ラッセルホブスのコーヒーメーカー「グランドリップ」実機レビュー!自宅が素敵なカフェ空間に

まーしー
まーしー

更新日2020/09/16

ラッセルホブスのコーヒーメーカー「グランドリップ」実機レビュー!自宅が素敵なカフェ空間に

更新日

イギリス生まれの家電ブランドであるRussell Hobbs (ラッセルホブス) は、ケトルやトースターなど朝食を彩る様々なキッチン家電が販売されています。

そんなRussell Hobbs (ラッセルホブス) では、コーヒー豆の風味をふんだんに引き出すことができる大容量のコーヒーメーカー「GRAN Drip(グランドリップ)」が販売されています。

そこで、この記事ではRussell Hobbsのコーヒーメーカー「グランドリップ 8cup」を実際に使ったレビューを紹介したいと思います。

Russell Hobbs GRAN Dripの特徴

Russell Hobbs GRAN Drip 8cup

「Russell Hobbs GRAN Drip 8cup」の主な特長は以下の通りです。

  • 最高品質のコーヒー体験
  • タッチパネルで細かい設定まで可能
  • 大容量で保温性が高いステンレスカラフェ

最高品質のコーヒー体験

Russell Hobbs GRAN Drip 8cupのCoresゴールドフィルター

「Russell Hobbs GRAN Drip」には、スペシャルティコーヒーのために生まれたコーヒーツールブランド「Cores(コレス)」のゴールドフィルターが標準装備されています。

純金コーティングメッシュのフィルターは味と香りへの影響が少なく、豆本来の風味・甘みを味わえるため、まさにスペシャルティコーヒーを味わうためのコーヒーメーカーと言えるでしょう。

タッチパネルで細かい設定まで可能

Russell Hobbs GRAN Drip 8cupのタッチパネル

挽いた豆さえあれば、湯温による注ぎ、蒸らし、抽出までをワンタッチで美味しいコーヒーを用意できるのも、「Russell Hobbs GRAN Drip」の特長の1つです。

コーヒーの濃さを調整できる「アロマ機能」もコーヒー豆のアイコンランプを3段階で設定するだけなので、気分や豆の種類によって淹れ方を変更できるのは嬉しいポイントです。

他にも「タイマー予約機能」「オートオフ機能」なども本体タッチパネルで操作することができます。

大容量で保温性が高いステンレスカラフェ

Russell Hobbs GRAN Drip 8cupのステンレスカラフェ

「Russell Hobbs GRAN Drip」のカラフェ(コーヒーサーバー)は最大8杯分作れる大容量で、なおかつステンレス製なので保温性にも優れています。

キッチンでコーヒーを淹れた後に、リビングやゲストルームに持ち運んでも温かいコーヒーを楽しむことができます。

ガラスカラフェタイプとの違い

Russell Hobbs GRAN Dripのカラフェの違い

「Russell Hobbs GRAN Drip」にはステンレスカラフェタイプとは別にガラスカラフェタイプもあります。

それぞれの特長や搭載される機能、容量に違いは以下のとおりです。

項目 ステンレスカラフェ ガラスカラフェ
製品型番 7653JP 7651JP
容量 8cup 10cup
保温プレート なし あり
特長 保温性が高くコーヒーの風味が飛びにくい 容量が多いが保温し続けると風味が劣化しがち

Russell Hobbs GRAN Dripのスペック一覧表

「Russell Hobbs GRAN Drip」の製品スペックを一覧表にまとめました。

製品項目 スペック詳細
最大容量 1.16L(抽出量8カップ)
付属品 Coresゴールドフィルター
サイズ 約16.5(幅)×22.0(奥行)×33.0(高さ)cm
重さ 約2.4kg
電源 100V 50/60Hz
消費電力 900W
Amazon税込価格
(2020年7月30日時点)
10,480円

