[2021] 衣類スチーマーのおすすめ10種を一覧表で比較!パワーや使い勝手など選び方も解説

mari fukuen
mari fukuen

更新日2021/01/18

[2021] 衣類スチーマーのおすすめ10種を一覧表で比較!パワーや使い勝手など選び方も解説

更新日

ハンガーにかけたまま洋服のシワを取ることができる「衣類スチーマー」。アイロンよりも手軽に使えることから、最近人気が高まっている便利な衣類ケア家電です。

一口に衣類スチーマーといっても、アイロン兼用タイプやスチーム量が多いもの、携帯性に優れたものなど、形状も機能も様々。ライフスタイルや使い方に合わせて適したものを選びたいところです。

そこで、今回は衣類スチーマー選びで知っておきたい6つの選び方のポイントと、タイプ別のおすすめ機種をご紹介します。
あなたのお家にぴったりの衣類スチーマー選びの参考にしてみてください。

※いますぐおすすめ衣類スチーマーの比較一覧表が見たい方は、こちらの比較一覧表まとめからご覧ください。

 

衣類スチーマーの特徴

衣類スチーマーの特徴

衣類スチーマーは、高温のスチームを吹き出すことで衣類のシワを伸ばすことができる家電です。
シワをとるだけでなく衣類の除菌・脱臭・ダニやアレル物質対策・花粉対策などの効果もあります。

アイロン台を使わずにハンガーにかけたままサッと手軽に使えるので、忙しい朝にも便利。
シャツやオシャレ着のシワ伸ばしから、洗いづらいコートやダウン、ソファなどの日常のケアまで、幅広く活躍します。

衣類スチーマーとスチームアイロンの違い

衣類スチーマーとスチームアイロンの違い

衣類スチーマーとスチームアイロンどっちを買うか?は迷いがちなポイントですよね。

とても似ている2つの衣類ケア家電ですが、大きな違いとなるのがハンガーにかけたままスチームの力だけでシワを伸ばすか、それともアイロン台でプレスしてシワを伸ばすか。それによって仕上がりや使い方にも違いが出てきます。

衣類スチーマー スチームアイロン
仕組み スチーム+熱 熱+プレス+スチーム
使用スタイル ハンガーにかけたまま アイロン台を使う
仕上がり ふんわり パリッと
向いている使い方 1~2枚をサッと仕上げる 大量の衣類をまとめてかける
得意な衣類仕上げ オシャレ着のふんわり仕上げ、衣類の収納シワ、デリケートな素材 ビジネス用のワイシャツ、ズボンの折り目付け、プリーツスカート

とはいえ、最近では「プレスもできる衣類スチーマー」や「スチーマーとしても使えるアイロン」など分類が微妙な兼用タイプも多くあります。どちらを選ぶか迷ったらそういった兼用タイプを選ぶといいかもしれません。

衣類スチーマーの選び方

衣類スチーマーの選び方

衣類スチーマーを選ぶ際に、重要なポイントとなるのはこちらの6つ

  1. プレス機能の有無
  2. スチーム量
  3. 水タンク容量と持続時間
  4. 立ち上がり時間
  5. コードの有無
  6. サイズと重さ

しっかり比較して自分のお家に合ったものを選びましょう。

1.プレス機能の有無

衣類スチーマーの選び方 1.プレス機能の有無

衣類スチーマーの中には、プレスして使うこともできるアイロン兼用タイプもあります。

忙しいときはハンガーにかけたままスチームだけで使って、しっかり時間をかけられるときはアイロン台でプレス機能を使う…というように用途に合わせて使い分けることができます。

