デジ絵初心者には液タブ?iPad? 実際使って違いを比較&どっちがおすすめか検証しました

mari fukuen
mari fukuen

公開日2020/10/05

デジ絵初心者には液タブ?iPad? 実際使って違いを比較&どっちがおすすめか検証しました

公開日

これからデジタルイラストに挑戦したい!」そんな初心者さんに人気なのが、液タブiPad

どちらもペンで直接タブレットに描画するタイプなので、アナログに近い感覚で絵を描くことができます。エントリーモデルであれば数万円と、初心者さんでも手が出しやすい価格も魅力の一つです。

今回は、リーズナブルなエントリーモデルの液タブとiPadの2機種を実際に使って違いを比較しました。これからデジタルお絵描きデビューをしたい方は、ぜひ参考にご覧ください。

 

デジ絵初心者に人気の2つのツール

扱いやすさと手頃な価格でデジタルイラストデビューに人気の2大ツールが、液晶ペンタブレット(通称:液タブ)Apple iPad

どちらを選ぶか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

2つの細かい違いを比較する前に、まずはそれぞれの特徴をかんたんに解説します。

液晶ペンタブレット(液タブ)の特徴

液晶ペンタブレット (液タブ)は、タブレットの液晶画面に直接描画できるタイプのペンタブレットです。タブレット単体では動作しないためPCやスマホとの接続が必要になります。

液タブは、基本的にイラスト作成を主目的として作られているので、まるで紙とペンで描くような自然な描き心地が特徴です。
機種によっては、画面タッチ機能やショートカットボタン、内蔵スタンドなど便利な機能もついています。

液タブのデメリットとしては、価格が高くなりがちなこと。安いものでも数万円はするので、初期費用を1万円以下に抑えたい方は板タブのほうがおすすめです。
また、液タブは本体が重くPCと接続して使うので、移動や持ち運びには不便です。基本的には机に向かって落ち着いて作業したい方向けのタブレットとなります。

Apple iPadの特徴

Apple iPadは、PC・スマホ不要で単体で動作するタブレットです。別売のApplePencilを使えばタブレットに直接描画できて、指でタッチして操作もできます。

iPadは携帯性に優れているのがメリットで、外出先で作業をしたり寝転んでイラストを描いたりといった自由なスタイルで使えます。
YouTube鑑賞や電子書籍リーダーとしても使えて幅広い用途に活躍するのも魅力ですね。

iPadも数万円~十数万円と価格が高いことがデメリットなのですが、お家にPCがない場合は2台を用意するよりも低コストになるかもしれません。

液タブ vs iPad 5つの違いを比較

タブレット画面に直接イラストが描けるという共通点がある液タブとiPadですが、じつはまったく異なるタイプのタブレットです

作業環境やお絵描きスタイルによっても向き不向きがありますので、よく比較して自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

液タブ iPad
持ち運び × PCとの接続が必要で重い ○ 軽くてPCも不要
描き味・動作 ○ 好みによる ○ 好みによる
画面サイズ ○ 20インチ以上の大型も選べる × 最大でも12.9インチ
充電 ○ 充電は不要 × 本体もペンも充電が必要
ペイントソフト ○ CLIP STUDIO、Photoshop、SAI、MediBangPaint、Pixiv Sketchなど ○ CLIP STUDIO(月額のみ)、Photoshop、MediBangPaint、Pixiv Sketch、アイビスペイント、Procreateなど
その他の機能 △ 機種によってタッチ機能、ショートカットボタン、角度調整が可能 △ タッチ機能のみ
価格 ○ エントリーモデルで約2万円~(+別途PCが必要) ○ iPad10.2インチ+ ApplePencilで約5万円~

1. 持ち運び

液タブ vs iPad 5つの違いを比較 1. 持ち運び

持ち運びの便利さで比較すると、iPadの圧勝です。

液タブはPCとの接続が必要で比較的重いので、基本的に持ち運びには不向きです。一部Androidスマホで動く液タブもありますが、電源との接続は必要になるのでケーブルレスで身軽にというわけにはいきません。
PCデスク周りの環境が整っていて、机に向かってじっくりイラストを作成したい方に向いています。

一方iPadは本体が軽くPCも不要なので、ベッドの上やカフェなどいろいろな場所に持ち運んで使うことができます
絵を描くことへのハードルがグッと下がるので、少しモチベーションが下がっている時期でも気軽に落書きから始めることができて、飽きっぽい初心者さんにもおすすめです。

