Ankerのロボット掃除機Eufy RoboVac 15Cはコスパ最高!?従来機種との比較&特長・デメリットを解説!

mari fukuen

更新日2020/01/23

Ankerのロボット掃除機Eufy RoboVac 15Cはコスパ最高!?従来機種との比較&特長・デメリットを解説!

更新日

Anker(アンカー)といえば、モバイルバッテリーや急速充電器で有名なメーカー。「Ankerがロボット掃除機を製造している」と聞くと、不思議に感じる方も多いのではないでしょうか?

そんなAnkerのロボット掃除機は、現在3種類が発売中です。その中で2019年3月に発売されたEufy RoboVac 15Cは、高いコストパフォーマンスを誇るロボット掃除機。

価格が安くロボット掃除機デビューにぴったりのAnker Eufy RoboVac 15Cの特長やデメリット、口コミ、従来の2機種との違いについて詳しく解説します。
 

Ankerのロボット掃除機「Eufy RoboVac 15C」とは?

Anker(アンカー)といえば、やはりバッテリーやモバイル機器のイメージが強いはず。
それもそのはず、じつはロボット掃除機の発売を始めたのは2016年。ロボット掃除機メーカーとしてはかなり後発となります。

Ankerから発売されているロボット掃除機「Eufy RoboVac(ユーフィ ロボバック)」シリーズは、現在5種類
いずれも先発メーカーの機能を踏襲しつつ価格を抑えたコストパフォーマンスの良さが特徴のロボット掃除機です。

その中でもEufy RoboVac 15Cは、最高レベルのコスパを誇るロボット掃除機となっています。

Ankerのロボット掃除機について詳しくはこちらの記事

Ankerのロボット掃除機 Eufy RoboVac 全4種を一覧表で比較!おすすめと選び方を紹介 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

Anker Eufy RoboVac 15Cの5つの特長

Ankerの最新ロボット掃除機「Eufy RoboVac 15C」は、高機能なのに安価なロボット掃除機

その5つの特長について、詳しく解説します。

  1. 1300Paの吸引力とBoostIQでどんな床でもキレイに
  2. スマホ連携でスケジュール設定可能
  3. 高さ72mmのスリムなボディ
  4. ダストボックス・フィルターの一部は水洗いOK
  5. 55~65dBと比較的静か

