お得にフルサイズの高画質を。格安おすすめフルサイズ一眼カメラ5選

Atsushi Yoshioka
Atsushi Yoshioka

更新日2020/10/07

お得にフルサイズの高画質を。格安おすすめフルサイズ一眼カメラ5選

更新日

一眼カメラ愛好家の憧れ「フルサイズ一眼」。

「高級機として画質が良く、暗い場所にも強い」そんなイメージがあると思います。

実際に私がはじめてフルサイズ一眼を手にした時も、大きな感動を覚えた記憶があります。

しかし、高級機は値段が高く簡単に購入できないもの…そんな悩みにお答えする「安く手に入るフルサイズ一眼カメラ」をご紹介していきます。

フルサイズ一眼の魅力とは?

カメラを始めた頃は、長く使っている方が「やっぱりフルサイズ一眼は良い」と言っている意味がよくわからないと思います。

いったいフルサイズ一眼の何が良いのだろう。ここからは少しだけフルサイズ一眼の魅力を解説していきます。

画質が良い

フルサイズ一眼 高画質

そもそもフルサイズ一眼の意味は、フルサイズセンサーを搭載した一眼カメラという意味で、写真の仕上がりに大きく影響するイメージセンサーが大きいことを示しています。

イメージセンサーが大きいことで、カメラは光を受ける面積が大きくなります。

そして大きなセンサーでは、小さいセンサーよりも多くの情報を得ることができるため、きめ細やかで階調豊かな画質を得ることができます。

単純にセンサーのサイズが大きいというだけで、画質は大きく変わると言えるでしょう。

暗い場所に強い

フルサイズ一眼 夜景撮影

フルサイズ一眼は夜間など暗い場所にも強いです。こちらも先ほどご紹介したイメージセンサーの大きさが影響しています。

フルサイズセンサーは、一般的なデジタル一眼カメラに搭載されているセンサーよりも大きく、光を集めやすいです。

暗い場所ではわずかな光が画像の情報として必要になるため、光を少しでも多く取り入れることができるフルサイズ一眼は、夜間撮影でも効果的です。

こちらも併せてご覧ください

初心者が気になるフルサイズとAPS-Cの違いを徹底解説。画質、画角、対応レンズに大きな違いあり – Rentio PRESS[レンティオプレス]

フルサイズ機を選ぶ理由を語る!初心者モデルからはじめたカメラマンだから分かるフルサイズの本当の魅力 | RentioPress

今はフルサイズ一眼も手頃な価格へ

カメラが多様化し、さまざまなモデルが販売されていますが、フルサイズ一眼カメラも近年ではリーズナブルな価格で販売されているモデルが増えてきました。

以前は「フルサイズ=高級機」という認識が大半でしたが、近年になり「エントリー向けフルサイズ一眼」と呼ばれるモデルまで登場しています。

さすがにEOS Kissシリーズなどのファミリー層やこれから始める人向けのカメラほど、価格が安くなることはありませんが、フルサイズ一眼としては安値で、使いやすいモデルになっています。

おすすめ格安フルサイズ一眼カメラ

ここからは実際にフルサイズ一眼として安く購入することができるフルサイズ一眼カメラをご紹介していきます。

1. Canon EOS RP

キヤノンから2019年3月に発売されたEOS RP

キヤノンが2018年より開発を進めているフルサイズミラーレス一眼カメラとして初心者向けのモデルが最新モデルとして発売されました。

発売段階で20万円を下回るほどの低価格を実現しており、今後も価格は下降していく予想もできるため、格安フルサイズ一眼として王道モデルになるでしょう。

仕様

  • 発売時期 : 2019年3月
  • 有効画素数 : 約2620万画素
  • 常用ISO感度 : ISO100~40000
  • 連写性能 : 約5.0コマ/秒
  • 外形寸法 : 約132.5(幅)×85.0(高さ)×70.0(奥行)mm
  • 質量(SDやバッテリー込) : 約485g
  • 価格帯 : 156,000円程度 (※2019/03/14付 amazon価格)

EOS RP実写レビューはこちら

Canon EOS RP実写レビュー。フルサイズ入門機としての性能やEOS Rとの比較を実際に使って徹底解説 – RentioPress

2. Canon EOS 6D

キヤノンから2012年11月に発売されたEOS 6D

これまで高級機でしか存在してこなかったフルサイズ一眼で、必要以上の機能をカットし、フルサイズの画質や高感度耐性をそのままにリーズナブルな価格で販売することを実現したカメラです。

そしてフルサイズ一眼レフカメラとして世界最小・最軽量を実現したボディは、画質は良く携帯性にも優れた非常におすすめのカメラです。

2017年8月に後継機となるEOS 6D Mark IIが発売されましたが、発売以降も旧型の人気はあり、店頭在庫や中古市場で人気を集めています。

仕様

  • 発売時期 : 2012年11月
  • 有効画素数 : 約2020万画素
  • 常用ISO感度 : ISO100~25600
  • 連写性能 : 約4.5コマ/秒
  • 外形寸法 : 約144.5(幅)×110.5(高さ)×71.2(奥行)mm
  • 質量(SDやバッテリー込) : 約755g
  • 価格帯 : 103,000円程度 (※2018/07/30付 amazon価格)

