ヤーマンのリフトドライヤーを先行レビュー!使い方や感想を紹介します

saki.a
saki.a

公開日2021/10/08

ヤーマンのリフトドライヤーを先行レビュー!使い方や感想を紹介します

美顔器などで人気のヤーマンから「美顔器機能」を搭載したドライヤー「リフトドライヤー」が2021年10月8日に発売されます!

ドライヤーの時間は髪を乾かすだけの時間じゃない!その時間に顔・頭皮・髪と美しさの土台も整えられちゃう有能なドライヤーです。

今回はそのヤーマン「リフトドライヤー」をいち早くお試しさせて頂きました。
リフトドライヤーを実際に使ってみて、使い方や使った感想などレビューしていきたいと思います!


ヤーマン リフトドライヤー HC-20

ヤーマン リフトドライヤーの特徴

顔・頭皮・髪のケアが1台でできる

ドライヤーでありながら美顔器の機能を搭載!1台で3通りの使い方ができます。

FACEモード

ヤーマン リフトドライヤーの特徴 顔・頭皮・髪のケアが1台でできる FACEモード

約39℃で温めながら、毎分約6000回の音波振動で表情筋を刺激
同時に独自の浸透パルスを与え、表情筋をリフトケアします。

※機器で肌を持ち上げること

SCALPモード

YA-MANリフトドライヤー

頭筋を約50℃で温めながら、リフトヘッドの23本の先端から音波振動を伝えます。
硬くなりがちな頭皮を柔らかく整えます

HAIRモード/UP・SHINY・SMOOTH

YA-MANリフトドライヤー HAIRモード/UP・SHINY・SMOOTH

UPモード

約60℃の風で低温速乾
髪の根本から乾かし、立ち上がりのある仕上がりへ。

SHINYモード

髪のツヤにおすすめのモード。
独自開発モーターから発生する直進性のある風で、髪のクセにしっかりアプローチします。

SMOOTHモード

やさしい風で、毛先までまとまりのある髪に仕上げます。

ヤーマンの美容機器技術を集約

YA-MANリフトドライヤー ヤーマンの美容機器技術を集約

リフトヘッド

表情筋・頭筋をケアするための「美顔器機能」搭載ヘッド。

音波振動、浸透パルスを出力するための構造設計。ドライヤーに取り付けることで、たちまち美顔器になります。

独自開発の小型モーター・制御回路システム

顔、頭皮、髪という性質の異なる部位にあったケアが必要なため、それぞれに最適な風と熱を精密に制御するシステムを搭載。

イオンリセットテクノロジー

独自のイオナイザーを搭載し静電気を除去。髪のイオンバランスを整え、ドライ後すぐにパサつきを抑えてまとまりのある髪に。

ブラックシリカ(遠赤外線)

リフトドライヤー内部にはブラックシリカを搭載。
ブラックシリカから育成光線が放射されています。育成光線は、身体を温めることができより優れた性質を持つ遠赤外線の一種と言われ温浴施設などにも活用されています。

赤色LED

美容や育毛分野でも注目されている赤色LED。それを吹出口に搭載し、顔・頭皮・髪に光を与えます

生活の一部になじむデザイン

かなり多機能なドライヤーですが、重さは414gでとても軽量。
またデザインもとてもスタイリッシュでインテリアの一部としても馴染みそうです!

リフトドライヤーの使い方

使い方動画

ケアの流れ

1.洗髪・洗顔をする
2.タオルドライ・スキンケア
3.FACEモードの使用
4.SCALPモードの使用
5.HAIRモードの使用

YA-MAN リフトドライヤー

FACEモード/使用目安:約2.5分

ヤーマン リフトドライヤー

お肌を少し持ち上げるようにして押しあてる。
当てる位置は頬4か所・おでこ2か所。

・長めの振動+小刻みな振動が1サイクル(13秒)
・振動のパターンに合わせて、小刻みな振動が終わったらあてる位置を移動させる

SCALPモード/使用目安:2.5分

ヤーマン リフトドライヤー

頭皮に直接あて、頭頂部に向かって引き上げるように動かす。
最後に後頭部から首元に流すように動かしていく。
YA-MANリフトドライヤー

HAIRモード(UP、SHINY、SMOOTHモード)

