を求めてカメラを選ばれる方も少なくありません。

今回は、そんな富士フイルムXシステムにおいて、2020年11月19日に発売となった最新モデル「FUJIFILM X-S10」を実際に使用して、撮影した作例等を基に、魅力を徹底レビューしていきます。

個性派に支持を集める富士フイルムのミラーレス一眼

FUJIFILM ミラーレス一眼

今回ご紹介していく「FUJIFILM X-S10」は、カメラメーカーである富士フイルムが開発したミラーレス一眼カメラです。

富士フイルムでは、「作品作り」を意識されるこだわりを持った方に支持を集めるカメラを数多く展開してきており、FUJIFILM X-S10でもその魅力を感じることのできるモデルです。

富士フイルムでは、昔からフィルムの開発に力を入れてきたことで、色表現へのこだわりが他社よりも長けており、富士フイルムだからこそ出せる色があることも特徴的です。

FUJIFILM(富士フイルム)ミラーレス一眼全17機種を徹底解説。全モデルを比較しておすすめモデルをご紹介 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

小型・軽量ボディと使いやすい操作性が魅力

FUJIFILM X-S10 小型 軽量

今回ご紹介していくFUJIFILM X-S10では、富士フイルムらしい伝統の性能を搭載しながら、カメラボディで携帯性を考慮した小型・軽量化や機能面の拡充が行われています。

余計な突起部分が存在しないシンプルかつ、収納しやすい外観デザインが採用され、重さに関しても約465gと、ミラーレス一眼らしい軽さを実現しています。

また、使いやすさが意識されたボタン、ダイヤル配置なども、従来から存在するモデルよりも改善され、富士フイルムとしてのカメラ性能の良さをそのままに、より使いやすいカメラとして誕生しました。

外観レビュー

ここからはFUJIFILM X-S10の実機写真を使用しながら外観面における特徴をレビューしていきます。

先程、シンプルかつ収納しやすいデザインとご紹介しましたが、外観面でどれほどの使いやすさを実現しているのか解説していきます。

独特な操作を必要としない新デザイン

FUJIFILM X-S10 操作性

私自身、これまで多くの富士フイルム製品のレビューを行ってきましたが、共通して「独特な操作感」があると感じました。

基本的な設定でもダイヤルを駆使した操作が必要となり、他社カメラとの操作性の違いには驚いた記憶もあります。

FUJIFILM X-S10では、基本的な操作性については富士フイルム伝統の方式が採用されていますが、3つのダイヤルを主に設定変更で使用します。

撮影モードを指定するモードダイヤルにおいては、お好みの撮影設定(画質設定やフォーカス設定、連写設定なども)を記録させることのできるカスタムポジションが配置されており、[C1]から[C4]までの4か所で記録を行うことができます。

持ち運びに負担にならない携帯性

FUJIFILM X-S10 携帯性

カメラボディの携帯性は、一眼カメラを使う上でも気になる点と言えるでしょう。

FUJIFILM X-S10では、収納の妨げになるような余計な突起部分がなく、形状がシンプルなデザインを採用しています。

しかし、カメラを構えた時のホールド感の向上として、グリップ部分のみ飛び出ている形となっています。

一眼カメラはレンズと組み合わせた使用が基本的ですが、このグリップ部分のおかげで、どのようなレンズと組み合わせた場合でも、撮影に安定感が生まれます。

バリアングル液晶を搭載し自由自在に

FUJIFILM X-S10 バリアングル液晶

FUJIFILM X-S10では、カメラ背面の液晶画面で左右上下に可動させることのできるバリアングル液晶を採用しています。

屋外の撮影において、液晶画面が目線と平行でない場合、反射によって見えにくくなることがあります。

写真撮影においては、カメラの高さを変える「ローアングル」「ハイアングル」といった撮影も出てくるため、そのような撮影スタイルにも対応するのがバリアングル液晶となります。

性能レビュー

ここからは、実際に撮影した作例を基に、カメラの性能面についてご紹介していきます。

富士フイルムは、発色を特徴としていることから、ここから掲載していく作例は全てJPEG撮って出しとなります。

充実の基本性能

FUJIFILM X-S10 Shooting in Tokyo

FUJIFILM X-S10, XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 1/1000sec, F8, ISO200, 55mm, 横浜市内