2. 描き味・動作

描き味については、両方使った個人的な感想としてはどちらも使いやすいと思いました。

私が実際に使ったWacom One 13とiPad10.2インチでは、いずれもペンや液晶画面の描き心地はよく、動作遅延も感じられませんでした。

液タブ vs iPad 5つの違いを比較 2. 描き味・動作

液タブの場合は、機種やメーカーによって付属するペンが異なります。持ちやすいよう少し太めになっていたり、滑りにくい素材だったりと、イラスト作成用に特化したものが多い印象です。
液晶画面は、少しざらっとしたものが多いような気がします。画面の描き心地は、別売のフィルムを貼ることで好みに調整できます。
動作遅延やレスポンスについてはPCスペックに左右されるのですが、推奨環境で使っていれば基本的には問題なく使えるはずです。

液タブ vs iPad 5つの違いを比較 2. 描き味・動作

iPadの場合は、対応しているApple Pencilが細くてツルツルで持ちにくいという声もあります。ホールドしやすいラバーグリップなども市販されているので、そういった別売オプションを用意するのも良いでしょう。
液晶画面もツルっとした素材で滑りやすいので、描きづらい方はペーパーライクフィルムを貼るのがおすすめです。
iPadで描いているときのレスポンスは良く、とくにストレスは感じません。強弱表現・傾き検出も問題なくできます。

描き味は好みにもよるので、やはり実際に使ってみるのが一番。家電量販店の店頭サンプル等で試してみるのがおすすめです。

3. 画面サイズ

液タブ vs iPad 5つの違いを比較 3. 画面サイズ

より大きな画面で絵を描きたい方は液タブの方がおすすめです。

液タブは、基本的にエントリーモデルだと~16インチ程度の小型サイズが多く、画面サイズが大きくなるほど価格も上がります。
ブランドにこだわらず海外メーカーの格安液タブを選べば、20インチ以上の大型タブレットでも5万円以下で入手可能です。
大型の液タブはかなり圧迫感のあるサイズ感なので、作業スペースに余裕があり広い画面で絵を描きたい方におすすめです。

一方iPadは携帯性を重視しているため、もっとも大きいiPad Proでも12.9インチ。液タブでいうと小型の部類に入ります。
少し小さいかな?と感じるかもしれませんが、ペイントソフトのレイアウトを調整すればそれなりに快適に使えます。普段そこまで大きな作品をつくる方でなければそこまで気にならないと思います。

4. 充電

液タブ vs iPad 5つの違いを比較 4. 充電

充電の手間があるのは、iPadのみです。
液タブはケーブルで電源に接続して使うので、バッテリー切れの心配はありません。充電の手間を省きたい方には液タブがおすすめです。

iPadの場合、本体だけでなくApple Pencilの充電も必要なので要注意です。本体は充電しながら使えますが、Apple Pencilは充電中は使えません
いざやる気になって作業をしようと思ったらペンの充電切れで絵が描けない…!という経験はiPadユーザーなら誰しもが通る道だと思います。iPadを選ぶ場合はマメにペンの充電をすることを忘れないようにしましょう。

5. ペイントソフト

液タブ vs iPad 5つの違いを比較 5. ペイントソフト

液タブとiPadでは、使えるペイントソフトが異なるので要注意。
慣れたソフトや安いソフトが使いたい場合は、対応している機種を選ぶ必要があります。

2020年10月1日現在の代表的なペイントソフトの価格について、まとめてみました。

液タブ(Windows) 液タブ(Mac) iPad
CLIP STUDIO PAINT PRO ・買い切り 5,000円
・月額 240円~(最大3ヶ月無料/年間契約で最大51%OFF)
・買い切り 5,000円
・月額 240円~(最大3ヶ月無料/年間契約で最大51%OFF)
月額 240円~(最大3ヶ月無料/年間契約で最大51%OFF)
Adobe Photoshop 月額 980円~(初月無料) 月額 980円~(初月無料) 月額 980円~(初月無料)
SAI 買い切り5,500円 × ×
MediBangPaint Pro 無料 無料 無料
Pixiv Sketch 無料 無料 無料
アイビスペイント × × 無料
Procreate × × 買い切り1,220円

人気のCLIP STUDIOも有名なAdobe Photoshopも、液タブ・iPadどちらでも使えます。ただしiPad版のCLIP STUDIOは月額課金制のみとなりますので要注意です。