1. 1300Paの吸引力とBoostIQでどんな床でもキレイに

Anker Eufy RoboVac 15Cの5つの特長 1. 1300Paの吸引力とBoostIQでどんな床でもキレイに

格安のロボット掃除機では吸引力がイマイチ…という意見も度々聞かれますが、「Eufy RoboVac 15C」は、吸引力の高さもセールスポイントの一つ。

室内をランダムに走行し、様々な角度から最大1300Paというパワフルな吸引力で清掃。

さらに、カーペットの上で自動で吸引力を上げるBoostIQも搭載していて、フローリングからカーペットまで、どんな床でもキレイにしてくれるロボット掃除機です。

2. スマホ連携でスケジュール設定可能

Anker Eufy RoboVac 15Cの5つの特長 2. スマホ連携でスケジュール設定可能

「Eufy RoboVac 15C」は、スマートフォンと連携することも可能です。

外出先からの起動や曜日ごとのスケジュール設定も、アプリから簡単にできます。

スマホから掃除結果の地図を見ることはできませんが、格安ロボット掃除機としては十分な機能といえるでしょう。

3. 高さ72mmのスリムなボディ

Anker Eufy RoboVac 15Cの5つの特長 3. 高さ72mmのスリムなボディ

「Eufy RoboVac 15C」は高さ72mmとかなり薄いスリムボディ。これは、他社のロボット掃除機と比較しても上位にくるほどの薄さとなっています。

重さも2.6kgと軽量で持ち運びやすいので、2階建てのお家でも手に持って移動させることで、手軽に家中をきれいにすることもできますね。

4. ダストボックス・フィルターの一部は水洗いOK

「Eufy RoboVac 15C」は、衛生面が気になる方に配慮してダストボックスの水洗いが可能

また、3種類のフィルターのうち、ダストボックスに近いプレフィルターとフォームフィルターも水洗いができます。

通常のお手入れでは落とし切れない細かいチリも、水洗いでスッキリ落とせるので安心して使えますね。

5. 55~65dBと比較的静か

「Eufy RoboVac 15C」は、静音設計も特長の一つ。

稼働音は55〜65dBと、電子レンジの稼働音と同程度の大きさだそうです。

通常の掃除機と比較してもかなり静かなので、在宅中にロボット掃除機を動かすことが多い方にもおすすめですね。

Anker Eufy RoboVac 15Cのデメリット

Anker Eufy RoboVac 15Cのデメリット

高い吸引力にスマホ連携など、価格の割に高機能な「Eufy RoboVac 15C」ですが、他社のロボット掃除機と比較するとデメリットもあります。

知らずに購入すると後悔するかもしれません。これらのデメリットをよく理解し納得した上で購入するようにしましょう。

毛のメインブラシなのでお手入れが大変

Anker Eufy RoboVac 15Cのデメリット 毛のメインブラシなのでお手入れが大変

「Eufy RoboVac 15C」で使用されている毛のメインブラシは、長い髪の毛などが絡まりやすくお手入れが大変です。

しかもブラシは水洗い不可なので、お手入れに手間がかかることは覚悟しましょう。

メインブラシのお手入れが面倒な方は、ゴム製ブラシまたはメインブラシを使用していないロボット掃除機を選ぶことをおすすめします。

コード類や足の長いカーペットは要注意

「Eufy RoboVac 15C」は、コード類を吸い込みやすいこともデメリット。

ロボット掃除機「ルンバ」には、コードを吸い込んだときに自動でブラシが逆回転してからまりを解消してくれる機能がついていますが、Ankerのロボット掃除機にはそういった機能はありません。

コードやひも、毛足の長いラグ、薄い布などは巻き込んで止まってしまう*可能性があるので、掃除前に片づけてから使いましょう。

進入禁止エリアの設定はできない

Anker Eufy RoboVac 15Cのデメリット 進入禁止エリアの設定はできない

Ankerロボット掃除機の上位機種では、専用の境界線テープを使うことで進入禁止エリアの設定が可能です。

ですが、「Eufy RoboVac 15C」はこの進入禁止機能に対応していません

そのため、もしロボット掃除機に入ってほしくない場所がある場合は、扉を閉めたり障害物を置いたりして物理的に壁をつくって対応する必要があります。

ランダム走行で複数の部屋は掃除できない

「Eufy RoboVac 15C」は、さまざまな角度からランダム走行して清掃するロボット掃除機。部屋の間取りや自分の現在地を把握することはできません

そのため、複雑な間取りの家では、基本的に複数の部屋を隅々まで掃除することはできません

複数の部屋を確実に掃除したい場合には、カメラセンサーを搭載しているロボット掃除機を選ぶといいでしょう。

自動再開機能はない

「Eufy RoboVac 15C」には自動充電機能はついていますが、充電完了後に自動で掃除を再開してくれる自動再開機能はついていません

Ankerロボット掃除機の連続稼働時間100分で掃除しきれない広い部屋の場合は、自動再開機能つきのロボット掃除機を選ぶことをおすすめします。

Anker「Eufy RoboVac 15C」の口コミ・評判

Anker「Eufy RoboVac 15C」の口コミ・評判

実際にAnker「Eufy RoboVac 15C」を使用した方の口コミがこちらです!

★★★★☆ 4.0
他のロボット掃除機には搭載されているAIやマッピング機能がこれには無いので、ただランダムに動き回る(一応ある程度のパターンはあります)ことで掃除を行うという、なんともアホなロボット掃除機です。
が、基本的に外出時に掃除をしておいてもらうというやり方であれば、効率などは考える必要もないため特に問題を感じません
かなり綺麗に掃除したつもりでもこれを作動させると、結構沢山ホコリが取れています。
夫婦共働きのため今まで毎日は掃除できていなかったのですが、これを買ってからはずっと床が綺麗で、大変に満足です。
(参考:Anker「Eufy RoboVac 15C」のAmazonレビュー

 

★★★★★ 5.0
もう正直コスパ良すぎますよホント
国産の馬鹿高いロボット掃除機を買う理由ってあんの?ってカンジです
ロボット掃除機としての基本的な要求スペックは間違いなく全て満たしています。これより高級な機種としては、毎度ゴミ捨てしなくていいアイツとか、マッピングで凄く広い部屋とか複数の部屋を掃除できるアイツなどでしょう
それらの機能を必要としていない人にとっては、間違いなくコイツがファーストチョイスになるでしょう!
(参考:Anker「Eufy RoboVac 15C」のAmazonレビュー

 

★★★★★ 5.0
我が家はマンションで、大掛かりな掃除の頻度は減らし、代わりにほぼ毎日フローリングワイパーで掃除してます。
この負担を軽減したくて導入しました。
結果から言えば、コスパ考慮で満足しています。
高級機のように超音波やカメラセンサーは搭載していないので、コンコン、いろんな物に接触しながら掃除してます。
そんなものだと思えば可愛らしいです。
お掃除マップがないので実態は不明ですが、テーブルの下とかは掃除ムラがでてるような気がします
他にも角とか苦手のようですが、特性が分かっていれば、人がそこを補えば良いので我が家の運用では問題なしです。
掃除機の高さが低いので、ウチの家具の下に滑り込んでくれるのは、ポイント高いです。
(参考:Anker「Eufy RoboVac 15C」のAmazonレビュー

