RentioPress

Canon EOS Kiss Mを実写レビュー!本当に初心者に適しているカメラなのか?徹底検証

公開日 最終更新日
38,981view
Canon EOS Kiss Mを実写レビュー!本当に初心者に適しているカメラなのか?徹底検証

2018年3月23日に発売となったキヤノンの新製品「EOS Kiss M」。キヤノンが2018年ミラーレス市場No.1を狙った渾身のミラーレス一眼新製品です。

今回はEOS Kiss M発売日である3月23日に早速私が東京都内で春を写しに実写してきました。「実際の写りはどうなのか?」「操作性はどうなのか?」など、実際に使ってみないと分からない点を中心に新製品EOS Kiss Mをご紹介していきます!

※EOS Kiss Mで撮影した写真はJPEG撮影時から未処理の状態で掲載しています。

Canon EOS Kiss M

Canon EOS Kiss M

先日速報記事として発表時の段階でのEOS Kiss Mについてご紹介しましたが、改めて基本性能や特長をおさらいしておきましょう。

EOS Kiss Mの基本性能をまとめた記事

EOS Kissシリーズ初のミラーレス一眼「EOS Kiss M」発表!2018年最注目のミラーレス一眼カメラ | RentioPress

「Canon EOS Kiss M」 Amazonリンク

キヤノン
¥60,090 (2018/10/17 18:39:00時点 Amazon調べ-詳細)

EOS Kissシリーズ初のミラーレス一眼

Canon ミラーレス一眼 比較

現在のEOS Kissシリーズのラインナップや比較かこちらの記事をご覧ください。

一眼レフ初心者が知りたいEOS Kissシリーズのラインナップと選び方[2018年最新版] | RentioPress

市場No.1を狙う第一歩

実はこれまでエントリーユーザー向けシリーズであるEOS Kissは、全て一眼レフでの構成になっており、ミラーレス一眼を取り扱うことはありませんでした。

キヤノンはどちらかというとミラーレスをあまり重要視しておらず、2018年1月現在のラインナップでは、M5とM6、M100の3種類に限られたラインナップでした。

しかし注目を集め続けるミラーレス一眼は、小型軽量簡単撮影という初心者にベストなカメラとして人気を集めています。2018年からはキヤノンもミラーレス市場に本腰を入れ、シェアNo.1を狙うべく、このEOS Kiss Mを発表しました。

基本性能の充実

最新映像エンジンDIGIC8の初搭載

DIGIC8

これまでキヤノンが新たな映像エンジンを開発した際は、フラッグシップ機やハイアマチュアモデルなどの上級デジタル一眼レフカメラに初搭載されることが大半でしたが、今回新開発されたDIGIC8の初搭載機種に選ばれたのはEOS Kiss Mでした

最新映像エンジンを搭載することで、高感度での耐ノイズ性能や高輝度時の階調表現などの性能が大幅に向上しました。

4K動画の撮影が可能

Canon EOS Kiss M 動画撮影

動画性能にもこだわり、4K画質の動画撮影を可能としました。そして撮影した4K動画からお好みの瞬間で静止画として切り出しも可能です。

AFに自信あり

Canon EOS Kiss M フォーカスポイント

これまでミラーレスのAF性能は大きな課題でした。

EOS Kiss Mでは、AF性能にも大きくこだわりAFポイントは対応レンズ装着で最大143点まで拡大し、これまでの49点を大幅に上回ります。その他、人物撮影に適した瞳検出AFも新搭載し、オートフォーカスに圧倒的な自信を誇ります。

最高10コマ/秒の高速連写

Canon EOS Kiss M 高速連続撮影

AFモードをワンショットAFに選択したときにはEOS Kissシリーズとして最高の10コマ/秒の高速連写を実現しています。

追従式のAFであるAIサーボを使用した場合は、最高7.4コマ/秒と、若干速度は落ちるものの、これまでEOS Kissで最高速度としていた6コマ/秒を大きく上回ります。

実際に使ってレビュー(外観・操作面)

ここからは発売日に実際に使用して感じたレビューです。まずはデザインや大きさなどの外観、撮影における操作性についてご紹介していきます!

