レンティオによるカメラ・家電の徹底解説サイト

[2022最新]ネスレ コーヒーメーカー(ネスプレッソ/ドルチェグスト/バリスタ)の全機種比較!違いと選び方、おすすめ機種を紹介

まーしー
まーしー

更新日2022/01/04

[2022最新]ネスレ コーヒーメーカー(ネスプレッソ/ドルチェグスト/バリスタ)の全機種比較!違いと選び方、おすすめ機種を紹介

自宅や職場で手軽に淹れられるコーヒーメーカーには様々な種類がありますが、「ネスカフェアンバサダー♪」のフレーズを耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。

ネスカフェアンバサダーで紹介されている「ネスプレッソ」「ネスカフェ」「ゴールドブレンドバリスタ」は、全て世界最大の食品・飲料会社であるNestlé(ネスレ、日本法人はネスレ日本株式会社)が製造販売するコーヒーメーカーです。

そこで、この記事ではネスレ コーヒーメーカーの種類と違い、おすすめの機種について調べてまとめました。

コーヒーメーカーの購入を考えている方、ネスカフェアンバサダーの導入を検討している方の参考になれば幸いです。


コーヒーメーカーのお試しレンタル

ネスレのコーヒーメーカーとは

ネスレコーヒーメーカーの種類

ネスレはカプセル式コーヒーメーカーの代表格です。

大きく分けて3つのブランドが確立されており、用途や楽しみたいカフェメニューに応じて豊富なラインナップを用意しているのが強みと言えます。3ブランドの違いを簡単にまとめました。

項目 ネスプレッソ ドルチェグスト ゴールドブレンド バリスタ
おすすめ
の対象者
コーヒー豆もこだわりたい純喫茶店派 ドリンクメニューを好むカフェ派 コスパ重視派
抽出方法 専用カプセル 専用カプセル コーヒー粉カートリッジ
1杯あたりの費用
※参考価格
85円〜100円 50円〜100円 13円〜25円
カフェドリンク種類 エスプレッソ
ブラックコーヒー etc.
ブラックコーヒー
ラテ系
紅茶・抹茶
スターバックス etc.
ブラックコーヒー
アイスコーヒー
カフェラテ
エスプレッソ etc.

ネスプレッソ

ネスプレッソのコーヒーメーカー

「ネスプレッソ」は本格派コーヒーやエスプレッソを手軽に楽しめるのが特長です。

レギュラーコーヒーやエスプレッソを中心とした専用カプセルが豊富にあります。

豆の生産地、焙煎、アロマなど様々な個性を持つコーヒーを飲み比べながら、お気に入りの一杯を探求したい方におすすめです。

ドルチェグスト

メスカフェドルチェグストのコーヒーメーカー

「ドルチェグスト」は様々なカフェドリンクを楽しめます

レギュラーコーヒーやエスプレッソだけでなくラテ・抹茶・ココア(チョコチーノ)、そしてホリデーシーズン限定フレーバーを含むスターバックスのカプセルも用意されています。

複数種類のカプセルを用意しておけば、大人数でも手軽にカフェタイムを過ごすことができます。

ゴールドブレンド バリスタ

ネスカフェゴールドブレンドバリスタのコーヒーメーカー

「ゴールドブレンド バリスタ」はコスパ重視でコーヒーを飲みたい方におすすめです。コーヒー1杯あたりコストが安く、たくさんの人がコーヒーを飲む環境やコーヒーをガブガブ飲むのが好きな方に適しています。

ネスレの独自製法である「レギュラーソリュブルコーヒー」の専用カートリッジは、コンビニやスーパーでもよく見かける「ネスカフェ ゴールドブレンド」なので馴染みもあるでしょう。

コーヒーマシンでメニュー設定をすれば、でレギュラーコーヒー以外にもカフェラテやアイスコーヒーを楽しむことができます。

ネスカフェとネスプレッソの違い

ネスレ、ネスカフェ、ネスプレッソの違い

「ネスカフェ」と「ネスプレッソ」の違いについて解説すると、世界的なフード/ドリンクメーカーの「ネスレ」が展開するコーヒーブランドが「ネスカフェ」(ネスレ+カフェ)エスプレッソブランドが「ネスプレッソ」(ネスレ+エスプレッソ)となります。

