RentioPress

初心者カメラ女子旅のススメ。おすすめミラーレス一眼や360度カメラで楽しむフォトジェニック旅

公開日 最終更新日
2,159view
初心者カメラ女子旅のススメ。おすすめミラーレス一眼や360度カメラで楽しむフォトジェニック旅

「写真を撮る」。素敵なことだと思いませんか?

近年ではデジタルカメラが一般的になり、誰でも簡単に写真を撮って残すことができるようになりました。デジタルカメラが普及したのは結構昔のことですが、ここ数年で写真に対する文化に変化が表れ始めました。

「Instagram」「Facebook」などのSNS(ソーシャルネットワークサービス)が大流行し、気軽に自分が撮影した写真をインターネット上にアップロードし、世界中の人に見てもらえるようになりました。そして世の中にはSNSで人気を集めて有名になる方もいます。そんな姿に憧れて自分の「オシャレ」や「かわいい」を配信する方も増えています。

今回は4人組ユニット「ちょこみるく」のメンバーである、arisa*さん(Twitter:@ars_2828)(instagram:@ars_2828)に家電レンタルでおなじみの「Rentio」のサービスを使って、自由が丘でカメラを使って散歩して頂きました!

今回のカメラ女子旅で使うカメラ

カメラ一覧

今回arisa*さんに使ってもらったカメラは、

「Rentio」オススメのGoPro HERO5 BlackTHETA SCCanon EOS M100とarisa*さんに選んでいただいたPanasonic LUMIX DMC-GF7FUJIFILM チェキ instax mini 90です。

どれもSNS映えを狙うことができる人気のカメラです。それぞれの特長を1つひとつご紹介していきます!

➀GoPro HERO5 Black

今最も人気を集めるアクションカムとして有名な「GoProシリーズ」です。

アクションカムとは、超小型なデジタルカメラで、アクティビティやアウトドア、旅行のお供など様々な用途で使うことができます。マウントと呼ばれる自撮り棒のような拡張機能を使えば、スマートフォンのようなセルフィー撮影も可能です。

GoPro HERO 5 Black

とにかく広範囲を写すことができるため、スマートフォンでは撮影できないまるでプロが撮影したような写真を撮ることができます。

写真はもちろんですが、動画機能も充実しており、4Kの高画質で長時間録画することも可能です。防塵防滴性能を備えているため、マリンスポーツなどにも強い、旅行や遊びの思い出作りには最適なカメラです!

➁THETA SC

最近になって注目を集め始めている「360度カメラ」もSNS映えを狙えるオススメのカメラです!

「THETA SC」は、手軽に360度撮影を楽しみたい方にピッタリなカメラです。静止画では一眼レフと見た目の差が分からないほど高画質を実現しています。動画でも日常的に記録できる画質としては最高級の4K画質で撮影が可能です。

THETA SC

スマートフォンとBluetoothで接続することでスマートフォンの画面で確認しながらの撮影や、撮影したデータをスマートフォンに転送することができます。

また現在最新モデルとして発売されているTHETA Vは、これまでの性能とともに、今後更に性能を向上させる案として「プラグイン機能」を搭載しています。

まだプラグインの数は少なく、あくまでも将来の予定としていますが、まるでスマートフォンのアプリを入れるような感覚で、自分のカメラをカスタマイズすることができる楽しいカメラです。

➂Canon EOS M100

最近大流行といなっている「ミラーレス一眼」からキヤノンの最新製品である「EOS M100」です。

これまで一眼レフで小型軽量といえば「EOS Kissシリーズ」が有名でしたが、ミラーレス一眼は更に小型軽量化し、女性向けにかわいくオシャレにすることを考えられた、デジタルカメラです。

これまでご紹介したモデルとは違い、静止画撮影をメインとしているため、静止画の画質はとてもキレイです。また上の2つと違い、レンズ交換式のため焦点距離(ズームできる範囲)を変えることができます。遠いものを写したいときも望遠レンズに変える事で画質を保ったまま遠い被写体を大きく写すことができます。静止画しか撮らないという方には画質面で一番オススメのカメラです!