カメラ本体の大きさ、重さ

Canon EOS Kiss M 大きさ

ミラーレス一眼としては一般的な大きさ、重さ

これまで一眼レフカメラとして販売されてきたEOS Kissシリーズと比較すると大幅な小型軽量化を実現しています。しかし、ミラーレス一眼というジャンルを基準にすると、約380gという重さは一般的な質量です。

ファインダーの搭載

Canon EOS Kiss M 電子ビューファインダー

仕上がりを確認できる電子ビューファインダー(EVF)

ミラーレス一眼ではファインダーが省略されることも多いですが、EOS Kiss Mでは、カメラ本来のファインダーをのぞいて撮影するというスタイルを忘れず、電子ビューファインダー(EVF)が搭載されています。

一眼レフのファインダーには露出や色合い調整後の仕上がり様子が映し出されない光学ファインダーを採用していますが、電子ファインダーでは仕上がりを実際にファインダー内で表示できるため、失敗するリスクが激減します。

実際に使ってみてもクリエイティブアシスト使用時など、変化が非常にわかりやすく、EVFだからこそ実現できる機能だと感じました。

液晶モニター

Canon EOS Kiss M バリアングル液晶

撮影の幅を広げるバリアングル液晶モニター

EOS Kissシリーズどころか、中級モデルにも最近採用されているバリアングル液晶モニター。定番となりつつバリアングル液晶モニターをEOS Kiss Mでも採用することで、ファインダーをのぞけない場面で大きく活躍し、撮影の幅を広げてくれます。

私はこのバリアングル液晶モニターをEOS Kiss X5の時代から使用していますが、ファインダー越しでは体勢が難しくなるときや、地面に近い位置から撮影するローアングル時にはとても便利な機能です。目線の高さではどうしても面白味にかけるときがあります。

撮影のサポート

Canon EOS Kiss M シーンインテリジェントオート

初心者に優しいビジュアルガイド

こちらの機能はEOS Kiss X9発表時にご紹介した機能ですが、各撮影モードの効果を写真やイラストで表示され、視覚的に撮影することができる初心者に優しい機能です。

ただ基本的には液晶モニターを見て撮影するため、EOS Kiss X9時のような絞りやシャッタースピードによる変化がすぐわかるわけではないのが残念な点です。

感覚的な絵作りができる新機能

Canon EOS Kiss M クリエイティブアシスト

感覚的操作で理想の写真へ「クリエイティブアシストモード」

電子ファインダー上だけでなく、液晶モニター上にもしっかり仕上がりイメージが映し出されます。

基本的にオートでの撮影はカメラに任せきりなことが一般的ですが、「クリエイティブアシストモード」を使用すると、オートモード中でも「背景のボケ具合」「明るさ調整」「コントラストの強弱」「色の鮮やかさ」「色合いの調整」「モノクロ化」などの項目を設定することができます

こちらはEOS Kiss Mで最も使用頻度が高くなりそうな機能だと感じました。これまでボケ具合などは絞り値のみでの調整だったところを言葉や視覚的に操作できるようになり、初心者でも思い通りの写真が撮れるようになります

Canon EOS Kiss Mで必見の新機能です。

AF性能の向上

Canon EOS Kiss M 高速正確AF

感じるピント合わせの速さ

大幅に拡大した測距エリアと増加した最大143点の測距点は、ピント合わせにおいて大きな力を発揮します。実際に撮影してみてもAFの反応が遅かったり、ピントが甘かったりというストレスを感じることはありませんでした

液晶モニターをタッチすることでピントを合わすことも可能なのでピント合わせで困ることも大幅に減少しました。

高速AFと高速連写の快適性

十分すぎる最高約7.4コマ/秒の高速連写

基本性能でもご紹介した通り、AF追従時でも最高約7.4コマ/秒の高速連写は動きものの撮影に適しています。これまでミラーレスではAF速度や精度の問題から動体撮影には向いていないとされてきましたが、今回採用されているデュアルピクセルCMOS AFでの技術や高速連写の実現により、大幅な進歩を遂げました

実際に使ってみてレビュー(画質・仕上がり面)

続いて実際に使ってみた感じたレビュー画質、仕上がり面での評価をご紹介していきます。

APS-Cサイズの大型センサー

Canon EOS Kiss M ボケ
Canon EOS Kiss M, EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM, F7.1, 1/250sec, ISO100, クリエイティブアシスト使用, お台場海浜公園

大型センサーだからこそのボケ味

コンパクトデジカメやスマートフォンなどで採用されている映像センサーは、小型なタイプがほとんどです。センサーが小型な場合、どれだけ高画素数を特長としていても処理能力には限界があり、高画素などの特長を活かすことができません。