ただしアイロン兼用タイプは、機種によってはスチーム量が少ない・スチーム持続時間が短いなどの弱点があることも多いので、しっかりとスペックを確認して選びましょう。

2.スチーム量

衣類スチーマーの選び方 2.スチーム量

衣類スチーマーでより素早くきれいにシワを伸ばしたい方は、スチーム量を重視して選ぶのがおすすめです。

スチームの多さは、1分間に連続して出せる平均スチーム量で比較することができます。15g/分以上のスチームがパワフルなものを選びましょう。

なお、衣類スチーマーの中には連続でスチームを出し続けることができず、単発のスチームを数秒おきに噴射して使うものもあります
このタイプは時間がかかるので、パワーや仕上がり重視の方にはあまりおすすめしません。

3.水タンク容量と持続時間

衣類スチーマーの選び方 3.水タンク容量と持続時間

衣類スチーマーは、スチーム量が多い機種ほどたくさんの水が必要となります。どんなにパワフルでも、すぐに水が切れて頻繁に給水しなければならないのは大変ですよね。

水タンクの容量とスチーム持続時間は事前に確認して、5分以上は連続してスチームが出せるものを選ぶと使いやすいでしょう。

4.立ち上がり時間

衣類スチーマーの選び方 4.立ち上がり時間

衣類スチーマーが使えるようになるまでの時間が早い機種だと、朝の忙しい時間帯でもサッと起動して使うことができます。

立ち上がり時間は、機種によって15秒程度で使えるものから1分以上もかかるものまで様々。
せっかく手軽さが魅力の衣類スチーマーを選ぶなら、立ち上がり時間が1分以内で待ち時間を短縮できるものがおすすめです。

5.コードの有無

衣類スチーマーの選び方 5.コードの有無

衣類スチーマーは、お湯を沸かすのに大きな電力を必要とするためほとんどが電源コードをつないで使用します

コードレスタイプは場所を選ばず便利なのですが、スチーム持続時間が極端に短くなるなど弱点もあるので気を付けましょう。

また、電源コードの長さはあまり短いと動きが制限されてしまうので、長めを選ぶほうが使い勝手が良くおすすめです。

6.サイズと重さ

衣類スチーマーの選び方 6.サイズと重さ

衣類スチーマーは、機種によって形状や大きさ・重さにかなり違いがあります

旅行や出張などで持ち運んで使いたい方には、コンパクトに収納できて軽いものが便利です。

また、衣類スチーマーは手に持って使うものなので、力に自信のない方はタンク満水時の重さが1kg未満の比較的軽いものがおすすめです。

タイプ別 おすすめ衣類スチーマー

 タイプ別 おすすめ衣類スチーマー

ここまでご紹介してきた選び方をもとに厳選したおすすめの衣類スチーマーがこちらです。

重視したいポイントやライフスタイルに合わせて、お家にぴったりの衣類スチーマーを探してみてください。

スチーム量重視のパワフルタイプ

  • T-fal アクセススチーム ホワイト DT8110J0
  • コンエアー エクストリームスチーム ウルトラ GS-40J
  • T-fal トゥイニー オートスチーム DV9120J0

プレス機能も使いやすいアイロン形状

  • Panasonic NI-FS760
  • T-fal スチーム シュシュ コードレス DV7530J0
  • 日立 CSI-RX3

旅先でも使える小型軽量タイプ

  • T-fal アクセススチーム ポケット DT3030J0
  • Panasonic NI-MS100

価格重視の高コスパタイプ

  • T-fal 2in1 スチームアンドプレス DV8630J1
  • ツインバード ハンディーアイロン&スチーマー SA-4086

【番外編】クローゼット型の最新衣類ケア家電

  • LG styler S3MF

※なお、いますぐおすすめ衣類スチーマーの比較一覧表が見たい方は、こちらの比較一覧表まとめからご覧ください。

【パワフル】T-fal アクセススチーム ホワイト

T-falのアクセススチーム ホワイトは、パワフルなスチームで人気の衣類スチーマー。上下に動かす際に安定しやすいよう人間工学に基づいて設計された独特な形状も特徴的です。