Canon EOS M100

また、別売のフェイスジャケットを着けるとカメラはさらにオシャレに変身します。好きな色を9種類から選べるため、自分好みのカメラへとカスタマイズすることができますよ

「カワイイ」「オシャレ」「キレイな画質」を極めた、女性にピッタリなミラーレス一眼カメラです!

➃Panasonic LUMIX DMC-GF7

発売から2年以上経った現在もかわいらしいルックスで人気を集める「LUMIX DMC-GF7」。

「Rentio」でも人気の高いカメラで、ブラウン色のボディがかわいらしいと人気を集めています。今回モデルを務めてくれたarisa*さんチョイスのこのカメラですが、なぜこれを選んだのかを尋ねると「ブラウンのボディが可愛かった!」とやはりルックスが気に入ったとのことでした。

Panasonic LUMIX DMC-GF7

もともと色の出方が女性好みになるように、柔らかい仕上がりになることが特長なカメラです。

こちらも「EOS M100」同様にレンズ交換式カメラのため、焦点距離は自由自在です。ダブルズームキットの広角側は12mmからと「EOS M100」付属のレンズより広い範囲を写すことができます。しかし望遠側は最大100mmと「EOS M100」より大きく写せません。

しかし、旅のスナップ程度であれば望遠レンズを使う必要もなく、不便に感じることはないでしょう!

➄FUJIFILM instax mini 90

デジタルカメラ以外でも未だに人気を集めるカメラがあります。撮影した画像がそのまま印刷される「チェキ」は、インスタントカメラの代わりとしても人気を集めています。その場で印刷される機能を使用して、結婚式二次会などの寄せ書きに使われることが多くあります。

フィルムカメラで撮影した写真はデジタルカメラに比べてとても味があるとよく言われていますが、仕上げるまでは現像やプリント作業など面倒でした。

「チェキ」を使えば面倒な作業は一切なく、撮影したその瞬間にプリントしてくれる便利なカメラです。

instax mini 90

「instax mini 90」は、デジタルカメラのようなモードが搭載されており、シャッターを押している間はシャッターが開いている「バルブモード」や2枚の写真を組み合わせて1つの写真に仕上げる「二重露光モード」を搭載している魅力的なカメラです

自由が丘おすすめフォトスポット!

ラ・ヴィータ

ラ・ヴィータ 自由が丘

自由が丘を代表するフォトスポットである「ラ・ヴィータ」。

東急線自由が丘駅正面口から徒歩5分とアクセスの良い場所に一風変わった街並みを見ることができます。イタリアのヴェネツィアの街並みに似ていることから、日本に居ながら外国を感じることができる場所の一つです。

ラ・ヴィータ自由が丘

施設内には小さな運河があり、そこにはゴンドラも浮いています。SNSでは国外などの非日常的な光景は珍しいことを理由に人気を集める傾向にあります。

「ラ・ヴィータ」なら国外の雰囲気を簡単に出せるため、インスタ映えする写真を撮ることができます。レンガ造りの建物はカラフルでとても色彩も豊かに写真の魅力を高めてくれるでしょう!

また敷地内には色々なショップもあり、カフェからファッション系まで買い物として行く場合でも楽しめる場所です

店舗情報

  • 住所 〒152-0035 東京都目黒区自由が丘2-8-3
  • アクセス 東急東横線・大井町線「自由が丘」駅正面口徒歩5分
  • 営業時間 11:00~20:00

自由が丘スイーツフォレスト

自由が丘スイーツフォレスト

2003年11月に日本初のスイーツのテーマパークとしてオープンし、2015年1月にはリニューアルオープンもさせた「自由が丘スイーツフォレスト」。

名前の通り沢山のスイーツ店が出店している施設です。ケーキやクレープはもちろん、アジアンフルーツや期間限定店舗などスイーツ女子にはたまらないラインナップになっています。施設内はピンク色の柔らかい雰囲気に包まれ、スイーツ女子を魅了します。

