RentioPress

一眼レフ、ミラーレス、コンデジ比較!それぞれの違いとカメラの選び方を徹底解説

公開日 最終更新日
一眼レフ、ミラーレス、コンデジ比較!それぞれの違いとカメラの選び方を徹底解説

「これから写真撮影の趣味をはじめてみたい。」

最近になってそう思われる方が急増したように感じます。デジタルカメラの登場以来、写真撮影というのが非常に身近になりました。2010年代に入ると、高画質ながら価格が抑えられたコストパフォーマンスの良いカメラが沢山登場します。

かつてはコンパクトデジタルカメラがその役目を担っていたものの、高性能・高画質・コンパクト・低価格を一眼カメラが実現するようになり、デジタルカメラの競争は激化しました。

そして進化の流れの早いデジタルカメラの世界は、定期的に調べない限り、情報は古くなっていきます。今や、さまざまなデジタルカメラの分野が存在し、いったいどれを買えば良いのかという悩みは、これからカメラをはじめる方にとって大きな壁となっています。

そこで今回は数あるデジタルカメラの中でも違いが分かりにくいとされる、コンパクトデジタルカメラこと「コンデジ」、「ミラーレス一眼カメラ」、「一眼カメラ」を比較してそれぞれの違いをご紹介していきます。

デジタルカメラの種類

一眼レフ ミラーレス一眼 コンデジ 違い

デジタルカメラといってもさまざまな種類があるのはご存知ですか?

カメラを使わない友人に聞いてみると「デジタルカメラ=コンパクトデジタルカメラ」というイメージが強いみたいです。確かにデジタルカメラが普及したころ、各家庭で記憶に残っているのは小さくてレンズとボディが一体型のコンパクトデジカメです。

しかし今はデジタルカメラの分野も多様化してきています。簡単に分けると下記のようなデジタルカメラが存在します。

  • デジタル一眼レフカメラ
  • ミラーレス一眼カメラ
  • コンパクトデジタルカメラ
  • アクションカム
  • 360度カメラ

この中でアクションカムと360度カメラは使う用途やカメラそのもののスタイルが確立されているので、ジャンル分けとして難しくはありません。

しかし「デジタル一眼レフカメラ」、「ミラーレス一眼カメラ」、「コンパクトデジタルカメラ」は、見た目もさほど変わらず、性能面もどれが良いのか分からないと思います。

そしてこれら3つの種類は、大きく異なる特長をそれぞれ保有しているため、自分にあったカメラであるか知る必要があります。

デジタル一眼レフカメラとは

デジタル一眼レフカメラ

今デジタルカメラの中で最も知名度があり、出荷台数も大きな割合を占めるのが「デジタル一眼レフカメラ」です。

デジタルカメラの原点はコンパクトデジタルカメラでしたが、カメラとして性能の進化を躍進させたのはデジタル一眼レフカメラと言えるでしょう。

そしてデジタルカメラ誕生時から地道に進化を続け、レンズを含むラインナップの豊富さは大きな魅力です。今なおプロカメラマンのほとんどが「デジタル一眼レフカメラ」を愛用しています。

一見プロフェッショナル向けのカメラと思いがちですが、安い価格に設定されている初心者モデルも各メーカーから沢山販売されています。その代表格として知られるのがEOS Kissシリーズです。

選択肢が多く、初心者向けからプロフェッショナル機まで

一眼レフカメラの特長は、「大きいセンサーサイズで高画質を実現」、「選べるレンズの種類が多い」、「レベルに合わせたカメラ選びが可能」などがあります。

一眼レフカメラに搭載されているイメージセンサーは最低でもAPS-Cサイズ(デジタルカメラのイメージセンサーの中では大型)が採用され、大型のセンサーは高画質を実現するため、性能の良いカメラがほとんどです。

また、デジタル一眼レフカメラでは、古くに開発されたフィルム時代のレンズも使える場合が大半で、選べるレンズのレパートリーはとても豊富です。

先ほどご紹介した通り、初心者向けモデルからプロフェッショナル機までレベルに合わせたモデルが点在するので、カメラ選びも自由自在です。

おすすめデジタル一眼レフカメラ紹介はこちら

[2018年]初心者向けおすすめ一眼レフ6選!カメラ選びで大切なポイントを解説 – RentioPress

ミラーレス一眼カメラとは

ミラーレス一眼カメラ

ミラーレス一眼カメラは、今最も勢いが増しているカメラと言えるでしょう。各メーカー、ミラーレス一眼カメラの開発に力を入れているのには、それだけの需要があるからです。

