レンティオによるカメラ・家電の徹底解説サイト

Zuvi Halo(ズーヴィ ヘイロー)を使用レビュー!コードレスヘアドライヤーのメリットとデメリットを紹介します

mm
mm

公開日2022/01/07

Zuvi Halo(ズーヴィ ヘイロー)を使用レビュー!コードレスヘアドライヤーのメリットとデメリットを紹介します

スティック掃除機などで実用化が進むコードレス化ですが、ついにヘアドライヤーにも搭載される時代になりました!

毎日使うものだからこそ、コードのストレスなく使えるのはうれしいですよね!

「コードレスドライヤーって本当にちゃんと乾くの…?」
「実際の使い心地は…?」
と、今までになかった商品なだけに、気になることも多いですよね。

そこで、今回はヘアドライヤーの常識を覆したコードレスドライヤー「Zuvi Halo(ズーヴィ ヘイロー)」の実体験レビュー紹介します!


Zuvi Haloの特徴

「Zuvi Halo」は主に次の特徴を有するコードレスヘアドライヤーです。

  1. 自然な風と光で乾かす新感覚ドライヤー
  2. いつでも、どこでも使用可能!
  3. 3つのモードを搭載
  4. 急速充電に対応
  5. お子さんがいる家庭でも使いやすい!

1. 自然な風と光で乾かす新感覚ドライヤー

髪のダメージ比較

「Zuvi Halo」には早朝の太陽の光を再現することで有害な紫外線を除去し、健康的な光を生み出す技術と搭載しています。

自然な風と光で乾かすため、髪へのダメージが少ないのです。

最初に使ったとき、ぽかぽかとした温かさを感じる程度で、全く熱くないことにとても驚きました!

髪内部に高い水分を保持

「Zuvi Halo」は頭全体や周辺の空気ではなく、髪表面の水分に作用し蒸発させます。

使用環境の湿度や温度を測定するセンサーを搭載し、最も適した光の熱エネルギーを放出することで、快適に髪を乾かすことができます。

過度な熱のダメージがなく水分を保つことが出来るので、より美しい髪へと導かれます。

熱の比較

参考資料として、ドライヤー使用時の表面温度の比較写真もごらんください。

従来までのドライヤーは温風があたっている部分が高熱になる一方で、右の「Zuvi Halo」はほとんど温度変化がないのが分かります。

これによって、髪内部に高い水分を自然に保持し潤いを与えてくれるのです。

2. いつでも、どこでも使用可能!

「Zuvi Halo」の魅力は何とってもコードレス

場所を選ばずに使用できるので、ソファやベットでくつろいだまま使ったり、外出先での使用や、ジムの帰りや小旅行にもおすすめです!

3. 3つのモードを搭載

「Zuvi Halo」には、切り替え可能な3つのモードを搭載しているので、その時々にあった使用が可能です。

モード名 機能詳細
FASTモード 最大使用時間は13分。いつでも、どこでも自由に乾かせます。
SOFTモード 熱を抑えることで最大使用時間は15分
FASTモードより長い時間使うことができます。
COOLモード 光による熱の発生がなく、涼しい風のみが放出されます。
最大使用時間は27分と長時間の使用が可能です。

4. 急速充電に対応

「Zuvi Halo」は19分で90%まで回復する急速充電も備えます。

コードレスの弱点であるバッテリー問題を、急速充電によってカバーするよう設計されています。

バッテリー残量が無くなっても、例えばお風呂や朝食の時間で、十分に充電ができます。

5. お子さんがいる家庭でも使いやすい!

従来のドライヤーは風と熱で髪を乾かすため、同じ場所に当て続けると熱くなってしまうことがあります。

それに対して、「Zuvi Halo」は熱の力を使わないので、子どもや頭皮が敏感な方にも安心して使うことができるのです!

髪を過度に熱することなく乾燥できるため、熱を嫌がるお子様にも安心してお使い頂けます

また、チャイルドロックも付いているので、お子さんのいる家庭や、外出先で使う時などにうれしいです。

コードレスヘアドライヤー Zuvi Haloを実際に使いました

Zuvi Halo コードレスヘアドライヤーの使用

まずは「Zuvi Halo」の同梱品から確認しましょう。

白とステンレスシルバーを貴重としたミニマルなデザインで、電源コードも黒でなくグレーなのも評価ポイントでした。

  • 本体
  • 充電台
  • 充電コード
  • 取扱説明書

使い方は簡単

使い方はとても簡単で、本体背面にある電源ボタンとモード切替ボタンを操作するだけです。

  1. 電源ボタンを1~2秒程長押して電源オン
  2. 鏡面が緑色に光り、中心から風が出ます
  3. モード切替ボタンでモード選択
  4. 電源ボタンを1~2秒程長押して電源オフ

充電台はちょっとしたものを置くのに便利!