「ネスプレッソ」は運営会社もネスレネスプレッソ株式会社として独立もしています。

ネスレ コーヒーメーカーの特長

ネスレのコーヒーメーカー

ネスレのコーヒーメーカーに共通する特長は以下3点です。

  • 専用のカードリッジやカプセルを使う
  • コーヒーマシンをレンタルできる
  • 簡単な操作や手入れ方法

専用のカードリッジやカプセルを使う

ネスレのコーヒーメーカーはフレーバー種類が豊富

ネスレのコーヒーメーカーは専用のカードリッジやカプセルを使用します。

好みのコーヒー豆を選ぶことはできませんが、コーヒーマシン毎に多様な種類のフレーバーを用意しているので一杯毎に選べる自由度の高さも魅力です。

コーヒーマシン フレーバー種類
ネスプレッソ レギュラーコーヒー、エスプレッソを30種類以上
ドルチェグスト スタバ、ブラックコーヒー、ラテ、ティー・ココアなど30種類以上
ゴールドブレンド バリスタ 12種類のコーヒー粉カートリッジ

コーヒーマシンをレンタルできる

ドルチェグストのレンタル

ユニークな特長がコーヒーマシンをレンタルできることです。ネスカフェのドルチェグストなら、コーヒーカプセルの定期便に申し込むことでレンタル金額が無料になるプランも用意しています。

できるだけ初期費用を抑えたい方、とりあえずお試し利用をしてみたい方、コーヒーカプセルが自分の好みに合っているのか、コスパはどうなのか確認したい方に嬉しいサービスです。

なお、1回の注文金額や継続期間の縛りを好まない方は単品購入も可能です。

簡単な操作や手入れ方法

ネスレのコーヒーメーカーは簡単操作、手軽な手入れ

簡単なボタン操作で選べるカフェメニュー、手入れのしやすさもネスレ コーヒーメーカーの特長です。

専用カートリッジやカプセルを使うことで、パーツの分解も比較的容易で掃除する場所が少ないのも利点と言えるでしょう。

基本的に「淹れ終わったらカプセルを捨てる」「淹れる前と後に湯通しする」ことをこまめにしておけば、清潔に使い続けることができます。

ネスレ コーヒーメーカーの選び方

ネスレ コーヒーメーカーの選び方

本格派のコーヒーを味わいたいなら「ネスプレッソ」、カフェドリンクを楽しみたいなら「ドルチェグスト」など、ネスレのコーヒーメーカーは飲みたいドリンク種類に応じて選ぶのが容易です。

さらに機種を絞り込みたい方は、選び方の基準としてもう2点紹介したいと思います。

※機種の違いを確認したい方はネスレのコーヒーメーカー比較一覧表

使用人数で選ぶ

ネスレのコーヒーメーカーは使用人数で選ぶ

想定する使用人数に合わせて、水タンクの容量や作れるドリンク種類からコーヒーメーカーを絞り込むのが良いでしょう。

単純に人数が多いだけなら容量の大きい機種を選べば良いのですが、人によって好みのドリンクが異なる場合は「ネスプレッソ」や「ゴールドブレンド バリスタ」は向かないかもしれません。

どのような場所で、どんな人が使用するのか考えて検討しましょう。

ランニングコストで選ぶ

ネスレのコーヒーメーカーをランニングコストで選ぶ

コーヒー粉が酸化しにくいカプセルタイプの「ネスプレッソ」や「ドルチェグスト」はいつでも品質の高いコーヒーを飲める一方で、一杯あたりのコストが高くなります。

コスト面を重視して検討するなら、「レギュラーソリュブルコーヒーの専用カートリッジ」を使う「ゴールドブレンド バリスタ」がおすすめです。

「ネスカフェポイント」対象機種なら、さらにお得にすることもできます。

ブランド 1杯あたりの費用間
ネスプレッソ 85円〜100円
※コーヒー豆の種類によっては高価なカプセルもあります
ドルチェグスト 50円〜100円
ゴールドブレンド バリスタ 13円〜25円

