ダイソンハンディ掃除機 V6シリーズラインナップとそれぞれの違いを解説

Rentio公式
Rentio公式

更新日2021/09/28

ダイソンハンディ掃除機 V6シリーズラインナップとそれぞれの違いを解説

みなさんご存知のダイソンの掃除機。最近ではレイコップに対抗してふとんクリーナーなんてものも発売をはじめました。

ダイソンの掃除機はもう数年前から既に有名でしたが、以前はそれほど吸引力も強くなく、プロモーションばかりが先行してしまっている印象がありました。しかし最近では名実ともに吸引力や利便性にすぐれた製品を次々と投入しており、高価な製品ながらも売れ筋ランキング上位を独占するほどにまでなっています。

そんなダイソンですが、ふとんクリーナーを発売するタイミング(2015年5月)に、これまでの掃除機のラインナップを一新し、新モデルを大量投入してきました。これまでは製品の型番に「DC」と入ったDCシリーズが旧モデルとなり、今の現行モデルは「V6」シリーズといったものにとってかわりました。

V6シリーズの製品は多くのラインナップが用意されており、購入する側にとっては多くの選択肢がある反面、それらの違いが少々わかりにくくなってしまっているのも事実です。

今回の記事ではそんなダイソンの現行モデルのうち、ハンディ掃除機についてそれらの違いをまとめています。製品選びの参考になれば幸いです。

ダイソンハンディ掃除機 V6シリーズ

ダイソンがハンディ掃除機として販売している製品は以下の4種類です。

  • Dyson V6 Triggerpro
  • Dyson V6 Mattress
  • Dyson V6 Trigger

V6シリーズと、旧DCシリーズの違い

それではV6シリーズと、旧モデルのDC61は一体なにが違うのでしょうか?

V6シリーズはDCシリーズのマイナーチェンジ版のため、実は本体やモーターの構造などはほとんど一緒です。そんな中でも大きな違いは二点ありまして、「ポストモーターフィルター」と「運転音の低減」です。

新しく搭載された「ポストモーターフィルター」

運転音の低減は文字通りですが、「ポストモーターフィルター」は今回の新モデルの目玉となっています。「部屋の空気よりもきれいな空気を排出します。」というのがV6シリーズのキャッチコピーにもなっていますね。

これは、吸引した空気を排出するときに空気清浄機でも使われる高性能なフィルターを介することできれいな排気を実現するといった機能です。
その性能は0.3ミクロンのチリの99.97%を除去するとあり、PM2.5の大きさが2.5ミクロンなのでスペック上はほとんどを除去できてしまうということになっています。

たしかにV6シリーズとD61MHを見比べると、排気口の部分が少々突き出しているのがわかります。ここに高性能フィルターを搭載しているというわけですね。

機能一覧表

V6 Mattress V6 Triggerpro V6 Trigger
発売時期 2015年 2015年 2015年
モーター デジタルモーターV6 デジタルモーターV6 デジタルモーターV6
ポストモーターフィルター
運転音 低減モデル 低減モデル 低減モデル
本体質量 1.63kg 1.63kg 1.63kg
製品サイズ 144 x 399 x 208 144 x 399 x 208 144 x 399 x 208
充電時間 3.5時間 3.5時間 3.5時間
使用時間 最大20分間 最大20分間 最大20分間

V6ハンディクリーナーのラインナップ 3種

さて、ここまでで旧DCシリーズとV6シリーズの違いをご説明させていただきましたが、今度はV6シリーズ内で3種ある「Dyson V6 Mattress」「Dyson V6 Triggerpro」「Dyson V6 Trigger」の違いについてです。

これらの三機種ですが、実は本体のカラーがそれぞれ違うものの、中身は一緒です。違いはセットになっているノズルが異なります。

最もリーズナブルな「V6 Trigger」は、必要最低限のセット。「V6 Mattress」はそれらに加えて延長ホースとふとんツールが。「V6 Triggerpro」には延長ホースと、頑固な汚れに適したハードブラシがセットになっています。

目を引くカラーの「V6 Mattress」も、特別な機能を持っているというわけではありません。マットレスをミニモーターヘッドで清掃するならば、オプションノズルである「ふとんツール」と「延長ホース」こそないものの、安価なV6 Triggerでだって布団の掃除はできるわけです。

競合となるレイコップはUVランプ、叩き機能などを搭載しているのに対して、「ゴミやチリを多く吸い込んで、きれいにして吐き出す」という掃除機の基本中の基本を製品哲学として突き詰めたものがダイソンの掃除機というわけです。

V6シリーズ 付属品一覧

V6シリーズ3種の付属ノズルを一覧にすると以下のようになります。

V6 Mattress V6 Triggerpro V6 Trigger
ミニモーターヘッド
コンビネーションノズル
隙間ノズル
延長ホース
フトンツール
ハードブラシ

ダイソンV6 オプションノズル

Dyson 公式ストアより

まとめ

以上となります。V6シリーズについて、おわかりになりましたでしょうか。

繰り返しになりますが、V6シリーズと旧DCシリーズの大きな違いはきれいな空気を排出するための「ポストモーターフィルター」です。あとは騒音や電力消費など細かい部分の改善にとどまっています。

さらにV6シリーズ3機種ですが、カラーこそ違うものの本体は実は一緒です。それぞれの用途に適したノズルが付属しているといった違いですね。

ダイソンの公式サイトでは、メーカー名こそ出していないものの布団のダニ退治にUVや振動は効果が薄いと遠回しにレイコップを批判しているところがおもしろいですね。

いずれにせよ安い買い物ではないので、あとで後悔することのないようにしたいものです!

同じくダイソンのスティック型についても書きましたのでよければご覧ください

ダイソン スティック掃除機新モデル V6シリーズラインナップまとめ | Rentioまとめ

ダイソンはレンタルもできる

レンティオでは、ダイソン掃除機をはじめ様々な電気製品をレンタルして試すことができます。往復送料無料でご利用可能です。
まずは試してみたいという方は、是非ご検討くださいね!
[レンタル] Dyson (ダイソン) – Rentio[レンティオ]

よく読まれている記事掃除機カテゴリのランキング

ピックアップ記事