リファ ファインバブル ワンと Sの違いを比較レビュー!実際の使用感や特徴をまとめました

saki.a
saki.a

公開日2021/11/25

リファ ファインバブル ワンと Sの違いを比較レビュー!実際の使用感や特徴をまとめました

ReFa(リファ)から発売されている人気のシャワーヘッド!「リファファインバブルワン」「リファファインバブルS」

どちらもウルトラファインバブルマイクロバブルがつくれて、シルキーバスも体験できるシャワーヘッドです。

私は色々な美容機器を使ってきましたが、シャワーヘッドは未体験。
シャワーヘッドを良いものに変えよう!と思ったことはなかったのですが、今回この2つを使用してみることにしました。

リファファインバブルワンリファファインバブルSを使い比べて、使用感や感想などレビューしたいと思います。



リファ ファインバブルワンとファインバブルSの共通の特徴

リファファインバブル

ウルトラファインバブルとマイクロバブル

ウルトラファインバブル(1μm以下)とマイクロバブル(1μm~100μm)は普段の生活で目にする泡よりもっと小さな泡です。

浴びることで髪や肌の汚れを優しく洗い流してくれます。

ダブルスパイラルキャビテーション

リファファインバブルワン

加圧溶解2段階のキャビテーションを用いた独自構造で、水の中でウルトラファインバブルマイクロバブルを一気に生み出します。

シャワーの穴の大きさや数にこだわり肌あたりのやさしい、やわらかな水流を実現。2つの泡が頭皮や肌の汚れをやさしく取り除きます。

シルキーバス

シャワーヘッドを浴槽に入れると、肌ざわりのいいシルキーバスに。

2つの泡が肌をやらかく包み込み、全身を心地よく温めてくれます。

リファ ファインバブルワンとファインバブルSの違い

では、次にリファファインバブルワンとリファファインバブルSの違う点をみていきます。

水流の種類

リファファインバブルワンは水流の選択は不可
水流の種類は変えられませんが、ファインバブルのオン/オフ水流の強さは調節することができます。

リファファインバブルSは4つの水流ミスト・ジェット・パワーストレート・ストレート)を選択することが可能。

肌の部位によって性質の異なる汚れを落とす・身体を温めるなど目的に合わせた最適な水流にコントロールすることができます。

節水

2モデル共にシャワーヘッドを付け替えて使用することで節水することが出来ます。

・リファファインバブルワン→最大約40%のカット(バブル発生時)
・リファファインバブルS→最大約67%のカット(ミスト使用時)

リファファインバブルSの方が、節水できる量が多くなります。
ただ、この最大値はリファファインバブルワンはバブルを発生させた場合、リファファインバブルSはミストを使用した場合なので注意してください!

重量・サイズ

サイズ感にも違いがあります。

全体的にリファファインバブルワンの方が少し大きく重量は約345gです。

リファファインバブルS約250gと約95gほど軽いです。

価格

価格にも違いがあります。

リファファインバブルワンはベーシックなモデルで、リファファインバブルSの方はグレードアップモデルと考えればいいと思います。

・リファファインバブルワン・・・18,480円
・リファファインバブルS・・・30,000円

比較表

リファファインバブルワン リファファインバブルS
ウルトラファインバブル
/マイクロバブル
シルキーバス
水流の種類 1種類
(バブルの有無/水流の強さのみ調節可)
4種類
(ミスト・ジェット・パワーストレート
・ストレート)
節水 最大約40%のカット
(バブル発生時)
最大約67%のカット
(ミスト使用時)
重量 約345g 約250g
サイズ
(幅×高さ×奥行)
約84×244×136mm 約86×232×110mm
価格 18,480円(税込) 30,000円(税込)
発売日 2021年9月22日 2020年8月21日

リファファインバブルワンとS 2つを使ってみた感想

リファファインバブルワンリファファインバブルSの2つをRentio(レンティオ)でレンタルして実際に使用してみました!