ネスカフェポイントについて

ネスカフェポイント

専用アプリをインストール(App Store/Google Play)して、対象機種でコーヒーを淹れたり届いた専用カートリッジやカプセルのQRコードをスキャンしたりすると、「ネスカフェポイント」が貯まります。

アプリを使えばコーヒーを淹れる度に最大20ポイント(マシン所有者ポイントの10ポイント+アプリ操作ポイントの10ポイント)貯まりますのでお得です。

貯まったネスカフェポイントはAmazonギフト券や各種オリジナルグッズなどに交換できますので、一杯あたりのランニングコストと合わせて考えると良いでしょう。

飲みたいカフェドリンクで選ぶ

ネスレのコーヒーメーカーの選び方

ブラックコーヒーを飲みたいのか、ラテやカプチーノも楽しみたいのか、紅茶や抹茶などのカフェドリンクも楽しみたいのかによってもコーヒーマシンの選び方は異なります。

例えばネスプレッソはエスプレッソやレギュラーコーヒー用のカプセルが中心になるため、ラテやカプチーノも飲みたい場合はミルクフォームを作れるマシンを選ばなければなりません。

コーヒーマシンとカプセルの組み合わせて、自身が飲みたいコーヒーおよびカフェドリンクが実現できるのかも要チェックしてください。

ブランド ブラックコーヒー エスプレッソ ラテ/カプチーノなどの
ミルクメニュー
その他カフェドリンク
ネスプレッソ ×
ドルチェグスト
ゴールドブレンド バリスタ ×

ネスレ コーヒーメーカーのおすすめ機種

ネスレのコーヒーマシンのおすすめ機種

2021年12月現在、ネスプレッソで7機種、ドルチェグストで4機種、ゴールドブレンド バリスタで4機種が主に販売されています。

その中から厳選したおすすめ機種を紹介します。

コーヒーメーカーのお試しレンタル

ドルチェグスト ジェニオS

2021年3月に新登場した「ネスカフェ ドルチェグスト」シリーズの最新機種が「ジェニオS」です。

多彩な機能を搭載し、かつドルチェグストならではのバリエーション豊富なカプセルと合わせて、色んな方にとって使いやすいコーヒーマシンと言えるでしょう。

従来機と比べてコンパクト&スリムなボディながら、タンク容量は800mlと多めに設計されているのも嬉しいポイントです。

主な特長

  • コンパクトで十分な容量サイズ
  • ハンドドリップモード・温度調節機能・予約抽出と豊富な機能
  • キャッシュレス決済機能も搭載
  • マシンレンタルの無料プランあり(カラーはホワイトのみ)

ネスプレッソ アトリエ

2021年10月26日に新発売された「アトリエ」は、ネスプレッソの最上位モデルです。(2021年12月現在)

スチーム加熱・攪拌機能付きのミルクフォーマーを搭載し、ホット・アイス様々なミルクメニューも楽しめるコーヒーマシンです。

ミルクタンク搭載の「ラティシマ・ワン プラス」と比べて、スリムかつ手入れもしやすく、また植物性ミルクにも対応しているのが魅力です。

ネスプレッソの高品質なカプセルコーヒーを最も堪能できる一台です。

主な特長

  • スリムで高級感のあるデザイン
  • 多彩なレシピをワンタッチで楽しめる
  • アイスミルクメニューや植物性ミルクに対応

ネスプレッソ ラティシマ・ワン プラス

「ラティシマ・ワン プラス」はミルクタンクを搭載するので、ワンタッチでミルクメニューも全自動で作れるコーヒーマシンです。

ホワイトカラーがあるため、部屋のインテリアにも馴染みやすいデザイン性も魅力です。

「アトリエ」とどちらが良いか悩む方は、色・アイスミルクメニューの有無・ミルクタンクのメンテナンス性と約1万円の価格差で比較検討すると良いでしょう。

主な特長

  • コンパクトなエスプレッソマシン
  • ミルクタンクを搭載し、フォームドミルクもワンタッチで

ゴールドブレンド バリスタ Duo(デュオ)