無料のペイントソフトも色々出ていますので、とくにこだわりがない方は無料ソフトから始めてみるのも良いですね。

6. その他の機能

液タブ vs iPad 5つの違いを比較 6. その他の機能

タブレットの使いやすさについては、人によって重視する機能が異なるので感じ方は様々だと思います。

こちらのようなあると便利な機能の有無で比較すると良いでしょう。

タッチ機能

液晶画面を指で触って拡大や移動などの操作ができるタッチ機能は、iPadだと標準搭載ですが液タブだと機種によって非搭載の場合もあります。

とくに低価格なエントリーモデルの液タブだとタッチ機能がないことも多いので、必要な方はしっかり確認しましょう。

逆にタッチ機能があることで誤操作も起こるので、気になる方はタッチ機能のない液タブを選ぶのもいいと思います。

ショートカットボタン

「戻る」「進む」「左右反転」など任意のキーを設定できるショートカットボタンは、液タブの場合は本体に搭載されていることが多いのですが、iPadにはありません

ショートカットボタンがあることで作業効率がかなりUPするので、搭載されていない機種の場合は、別売の左手デバイスやキーボードを用意したほうがいいかもしれません。

角度調整

タブレットを斜めにして作業ができる角度調整スタンドは、一部の液タブに搭載されている機能です。

画面を覗き込んで作業すると姿勢が悪くなりやすいので、内蔵スタンドがない液タブやiPadの場合は、別売のスタンドを用意したほうがいいでしょう。

7. 価格

液タブ vs iPad 5つの違いを比較 7. 価格

液タブもiPadも機種によって価格が異なります

液タブの場合、エントリーモデルで約2万円~購入することができます。
すでにPCを持っている方なら、iPadよりも低予算でデジ絵環境を整えられるでしょう。

一方iPadの場合は、スタンダードモデルのiPad10.2インチで約4万円、別売のApplePencilが約1万円なので、約5万円~ツールが揃えられます。
iPadはPCが不要なので、お家にPCが無い方ならこちらのほうが低予算になると思います。

デジタルイラスト初心者さんの場合は、いきなり高価なものを買うよりは低価格のものからスタートして必要に応じて高機能なものに買い替えるのがおすすめです。

液タブ,iPad それぞれがおすすめな人

液タブとiPadを比較してわかった、それぞれがおすすめな人がこちらです。

自分の重視したいポイントによって、どちらを選ぶか考えてみてくださいね。

こんな人には液タブがおすすめ

  • 普段机に向かって集中して絵を描くことが多い
  • PC周辺の作業環境が整っている
  • 大きなキャンパスに絵を描くことが多い
  • 充電を忘れてしまうことが多い
  • ショートカットボタンや内蔵スタンドがほしい

初心者におすすめの “安い液タブ” 9選!予算10万以下の格安液晶タブレットの選び方 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

こんな人にはiPadがおすすめ


  • ベッドやソファ、カフェなどいろんな場所で気軽に作業したい
  • 十分なスペックのPCを持っていない
  • A4サイズ程度の紙に絵を描くことが多い
  • 充電の手間は気にならない
  • タッチ機能がほしい

自分に合ったツールでデジタルイラストを楽しもう

自分に合ったツールでデジタルイラストを楽しもう

液タブとiPadはそれぞれ特徴は異なるものの、どちらもデジ絵初心者にとって強い味方となってくれるツールです。

とにかく描かないことには上達もありません。
自分に合った機種を選んでデジタルイラストを楽しんでくださいね!

いきなり購入するのはやっぱりハードルが高い…という方には、液タブをレンタルして試してみる方法もおすすめです。

家電レンタルのRentioでは、液タブや板タブをレンタルしてお家でお試しできます。
レンタルした商品は気に入ったらそのまま買い取ることもできるので、まずは気軽に試してみてはいかがでしょうか?

[レンタル] ペンタブレット 一覧 – Rentio[レンティオ]

関連記事

[最新] ペンタブレット(板タブ&液タブ) おすすめ13機種を一覧表で比較!初心者でも使いやすい一台の選び方 – Rentio PRESS[レンティオプレス]
初心者におすすめの “安い液タブ” 9選!予算10万以下の格安液晶タブレットの選び方 – Rentio PRESS[レンティオプレス]
ワコムのペンタブレット(板タブ&液タブ) 全機種を一覧表で比較!選び方のポイントとおすすめは? – Rentio PRESS[レンティオプレス]
コスパ最強の液タブ「Wacom One 13」を使ってレビュー!Cintiq16とも比較 – Rentio PRESS[レンティオプレス]
ワコムの初心者向け液タブ「Wacom Cintiq 16」レビュー!できないこと・注意点はある? – Rentio PRESS[レンティオプレス]

よく読まれている記事PC・スマホ・タブレットカテゴリのランキング

ピックアップ記事