Canon EF70-200mm F4L IS II USM実写レビュー。優れた携帯性をそのままに進化したF4レンズの魅力

Atsushi Yoshioka
Atsushi Yoshioka

更新日2020/05/21

Canon EF70-200mm F4L IS II USM実写レビュー。優れた携帯性をそのままに進化したF4レンズの魅力

更新日

70-200mmの焦点距離域を保有している望遠ズームレンズというのは、利便性の高さから多くのモデルがこれまでに発売され、人気を集め続けているジャンルです。

しかし、その多くが開放F値でF2.8としているレンズが多く、明るく高性能であるレンズが大半ですが、大口径のレンズとなるため、携帯性に悩まされる問題があります。

今回ご紹介するCanon EF70-200mm F4L IS II USMは、焦点距離域をそのまま開放絞り値をF4にしたことでコンパクトなボディで機動性に優れたレンズとなっています。

そんなCanon EF70-200mm F4L IS II USMをF2.8モデルとの比較や実際の仕上がりなどを作例とともにレビューしていきます。

70-200mmに開放F4を採用

EF70-200mm F4L IS II USM レビュー

中望遠レンズの定番として焦点距離70mmから200mmを保有したCanon EF70-200mm F4L IS II USMは、開放絞り値でF4を採用した一風変わったレンズです。

冒頭でもご紹介した通り、キヤノンが展開する70-200mmクラスのレンズでは、EF70-200mm F2.8L IS III USMという開放F2.8を実現した高性能レンズが存在します。

開放値が明るい分、夜間などの撮影において有利になりますが、大口径のレンズであることから大きさや重さは増加します。

携帯性に悩みがある場面で気軽に70-200mmを使うことができるのが今回ご紹介するEF70-200mm F4L IS II USMなのです。

約12年ぶりにリニューアルされた最新レンズ

EF70-200mm F4L 新型

今回ご紹介しているCanon EF70-200mm F4L IS II USMは、「II」が付けられている通り、二代目のレンズとなります。

従来モデルであるEF70-200mm F4L IS USMは、2006年発売と約12年前の製品となります。

この12年間、このクラスのレンズは更新されることなく、長い間現行モデルとして販売されていましたが、2018年6月についにリニューアルされたものなのです。

逆にこれまで長年現行モデルとして販売され続けてきたEF70-200mm F4L IS USMは、基本設計がしっかりしたベストセラーモデルだったと言えるでしょう。

その他キヤノンおすすめレンズはこちらで紹介

[最新]キヤノンおすすめレンズ9選。まずは揃えておきたいレンズを性能と価格から徹底紹介 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

F2.8モデルとの違い

先ほども開放F値がF4タイプとF2.8タイプが存在するとご紹介してきましたが、一体どのような違いがあるのか解説していきます。

EF70-200mm F2.8L IS III USM実写レビューはこちら

Canon EF70-200mm F2.8L IS III USM実写レビュー。憧れの白レンズが魅せる異次元の解像力 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

開放絞り値の違い

EF70-200mm F4L IS II USM F2.8 違い

開放絞り値の違いが存在することは、最初の段階でご紹介していますが、こちらでは違いから生まれる撮影現場での差を解説していきます。

今回ご紹介しているEF70-200mm F4L IS II USMは、開放F4の絞り値を実現しているレンズとなりますが、比較対象であるF2.8モデルからは、1段分暗いレンズとなります。

カメラというのは絞り値を低くするほど、シャッタースピードを上げることができる関係性にあるので、夜間など暗い場所においてこの絞り1段分の差というのは影響を与えることが多く、暗い場面ではEF70-200mm F4L IS II USMはF2.8モデルより不利となります。

大きさ・重さの違い

EF70-200mm F4L IS II USM 小型軽量

F4モデルとF2.8モデルのどちらかを選ぶ上で大きな違いとなるのが大きさ・重さです。

冒頭でもご紹介した通り、F2.8モデルは明るいレンズであるとともに、光学性能も重要視したレンズであることから大きく、重いレンズが大半です。

しかしF4モデルは、明るさの面で1段開放絞り値が高いことから、F2.8モデルよりもレンズ口径も小型化でき、ボディ全体でも小型・軽量を実現します。

実際にEF70-200mm F4L IS II USMでは、最大径×長さがΦ88.8mm×199mm、質量は約1,480gであるのに対して、EF70-200mm F4L IS II USMでは、最大径×長さがΦ80mm×176mm、質量は約半分となる約780gと大きく差があることが分かります。

従来モデルとの違い

約12年ぶりのリニューアルとご紹介しましたが、今回のリニューアルでどれだけ従来モデルから進化したのか気になるところだと思います。

手ブレ補正効果が約5.0段分へと進化

EF70-200mm F4L IS II USM 手ブレ補正

従来モデルであるEF70-200mm F4L IS USMでは、シャッター速度約4段分の手ブレ補正を搭載していましたが、後継モデルとして開発されたEF70-200mm F4L IS II USMでは、従来から約1段分の手ブレ補正効果が増加した、シャッター速度約5段分の手ブレ補正機構を実現しています。

これにより低速シャッター時でも手ブレ補正を抑えた撮影が可能となり、小型・軽量のボディとともに撮影時の失敗のリスクが減少します。

最短撮影距離が短縮

Canon EF70-200mm F4L IS II USM shooting in Tokyo

Canon EOS R, EF70-200mm F4L IS II USM, 1/400sec, F4, ISO400, 文庫の森

被写体にどれだけ近づいて撮影できるかを決める最短撮影距離についても従来モデルであるEF70-200mm F4L IS USMの1.2mから後継モデルであるEF70-200mm F4L IS II USMでは、1.0mへと短縮しています。