デジタル一眼レフカメラ同様に「一眼」というワードが付きますが、ミラーレス一眼カメラがデジタル一眼レフカメラと決定的に違うのは、内部の構造にあります。

デジタル一眼レフカメラでは、カメラ内にミラーが存在し、シャッターを押したときだけミラーが上がり、ミラーからファインダーに行っていた情報をミラーが上がったことで、ミラー裏にあるイメージセンサーが読み取り、画像として記録されるものでした。

しかしミラーレス一眼カメラでは、名前の通り「ミラー」をなくしたカメラで、カメラ内の構造をシンプルにしました。構造をシンプルにすることでミラーレス一眼カメラ最大の特長である「小型軽量」を実現しました。

ミラーレス一眼カメラは、まだ新しいジャンルであるため、デジタル一眼レフカメラと比べると商品が少ない現状ですが、キヤノンやソニーは既にミラーレス一眼市場を重要視しており、今後製品ラインナップは大幅に増えるでしょう。

一眼レフの性能そのままに小型化

ミラーレス一眼では「小型軽量で高画質を実現」、「おしゃれでスタイリッシュなデザイン」、「初心者に優しい操作性」が特長として挙げられます。

イメージセンサーでは、デジタル一眼レフカメラで採用されているAPS-Cサイズを基本としながら、ミラー構造を持たない分、小型軽量化のボディで高画質をそのまま実現します。

小型・軽量を実現したミラーレス一眼は女性を中心に人気を集め、各メーカー女性向けであるかわいらしいデザインやファッション性の高いカメラも開発しています。中には別売アクセサリーでコーディネートできるカメラも存在し、撮影した写真だけでなく、見た目からおしゃれなカメラが多く誕生しました。

そんな傾向もあり、ミラーレス一眼は初心者や機械を苦手とする方にも簡単操作、簡単撮影ができるように設計されています。初心者が選ぶカメラとしてミラーレス一眼は、最適なカメラと言えるでしょう。

おすすめミラーレス一眼カメラ紹介はこちら

2018年最新おすすめミラーレス一眼カメラ5選!初心者でも失敗しないカメラの選び方 – RentioPress

コンパクトデジタルカメラとは

コンパクトデジタルカメラ

通称コンデジとも呼ばれるコンパクトデジタルカメラ。デジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラと決定的に違う点は、レンズ一体型のカメラであるということです。

デジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラは、カメラ本体と望遠レンズ標準レンズなど、別途カメラ用のレンズを取り付けて使用することが必須でした。

レンズ一体型ならではのメリットとデメリット

コンパクトデジタルカメラは、カメラ本体にレンズが既に内蔵されており、レンズを交換することができません。そのため、どこまで広く写せるや、どこまでズームすることができるかは、カメラによって変わる性能であり、購入後は変えることのできない性能になります。

しかし、レンズ一体型であるメリットは、レンズ自体がカメラに埋め込まれるタイプのカメラが多く、ボディ本体を極限まで薄くすることができ、デジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラと比較しても抜群の携帯性を誇ります。

価格帯は、1万円を切るような格安コンデジから10万円前後の高級コンデジまでさまざまな種類が存在します。近年ではスマートフォンカメラ性能の大幅な進化により、スマートフォンだけでも高画質でコンデジに劣らない性能を保有するようになりました。その結果、2018年現在で格安コンデジは、シェアを大幅に減らしました。

逆に10万円前後するような高級コンデジは、近年になり右肩上がりの人気を見せています。世間が求めているのは「コンパクト」、「スマホよりも優れている」であったため、それを一番実現してくれるのが高級コンデジだったのです。

コンパクトデジタルカメラでは、デジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラと比較してセンサーサイズ1型センサーなど、小さくなるモデルが大半ですが、中にはAPS-Cサイズのセンサーを搭載するモデルも存在し、画質の面でもデジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラに劣らないモデルも誕生しています。

コンパクトデジタルカメラの中でも性能が上がるにつれて、カメラ本体も大きくなる傾向がありますが、それでもデジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラより小型で軽量なカメラ本体は、旅行やちょっとしたお出かけの時に便利なカメラとして人気を集めています。

高級コンデジおすすめモデルまとめ

大流行「高級コンデジ」おすすめ4選。スマホ全盛の今も残り続ける理由とは? | RentioPress

それぞれを比較

ここまでそれぞれの特徴やメリットをご紹介してきました。

ここからは、実際にそれぞれのカメラジャンルで何が違うのかをご紹介していきます。

デジタル一眼レフカメラとミラーレス一眼の違い

一眼レフ ミラーレス一眼 違い

ミラー構造の有無が最大の違い

先ほどの通り、デジタル一眼レフカメラとミラーレス一眼カメラで最大の違いは「ミラー構造の有無」です。ミラーレス一眼カメラはまだ新しいカメラジャンルとして、性能面で一眼レフほどの能力を発揮できていませんでしたが、ここ最近になり、ミラーレス一眼カメラがデジタル一眼レフカメラの性能に追い付いてきました。