コスパに優れた「ゴールドブレンド バリスタ」の中で最も多機能なのが「Duo(デュオ)」です。

コーヒーとは別にクリーマー専用のタンクも備わっており、本格カフェラテを淹れられるマシンでもあります。

容量も多く、エスプレッソ・レギュラーコーヒー・カプチーノ・カフェラテ・アイスなどメニューも多彩なので、職場のような人数の多い場所でも活躍します。

主な特長

  • クリーマー用タンクを搭載し、ラテメニューも作れる
  • アイスメニューも対応
  • Bluetoothとアプリ連携で「ネスカフェ ポイント」が貯まる
  • 2Lの大容量タンクでオフィス利用にも最適
  • 高級感のあるブラック/ホワイトの2色展開

ゴールドブレンド バリスタ 50[fifty]

ゴールドブレンド バリスタの中で、機能性とコスパのバランスが最も優れているのが「50[fifty]」です。

W[ダブリュー]との違いはWi-Fi接続による「マイペースお届け便」が使えないことと、容量が0.2L少ないことです。

「マイペースお届け便」に必要性を感じなければ、本体価格がより手頃な50[fifty]のほうがお得です。加えて、クリーミーブラウンのカラーバリエーションを用意されているのも評価ポイントです。

主な特長

  • エスプレッソタイプ/アイスメニューに対応
  • Bluetoothとアプリ連携で「ネスカフェ ポイント」が貯まる
  • 2021年3月にリニューアル
  • レッド以外に部屋のインテリアに馴染みやすいクリーミーブラウンも用意

ネスレのコーヒーメーカー15機種の比較一覧表

タイプ ネスプレッソ ドルチェグスト ゴールドブレンド バリスタ タイプ
製品画像
製品画像
製品名 エッセンサ ミニ エッセンサ プラス イニッシア ピクシーツー ラティシマ・ワン プラス アトリエ ヴァーチュオ ネクスト ジェニオS ジェニオアイ エスペルタ ピッコロXS W(ダブリュー) Duo(デュオ) 50(Fifty/フィフティ) シンプル 製品名
タンク容量 約0.6L 約1.0L 約0.6L 約0.7L 水:約1.0L
ミルク:0.165L
約1.0L
※ミルクタンク無
約1.1L 約0.8L 約0.65L 約1.4L 約0.8L 約1.0L 約2.0L 約0.8L 約1.0L タンク容量
機能性 カップサイズの指定(2種類) カップサイズの指定(2種類)
お湯のみ抽出
カップサイズの指定(2種類)
省エネモード
カップサイズの指定(2種類) カップサイズの指定(2種類)
ミルクメニュー
水の硬度レベル設定
カップサイズの指定(3種類)
ミルクメニュー
アイスミルクメニュー
植物性ミルクに対応
水の硬度レベル設定
カプセル種類のカップサイズ自動読み取り(5種類)
スマホアプリと連携
抽出量調整
ハンドドリップモード
温度調節機能
予約抽出
キャッシュレス決済機能
Wi-Fi/Bluetooth
抽出量調整
Bluetooth
抽出量調整
Bluetooth
エスプレッソ/アイスメニュー
Wi-Fi/Bluetooth
ホットとアイスのコーヒーメニュー8種
Bluetooth
エスプレッソ/アイスメニュー
Bluetooth
カフェラテ 機能性
サイズ(幅×奥行×高さ) Cタイプ:約8.4cm×33.0cm×20.4cm
Dタイプ:約11.0cm×32.5cm×20.5cm
Cタイプ:約13.4cm×39.0cm×24.0cm
Dタイプ:約11.8cm×40.0cm×25.6cm
約12.0cm×32.1cm×23.0cm 約11.0cm×32.6cm×23.5cm 約15.4cm×32.4cm×25.6cm 約11.9cm×43.4cm×27.9cm 約14.0cm×37.4cm×31.8cm 約12.2m×28.7cm×27.2cm 約16.5cm×30.0cm×23.1cm 約21.5cm×36.5cm×26.7cm 約13.7cm×27.6cm×26.3cm 約16.3cm×28.9cm×35.1cm 約18.0cm×30.4cm×43.4cm 約15.5cm×30.6cm×32.3cm 約15.5cm×29.0cm×37.6cm サイズ(幅×奥行×高さ)
重さ 約2.3kg 約3.3kg 約2.4kg 約3.0kg 約4.1kg 約3.9kg 約4.0kg 約2.1kg 約2.6kg 約2.7kg 約2.0kg 約3.2kg 約5.4kg 約3.4kg 約3.0kg 重さ
カラーバリエーション (Cタイプ)
インテンスグレー
ピュアホワイト
ピアノブラック
(Dタイプ)
ピュアホワイト
ルビーレッド
ライムグリーン
(Cタイプ)
オフホワイト
リムジンブラック
(Dタイプ)
チェリーレッド
リムジンブラック
ブラック
ルビーレッド
チタン
レッド
ポーセリンホワイト
シャドーブラック
ブラック (無印機)
ホワイト/チェリーレッド/マットブラック
(プレミアム)
リッチブラウン/クラシックブラック
(デラックス)
ダーククローム
レッドメタル
スペースグレー
ホワイト(レンタルのみ)
ホワイト
チェリーレッド
チタニウム
メタルレッド
ホワイト
ダークレッド
レッド プレミアム ブラック
プレミアム ホワイト
レッド
クリーミーブラウン
レッド カラーバリエーション
公式税込価格
2021年12月31日現在
12,100円 21,780円 13,200円 16,500円 34,100円 45,100円 (無印機)
20,900円
(プレミアム)
25,300円
(デラックス)
27,500円
21,780円 14,800円 19,800円 5,980円 8,778円 16,996円 6,578円 4,054円 公式税込価格
2021年12月31日現在

