レンタル

プロジェクター 一覧

Ajax loader

プロジェクター選びのポイント

明るさ

プロジェクターの明るさは「ルーメン」という単位で表されます。あまり耳馴染みのない単位ですが、LED電球の明るさを示す数字としても使われています。

このルーメンはプロジェクターごとに定められており、この数字が大きなプロジェクターほど明るく作られています。

一般的なプロジェクターでは2,000ルーメン前後が標準的な数字となり、3,000ルーメンになるとかなり明るいプロジェクターということになります。

プロジェクターにとって明るさは非常に大切な要素です。

暗い場所での投影や、スクリーンが違い場合には多少暗いプロジェクターでも鮮明に映せますが、日中の投影や大きなスクリーンに投影する場合にはある程度の明るさがないと鮮明に映すことができません。

スクリーンサイズ

少人数のプレゼンテーションであれば30〜50インチほどの大きさの画面でも十分かもしれません。しかし数十人の観衆に向けての投影となると、100インチ、あるいはそれ以上の画面サイズが必要となります。

プロジェクターの投影する画面サイズは、プロジェクター本体と投影先スクリーンとの距離によって決まります。スクリーンを用意するとともに、プロジェクター本体を設置する場所もあわせて確保しておきましょう。

また投影先についても、専用のスクリーンでなくても白い壁であれば投影できる場合もありますが、凹凸や模様があるとキレイに投影することができないので注意が必要です。

また50インチ程度であれば持ち運び用のスクリーンもありますので、あわせて検討してみるのもよいかもしれません。

端子

プロジェクターと出力元を接続するためにケーブルの端子も確認しておくべきポイントです。

出力元がパソコンであれば、VGA端子やHDMI端子がほとんどだと思います。最近のプロジェクターであれば近年メジャーな規格には対応しているはずですが、念のための確認は怠らないようにしましょう。

プロジェクターごとの機能一覧表

サイズ 重量 解像度 明るさ
EB-U32 297×244×77(mm) 約2.6kg WUXGA(1920×1200) 3200(lm)
EB-W420 297×234×77(mm) 約2.4kg WXGA(1280×800) 3000(lm)
EB-X36 297×234×77(mm) 約2.4kg XGA(1024×768) 3600(lm)
EB-X31 297×234×77(mm) 約2.4kg XGA(1024×768) 3200(lm)
EB-S31 297×234×77(mm) 約2.4kg SVGA(800×600) 3200(lm)
EB-S04 297×234×77(mm) 約2.4kg SVGA(800×600) 3000(lm)
ASUS S1 110.5×102×30.7(mm) 約342g FWVGA(854×480) 200(lm)

プロジェクターをレンタルするメリット

プロジェクターはプレゼンやパーティーなど、必要な場面ではなくてはならないものですが、個人で所有するには高価すぎる&使用頻度が低すぎますよね。そんなプロジェクターは必要なときにだけレンタルするのが一番です。

レンタルなら、購入する際の数分の1の価格で利用できますし、プロジェクターも機種により様々なスペックの商品が存在します。用途に応じて使い分けができるのもプロジェクターをレンタルするメリットです。

また、プロジェクターも他の家電製品と同じく新しい製品が次々と投入されていきます。もし購入してしまうと、しばらく使わないうちに最新だったプロジェクターが型落ちになってしまった、、、なんてことにもなりかねません。

必要に応じて新しい機種のプロジェクターを使えるのも、レンタルのメリットの1つです。もし1つでも気になる点がありましたら、是非プロジェクターのレンタルを検討してみてください。

プロジェクターをレンタルする際の注意点

プロジェクターのレンタルは便利ですが、いくつか注意点も存在します。

主には配線の問題が第一に挙げられるでしょう。例えばPCと接続する場合、接続端子がVGAなのかHDMIケーブルなのか事前に確認しておく必要があります。

またレンタルする予定のプロジェクターに端子がついているかどうかの確認だけでなく、ケーブルも用意されているかをあわせて調べておきましょう。本番直前になって接続できない!なんてことがないようにしたいですね。

また配線の問題だけでなく、使用方法の面でもできることなら事前に確認しておけると安心です。

レンタル期間についても本番当日に届くよう設定するのではなく、利用日の前日、可能であれば前々日に受け取れるように設定しておき、前もって利用方法を確認しておけるとより安心です。

うまく使いこなせば大幅に節約できるプロジェクターのレンタルですが、レンタルならではの注意点もこのように存在します。事前にしっかり確認しておき、問題のないようにしたいですね。