平均18g/分の大量スチームが、繊維のすみずみまで浸透し短時間でしっかりシワを伸ばして衣類をケア。2つのモード搭載で、素材に合わせて使い分けられます。

スチーム持続時間も約10分と長め。やや重めなのは気になるところですが、パワーや機能面を重視する方にはぴったりの衣類スチーマーです。

T-fal アクセススチーム ホワイト DT8110J0
プレス機能
平均スチーム量 (g/分) 18 / 14
モード ターボ / デリケート
水タンク容量 185ml
連続運転時間 約10分 (ターボ)
立ち上がり時間 40秒
コード 約3.0m
本体サイズ (幅×長さ×高さ cm) 13×14.1×28.3
折りたたみ (サイズ)
本体重量 約1,220g
タンク満水時重量 約1,405g
Amazon税込価格 ¥8,279

(※2021/1/5時点の価格です)
ティファールの衣類スチーマー「アクセススチーム」使用レビュー!使い方や他機種との違いも解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

【パワフル】コンエアー エクストリームスチーム ウルトラ

アメリカの家電メーカーコンエアーのエクストリームスチーム ウルトラは、最高クラスの平均スチーム量22g/分が魅力。

スチーム量は5段階で調整でき、最大のレベル5でも約8分連続でスチームを出すことが可能です。簡易ズボンプレッサーも搭載されていて、ズボンの折り目つけなどにも使えます。

パワフルな反面重さがデメリットではありますが、スチーム量重視の方におすすめの衣類スチーマーです。

コンエアー エクストリームスチーム ウルトラ GS-40J
プレス機能
平均スチーム量 (g/分) 22
モード 5段階
水タンク容量 200ml
連続運転時間 約8分 (レベル5)
立ち上がり時間 約40秒
コード 2.7m
本体サイズ (幅×長さ×高さ cm) 13×15×31
折りたたみ (サイズ)
本体重量 約1,000g
タンク満水時重量 約1,200g
Amazon税込価格 ¥8,618

(※2021/1/5時点の価格です)

【パワフル】T-fal トゥイニー オートスチーム

T-fal トゥイニー オートスチームは、長い取っ手付きのアイロンのような形状が特徴の衣類スチーマーです。

平均スチーム量は15g/分と比較的多く、プレス機能でアイロンとして使うことも可能です。

連続使用が約4分と短めなことやアイロン使用時に温度設定できないことなど弱点もありますが、アイロン兼用タイプの中ではスチーム量が多くバランスの良い衣類スチーマーです。

T-fal トゥイニー オートスチーム DV9120J0
プレス機能
平均スチーム量 (g/分) 15
モード 3倍ジェットスチーム / 通常
水タンク容量 60ml
連続運転時間 4分
立ち上がり時間 40秒
コード 約2.6m
本体サイズ (幅×長さ×高さ cm) 10×32.5×11.5
折りたたみ (サイズ)
本体重量 約830g
タンク満水時重量 約890g
Amazon税込価格 ¥7,150

(※2021/1/5時点の価格です)

【アイロン型】Panasonic NI-FS760

PanasonicのNI-FS760は、アイロン兼用タイプでは人気の高い衣類スチーマーです。

上下左右どの向きでもスチームの噴出量が変わらないので、衣類スチーマーとしてもスチームアイロンとしても使いやすくなっています。

立ち上がり時間が約23秒という早さも魅力的。ササっと起動して約10分連続使用が可能です。

スチーム量は11g/分とやや少なめですが、毎日気軽に使えるアイロン型の衣類スチーマーです。

Panasonic NI-FS760
プレス機能
平均スチーム量 (g/分) 11
モード 連続パワフル&ワイドスチーム/瞬間3倍パワフルスチーム
水タンク容量 115mL
連続運転時間 約10分
立ち上がり時間 約23秒
コード 約2.5 m
本体サイズ (幅×長さ×高さ cm) 8×16×13
折りたたみ (サイズ)
本体重量 約745g
タンク満水時重量 約860g
Amazon税込価格 (価格コム最安) ¥9,691

(※2021/1/5時点の価格です)