充電台は小物を置ける

充電台にはドライヤー本体をさす箇所の反対側に、ちょっとしたものを置くことが出来るスペースもあります。

ヘアケアに欠かせないオイルや、あると便利なヘアゴムやピンを置くのにぴったりで重宝しました!

また、本体と充電台の色が白に統一されており、部屋の雰囲気を邪魔しません。

髪を乾かすのにかかったドライヤー時間

髪を乾かすのにかかったドライヤー時間

私自身はショートヘアで、複数回のブリーチをしているため、普段のドライヤー時間は7~8分かかります。

それに対して、「Zuvi Halo」を使ったら13分と乾かす時間が大幅に伸びてしまいました

また、タオルドライが不十分な時は、髪が乾ききる前に充電が無くなることもしばしば生じました。

結論、ショートからミディアムヘアまでの長さの方にはぴったりかもしれませんが、ロングヘアの方1回の充電で完全に乾かすことは難しいように思います。

時間短縮のコツ

効率よく乾かすコツ

「Zuvi Halo」を使う際は、事前にタオルで水滴がなくなるまで十分に乾かしてから使用します。

温風を当てるときは、髪と本体の吹き出し口との距離を10~15cmに保ち、髪を手で動かしたり持ち上げたりしながら乾かしてください。

「Zuvi Halo」は熱くならないので、10~15cmほどの近距離で使っても問題ありませんでした。

タオルドライが不十分だと、なかなか髪が乾かず、充電が無くなってしまうこともあるので、しっかりとタオルドライしてから使いましょう!

髪の長い方(乾かすのに時間がかかりそうな方)は、最初にFASTモードで乾かした後にSOFTモードに切り替えると、FASTモードのみを使用した時よりも長い時間使用が可能です。

コードレスドライヤー Zuvi Haloのメリット

「Zuvi Halo」を使って感じたメリットを紹介します。

コンセントから開放される

1番のメリットは、コードレスなのでコンセントを必要としないことです。

場所を選ばずに使用ができ、外出先でも気軽に使えます。

コードがあるプチストレスから解放されました!!

髪へのダメージが抑えられる

もう1つ感じた大きな魅力は、髪へのダメージが軽減されることです。

FASTモードでは独自センサーにより自動で風量と光が調節されるので、過度な乾燥を防ぐことができます。

実際に乾かし終わった後、髪の水分が保持できるので、髪がパサつきにくくなったと感じました。

消費電力が少ない

消費電力が少ない

ヘアドライヤーとしては一長一短かもしれませんが、1回あたりの消費電力を抑えられるのも「Zuvi Halo」のメリットだと思います。

一般的にヘアドライヤーの消費電力は600W~1200Wほどですが、「Zuvi Halo」の消費電力は最大290Wとかなり低いです。

毎日使うものだからこそ、ランニングコストが低いのはありがたいですね!

Zuvi Haloのデメリット

一方で、デメリットに感じたこともありました。

乾かないまま充電が切れてしまう

FASTモードの最大使用時間が13分なので、髪の長さによっては乾ききらない場合があります。

ショートヘアの私は、タオルドライを十分にすることでギリギリ乾かすことができますが、髪の長い方は乾ききらない可能性があるので注意が必要です。

温風が出ません

「Zuvi Halo」は温風が出ません!

熱によるダメージを最小限に抑えた結果、風と光による乾燥となっております。

乾燥中は冷風を浴び続けるので、冬の季節はつらいかもしれません。逆に、夏なら涼しいのでおすすめです!

乾燥中は髪が絡まりやすい

「Zuvi Halo」は冷風による乾燥です。

濡れた髪が冷めた状態が続くため、温風使用時より髪が絡まりやすくなります。

できるだけ髪をブラッシングしながら使用することをおすすめします。

Zuvi Haloはお試しレンタルで体験できる!

いつでもどこでも使えるコードレスヘアドライヤー「Zuvi Halo」の使用感からメリットとデメリットを確認し、自身の髪質には合うのかどうか気になったのではないでしょうか?

買うとそこそこいいお値段なので、できれば実際に数日使用してから購入したいですよね。

そんな方のためにZuvi Haloのお試しレンタルプランが用意されています。

家電レンタルのレンティオなら、他にも様々なドライヤーを用意しているので、使い比べて自身にピッタリのドライヤーを見つけてみてください。

[レンタル] ドライヤー 一覧 – Rentio[レンティオ]

関連記事

[最新] ドライヤーおすすめ10種を一覧表で比較!高級・コスパなど選び方も解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

[2022最新] Panasonicのドライヤー「ナノケア」シリーズの違いを比較! – Rentio PRESS[レンティオプレス]

レプロナイザー7D Plusを使ってレビュー!4D Plusと比較しておすすめを紹介します – Rentio PRESS[レンティオプレス]

ReFa(リファ) ビューテックドライヤーを使ってレビュー!オシャレで人気なドライヤーの実力は? – Rentio PRESS[レンティオプレス]

よく読まれている記事ドライヤー・ヘアケアカテゴリのランキング

ピックアップ記事