そして店舗以外にも施設内のあちこちに記念撮影のためのオブジェや自撮り用のアイテムがあります。「自由が丘なう。」のフォトプロップスは当日の思い出を残すのに最適なアイテムです。arisa*さんも数あるフォトプロップスから選ぶのを楽しんでいる様子でした

ベリーベリー ストロベリーモンブラン

この日arisa*さんは、人気苺スイーツ専門店「ベリーベリー」にてストロベリーモンブラン(税別480円)をチョイス。程よい甘さのクリームと苺の甘酸っぱさが合わさるおいしさにarisaさんからも思わず笑みがこぼれました

公式サイトでもハッシュタグ「#スイーツフォレスト」「#sweetsforest」を付けて投稿することを呼びかけるほど、InstagramなどのSNS投稿を歓迎しています!

店舗情報

  • 住所 〒152-0034 東京都目黒区緑が丘2-25-7 「ラ・クール自由が丘」1~3階
  • アクセス 東急東横線・大井町線「自由が丘」駅南口徒歩5分
  • 営業時間 10:00~20:00(スイーツの森ゾーン)
  • 公式サイト http://www.sweets-forest.com/

等々力渓谷

等々力渓谷

自由が丘駅から3駅離れた場所にある「等々力渓谷」。こちらは都会のオアシスと呼ばれるほど自然に包まれた渓谷になっています。

ちょうど撮影日は紅葉シーズン真っ盛り!色鮮やかに彩る紅葉の姿はインスタ映えを狙える絶好のフォトスポットです

等々力渓谷

渓谷ということで森の中には1本の川が通っています。川沿いに道が続いており、所々に橋が架かっている散歩には最適な場所になっています。とても都内とは思えない景色に圧倒されるとともに、時間を忘れることができるでしょう

情報

  • 住所 〒158-0091 東京都世田谷区等々力1−22
  • アクセス 東急大井町線「等々力」駅徒歩5分

カメラ女子旅で使える!シーン別撮影テクニック

街や景色を写す!屋外での撮影術

基本的に屋外での撮影は明るい条件がそろう場合がほとんどです。晴れでも曇りでもある程度の明るさは期待できるため、カメラにとっては易しい条件になります。そのため設定などはカメラに任せて、「構図」を意識するようにしましょう!

同じ景色を見ていても切り取り方で写真への印象は大きく変わります。建物が多い街中の場合、建物とは別にアクセントとなる被写体を入れる事で写真としての魅力が増します。

ラ・ヴィータ自由が丘

今回の散歩で最初に訪れたのは「ラ・ヴィータ」でした。ここでは先ほどご紹介した通り、ヴェネツィア街風の建物が点在し、インスタ映えに向いているフォトスポットです。

普通に建物だけを写すのも一つですが、「ラ・ヴィータ」には中心部に運河にかかる橋が存在します。このようなアクセントを構図内に取り込むことで作品としての魅力が増します。

今回の橋に限らず、モニュメントやオブジェなどが写真に良い効果をもたらしてくれます。そして名所を写すことで「その土地らしさ」も写真で残すこともでき、お気に入りの場所として記録することもできます

Instagramでも位置情報を指定して、投稿することで位置情報から投稿を見てもらうこともできます。

旅中の思い出ポートレート撮影術

人物撮影コツ

せっかくの旅行。友達と行くときも、恋人と行くときも、家族で行くときも、一人旅のときも人が写った写真というのは記念になります。

背景だけをボカす

例えば友達の写真を撮るとなったとき、少しカメラの設定を変えるだけで写真は大きく変化します。そして人を写すときは背景をボカすことで印象が良くなります

写真を撮るときに意識したいのは「絞り」「被写体と背景の距離」です!