【アイロン型】日立 CSI-RX3

日立の衣類スチーマーCSI-RX3は、スチームがワイドに広がる十字の噴出口が特徴的なアイロン兼用タイプ。

約30秒でサっと使えて、アイロンとして使うときは3段階の温度調節も可能。

水タンクの容量が少なめなのでスチーム持続時間は約5分30秒とやや短めですが、タンク満水時でも約770gという軽さ。力に自信のない方にもおすすめの衣類スチーマーです。

日立 CSI-RX3
プレス機能
平均スチーム量 (g/分) 13
モード 高(スチーム)・中(スチーム)・低
水タンク容量 80mL
連続運転時間 約5分30秒
立ち上がり時間 約30秒
コード 約2.5 m
本体サイズ (幅×長さ×高さ cm) 17.5×8.5×12.5
折りたたみ (サイズ)
本体重量 約690g
タンク満水時重量 約770g
Amazon税込価格 (価格コム最安) ¥7,618

(※2021/1/5時点の価格です)

【アイロン型】T-fal スチーム シュシュ コードレス

T-fal スチーム シュシュ コードレス DV7530J0

T-falのスチーム シュシュ コードレスは、その名の通りコード有り無しどちらでも使える衣類スチーマーです。

コードレスは手軽に使えるのが魅力ですが、スチーム持続時間が約70秒と短いので注意しましょう。

アイロンとしても使えるプレス機能つきの衣類スチーマーの中では、比較的スチーム量が多めの14g/分というのも魅力ですね。

T-fal スチーム シュシュ コードレス DV7530J0
プレス機能
平均スチーム量 (g/分) 14
モード 高(スチーム)・中(スチーム)・低
水タンク容量 100ml
連続運転時間 3分(コード有) / 70秒(コードレス)
立ち上がり時間 45秒
コード コードレス (約2.6m)
本体サイズ (幅×長さ×高さ cm) 8.3×17.2×14.5
折りたたみ (サイズ)
本体重量 約830g
タンク満水時重量 約930g
価格コム最安価格 ¥12,800~

(※2021/1/5時点の価格です)

【小型軽量】T-fal アクセススチーム ポケット

T-fal(ティファール) アクセススチーム ポケット 衣類スチーマー DT3030J0

T-fal アクセススチーム ポケットは、小型軽量の衣類スチーマー。アイロン機能は無いスチーマー特化型です。

コンパクトに折りたたみができて、旅行や出張先にも持っていけるサイズ感。満水時重量も約920gと比較的軽めで、立ち上がり時間が15秒と早いのも魅力です。

スチーム量は13g/分とやや低めですが、気軽に扱える使用感を重視したい方にぴったりの衣類スチーマーです。

T-fal アクセススチーム ポケット DT3030J0
プレス機能
平均スチーム量 (g/分) 13
モード
水タンク容量 120ml
連続運転時間 約9分
立ち上がり時間 15秒
コード 約2.6m
本体サイズ (幅×長さ×高さ cm) 10.5×12.5×22
折りたたみ (サイズ) ○(10.5×12.5×18.0)
本体重量 約800g
タンク満水時重量 約920g
価格コム最安価格 ¥7,504~

(※2021/1/5時点の価格です)
ティファールの衣類スチーマー「アクセススチーム」5種類の違いを比較!選び方やおすすめ機種も紹介 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

【小型軽量】Panasonic NI-MS100

PanasonicのNI-MS100は、旅行・出張先への持ち運びを重視した小型軽量タイプの衣類スチーマー。こちらはアイロン兼用タイプとなります。

タンク満水時でも約700gとかなり軽いぶん性能は低め。スチームの連続噴射はできませんし、立ち上がりに約2分も時間がかかってしまいます。アイロンとして使うときも温度設定はできません。

あくまで旅先用の簡易衣類スチーマーとしておすすめのモデルです。

Panasonic NI-MS100
プレス機能
平均スチーム量 (g/分)
モード ショットスチーム
水タンク容量 60mL
連続運転時間
立ち上がり時間 約120秒
コード 約2.5 m
本体サイズ (幅×長さ×高さ cm) 11×15.5×11
折りたたみ (サイズ) ○ (11×10.5×10.5)
本体重量 約640g
タンク満水時重量 約700g
Amazon税込価格 ¥4,900