自宅で手軽にカフェ時間を満喫できるネスレのコーヒーマシン

ネスレ コーヒーメーカー

ネスレのコーヒーメーカーは豊富なフレーバー、簡単な手入れ、マシンレンタル無料の定期便お届け便などのメリットがあり、複数人で利用する場所やシーンにぴったりです。

一方でコーヒ淹れるまでの過程を楽しみたい方にとっては、コーヒー豆の自由度も少なく物足りないかもしれません。そういう意味では、コーヒー初心者〜中級者向けなのかもしれません。

どんなコーヒーを飲みたいのか、コーヒーを飲むためにどのくらいの手間を惜しまないのか、などなど、理想のカフェタイムを頭に思い浮かべてネスレのコーヒーメーカーの申し込み/購入を検討すると良いでしょう。

コーヒーメーカーのお試しレンタル

コーヒーメーカーはレンタルで試せる

コーヒーメーカーを実際に試してみたい方はお試しレンタルがおすすめです。

家電レンタルのRentioでは3泊4日、そして様々なコーヒーメーカーのレンタル商品を取り扱っています。

レンタルして気に入ればそのまま購入もできますので、ぜひ試してみてください。

[レンタル] ドリップコーヒーメーカー 一覧 – Rentio[レンティオ]

[レンタル] エスプレッソマシン 一覧 – Rentio[レンティオ]

コーヒーメーカーに関連する記事

コーヒーメーカーの種類と選び方まとめ – Rentio PRESS[レンティオプレス]

おすすめの全自動コーヒーメーカー8つを徹底比較!好みのコーヒーを淹れられる機種の選び方 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

デロンギのエスプレッソマシン(全自動コーヒーメーカー)全機種比較!おすすめと選び方を解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

電動コーヒーミルの種類と選び方まとめ – Rentio PRESS[レンティオプレス]

コーヒーに適した電気ケトルの選び方と主なメーカーまとめ – Rentio PRESS[レンティオプレス]

よく読まれている記事コーヒーメーカーカテゴリのランキング

ピックアップ記事