そのような影響もあり、ここまでミラーレス一眼カメラの開発に消極的であったキヤノンは、2018年3月発売のEOS Kiss Mより、ミラーレス一眼市場への本格参入を果たし、これからミラーレス一眼モデルが更に増えていくことが予想されます。

一眼レフ ミラーレス一眼 マウント部比較

デジタル一眼レフカメラの大きな欠点であった「重さ」「大きさ」を克服しながら、画質を保ち、あらゆる性能を搭載できるようになったからには、デジタル一眼レフカメラは必要とされなくなる傾向なのかもしれません。

現在はまだレンズ種類が少ないミラーレス一眼カメラ

これも今後は解決されていく問題ですが、2018年現在ではミラーレス一眼カメラに対応するレンズはデジタル一眼レフカメラ用のレンズと比較して非常に少ないです。特に超広角レンズや超望遠レンズの分野は未発展といえる状況で、撮ることのできない写真というのもミラーレス一眼カメラにはまだまだ存在します。

価格に関してはデジタル一眼レフカメラとあまり変化のない印象です。ただ、初心者向けのモデルが多いという現状から高価な値段が設定された高級モデルというのは、あまり存在しないため、平均的にみると低価格な印象があります。

デジタル一眼レフカメラとミラーレス一眼カメラの違いまとめ

  • ミラー構造の有無で変わるボディの大きさと重さ
  • レンズレパートリーの違い(デジタル一眼レフカメラの方が豊富)
  • ミラーレス一眼カメラは、初心者向けモデルが中心

ミラーレス一眼カメラとコンパクトデジタルカメラの違い

ミラーレス一眼 コンデジ 違い

「コンパクト」「きれいな写真が撮れる」という面では違いのないミラーレス一眼カメラとコンパクトデジタルカメラです。

一見すると見た目も似ている部分があり、果たしてどのような違いがあるのか気になるところだと思います。

レンズ交換の可否が最大の違い

まずミラーレス一眼カメラとコンパクトデジタルカメラで最大の違いは「レンズの取り替えが可能か」という点です。

コンパクトデジタルカメラの全てはカメラのレンズとボディが一体化した「レンズ内蔵型」になっています。一方ミラーレス一眼カメラはレンズが別途必要になる「レンズ取り替え型」になります。

そのためカメラの本体価格がコンパクトデジタルカメラとミラーレス一眼カメラが例え同じくらいだとしても、ミラーレス一眼カメラは別途レンズが必要になるため、コスト的に割高になります。

逆にレンズが取り替えできることで、作品への自由度が増します。コンパクトデジタルカメラでは、焦点距離の範囲は必ず固定されていますが、ミラーレス一眼カメラはレンズによって焦点距離が変更できるため、大きなメリットとして挙げられます。

イメージセンサーのサイズ違い

また、イメージセンサーのサイズにも違いがあることが多く、コンパクトデジタルカメラはミラーレス一眼カメラに比べて小さいセンサーを搭載していることが多いです。センサーサイズは大きいほど光を一度に集めることができる量も多いため、センサーサイズが多きミラーレス一眼カメラは、暗い場所に強く、階調が豊かになります。

両者ともにコンパクト性を重視しているカメラですが、ミラーレス一眼カメラは一眼カメラというジャンルの中ではコンパクトであって、カメラ全体をみると非常にコンパクトとは言えないでしょう。そのような点では、コンパクトデジタルカメラは、納得できる小型軽量ボディを実現しています。

ミラーレス一眼カメラとコンパクトデジタルカメラの違いまとめ

  • レンズの取り替えが可能かどうか
  • イメージセンサーがミラーレス一眼カメラの方が大きく、撮影面で有利
  • 小型軽量を求めるならコンパクトデジタルカメラが有利

それぞれのカメラのおすすめユーザー

デジタル一眼レフカメラ、ミラーレス一眼カメラ、コンパクトデジタルカメラ

それぞれ3つの特徴や比較した結果などをご紹介してきましたが、ここからはそれぞれのカメラがどのような人におすすめなのかをご紹介していきます。

デジタル一眼レフカメラがおすすめの人

一眼レフ おすすめ

オールラウンドに対応するレパートリー

一眼レフはレパートリーの広さが魅力的です。そして本格的、高性能を特長としたカメラが多く、これから写真撮影を本気の趣味として楽しみたいという方には、間違いなく一眼レフがおすすめです。