FUJIFILM X-S10では、小型・軽量ボディや使いやすい操作性など、初心者にも優しいコンセプトが意識されていますが、基本的な性能面でも充実しています。

約2610万画素を搭載し、イメージセンサーには「X-Trans CMOS4」、画像処理エンジンには「X-Processor4」を搭載したことで、最新技術がつぎ込まれたモデルです。

これら最新のイメージセンサーと画像処理エンジンによってAF性能を中心とした性能の高さを感じることができ、素早く、正確なピント合わせを実現しています。

新開発のボディ内防振ユニットを搭載

FUJIFILM X-S10 Shooting in Tokyo

FUJIFILM X-S10, XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 1/6sec, F4, ISO320, 28.9mm, 東京国際空港

FUJIFILM X-S10の目玉機能として、新開発のボディ内防振ユニットが搭載されました。

防振ユニットは、一般的な手ブレ補正機構にあたる機構で、X-S10に搭載された防振ユニットは、上位モデルに搭載されている防振ユニットから性能はそのままに、ボディの小型化に貢献するためのコンパクト化が行われました。

そして防振の効果は最高5軸6段分を実現しており、夜間の撮影など、シャッタースピードが低下しやすいシーンにおいて活用することのできる優れた性能です。

富士フイルムが誇る「フィルムシミュレーション」

FUJIFILM X-S10 Shooting in Yokohama

FUJIFILM X-S10, XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 1/1000sec, F11, ISO200, 39mm, 横浜市内

FUFJIFILM X-S10でも、富士フイルムが特徴としている色表現力を体感することのできる「フィルムシミュレーション」機能を搭載しています。

フィルムシミュレーションは、18種類から選ぶことができ、自分の好みに合わせた仕上がり具合を選択することができます。

一眼カメラにおいては、一般的に「撮って出し」と呼ばれる状態では、味気無さを感じるところですが、標準状態からフィルムシミュレーションを適用させる富士フイルムにおいては、「撮って出し」だからこその質感や発色があります。

初期状態のフィルムシミュレーションだけでなく、更に自分好みの仕上がりを叶えるためにトーンや明瞭度などの細かい調整も行うことができます。

FUJIFILM X-S10だけに限らず、富士フイルムのミラーレス一眼の特徴として、カメラ内で表現を完結することができる魅力があります。

FUJIFILM X-S10で写す関東の冬

FUJIFILM X-S10 Shooting in Tokyo

FUJIFILM X-S10, XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 1/550sec, F5.6, ISO160, 18mm, 武蔵野の森公園

FUJIFILM X-S10 Shooting in Tokyo

FUJIFILM X-S10, XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 1/1100sec, F5.6, ISO200, 28.9mm, フィルター機能, 武蔵野の森公園

FUJIFILM X-S10 Shooting in Tokyo

FUJIFILM X-S10, XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 1/550sec, F8, ISO200, 42.5mm, 武蔵野の森公園

FUJIFILM X-S10 Shooting in Tokyo

FUJIFILM X-S10, XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 1/480sec, F9, ISO200, 39mm, 武蔵野の森公園

FUJIFILM X-S10 Shooting in Yokohama

FUJIFILM X-S10, XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 1/240sec, F11, ISO200, 28.9mm, 横浜市内

FUJIFILM X-S10 Shooting in Yokohama

FUJIFILM X-S10, XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 1/320sec, F8, ISO200, 44.4mm, 横浜市内

FUJIFILM X-S10 Shooting in Yokohama

FUJIFILM X-S10, XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 1/180sec, F11, ISO200, 39mm, 横浜市内

FUJIFILM X-S10 Shooting in Yokohama

FUJIFILM X-S10, XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 1/750sec, F10, ISO200, 34.3mm, 横浜市内

FUJIFILM X-S10 Shooting in Yokohama

FUJIFILM X-S10, XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 1/4000sec, F3.6, ISO200, 37.4mm, 横浜市内

FUJIFILM X-S10 Shooting in Yokohama

FUJIFILM X-S10, XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 1/3000sec, F9, ISO200, 30.2mm, 横浜市内