(※2021/1/5時点の価格です)

【コスパ】T-fal 2in1 スチームアンドプレス

T-falの2in1 スチームアンドプレスは、約4000円という価格の安さが魅力の衣類スチーマーです。

連続スチームはできませんが、3段階での温度調整が可能なのでアイロンとしても十分活躍できそうです。

人気のT-fal衣類スチーマーを低価格で使えるコスパの良い一台です。

T-fal 2in1 スチームアンドプレス DV8630J1
プレス機能
平均スチーム量 (g/分)
モード 高(スチーム)・中・低
水タンク容量 70ml
連続運転時間
立ち上がり時間 70秒
コード 約3.0m
本体サイズ (幅×長さ×高さ cm) 38.8×9.5×12.7
折りたたみ (サイズ)
本体重量 約740g
タンク満水時重量 約810g
Amazon税込価格 ¥3,990

(※2021/1/5時点の価格です)

【コスパ】ツインバード ハンディーアイロン&スチーマー

格安家電でおなじみのツインバード製のハンディーアイロン&スチーマーは、さすがの低価格で人気の衣類スチーマーです。

アイロン兼用タイプで3段階での温度調整が可能。約40秒で使えるようになり、タンク満水時約705gという軽さも魅力的。

こちらも連続スチームはできませんが、ブランドにこだわらず低価格の衣類スチーマーが欲しい方におすすめの商品です。

ツインバード ハンディーアイロン&スチーマー SA-4086
プレス機能
平均スチーム量 (g/分)
モード 高(スチーム)・中・低
水タンク容量 75ml
連続運転時間
立ち上がり時間 約40秒
コード 約2.5 m
本体サイズ (幅×長さ×高さ cm) 33.5×8×9.8
折りたたみ (サイズ)
本体重量 約630g
タンク満水時重量 約705g
Amazon税込価格 ¥3,578

(※2021/1/5時点の価格です)

【番外編】LG styler S3MF

LG stylerは通常の衣類スチーマーではありませんが、スチームの力でシワを伸ばす新しい衣類ケア家電です。

使い方はクローゼット型の本体の中に専用ハンガーで衣類を吊るしておくだけ。あとは自動で内部に充満させた高温のスチームと振動で衣類のシワ伸ばしや除菌をしてくれます。衣類にあわせて13種類以上のコースから選べるのも嬉しいポイント。

10万円以上する高級家電ではありますが、一度は試してほしい便利な家電です。

LG styler S3MF
プレス機能
平均スチーム量 (g/分)
モード 13種類以上
水タンク容量
連続運転時間
立ち上がり時間
コード
本体サイズ (幅×長さ×高さ cm) 44.5×58.5×185
折りたたみ (サイズ)
本体重量 約83kg
タンク満水時重量
価格コム最安価格 ¥137,956~

(※2021/1/5時点の価格です)
一度使うと手放せない?衣類ケア家電「LG styler」実機レビュー! – Rentio PRESS[レンティオプレス]