リファファインバブルワンの外観

リファファインバブルワン

リファファインバブルSの外観

リファファインバブルS

2つをならべてみると

リファファインバブル

リファファインバブルワンを使った感想

はじめにリファファインバブルワンを使用。

我が家の場合は付属のアダプターを使用せずに、普段使っているシャワーヘッドから付け替えるだけで使用できました!

シャワーヘッド部分のダイヤルを回すだけで、ファインバブルのオン/オフを切り替えられるのでとっても簡単。

正直、ファインバブルをオフにした時とファインバブルをオンにした時で肌に当たる感覚としては違いは感じませんでした

でも、ファインバブルをオンにして使用しはじめて3日くらい経つと、肌がとてもすべすべした感じがして、「おっ!これは汚れがきれいになってきているのかな?」と思いました。
0歳の娘も肌荒れがひどかったのですが、ボディソープなど使わずにバブルをオンにした状態で数日使っていたら肌荒れが落ち着いてきました。

シルキーバスも作ってみました。
ファインバブルは1と2を選択可能ですが、どちらでも試した結果ファインバブル2の方がしっかりとシルキーバスを作ることができました
約1分ほどバスタブにシャワーヘッドを入れて作るのですが、作り立ては湯舟全体が白くなりますが結構すぐに白さは消えてしまいます。
でも、白さは消えますがお湯の肌ざわりは柔らかい感じがしてとても気持ちが良かったです。

リファファインバブルSを使った感想

次にリファファインバブルSを使用。
こちらもシャワーヘッドを付け替えるだけで使用できます!

リファファインバブルSはMODEボタンを押すことで水流を選択できました。

標準の水流がストレートだと思うのですが、肌にあたる感触が柔らかい感じがしました。

4つの水流の中で個人的にはミストがとても気に入りました
洗顔料やボディソープの洗い流しをミストですると通常のシャワーで流すよりもしっかり流せているような感じがしました。
毎日2歳と0歳の娘とお風呂に入るのですが、ミストがお気に入りでした。(水圧を強くしすぎるとちょっとチクチクするので調節は必要でした)

パワーストレートとジェットは髪の毛を洗う際に使ってみました。ジェットは頭に程よい刺激がきて気持ちよかったです。

シルキーバスはミストで作ってみましたが、こちらも約1分ほどで湯舟が白くなりました。
子供がまだ小さいので入浴剤を入れることが出来ないのですが、シルキーバスが作れれば入浴剤を入れなくてもいいなと思いました!

実際に2つを使い比べて感じたメリット/デメリット

リファファインバブル

◎ 装着が簡単でフィルタ交換なども不要

シャワーヘッドの取り付けが簡単で、普段使っていたものと付け替えるだけで使用できたのが良かったです。

定期的にお手入れは必要ですがフィルタの交換なども不要なのがとっても楽で◎!

※シャワーのメーカーによっては、そのまま付け替えできず付属のアダプターが必要になるものや、輸入品など取り付けが出来ないものもあるので必ずHPで事前に確認するようにして下さい。

◎ シルキーバスはどちらも簡単に作れる

どちらもシャワーヘッドをそのまま湯舟に入れるだけでシルキーバスが作れるので簡単!

時間も約1分で作れるので、身体を洗っている間にできて無駄な時間がないのが◎でした。

◎ リファファインバブルSは水流が選べて使い分けしやすい

リファファインバブルSは4つの水流から用途や気分によって選択できるのはとてもよかったです!

