ヤーマンのキャビスパ360を実際に使ってレビュー!効果的な使い方や使用感を解説

saki.a
saki.a

公開日2021/09/30

ヤーマンのキャビスパ360を実際に使ってレビュー!効果的な使い方や使用感を解説

キャビテーションと聞くとエステサロンでやるものという気がしますよね!
ヤーマンのキャビスパ360キャビテーションを自宅で体験することが出来ちゃうそうです!

私は以前キャビテーションを受けるためにエステサロンに数ヶ月通った経験があります。
通わなくなってだいぶ経ちますが、自宅で体験出来るなら!と思い、今回はキャビスパ360をレンタルして使用し実際に使った感じなどレビューしたいと思います。

ヤーマンのキャビスパ360とは?

“エステのようなキャビテーションをご自宅で”がキャッチコピーのキャビスパ360!

人間工学に基づいた形状で、体の気になる部分にアプローチが可能な家庭用キャビテーション美容器です。

エステサロンでしか体験できないと思っていたキャビテーションが自宅で自分の好きなタイミングでできちゃいます。

EMS×キャビテーションでボディケア

キャビスパ360では、EMSとキャビテーションを同時に出力します。

運動でも落ちにくいパーツやハンドケアでは痛くて揉み出せないパーツのケアに人気のキャビテーション機能は業務用でも使われる330kHzの周波数。

EMSは筋肉を刺激する「エクサモード」もみだすような刺激を与える「セルケアモード」の2種類のモード設定と4段階のレベル設定で、目的に合わせたケアを自分で選んで使用することができます!

フェイスモードも搭載

お顔用にEMS波形をカスタマイズしたフェイスモードを搭載

体感の違うEMSで表情筋を刺激し、フェイスラインから首などこれ1台でケアが可能です。

お風呂でも使える

防水だからお風呂の中でも使えてバスタイム中でも全身のケアをすることができます。

さらに丸洗いOK!なので常に衛生的に保つことができます。

キャビスパ360の使い方を解説

使用上の注意点

・必ず腕などでプレテストを行う
※24時間以内にお肌に赤みやほてりを感じなければ使用OK!

・使用するときは、水/ローション/ジェルなどでお肌を湿らせてから電極部をお肌にあてる

・アクセサリー類(ネックレス・ピアス等)は必ず外してから使用する

・顔に使用するときは必ずメイクを落とす

・使用時間/使用頻度を守る
1部位10分程度で週2~3回/全身で1回30分以内(二の腕/太もも/ふくらはぎなどでは左右合計10分)
※再度EMSを同一部位に使用する場合は24時間以上間隔をあけてください
使用時間/使用頻度はあくまで目安です。お肌の状態をみながら無理な使用はやめましょう!

基本的な使い方

1.水・ローション・ジェルなどでお肌を十分に保湿する

お肌が乾いた状態だとEMSなどが体感しにくく肌トラブルの原因にもなるので、しっかりと保湿しましょう。

オイル/スクラブ系/刺激の強い化粧品/ボディソープ/温感効果のあるもの/脂肪燃焼成分を含むものは使用できません。注意しましょう。

初めての方は専用の化粧品を用意するのもおすすめです。
↓ヤーマン推奨のジェルがこちら。

2.電源をオンにする

電源/モードボタンを約3秒長押しして電源をオンにします。

キャビスパ

3.モードを選ぶ

電源/モードボタンを押すたびに「ピッ」と音が鳴りモードが切り替わります。

モードランプにアイコンが出るのでモードの確認ができます。

4.レベルを選ぶ

レベルボタンを押すたびに「ピッ」と音が鳴りEMSの強さが切り替わります。(レベル0~5)

※使い始めは必ずレベル1から始め、無理のないレベルで使用しましょう!

5.お肌に当てる

●エクサモード/セルケアモード→電極部全体をお肌にあててゆっくりと動かす(約2㎝/1秒)

●フェイスモード→EMS電極部をお肌にあててゆっくり動かす(約2~5㎝/1秒)

6.電源をオフする

電源/モードボタンを長押し(約3秒)するとランプが消灯します。

キャビスパ360を実際に使ってみた感想

キャビスパ

使う前にヤーマンの公式YouTubeに上がっている使い方の動画を見て予習してからお風呂で使用してみました。

お風呂で「エクサモード」を使用

自分の中で一番気なっている部位は太ももとふくらはぎだったのでそこから使用しました。

まずはエクサモード/レベル1でスタート!
「トントントン・・・」という感じで刺激が来て全く痛くなく心地いい感じでした。

最初、片手でやっていたのですが、両手で持つ方が安定して刺激も感じやすかったのでこっちのスタイルに変えてみました。

軽くふくらはぎ~太ももを流してみてからEMSのレベルを3に上げてみました。さすがにレベル1よりしっかりめに刺激を感じましたが、私はこっちの方が好みでした。(ちょっとレベル4にしてみたらピリピリ感が強く感じたので自分のベストは3かなと思いました)

最初は湯舟の中で使っていたのですが、家のお風呂が狭く(笑)肘がガンガン当たってしまったので湯舟から出て使用しました。
出てから使用しても使用感に変わりはなかったので、自分のリラックス出来る場所での使用が良いと思います。

お風呂で「セルケアモード」を使用

右足からスタートしたので、左足はセルケアモード/レベル1で使用してみました。
セルケアモードは「ドドドド・・・キューン」といった感じでちょっとお肉をつままれるような感じがしました。

レベル1でもしっかり刺激を感じましたが、少し使ってみてからレベル2にあげてみました。そしたら「キューン」となるタイミングで膝がビクッとなったのでちょっとびっくりしました!(痛いとかはなかったです)
やっぱり当てる部位によってレベルを調整しながら使うのが良いかもしれません。

2つのモードを使用してみて私はセルケアモードの方が感覚的に好きでした!