残念ながら「GoPro」や「チェキ」「360度カメラ」では使えない機能ですが、今回ご紹介しているミラーレス一眼系では大活躍する機能です。「絞り」というのは「ピントが合う範囲」です。絞りは「F値」というもので表され、「F2.8」「F11」などで表記されます。絞り値が小さくなると写真内のピントが合う範囲が狭くなり、背景をボカすことができます。最小絞り値というのはレンズによって異なりますが、絞り値は設定できる最小にして撮影してみましょう!

そして被写体と背景の距離も大切な要素です。被写体と背景が近すぎると、背景はあまりボケることがなくなります。逆に被写体と背景が離れるほど、背景はボケやすくなり、ボケを使った素敵な作品へと仕上がります

背景をボカすことで、被写体である人物が強調され、壮大な景色や建物にも埋もれない写真になります。

明暗差の大きい場所での撮影術

散歩をしていて写真を撮るのに良い場所を見つけても、思い通りに写真が撮れない場合があります。そのような時に多いのが明暗差の多い場所です。ある部分は太陽が当たっているけど、その他の部分は陰っているなどの条件です。

このような場合、カメラをオートの設定にしていると明るい部分に合わせて撮影しようとします。すると暗い部分は真っ黒に潰れてしまい、暗い部分を明るく写したかった場合ではイメージと大きく異なる写真になります。

HDR比較

このような場合、「HDRモード」がオススメです!HDRは明るさの違う複数枚の写真を合わせて明暗部関係なく適正な明るさに仕上げてくれる機能です。

この機能を使えば明るい部分をとばすことや、暗い部分両方をつぶすことなく安定した作品に仕上げることができます!

暗い場所での撮影術

自由が丘スイーツフォレスト

室内での撮影や夕暮れ時は暗い場面が多く、カメラにとって厳しい環境になります。そして暗い場所での撮影で最も気をつけなければいけないのが、手持ち撮影による「ブレ」です。

「シャッタースピード」と「ISO感度」に注意!

「ブレ」が生じる原因としてシャッタースピードの低下があげられます。シャッタースピードは、シャッターが開いている時間を示すもので、「1/500秒」などで表記されます。

シャッタースピードが遅くなると、シャッターが開いている時間が長くなり、動くものは止まりにくくなります。しかしシャッターが開いている時間が長くなるということは、光を取り込める時間も長くなっています。そのため明るい写真を撮ることができます。

このバランスが難しいところですが、「ISO感度」を調整してシャッタースピードを保ったまま明るい写真を撮ることができます!「ISO感度」は、電気的に光量を増幅させる機能で、数値を上げるほど暗い場所に強くなります。

しかし、数値を上げるほど画像内にノイズが発生し、ざらついた美しくない写真になってしまいます。カメラには常用ISO感度が設定されているので、その範囲内で調整することでブレも少なく、暗い場所でも明るい写真を撮影することができます。

手ブレにも注意

手ブレ対策

また「ブレ」を抑えるためには、シャッタースピードも大切ですが、手ブレを抑えることも重要です!カメラの揺れをなるべく無くすように楽な体勢で撮影することも大切です。楽な体勢で撮影することで、無駄な力が入らず撮影に集中することができます。

最新のカメラではレンズやボディに手ブレ補正機能が付いたモデルも多数存在し、シャッタースピードが遅い場合でも比較的「ブレ」を抑えられるようになりました

広い範囲を写すなら「GoPro」がおすすめ

「GoProの魅力ってなに?」という方も多いと思います。今回ご紹介した「GoPro HERO5 Black」の最新モデルである「GoPro HERO6」のトレーラー映像をご覧ください!

この動画からも分かるように、「GoPro」は、アクションカムとして様々な場面で使うことができますが、旅行などに限ると広角撮影機能を使って一風変わった写真を撮影することができます

「GoPro」を使用すればスマートフォンのカメラの画角よりも広い範囲を写すことができます。広角は「風景」「集合写真」などに強く、「風景」では目の前に広がる景色を存分に写すことができ、「集合写真」では誰かが入らないという心配がなくなります!