しっかり洗いたい部分や優しく洗いたい部分など1台で使い分け出来るのが◎でした。

〇 操作がより簡単なのはリファファインバブルワン

どちらも操作は簡単で使いやすいのですが、リファファインバブルワンはヘッド部分のダイヤルと回すだけなので、より操作が簡単でした。

△ どちらも温度がぬるくなりがち

各家庭の水道環境によって違うかもしれませんが、普段と同じ温度設定にしてもシャワーから出てくるお湯の温度が低く感じました。

温かくなるまで少し時間が掛ったので、夏は良いかもしれませんが冬は特に温度が上がりづらいのでちょっとマイナスポイントでした。

△リファファインバブルワンは水圧が弱め

これも各家庭の水圧との相性もあるかもしれませんが、リファファインバブルワンの方は水圧を一番強くしてもシャワーから出てくる感じは少し弱く感じました。

身体を洗う分には問題ありませんが、シャンプーを流す際にはもう少し強いと嬉しいなと思いました。

あと、バスタブ掃除もちょっとやりづらかったので残念でした。

△ リファファインバブルワンSはミストの水圧調整が難しい

一番のお気に入りのミストですが、水圧をめいっぱい強くするとちょっとチクチクして痛かったです。
水圧を弱くすると気持ちいいのですが少し物足りなさも感じました。

自分に一番合った水圧を見つければいいのですが、水圧を強くしても痛くないと良いなと思いました。

× ストップボタンが欲しかった

これは完全に個人的な意見ですが、水流を止めるストップボタンが欲しかったです。

水流を止める際にいちいち元の栓を止めると一度調節した水圧をまた調節しなければいけないので、ちょっと水流を止めて別のことをしたい時などにストップボタンがほしかったです。

また、子供と入るときは特にやることが多いので、水の出しっぱなしを防ぐためにもあると良いなと思います。

どんな人におすすめ?

リファファインバブル

リファファインバブルワンがおすすめの方

  • 今使っているシャワーヘッドに物足りなさを感じている
  • シルキーバスを使いたい
  • ミスト機能などは不要
  • コスパ重視

こんな方にはリファファインバブルワンがおすすめです。

シンプルな構造で使い方も簡単!なのにウルトラファインバブルやマイクロバブルの心地よさはしっかり体験できます

シルキーバスも作れるので、たくさんの機能は必要ないという方にはぴったりだと思います。

リファファインバブルSがおすすめの方

  • シャワータイムを今よりも充実させたい
  • シャワーヘッドは軽い方がいい
  • ミストやジェット機能などの使い分けをしたい
  • 買うならグレードが高いものが良い

こんな方にはリファファインバブルSがおすすめです

多機能で軽い!そして見た目もおしゃれ。バスタイムをより充実させるにはぴったりのアイテムです。

お値段はリファファインバブルワンより1万円ほど高いですが、その価値は十分にあると思います。

まとめ

リファファインバブルワン

今回はリファファインバブルワンリファファインバブルSを使い比べてみました。

どちらも肌ざわりが気持ち良くてシルキーバスも作れて心地よいバスタイムを体験することが出来ました。

個人的には購入するならリファファインバブルSかなと思いました。
どうせ買うなら気分で水流の使いわけが出来らいいなと思ったのと、やっぱりミストが気に入ってしまったからです!

でも、リファファインバブルワンリファファインバブルSもとても良い商品だなと実感。

今までシャワーヘッドを変えようと思っていなかった私も購入したいなと思いました。


レンタルでお試しも出来ます

リファファインバブルワンリファファインバブルSRentio(レンティオ)でレンタルすることも出来ます!

購入を検討している方やどんな感じか気になるという方は、実際に自宅で使用してみるのが一番だと思います。

ぜひ一度ためしてリファファインバブルワンリファファインバブルSのすごさを実感してみてください。

[レンタル] リファ ファインバブルS ReFa FINE BUBBLE S RS-AF15A – Rentio[レンティオ]
[レンタル] リファファインバブル ワン ReFa FINE BUBBLE ONE – Rentio[レンティオ]
[レンタル] Refa(リファ)お風呂タイム充実家電 お試しセット – Rentio[レンティオ]

関連記事

リファグレイス ヘッドスパ RF-GH2114を使用レビュー!本格ヘッドスパで癒しの時間を – Rentio PRESS[レンティオプレス]
リファカラット使用レビュー!顔から全身ケアできる美容機器の使い方と使用感を紹介 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

よく読まれている記事美容家電カテゴリのランキング

ピックアップ記事