ヤーマン リフトドライヤー

髪全体に風をあてて乾かしていく。
HOT/COOLボタンを押すと、温風と冷風はいつでも切り替え可能。

使用上の注意

・1か所に連続してあてない。

・FACEモードとSCALPモードは1日1回、各モード2.5分、合計5分まで。
2つのモードのうちいずれか1つのモードで重点的にケアする場合は、5分を超えないように使用する。
(HAIRモードは5分以上使用可能)

※頭皮やお肌に異常を感じた場合は使用を控えるようにしてください

リフトドライヤーを使った感想

リフトドライヤーを使った感想

リフトドライヤー実際の動画

FACEモード

お風呂からあがり、タオルドライをして軽く化粧水をつけてからFACEモードを使用!

FACEモードを起動させると赤色LEDが点灯して、じんわり温かくなります。
お肌にヘッド部分を当てると長めの振動が「ジージージー」と3回きてそのあと「ドドド・・・」と細かな振動を感じてとても気持ちがいいです。
はじめはドライヤーを顔に当てているのが不思議な感じでしたが、何度も使っていくうちに馴染んできました。

化粧水しかつけていないのに、FACEモードを使ったあとはお肌がしっとりとした感覚になりました。

SCALPモード

次にSCALPモードです。
MODEボタンを押すだけでFACEモードから切り替わります。

SCALPモードも赤色LEDが点灯して、温度は50℃まであがります。
生え際のあたりから頭頂部にむかって動かしますが、初めはうまく動かせなくてちょっと苦戦。
でも、使っているうちに自分の使いやすい持ち方を見つけてスムーズに動かせるようになりました。

私は普段自分の手で頭をぐりぐりと刺激することが多いのですがリフトドライヤーでの刺激は手でやるのとは全然違います!
ヘッド部分の振動とLEDの温かさが気持ち良く、自然と目を閉じながら動かしていました。

HAIRモード

最後に髪を乾かします!
UP/SHINY/SMOOTHモードがありますが、まずはUPモードでしっかり乾かしました。

かなり風量も強くピンポイントで風があたるので、当てた場所からどんどん乾いていく感じでした。
7割くらい乾いた頃に冷風に変えて全体に風を当ててみました。冷風は思っていたより冷たくなり気持ちよかったです。

ほとんど乾いたら仕上げでSHINYモードで髪全体に風をあて、最後にSMOOTHモードで毛先を整えました。
全体で約5分ほどで完了しました。(髪の長さは肩より下くらいです)

2歳の娘の髪も乾かしてみたのですが、ドライヤーが普段と違うことは言ってなかったのですが「今日のお風きもちいい~」と言っていました(笑)
子供でも感じる気持ちよさがあるようです。

リフトドライヤーを使って感じた魅力

リフトドライヤーを使って感じた魅力

美顔器+ドライヤーという2つの機能を兼ね備えたリフトドライヤー!1台で何役もこなしてくれるのはいいなと思いました。

美顔器を買ったけどなかなか続かなかったという方も少なくないと思います。
確かに美顔器は向き不向きがあるように感じます。
でも、リフトドライヤーは毎日使うドライヤーと一体になっているので普段の生活に馴染みやすいと感じました。

また今の時代、美顔器は女性だけが使うものではなくなっていますよね!?
リフトドライヤーを家族でシェアして使うことで、男性も自然と美顔器を使うのが習慣になるのでは?と思いました。
現に我が家では旦那さんもFACEモード→SCALPモード→HAIRモードと使用していました。
それくらい自然と日常生活に馴染んでいきました。

「美」を持続させるにはやっぱり「習慣化」することが大切だと思います。
リフトドライヤーはそれが実現しやすいのが魅力だなと感じました!

まとめ

今回、YA-MANの「リフトドライヤー」を使用してみました。

毎日のルーティンの中に自然と入り、家族で楽しく使用することができました。
美顔器を使いたいけど忙しくてなかなか時間が取れない方などには、リフトドライヤーがとってもおすすめです!

ヤーマン リフトドライヤー HC-20

※商品提供 / ヤーマン株式会社

よく読まれている記事ドライヤー・ヘアケアカテゴリのランキング

ピックアップ記事