そのため、望遠レンズでありながら近距離からクローズアップした撮影が可能となっています。

望遠レンズでは、最短撮影距離による表現の難しさが課題ですが、EF70-200mm F4L IS II USMでは、最短撮影距離が短縮したことで表現の幅を広げてくれます。

また、被写体まで近づいて撮影できることで背景のボケ味も表現しやすくなる特長があります。

小型軽量ながら高画質を実現

Canon EF70-200mm F4L IS II USM shooting in Tokyo

Canon EOS R, EF70-200mm F4L IS II USM, 1/320sec, F11, ISO200, 大崎駅周辺

EF70-200mm F4L IS II USMでは、キヤノンの高級レンズの部類となるLレンズラインナップの中でも非常に小型軽量を実現しています。

小型・軽量化を実現するためには、レンズ素材のコスト削減や、レンズ構造の簡易化などが行われることで画質の低下などが見られますが、EF70-200mm F4L IS II USMでは、Lレンズとして写真撮影において高画質を実現しています

F2.8モデルよりも軽量ですが、画質の面では心配がないので、開放絞り値にこだわらない撮影の場合、EF70-200mm F4L IS II USMを選ぶことも選択肢の一つとしておすすめです。

EF70-200mm F4L IS II USMで撮影した作例集

Canon EF70-200mm F4L IS II USM shooting in Tokyo

Canon EOS R, EF70-200mm F4L IS II USM, 1/1600sec, F4, ISO800, 70mm, 東京都内

Canon EF70-200mm F4L IS II USM shooting in Tokyo

Canon EOS R, EF70-200mm F4L IS II USM, 1/1600sec, F10, ISO200, 118mm, 大崎駅周辺

Canon EF70-200mm F4L IS II USM shooting in Tokyo

Canon EOS R, EF70-200mm F4L IS II USM, 1/1600sec, F4, ISO400, 70mm, 大崎駅周辺

Canon EF70-200mm F4L IS II USM shooting in Tokyo

Canon EOS R, EF70-200mm F4L IS II USM, 1/320sec, F4, ISO200, 126mm, 大崎駅周辺

Canon EF70-200mm F4L IS II USM shooting in Tokyo

Canon EOS R, EF70-200mm F4L IS II USM, 1/100sec, F4, ISO200, 200mm, 大崎駅周辺

Canon EF70-200mm F4L IS II USM shooting in Tokyo

Canon EOS R, EF70-200mm F4L IS II USM, 1/1600sec, F7.1, ISO200, 178mm, 大崎駅周辺

Canon EF70-200mm F4L IS II USM shooting in Tokyo

Canon EOS R, EF70-200mm F4L IS II USM, 1/640sec, F4, ISO1600, 100mm, 大崎駅周辺

Canon EF70-200mm F4L IS II USM shooting in Tokyo

Canon EOS R, EF70-200mm F4L IS II USM, 1/250sec, F5, ISO200, 200mm, 大崎駅周辺

Canon EF70-200mm F4L IS II USM shooting in Tokyo

Canon EOS R, EF70-200mm F4L IS II USM, 1/500sec, F4, ISO200, 70mm, 大崎駅周辺

レンズ性能仕様表

モデル名 Canon EF70-200mm F4L IS II USM
焦点距離 70-200mm
明るさ F4
レンズ構成 15群20枚
最短撮影距離 1.0m
最大撮影倍率 0.27倍
フィルター径 72mm
最大径 φ80mm
長さ 176mm
質量 780g
絞り羽根 9枚(円形絞り)
最初絞り F32
手ぶれ補正効果 〇(約5.0段分)
標準付属品 フード(ET-78B)

EF70-200mm F4L IS II USMまとめ

EF70-200mm F4L IS II USM レビュー

今回ご紹介してきたCanon EF70-200mm F4L IS II USMですが、実際に使用するまではF2.8モデルより優れているという点を見つけるのが正直難しい印象でした。

価格の面では確かに安価を実現しているF4モデルですが、携帯性については想像以上に大きな差があることを体感しました。

F2.8モデルの半分程度の重さを実現しているEF70-200mm F4L IS II USMは、70-200mmという利便性の高いレンズジャンルにおいて程よい使い勝手を実現しているレンズだと感じます。

そして最新のレンズとして高い描写性能を誇り、キヤノンのLレンズとしての品質はEF70-200mm F4L IS II USMでもしっかり再現されています。

個人的にはF2.8モデルとは全く別のものと考えて良いと思い、併用することで撮影シーンにおける使い分けもおすすめです。

その他おすすめ望遠レンズはこちらでご紹介

[2020最新]おすすめ望遠レンズ10選。実際に使って感じた望遠レンズの魅力や選び方を徹底解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

EF70-200mm F4L IS II USMをレンタル

今回ご紹介してきた望遠ズームレンズであるCanon EF70-200mm F4L IS II USMは、気軽にレンタルすることができます。

Lレンズにしては安価を実現しているとはいえ、レンズを購入するには結構な出費となります。

そして長く使うレンズほど、自分の求める仕上がりにマッチしているのか試してみたいという方も多いでしょう。

そんな時におすすめなのがカメラのレンタルサービスです。

家電レンタルRentioでは、今回ご紹介してきたEF70-200mm F4L IS II USMをはじめ、人気カメラレンズを豊富なラインナップから選んで気軽にレンタルすることが可能です。

是非この機会にRentioでカメラレンズをレンタルして、購入前の検討材料や旅行などの短期間の撮影などでご使用ください。

[レンタル] CANON EF70-200mm F4L IS II USM 望遠ズームレンズ – Rentio[レンティオ]

よく読まれている記事一眼カメラカテゴリのランキング

ピックアップ記事