3. Nikon D610

ニコンでも2013年10月に発売されたD610は、リーズナブルなフルサイズ一眼として人気を集めています。

十分な画素数やフルサイズだからこそ発揮される描写力を気軽に体感することができます。

残念ながら2013年10月の発売以降の後継機は発表されておらず、進化する技術と比較すると性能面でも物足りなさを感じることもありますが、10万円程度で購入することができるフルサイズとして貴重な存在であることに間違いありません。

仕様

  • 発売時期 : 2013年10月
  • 有効画素数 : 約2426万画素
  • 常用ISO感度 : ISO100~6400
  • 連写性能 : 約6コマ/秒
  • 外形寸法 : 約141(幅)×113(高さ)×82(奥行)mm
  • 質量(SDやバッテリー込) : 約850g
  • 価格帯 : 104,000円程度 (※2018/07/30付 amazon価格)

4. Nikon D750

2014年9月発売で今も現行モデルとして販売されているD750

先ほどのD610よりも、しっかりとした機能が魅力的で、チルト式モニターの採用など、使い勝手の良いフルサイズ一眼です。

あらゆる場面での使用が想定され、ボディの耐久性にも自信を持ち、アウトドアでの使用など過酷な環境でも活躍するカメラでもあり、ボディもがっちりとした設計の印象です。

価格は上記でご紹介した2つよりも高くなりますが、耐久性や性能面を考えるとコスパの良いモデルと言えるでしょう。

仕様

  • 発売時期 : 2014年9月
  • 有効画素数 : 約2432万画素
  • 常用ISO感度 : ISO100~12800
  • 連写性能 : 約6.5コマ/秒
  • 外形寸法 : 約140.5(幅)×113.0(高さ)×78.0(奥行)mm
  • 質量(SDやバッテリー込) : 約840g
  • 価格帯 : 150,000円程度 (※2018/07/30付 amazon価格)

5. SONY α7

これまでご紹介してきたキヤノン、ニコンのモデルは全てデジタル一眼レフカメラでしたが、ソニーが開発するフルサイズセンサー搭載のカメラは、ほとんどがミラーレス一眼カメラとなります。

こちらのα7は、現在フルサイズミラーレス一眼としてベストセラーシリーズとなったα7シリーズとして最初期のモデルとなり、2013年11月に発売されました。

約2430万画素、優れた高感度耐性などを備え、10万円程度での購入が可能。

そしてこれからの時代の中心となるミラーレス一眼カメラということでフルサイズ入門にも最適なモデルです。

仕様

  • 発売時期 : 2013年11月
  • 有効画素数 : 約2430万画素
  • 常用ISO感度 : ISO100~25600
  • 連写性能 : 約5コマ/秒
  • 外形寸法 : 約126.9(幅)×94.4(高さ)×54.8(奥行)mm
  • 質量(SDやバッテリー込) : 約474g
  • 価格帯 : 95,000円程度 (※2018/07/30付 amazon価格)

6. SONY α7R

先ほどのα7にローパスフィルターを搭載し、高画素化を実現したのがα7Rです。

こちらはα7よりも画素数の多い、約3640万画素の有効画素数を保有し、圧倒的な画質を実現します。

α7よりも繊細な描写力を特長とするため、風景写真などに優れています。

逆にAF性能などはα7よりも劣るため、動体撮影には向いていないモデルです。

価格はα7とほぼ同等で、市場価格にて10万円以下で購入することができるのも魅力的です。

仕様

  • 発売時期 : 2013年11月
  • 有効画素数 : 約3640万画素
  • 常用ISO感度 : ISO100~25600
  • 連写性能 : 約4コマ/秒
  • 外形寸法 : 約126.9(幅)×94.4(高さ)×48.2(奥行)mm
  • 質量(SDやバッテリー込) : 約465g
  • 価格帯 : 90,000円程度 (※2018/07/30付 amazon価格)

お得にフルサイズ一眼を使おう!

基本的に各メーカーから販売されている最新モデルは高値で販売されていることがほとんどです。

そして量販店の店頭などで販売されているカメラに古いカメラはほとんど置いていないと言えるでしょう。

安さを求めて購入するのであれば古いカメラは狙い目です。

今回ご紹介してきたフルサイズ一眼の内、EOS 6D以外は現行モデルと販売されていますが、既に古いモデルとして量販店などでは取り扱いのないモデルも存在します。

お得に安くフルサイズ一眼を購入するのであれば、インターネットなどでチェックしてみましょう!

フルサイズ一眼をお試しでレンタル

カメラのレンタルサービスがお得なことはご存知でしたか?借りたい時や購入前に試したいときにレンタルするサービスが広まっています。

Rentioでは、豊富な一眼カメラの中から選んで最短3泊4日からレンタルすることができます。

今回ご紹介してきたフルサイズ一眼も短期利用であれば購入するよりもお得に使用することができます。もちろん購入前の検討材料としてもおすすめできるレンタルサービスです。

まずはRentioでお得に賢くフルサイズ一眼を使ってみてくださいね。

[レンタル] カメラ 一覧 – Rentio[レンティオ]

よく読まれている記事一眼カメラカテゴリのランキング

ピックアップ記事