GoPro撮影テクニック

また、マウントとよばれる自撮り棒のような拡張機能を使用して、手では届かない高さからの撮影を可能とします。カメラを自分の方へ向ければ自撮り用としても使用することができる優れものです

インスタ映えに欠かせない加工術

Instagramに投稿するときは、画像をより良く魅せる加工で遊びましょう!もちろん撮影したままで十分美しい写真もありますが、加工するとより魅力的で「いいね!」を沢山もらえるチャンスになります。

投稿前に自分好みに画像加工をすることで、自分も満足できて他のユーザーからの反応も良い場合がほとんどです!

「App Store」や「Google Play Sotre」を見ると、画像加工用のソフトが沢山あります。それぞれフィルターが良いなどの特長があるので、ソフトの詳細を確認してインストールすると良いでしょう

Instgaramでは、フィルターなどを掛けた状態の写真がヒットすることも多く、加工加減も重要になってきます。

インスタ映え加工

アプリでなくてもInstagramの投稿前にはフィルターをかける機能や明るさ、コントラスト、色などの調整機能があり、ある程度の画像加工はできるようになっています。アプリと比較するとフィルター数は少ないため、本当に自分の好みの写真に仕上げたいのであれば、アプリで探すことが大切です。

またInstagramでは、プロフィール画面で画像が並んで表示されるため、加工の仕上がりに統一感を持たせると、その人の作品性が分かり、魅力を感じたフォロワーが増える一つのヒントになります!

加工に統一性がない場合や、方向性が定まらないアカウントはフォロワーが増えない要因の一つです。

arisa*が選ぶMYベストショット!

今回「Rentio」で借りたカメラを使用して撮影したarisa*さん。

「今まで欲しかったけど、なかなか買う機会がなかった…」と話していた彼女は念願の写真撮影を楽しんでいるようでした。

カメラ初心者とはいえInstagramでフォロワー4,000人を超える現役インスタ女子。構図の決め方や撮影場所選びはInstagramで培った技術が光りました!

その中でもarisa*さんがお気に入りだという3枚をコメントとともにご紹介します

カメラの機能を活かした1枚

ラ・ヴィータ自由が丘

「トイカメラ風を使って出した雰囲気と、ラ・ヴィータの独特な雰囲気が合っている気がして気に入りました!」と1枚をチョイスしてくれました。EOS M100には様々なフィルター機能が搭載されていて、「トイカメラ風」は、フォトジェニックな作品に仕上がる人気のフィルターです!

何気ない自然を組み合わせて

ハート 落ち葉

「落ち葉でハートを作って写真を撮りました。シンプルに可愛く感じるのと、少し端に寄せた構図のバランスが好きです!」とこの写真1枚への想いを語ってくれました!

落ち葉という何気ない自然の一部でも、少し工夫を加えることで作品へと仕上がります。そしてあえてハートを真ん中に置かず、端に置くことでバランスの取れた写真へと仕上がりました

撮った後に気づく感動

等々力渓谷 ハート

「撮影したあとによく見てみたら、木がハートのような形をしていて驚きました。少し分かりにくいところも好きです(笑)」と語ってくれたように、撮影の瞬間は気づかなかったこと、写真を見返してみて気づくこともあります。これも写真旅の楽しみの一つで、旅が終わっても新たな発見があるのです!

カメラ女子旅を振り返って

カメラ女子旅

今回家電レンタルサービス「Rentio」を利用してカメラ女子旅を行ったarisa*さん。カメラを使った感想やレンタルサービスについての感想を話してもらいました!

 

Q) スマートフォン以外のカメラを使ってみてどうでしたか?

A) カメラにはもともと興味がありましたが、今回はじめてスマートフォンのカメラ以外を使って本当に楽しく、更にカメラが欲しくなりました!

