Rentioによるカメラ・家電の徹底解説サイト

Rentio PRESS

オートバウンス機能搭載「Kenko AIフラッシュ AB600-R」徹底レビュー!室内ポートレートに最適

更新日
オートバウンス機能搭載「Kenko AIフラッシュ AB600-R」徹底レビュー!室内ポートレートに最適

こんにちは!レンティオ編集部です!

一眼レフ用レンズであるトキナーレンズやストロボを扱うメーカー、
ケンコートキナーさんより気になる商品が発売されました!

その名も、

自動でバウンス角度を計算・決定してくれる次世代ストロボ!AIフラッシュ AB600-R ニコン用

です!

こちらのストロボですが、撮影の際に調整が必要なストロボのバウンスをオートで調整してくれるものとなります。

バウンスとは??

そもそもバウンスとは??

簡単に引用しますと、、

この発光方法のメリットは、光が拡散するのでより自然な光で撮影することが可能ということ。

また、メーカページにも解説がありまして、

バウンス撮影とは、発行部の角度を変えることで、フラッシュ光を被写体に直接向けずに、天井や壁の反射を用いてソフトな光で照らし、より自然な陰影を得る撮影方法のことです。

バウンス撮影による写りの違い

このような差が生まれます!特に室内でポートレート(人物撮影)をされる際は、非常に重要な機能となります。

AB600の概要

3方向オートバウンス機能

天井に加え・左右の壁のバウンスにも対応した、3方向のオートバウンス機能を搭載。被写体に対してカメラを構えてオートバウンスボタンを押すだけで、AB-600Rがそれぞれの方向に沿ったバウンス角度を計測し、自動的に発光部を傾けます。

好みのアングルを記憶・維持「アングルロック機能」

オートバウンス機能を使用した後、そのまま自動的にアングルロック機能へと移行します。アングルロック機能とはカメラの縦位置、横位置を変更してもフラッシュが自動的に最適角度を維持する機能のことです。オートバウンス不使用時でもアングルロック機能を使用することが可能。こちらもワンボタンで機能のON/OFFができます。

光学式・電波式(2.4GHz)ワイヤレス通信対応

AB600-Rには光学式、電波式の2方式のワイヤレス機能を搭載しています。機材や環境に応じて、様々なワイヤレス撮影をすることができます。

  • 光学式ワイヤレス通信
    フラッシュ光を光通信に用いて、複数台のフラッシュによる多灯撮影やオフカメラライティング撮影が可能です。電波式の機材がなくてもワイヤレス撮影ができますが、フラッシュ光が届く範囲のみの使用に限定されます。
  • 電波式(2.4GHz)ワイヤレス通信
    2.4GHz帯の無線電波を使用して、複数台のフラッシュによる多灯撮影や離れた位置のフラッシュ撮影が可能です。より遠距離や障害物のある場所の通信も行えるほか、スレーブにした本製品のバウンス角度をマスターから微調整することなどもできます。

カメラの設定に連動してズームするオートズーム、自由にズーム距離が設定できるマニュアルズーム搭載

電源は汎用性の高い単3形乾電池を採用

ファームウェアアップデート用microUSBポート装備

といった機能があります。

ざっくりとした説明にはなりますが、

「天井や壁の反射を計算し、適切な角度でフラッシュが行われ、ポートレートをより綺麗に・美しく仕上げてくれる」

というイメージをお持ちいただければという感じのものです!

開封してみましょう!

化粧箱外観はこんな感じです。細長な感じです。

開けてみると。。。ストロボはケース付きが多いですね!いい感じです。

付属品は、フラッシュ本体/バウンスアダプター/ミニスタンド/ソフトケース/クイックスタートガイド/保証書となります!

実際に使ってみました!!!

撮影条件

  • 使用一眼レフは、ニコン D3400 レンズキット
    →初心者向けのスタンダードなキットです。
  • 撮影者・撮影条件・設定
    →カメラ撮影についてはほぼ素人のスタッフがオート機能のみで撮影。初心者の利用を想定しています。経費でスーパーモデルさんをお呼びしようと思いましたが怒られましたので、Rentioでもおなじみのペッパー君にモデルになってもらいました!

[レンタル] 人型ロボット Pepper(ペッパー) – Rentio[レンティオ]

AIフラッシュ 使用無し

よ!ペッパー君!!

良い表情してるよー!!!

目線くださーい!!!

さすがニコンさんのD3400ですね。標準キットで調整なしでもここまで綺麗にかっこよくペッパー君を撮影できます。

しかしながら、明るさを出すために直接発光しアップ気味で撮影を行いますと。。。

かなりのっぺりとした印象も受けます・・(ペッパー君自体が少しのっぺりしてますが‥w)

では、AIフラッシュを使用し撮影してみましょう。

AIフラッシュ AB600使用時

このような感じで自動でバウンス調整し、最適な角度にストロボが設定されます!

 

 

こんなペッパー君も!!(AIフラッシュ使用、肌の白さが段違いですw)

あんなペッパー君も!!!!
美しく!!!

ローアングルでも!!!

左壁バウンスでも!!!(左側から光が差しているのがおわかりでしょうか?)

右壁バウンスでも!!!!(こちらは右からとなります。)

素敵に撮影できちゃいます!!!

感想

肌が激白なペッパー君もかなり違った写り方になり、カメラ初心者の撮影でも、
かなりそれっぽく撮影ができたように思えます。

実際の人物の肌は、フラッシュ直接発行の場合、照り返しやテカりも見られ、
イケてる写真感が出なくなってしまいます。

全てオートで楽々撮影可能なこの商品、コスプレ撮影や記念撮影等にはピッタリかもしれませんね!

AIフラッシュ AB600-R 【ニコン用】をお得にレンタル

話題のAIフラッシュ AB600、いきなり買うのは少し不安、、、といった場合にお手軽にレンタルが可能です。

家電レンタルRentio」では、AIフラッシュ AB600-Rを最短3泊4日からレンタルすることができます。

ぜひRentioのレンタルサービスを使って最新のAIフラッシュを体感してみてくださいね。

[レンタル] Kenko ケンコー AIフラッシュ AB600-R 【ニコン用】オートバウンス – Rentio[レンティオ]

関連のオススメ記事

よく読まれている記事 カメラアクセサリーカテゴリのランキング

ピックアップ記事