Russell Hobbs GRAN Dripの実機レビュー

Russell Hobbs GRAN Drip 8cup

「Russell Hobbs GRAN Drip」の特徴は「美味しいコーヒーを一度にたくさん作れる」と言い表すことができます。

実際に使ってみた感想としてはスタイリッシュなデザインにも関わらず、大容量で実用性が高いことだと思います。

特に魅力に感じたポイントを紹介しますので参考にしてください。

2人暮らし用にぴったり

Russell Hobbs GRAN Drip 8cupは2人暮らしにぴったり

8カップ分の容量は多すぎるかも、、と悩むかもしれませんが、実際に使ってみると2〜3杯分の抽出でも美味しいコーヒーが作れるので問題ありませんでした。

ステンレスカラフェの容量が多い分、あえて濃い目に淹れたコーヒーに直接氷を入れてアイスコーヒーを作ることもできます。

ステンレスカラフェが使いやすい

Russell Hobbs GRAN Drip 8cupのカラフェの使いやすさ

「Russell Hobbs GRAN Drip」のステンレスカラフェは取っ手がすごく持ちやすいので、大容量でも使いやすいこともお気に入りポイントです。

またカラフェの口が大きいので洗いやすいのも嬉しいポイントです。

デザインがおしゃれ

Russell Hobbs GRAN Drip 8cupのシンプルなデザイン

ブラックとステンレスのシンプルデザインなので、キッチン家電を黒で揃えている方はもちろん、どんなコーディネートにも合わせやすいと思います。

大きさもコンパクトなので、狭いキッチンでも圧迫感なく馴染ませることができると思います。

アロマ機能が秀逸

Russell Hobbs GRAN Drip 8cupのアロマ機能

「Russell Hobbs GRAN Drip」のアロマ機能ならその日の気分や用途に合わせて風味の強弱を変えられます。

例えば忙しい朝はあっさり(豆アイコン2つ)、おやつの時は香りをしっかり感じたいので濃いめ(豆アイコン3つ)と調整できます。

アロマ機能を濃いめ(豆アイコン3つ)にして氷を入れればアイスコーヒー、薄め(豆アイコン1つ)で淹れればアメリカンコーヒーとして楽しめます。

Russell Hobbs GRAN Dripを使って感じた注意点

Russell Hobbs GRAN Drip 8cupの注意点

一方で「Russell Hobbs GRAN Drip」を使い始めると少し不便に感じることや気になることが出てきます。

購入当初に苦戦した注意点を紹介しますので、良い点と合わせて参考にしてください。

給水タンクに水を入れにくい

Russell Hobbs GRAN Drip 8cupの給水は慣れが必要

「Russell Hobbs GRAN Drip」はコンパクトサイズが魅力である一方で、給水タンクの淹れ口が小さく水を入れにくいデメリットがあります。

慣れれば問題ありませが、コーヒー豆に水をこぼしてしまうこともあるので、先に水を入れてからコーヒーフィルターにコーヒー豆を入れるようにしましょう。

タッチパネルが押しにくい

Russell Hobbs GRAN Drip 8cupのタッチパネル操作

「Russell Hobbs GRAN Drip」のタッチパネルはボタンを押しにくいので慣れが必要です。

写真のように指の腹で少し強めに押さないと反応しませんので、両手で本体が動かないように押さえながらタッチパネルを操作するのが良いと思います。

ステンレスカラフェに水滴跡が付きやすい

Russell Hobbs GRAN Drip 8cupのステンレスカラフェ

水洗いがしやすいステンレスカラフェですが、水滴跡が付きやすいので気をつけましょう。

いつもピカピカの状態にするために、洗い終わったカラフェはすぐに乾いたふきんで拭き取るようにしてください。

自宅で上質なコーヒーを味わいたい方におすすめ!

Russell Hobbs GRAN Drip 8cup

「Russell Hobbs GRAN Drip」はスタイリッシュなデザインと美味しさにこだわった機能設計で、普段の部屋を上質なカフェ空間に変えてくれるコーヒーメーカーです。

コーヒー豆選びからこだわりがある方、コーヒー豆の挽き方にこだわりがある方はもちろん、挽き済のコーヒーをいつもより美味しく楽しみたい方におすすめです。

一度にたくさんのコーヒーを淹れられますので、家族や友人と過ごすカフェタイムのパートナーに「Russell Hobbs GRAN Drip」を検討してみてください。

コーヒーメーカーはレンタルもできる

コーヒーメーカーの使い勝手や実際に淹れたコーヒーを試してみたい方はお試しレンタルがおすすめです。

家電レンタルのRentioではシロカ カフェばこ SC-A371-Kのレンタルをはじめ、様々なコーヒーメーカーを3泊4日~レンタル可能です。

レンタルして気に入ればそのまま購入もできますので、ぜひ試してみてください。

[レンタル] ドリップコーヒーメーカー 一覧 – Rentio[レンティオ]

[レンタル] エスプレッソマシン 一覧 – Rentio[レンティオ]

よく読まれている記事コーヒーメーカーカテゴリのランキング

ピックアップ記事