Q) カメラを使ってみて一番面白かった瞬間を教えてください!

A) iPhoneでは表現できなかった「背景のぼかし」が今回のカメラを使って表れた瞬間が嬉しかったです。ボケ具合を見ているだけで面白かったです!

Q) 今回の5種類のカメラで一番使いやすかったカメラを教えてください!

A) 「Canon EOS M100」です。小さくて軽いので持ち歩いても負担にならないし、撮影がとても簡単でした!

Q) カメラをレンタルできるサービスについてどう思いますか?

A) 私みたいにカメラを買うか悩んでいる方にとってはレンタルで使うことで色々試すことができるし、とてもありがたいし良いサービスだなと思いました!

Q) 今回感じたカメラ女子旅の魅力を教えてください!

A) カメラがあるだけで、より一層楽しめる旅になると思います。思い出や印象深い瞬間を写真として残せるのは素敵なことだと思いました!

旅を更に楽しくしてくれる写真撮影

「iPhoneではできなかったことが表現できる」という回答がとても印象的でした。最新のスマートフォンは高画素化など性能の向上が目立ちますが、デジタルカメラの特長である「背景のぼかし」などはデジタルカメラを使って初めて感じる感動です。

そしてカメラを持たない方の多くが「スマートフォンで十分」と答えるのですが、arisa*さんもその一人でした。しかしいざカメラを使ってみると「想像以上に楽しい!」「これを持って旅をしたい!」という気分になったようです。

そして旅行期間中だけや購入前の検討にレンタルできるサービスがあるのは非常に助かるとも答えてくれました。今回のカメラ女子旅を通してカメラを持って散歩する楽しさに目覚めてしまったようです。

自由が丘以外にも様々なインスタ映え撮影スポットは存在します。インターネット検索で一番に出てくるような定番撮影スポットも良いですし、時には自分でインスタ映え撮影スポットを探すのも一つだと思います!

特に旅行先では、未知な部分が多いので探して歩くだけでもいろいろな発見があって面白いかもしれません

arisa*プロフィール

arisa*

今回モデルとして撮影に協力してくれたarisa*さん。

都内や横浜で活動する4人組ユニットである「ちょこみるく」のシンガーとして活動しています。身長148cmと小柄な姿はとてもかわいらしく、度々見せる笑顔がとても素敵な方でした。

家電レンタル「Rentio」

今回カメラレンタルとしてカメラの貸し出しを行って頂いた家電レンタルサービス「Rentio」。こちらでは人気の一眼レフカメラやGoProなどを最短3泊4日から借りる事ができます。

話題の新製品もリーズナブルな価格で借りることができ、短期間だけ使いたい方も購入前のお試しとして使いたい方も気軽に利用することができます

驚くべきほど簡単なレンタルサービス!

Rentioレンタル

レンタルはスマートフォンやPCなどのインターネットから商品や注文期間、配送時間帯を選ぶことで簡単に注文ができ、返送もレンタル最終日に付属の箱に入れてコンビニにて着払い発送でOK!誰でも簡単に使ってみたい商品をレンタルすることができます!

商品ページのカレンダーから簡単に在庫を確認できて、ラインナップ豊富な商品の中から好きなものを簡単レンタル!もちろん今回ご紹介したカメラたちもラインナップとして提供されています!

ぜひ「Rentio」でレンタルしたカメラで女子旅に出かけてみませんか?

Rentio[レンティオ] – カメラ、家電、ガジェットのレンタルサービス

GoProのレンタルはこちら

[レンタル] GoPro (ゴープロ) – Rentio[レンティオ]

EOS M100のレンタルはこちら

[レンタル] CANON EOS M100 ダブルズームキット ミラーレス一眼 – Rentio[レンティオ]

※こちらは標準ズームレンズと望遠レンズが付属されている「ダブルズームキット」になります。

よく読まれている記事 週間アクセスランキング

ピックアップ記事