EOS Kiss Mでは、一眼レフカメラなどでも一般的とされているAPS-CサイズのCMOSセンサーが搭載されています。APS-Cサイズはスマートフォンやコンパクトデジカメよりも大型センサーであるため、記録できる情報量が多く、細かい部分まで表現できる画像処理で重要な部分です。

大型センサーは、ボケ味の表現も一眼らしく実現。また夜間などの暗い部分でも大型センサーは能力を発揮し、明るく精細に撮影できる魅力があります。

進化した動画撮影

圧倒的高画質4K動画撮影

2018年はミラーレス市場の拡大とともに動画撮影も注目される分野の一つとして期待されています。そんな中EOS Kiss Mでは4K画質での動画撮影を可能としています

動画は解像度が良くなると映像内で写る被写体の質感や臨場感が高まり、息を吞むような美しさです。実際に発売日に東京で電車の走行動画を撮影してみましたが、高精細な映像はとてもこのような小型カメラで撮ったとは思えませんでした。

また、充実の手ブレ補正でブレが極限まで減る安定した動画撮影が可能となりました。

白トビ対策

Canon EOS Kiss M 白トビ対策
Canon EOS Kiss M, EF-M 22mm F2 STM, F8, 1/800sec, ISO100, オートライティングオプティマイザ強, お台場海浜公園

オートライティングオプティマイザ性能の大幅な向上

写真撮影においてカメラが明暗差の大きい、白色が強い場面は苦手とすることが多いです。実際に背景が明るく、手前の被写体が暗い場合などは、手前の被写体に露出を合わせてしまうと背景は真っ白に染まり完全な「白トビ状態」となります。

EOS Kiss Mでは、この白トビを徹底対策し、DIGIC8の搭載でオートライティングオプティマイザの性能が大幅に向上し、補正能力が高まりました。高輝度側の階調も大幅に拡大され、これまで失われることも多かった信号も残りやすくなり、明るい領域の階調を豊かに表現できるようになりました

Canon EOS Kiss M 高輝度階調優先

設定で指定することができる「高輝度階調優先モード」では、これまでの「D」と新たに「D+2」が追加されました。

フォトジェニックに魅せる機能群

Canon EOS Kiss M フィルター効果
Canon EOS Kiss M, EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM, F10, 1/400sec, ISO100, フィルター「トイカメラ風」, 台場

SNS映えに最適「7種類のフィルター効果」

どうしても普通に撮影しただけではフォトジェニックな作品に仕上げることは難しいです。SNSなどでアップロードされている写真は加工されたものが基本的で、撮影後に色合いやコントラストなど大幅に変更しています。

これらの作業を行う場合はPCやスマートフォンにて専用のアプリやソフトが必要ですが、EOS Kiss Mではその作業の必要はありません。カメラ内での簡単な設定でSNS映えする写真へと仕上げることができます。

Canon EOS Kiss M フィルター選択

「油彩風」「水彩風」「トイカメラ風」「ラフモノクロ」「ソフトフォーカス」「魚眼風」「ジオラマ風」から選べるフィルターは、撮影後でも適用させることが可能です。「トイカメラ風」は、自然にフォトジェニックな作品へと仕上げてくれるため、一番おすすめできるフィルター機能です。

EOS Kiss Mで写す春の東京

発売日である2018年3月23日にEOS KISS Mでお台場周辺にて撮影した作例をおすすめポイントとともにご紹介していきます。

色鮮やかな景色には風景モードを

Canon EOS Kiss M 風景撮影
Canon EOS Kiss M, EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM, F11, 1/250sec, ISO100, SCN「風景」, お台場海浜公園

お台場海浜公園にて撮影した1枚ですが、SCNにモードダイヤルを合わせ風景モードにすることでカメラは自動的に写真全体ピントが合うように設定し、青空や色鮮やかな海や景色も鮮やかに写ります。撮影後に拡大してみると、きめ細かい精細さに驚くことでしょう。

明暗差の大きい場所でも

Canon EOS Kiss M 明暗差大きい場所
Canon EOS Kiss M, EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM, F11, 1/60sec, ISO1600, 高輝度階調優先「D+2」使用, お台場海浜公園