おすすめ衣類スチーマー 比較一覧表まとめ

最後に、ここまでご紹介したおすすめ衣類スチーマーを比較一覧表にまとめました

機能を比較して選びたい方は、こちらを参考にしてみてください。

T-fal アクセススチーム ホワイト コンエアー エクストリームスチーム ウルトラ T-fal トゥイニー オートスチーム Panasonic NI-FS760 日立 CSI-RX3 T-fal スチーム シュシュ コードレス T-fal アクセススチーム ポケット Panasonic NI-MS100 T-fal 2in1 スチームアンドプレス ツインバード ハンディーアイロン&スチーマー LG styler
プレス機能 プレス機能
平均スチーム量 18g/分 22g/分 15g/分 11g/分 13g/分 14g/分 13g/分 平均スチーム量
水タンク容量 185ml 200ml 60ml 115mL 80mL 100ml 120ml 60mL 70ml 75ml 水タンク容量
連続運転時間 約10分 約8分 約4分 約10分 約5分30秒 約3分(コード有) / 70秒(コードレス) 約9分 連続運転時間
立ち上がり時間 約40秒 約40秒 約40秒 約23秒 約30秒 約45秒 約15秒 約120秒 約70秒 約40秒 立ち上がり時間
コード 約3.0m 2.7m 約2.6m 約2.5m 約2.5m コードレス (約2.6m) 約2.6m 約2.5m 約3.0m 約2.5m コード
T-fal アクセススチーム ホワイト コンエアー エクストリームスチーム ウルトラ T-fal トゥイニー オートスチーム Panasonic NI-FS760 日立 CSI-RX3 T-fal スチーム シュシュ コードレス T-fal アクセススチーム ポケット Panasonic NI-MS100 T-fal 2in1 スチームアンドプレス ツインバード ハンディーアイロン&スチーマー LG styler
本体サイズ (幅×長さ×高さ cm) 13×14.1×28.3 13×15×31 10×32.5×11.5 8×16×13 17.5×8.5×12.5 8.3×17.2×14.5 10.5×12.5×22 11×15.5×11 38.8×9.5×12.7 33.5×8×9.8 44.5×58.5×185 本体サイズ (幅×長さ×高さ cm)
折りたたみ 折りたたみ
本体重量 約1,220g 約1,000g 約830g 約745g 約690g 約830g 約800g 約640g 約740g 約630g 約83kg 本体重量
満水時重量 約1,405g 約1,200g 約890g 約860g 約770g 約930g 約920g 約700g 約810g 約705g 満水時重量
Amazon税込価格 (価格コム最安) ¥8,279 ¥8,618 ¥7,150 ¥9,691 ¥7,618 – (¥12,800~) – (¥7,504~) ¥4,900 ¥3,990 ¥3,578 – (¥137,956~) Amazon税込価格 (価格コム最安)
T-fal アクセススチーム ホワイト コンエアー エクストリームスチーム ウルトラ T-fal トゥイニー オートスチーム Panasonic NI-FS760 日立 CSI-RX3 T-fal スチーム シュシュ コードレス T-fal アクセススチーム ポケット Panasonic NI-MS100 T-fal 2in1 スチームアンドプレス ツインバード ハンディーアイロン&スチーマー LG styler

(※2021/1/5時点の価格です)

衣類スチーマーはレンタルもできる

衣類スチーマーはレンタルもできる

衣類スチーマーの機種選びで迷っている方は、レンタルで試してみる方法もおすすめです。

家電レンタルサービスのRentioでは、ティファールやPanasonicをはじめとした衣類スチーマーをレンタルして試すことができます。気に入ったらそのまま購入も可能なので、購入前のお試しにぴったりです。

レンタルできる衣類スチーマーの種類や価格については、こちらから詳しくご覧ください。

[レンタル] 衣類ケア・衣類スチーマー 一覧 – Rentio[レンティオ]

関連記事

衣類スチーマーとアイロンとの違いを解説!手軽にしわを伸ばせる「衣類スチーマー」の魅力とは? – Rentio PRESS[レンティオプレス]
ティファールの衣類スチーマー「アクセススチーム」5種類の違いを比較!選び方やおすすめ機種も紹介 – Rentio PRESS[レンティオプレス]
ティファールの衣類スチーマー「アクセススチーム」使用レビュー!使い方や他機種との違いも解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]
一度使うと手放せない?衣類ケア家電「LG styler」実機レビュー! – Rentio PRESS[レンティオプレス]
新時代の衣類ケア家電“LG styler”特別インタビュー。「気持ちも衣類も毎日リフレッシュできる」 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

よく読まれている記事ミシン・衣類ケアカテゴリのランキング

ピックアップ記事