FUJIFILM X-S10 Shooting in Yokohama

FUJIFILM X-S10, XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 1/1500sec, F9, ISO200, 40.7mm, 横浜市内

FUJIFILM X-S10 Shooting in Yokohama

FUJIFILM X-S10, XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 1/640sec, F4, ISO200, 42.5mm, 横浜市内

FUJIFILM X-S10 Shooting in Yokohama

FUJIFILM X-S10, XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 1/75sec, F7.1, ISO200, 50.5mm, 横浜市内

FUJIFILM X-S10 Shooting in Yokohama

FUJIFILM X-S10, XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 1/280sec, F7.1, ISO200, 55mm, 横浜市内

FUJIFILM X-S10 Shooting in Yokohama

FUJIFILM X-S10, XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 1/80sec, F9, ISO200, 55mm, 横浜市内

FUJIFILM X-S10 Shooting in Tokyo

FUJIFILM X-S10, XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 1/50sec, F5.6, ISO3200, 18.8mm, 東京国際空港

FUJIFILM X-S10 Shooting in Tokyo

FUJIFILM X-S10, XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 1/60sec, F5.6, ISO3200, 18mm, 東京国際空港

FUJIFILM X-S10 Shooting in Tokyo

FUJIFILM X-S10, XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 1/680sec, F8, ISO200, 55mm, 東京都内

FUJIFILM X-S10 Shooting in Tokyo

FUJIFILM X-S10, XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, 1/500sec, F4.5, ISO200, 55mm, 東京都内

FUJIFILM X-S10製品仕様表

モデル名 FUJIFILM X-S10
撮像画面サイズ APS-C(約23.5×15.6mm)
映像素子型式 X-Trans CMOS 4センサー
有効画素数 2610万画素
オートフォーカス方式 インテリジェントハイブリッドAF
測距点 13×9/25×17エリア
常用ISO感度 ISO160~12800
シャッター速度(メカニカルシャッター) 1/4000秒~30秒、バルブ
連続撮影速度 最高約8コマ/秒(電子シャッター使用時は最高30コマ/秒)
画面 3.0型/約104万ドット
Wi-Fi搭載
Bluetooth搭載
大きさ (幅)126.0mm×(高さ)85.1mm×(奥行き)65.4mm
質量(バッテリー、 SDメモリーカード含む) 約465g

富士フイルムを体感する最初の1台としてもおすすめ

FUJIFILM X-S10 レビュー

今回ご紹介してきたFUJIFILM X-S10ですが、富士フイルムの魅力が凝縮されたカメラだと感じました。

これまで展開されてきたカメラにおいて、初心者向けを除いて、どのモデルも少し癖のある操作性が特徴的でした。

しかし、FUJIFILM X-S10では、初めてでも親しみやすい新たな操作性を叶え、富士フイルムラインナップにおける上位モデルと遜色ない性能を叶えたモデルとして非常におすすめの存在です。

これまで初心者モデルを使ってきた方のステップアップとしても、はじめて富士フイルムのカメラを購入される方にとってもおすすめの1台です。

その他ミラーレス一眼関連記事はこちら

2021年最新おすすめミラーレス一眼カメラ14選!初心者でも失敗しないカメラの選び方 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

[2021最新]ミラーレス一眼におすすめのレンズ20選!各マウントで人気の高性能レンズをご紹介 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

気になるカメラはレンタルでお試し

今回ご紹介してきたFUJIFILM X-S10をはじめ、気になるカメラはレンタルでお試しされることがおすすめです。

レビュー記事を見るだけでなく、ご自身で実際に使われてみて初めて感じる発見なども出てくるため、購入前にはできる限りお試しで使っておきたいものです。

Rentioでは、数あるミラーレス一眼において最新モデルから王道モデルまで、豊富なラインナップから自由に選んでレンタルすることができます。

是非この機会に気になるカメラをまずお試しで使用し、失敗のないカメラ選びに役立ててください。

[月額レンタル] FUJIFILM X-S10 ボディ ミラーレス一眼 – Rentio[レンティオ]

よく読まれている記事一眼カメラカテゴリのランキング

ピックアップ記事