その後も二の腕や腰回りにも使用してみました。
二の腕は自分でもみほぐしたりしにくい場所なのでキャビスパを当てていてとても楽しかったです。
腰回りもあてるのは難しかなと思ったのですが、本体の形状がスティック状なのでかなり当てやすく簡単にできました。

お風呂で「フェイスモード」を使用

初めて使用した日は体にしっかり30分使ってしまったので、別の日にフェイスモードを使用してみました。(こちらもお風呂で使用)

顔用の美顔器と違ってキャビスパは顔・体どちらも使えるので少し大きいです。なので、顔には当てづらいかなと思っていたのですが顔にあててみてびっくり!とても顔にフィットしました。
顔を流すのもとってもスムーズに流せてやりやすかったです。

EMSも「キューッ」っとなる感じで気持ち良かったです。レベル1から始めましたがレベル2でも結構強めにピリピリ感じたので、ずっとレベル1で使用しました。

私が一番気持ちよく感じた場所は耳の後ろあたりから首筋の部分でした。
私は首・肩がすごく疲れやすい体質なのですが、首筋部分にキャビスパをあてていったらすごくスッキリする感覚になりました。
説明書に“首すじに使用する場合はEMSの刺激が強く感じられる場合があります”と記載されていたので強く当てすぎずEMSのレベルを上げないように気を付けて使用しました。

お風呂以外での使用

せっかくの防水なのではじめはお風呂で使用していたのですが、お風呂以外でも使ってみました。

お風呂以外で使うときは水分を多めに含んだジェルを塗ってみました。(お水だとすぐ蒸発してしまって手間かなと思いジェルにしました)

ルームウェアを着たままでも出来る部位の二の腕・ふくらはぎに使用してみたのですがお風呂で使うのと変わらない使用感でした!
音なども全く気にならないので、テレビを見ながらでも使用出来ました。お風呂あがりにボディクリームをつけて自分で足などをもみほぐす方は多いと思うのですがその感覚でキャビスパは使えました。

ながら使用が出来るので良い反面、使い過ぎには注意をしなければと思いました。

キャビスパ360の良かった点・気になった点

◎ お風呂で使える

防水なのでお風呂で使える!しかも湯舟の中でも使えるのがとてもよかったです。
身体を温めながらリラックスして使用できるのが◎でした。

◎ フェイスモードが気持ちいい

本体の顔へのフィット感が◎
ボディがメインでフェイスはおまけかな?とはじめは思っていたのですが、全然そんなことなくフェイスケアもしっかりできます。

〇 本体が持ちやすく操作しやすい

スティック状なのでとても持ちやすく動かしやすいです!

△ 立てて収納出来たらよかった

本体を置く台が付属なのはとても嬉しいのですが、寝かせて置いておくのは場所を取ってしまうので立てて収納できたら嬉しかったなと思いました。

キャビスパ360を使ってみて気になる点はあまり見つかりませんでした。
それくらい個人的には使いやすく良い美容器だなと感じました!

まとめ

今回はヤーマン キャビスパ360をレンタルして実際に使用してみました。

使用する前は、見た目がちょっと重そうで使いにくいのかな?という印象を持っていたのですが実際に使ってみたら全く違っていてとても使いやすい美容器でした。

これ1台でボディもフェイスもしっかりケア出来るのでコスパ的にもかなりいい商品だなと思います。

キャビスパ360はレンタルで試せる

ヤーマン キャビスパ360は家電レンタルサービスのRentio(レンティオ)でレンタルすることができます。

実際にキャビスパ360を使って自宅でエステの様なキャビテーションを体験してみてはどうですか?

[レンタル] YA-MAN ヤーマン キャビスパ 360 HDS-100 – Rentio[レンティオ]
[レンタル] 美容家電 買う前にお試し – Rentio[レンティオ]

 

※情報提供 / ヤーマン株式会社

関連記事

YA-MAN(ヤーマン)の美顔器の魅力!種類と選び方、使い方を紹介 – Rentio PRESS[レンティオプレス]
ヤーマン メディリフト プラスを使ってレビュー!メディリフト・アクアとの違いも徹底解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]
ヤーマン「RFボーテ キャビスパRFコア」使用レビュー!人気家庭用キャビテーションの実力を検証 – Rentio PRESS[レンティオプレス]
YA-MAN RF美顔器 フォトプラス 使用レビュー!使い方や実力を詳しく検証 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

よく読まれている記事美容家電カテゴリのランキング

ピックアップ記事