 

★★★★★ 5.0
昨日届き使用しました。感想は『コスパ最高!! ルンバなんて要らん!!』です。
個人的な感覚ではルンバを1台買うなら一年ごとにこの機種を使い捨てた方が良いです。
構成は14畳 8畳 の1LDKです。
赤外線センサーと接触センサーのみなので結構おバカですが、バカなりいろいろな場所を動くので部屋の9割ほどは掃除できている印象です。
本日より毎日動く様に設定しましたので、一回の掃除で9割掃除できれば限りなく10割に近い清掃具合になると思います。
(参考:Anker「Eufy RoboVac 15C」のAmazonレビュー

Eufy RoboVac 15Cの口コミを見てみると、やはりそのコスパの良さに満足している方が多いようです。

動きの効率が悪い・掃除残しが気になる・ホームに帰還できないこともあるなど、他社の“頭の良い”ロボット掃除機と比較すると不満に感じる部分もあるようですが、やはりそこは価格の安さが補ってくれているようで、概ね高評価となっていました。

従来機種30C、11Sとの違いは?


現在Ankerのロボット掃除機「Eufy RoboVac」シリーズは、今回ご紹介しているRoboVac 15Cの他に、上位モデルのRoboVac 30C下位モデルのRoboVac 11Sが発売されています。

機能面での違いは、主にこちらの5つです。

  1. 吸引力
  2. 進入禁止エリア設定
  3. スマホ連携
  4. スケジュール機能
  5. 価格
Eufy RoboVac 30C Eufy RoboVac 15C Eufy RoboVac 11S
画像
吸引力 1500Pa 1300Pa 1300Pa
進入禁止エリア設定 × ×
スマホ連携 ×
スケジュール機能 ○(曜日ごとの時間設定は不可)
Amazon税込価格(2019/11/19) 24,800円 20,800円 17,800円

吸引力がより高いのは、上位モデルの30C。200Paの違いで清掃力にどのくらい差が出てくるのかはわかりませんが、高い吸引力を求める方には30Cがおすすめです。

また、専用の境界線テープを使用して進入禁止エリアの設定ができるのも、30Cのみとなります。

スマホ連携や曜日ごとのスケジュール設定ができるのは、30Cと15Cの2機種。11Sは毎日同じ時刻に掃除開始設定をすることが可能です。

価格は機能が増えるごとに高くなりますが、進入禁止やスマホ連携が不要な方は価格の安いEufy RoboVac 11Sでも十分おすすめです。

Eufy RoboVac 11Sのレビュー

シンプル&格安ロボット掃除機 Anker Eufy RoboVac 11S 写真付レビュー!上位機種との比較&特長・デメリットを解説! – Rentio PRESS[レンティオプレス]

Ankerのロボット掃除機についての詳しい比較記事

Ankerのロボット掃除機 Eufy RoboVac 全4種を一覧表で比較!おすすめと選び方を紹介 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

まとめ:Anker「Eufy RoboVac 15C」はコスパ最高なロボット掃除機

Anker「Eufy RoboVac 15C」はコスパ最高なロボット掃除機

Anker「Eufy RoboVac 15C」は、安価な割に高機能なコスパの良いロボット掃除機

高いロボット掃除機のような賢さはありませんが、そこに納得できるのであれば、十分おすすめ。「ロボット掃除機は高いから…」と購入を迷っている方のお試し用としてもぴったりです。

もう少し色々なロボット掃除機を見てみたいという方には、ロボット掃除機の選び方とおすすめ機種をこちらでご紹介しています。
[最新]ロボット掃除機おすすめ15選!選び方で重要な比較ポイントも紹介 – RentioPress

また、実際に一度ロボット掃除機を家で使って試してみたいという方には、レンタルでお試しという方法もおすすめです。

家電レンタルサービスRentioでは、ロボット掃除機各種をお試しレンタル可能です。
また、3カ月~の月額レンタルは、期間が長いぶん日額でのレンタルよりも割安なのでじっくりお試しにおすすめです。

レンタルプランや価格は、こちらをチェックしてみてくださいね!
[レンタル] ロボット掃除機 一覧 – Rentio[レンティオ]

【関連記事】最新おすすめロボット掃除機

[最新]ロボット掃除機おすすめ13機種を一覧表で比較!選び方の重要ポイントも解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

よく読まれている記事ロボット掃除機カテゴリのランキング

ピックアップ記事