東京都内のビル群や建物が密集する街中に入ると自然と影の部分や日光が当たった部分など様々な要素が1枚に写真に含まれます。

今回は地下へと続くエスカレーターですが、上空からは光が差し込み明るい部分と暗い部分の差が大きくなっています。

そんな明暗差が大きくなる場面ですが、先ほどもご紹介した高輝度階調性能の向上で暗い部分、明るい部分どちらもしっかり表現してくれます

花なども色鮮やかに仕上がる

Canon EOS Kiss M クリエイティブアシストクリエイティブアシスト
Canon EOS Kiss M, EF-M 22mm F2 STM, F2, 1/4000sec, ISO200, クリエイティブアシスト使用, お台場海浜公園

春の風物詩である色鮮やかな花たちは被写体としても人気を集めます。

この日のお台場でもサクラたちが花を咲かせ始めており、カメラを向ける方の姿も多く見受けられました。

EOS Kiss Mでは、新搭載のクリエイティブアシスト機能を使用することで色合いなどを調整し、華やかな写真へと撮影前からイメージ通りに仕上げることができます

バリアングルだからこそできるローアングル撮影

Canon EOS Kiss M ローアングル
Canon EOS Kiss M, EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM, F5, 1/400sec, ISO160, クリエイティブアシスト使用, 東京都立潮風公園

写真は目線の高さ以外で撮影することで魅力的になるケースがあります。特に低い位置から撮影することが一般的なローアングルでは、目線の高さで撮影するよりも芸術性のある作品に仕上がります。

とはいえ、ローアングルで撮影する際は地面に寝転んだり、無理な体勢でファインダー内を見る必要がありました。EOS Kiss Mで搭載されているバリアングル液晶モニターを使用すれば、カメラだけを足元へと持っていき、モニターの角度を自分の見やすい方向へ向けることで簡単にローアングル撮影が可能となります。

EOS Kiss M 製品仕様表

モデル名EOS Kiss M
撮像画面サイズ約22.3×14.9mm(APS-C)
映像素子型式CMOSセンサー
有効画素数約2410万画素
オートフォーカス方式デュアルピクセルCMOS AF
測距点最大143点
常用ISO感度ISO100~25600
シャッター速度1/4000秒~30秒、バルブ
連続撮影速度最高約10コマ/秒
画面ワイド3.0型/約104万ドット
Wi-Fi搭載
NFC搭載
Bluetooth搭載
大きさ116.3×88.1×58.7mm
質量約390g(ホワイト)

EOS Kiss Mは次世代のミラーレス一眼

Canon EOS Kiss M

ミラーレス一眼市場もトップへ。キヤノンの本気

これまでエントリーモデルを中心に商品展開をしてきたEOS Kissシリーズ。エントリーモデルという概念から性能に関しては出し惜しみしていた部分があったとユーザーは感じることはあったでしょう。

しかし今回のEOS Kiss Mでは、新たな機能を見るだけでも、出し惜しみを一切感じることのないキヤノンの本気を見ている気がします。

キヤノンの2018年の狙いはミラーレス一眼市場でのシェアNO.1の獲得。2017年まではオリンパスが継続してシェアNO.1を確保してきましたが、2018年はキヤノンがその座を獲得する計画です。

今後はフルサイズセンサー搭載のミラーレス一眼開発の噂などもあり、ますます目を話すことができないミラーレス一眼市場。キヤノンがミラーレス一眼で大きな成功を収めることができれば、更にカメラ=キヤノンというイメージを強くすることができる絶好の機会になるでしょう。

新製品「Canon EOS Kiss M」を早速レンタル

今回ご紹介してきたキヤノンの新製品EOS Kiss Mは、家電レンタルRentioにて早速レンタルすることができます。

ボディのみのレンタルはもちろん、様々なレンズと組み合わせたセットでのレンタルも提供しています。

キヤノンが挑戦する第一歩であるEOS Kiss Mの購入前のお試しはもちろん、実力十分のカメラを短期間レンタルして旅行に出かけることも良いでしょう。

是非Rentioで新製品EOS Kiss Mをお試しください。

[レンタル] CANON EOS Kiss M ボディ ミラーレス一眼 ブラック – Rentio[レンティオ]

[レンタル] CANON EOS Kiss M レンズキット ミラーレス一眼 ブラック – Rentio[レンティオ]

[レンタル] CANON EOS Kiss M ダブルレンズキット ミラーレス一眼 ブラック – Rentio[レンティオ]

[レンタル] CANON EOS Kiss M ダブルズームキット ミラーレス一眼 ブラック – Rentio[レンティオ]