大きさや重さなどの問題はありますが、さまざまな機能を使いこなし、こだわりを求めた写真撮影を行うのに一番適しています。

もちろん初心者の方におすすめできない訳ではありません。各メーカーエントリー向け一眼レフも数多く存在しているため、はじめてカメラを購入するという方にも安心して使うことができます。

一眼レフのレパートリーの広さは、長く続けるほどメリットがあります。最初エントリー向けモデルを使って写真撮影の基礎を積み上げ、数多くのカメラから自分にあった上位機種のカメラへ乗り換える楽しさがあります。

ミラーレス一眼カメラがおすすめの人

ミラーレス一眼 おすすめ

オシャレと画質を両立させた流行のカメラ

ミラーレス一眼カメラは、今大流行のカメラです。一眼レフと同等の画質、性能を実現しながらコンパクト性を実現し、デザインにもおしゃれ感が取り入れられた最新カメラです。

ミラーレス一眼カメラのシェアは年々拡大を進め、近い将来に一眼レフとのシェア逆転も予想されるほど、ミラーレス一眼カメラの伸び率は大きいです。

大半のカメラにフォトジェニックを実現するフィルター機能やスマホと連携し、すぐにSNSなどにアップロードできる通信機能が搭載されているため、スマホよりもキレイな写真が撮れて、ファッションとしても使えるミラーレス一眼カメラは、女性にも人気のカメラとなっています。

写真撮影の趣味をはじめたい方にはもちろん、これまでスマホのみでInstagramなどのSNSにフォトジェニック作品を投稿していた方のステップアップカメラとしてもおすすめできるカメラです。

コンパクトデジタルカメラがおすすめの人

コンパクトデジタルカメラ おすすめ

抜群の携帯性は旅先で役立つ

コンパクトデジタルカメラは古くから身近なデジタルカメラとして存在してきましたが、近年はスマートフォン内蔵カメラの進化により、格安カメラとしての存在感は薄れてきました。

近年は一眼レフやミラーレス一眼と変わらない価格帯のコンパクトデジタルカメラ、いわゆる「高級コンデジ」が人気を集めています。

高級コンデジは、これまでのコンパクトデジタルカメラの特長であるコンパクト性を受け継ぎながら、カメラとしての性能を大幅に向上させたカメラになっています。

「スマートフォン以外で写真撮影をしてみたいけど、レンズ交換は面倒だし、ズームができてシャッターを押すだけでキレイな写真が撮れるカメラが欲しい」という方におすすめです。

驚きの薄さや鞄に入れても負担にならない携帯性は、コンパクトデジタルカメラを選ぶ最大のメリットと言えるでしょう。

3つのカメラの違いまとめ

一眼レフ ミラーレス一眼 コンデジ 比較

デジタル一眼レフカメラ、ミラーレス一眼カメラ、コンパクトデジタルカメラを比較して、それぞれの特徴や性能をご紹介してきました。

現代で人気のあるカメラというのは、それなりに理由があって売れています。そして、それぞれに異なった特徴があり、ユーザーが散らばるというのもカメラの面白いところです。

しかし今後はミラーレス一眼カメラが大きく躍進すると私は予想します。

デジタルカメラ最大手であるキヤノンがミラーレス一眼カメラに力を入れ始めた影響から、各メーカーがミラーレス一眼カメラに本腰を入れ、今後競争は激化していくものと思われます。

それでもミラーレス一眼カメラが完璧で必ずどのユーザーにも合っていると言えないのは、デジタル一眼レフカメラ、ミラーレス一眼カメラ、コンパクトデジタルカメラがそれぞれ他に持っていない大きな特長を保有しているからです。

ぜひそれぞれのカメラで得意とする分野が自分に合っているかを確認して、選んだカメラで楽しい撮影ライフをお過ごしください。

カメラはお試しできる

家電量販店などでもカメラの試し撮りをその場でできることがありますが、やはり同条件や短時間での使用では、実際に使った感覚というのは分かりにくいと思います。

あまり使い勝手が分からないまま店員の言いなりになってカメラを買ってしまったが、1週間もしない内に使わなくなってしまった…という話もよく聞きます。

そうならないためにも、しっかりとした下調べをする必要がありますが、カメラのレンタルサービスを使うというのもおすすめ方法の1つです。

家電レンタル「Rentio」では、今回ご紹介したデジタル一眼レフカメラ、ミラーレス一眼カメラ、コンパクトデジタルカメラそれぞれ豊富なラインナップを用意しており、最短3泊4日からレンタルすることができます。

これからどのカメラにしようか迷っている際は、ぜひRentioのカメラレンタルを利用して自分に合ったカメラを確認してみてくださいね。

[レンタル] カメラ 一覧 – Rentio[レンティオ]

ピックアップ記事