TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2実写レビュー。優れた解像力とコスパで標準レンズの新たな選択肢に

Atsushi Yoshioka
Atsushi Yoshioka

更新日2019/07/23

TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2実写レビュー。優れた解像力とコスパで標準レンズの新たな選択肢に

更新日

一眼カメラのレンズレパートリーには様々な用途に応じたレンズが販売されていますが、その中でも使用頻度が高くなるのは標準レンズではないでしょうか。

35mm換算で24mmから100mm程度を保有するレンズを標準レンズと呼びますが、日常生活において様々なシーンで使用することができる利便性の高いレンズです。

かつて上質なレンズを求めるためには純正レンズしか選択肢がない状況ですが、近年ではタムロンシグマなど、サードパーティー製レンズメーカーの台頭が目立つようになりました。

今回ご紹介するTAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC USD G2は、サードパーティー製レンズながら高品位の描写を実現する標準ズームレンズとして注目を浴びています。

ここではTAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2の実力を実際に使用して作例とともに解説していきます。

サードパーティーが挑む上質な標準レンズ

10年ほど前まではサードパーティー製レンズは「安いだけのレンズ」という認識が広まっていました。

キヤノンやニコンが販売する純正レンズに関しては昔から描写力に定評がありましたが、価格は高く、とてもアマチュアのカメラマンにとって手の届きやすい存在ではありませんでした。

ここ数年でサードパーティーレンズメーカーは技術革新

今ではタムロン、シグマをはじめとするサードパーティーレンズメーカーは、驚くべき性能を搭載したレンズを数多く開発しています。

レンズとしてのレベルが大きく上がったのはここ数年の話で、レンズ開発の技術において革新的な成長を遂げています。

タムロンでは、これまでも標準レンズを開発してきましたが、今回ご紹介するTAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC USD G2は、タムロンの高品位モデルとして、限られたモデルには付けられない「G2」の称号が与えられています。

カメラレンズの選び方!純正とサードパーティーの違いを比較して解説 – RentioPress

外観レビュー

ここからはTAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2の実物を使用して、外観デザインのレビューをしていきます。

フィルター径Φ82mmの大口径レンズ

TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 大口径

TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC USD G2は、高品位のレンズとしてフィルター径Φ82mmの大口径レンズとなっています。

レンズは口径が大きくなるほど高画質を実現すると言われていますが、TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2では、標準レンズとして大きい口径サイズを採用することで高画質を実現しています。

逆にその分レンズ本体のサイズや重量も増加するため、携帯性を求める方にはおすすめできるレンズとは言えません。

TAMRON G2シリーズのシンプルデザイン

TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 デザイン

タムロンが近年高品位レンズシリーズとして展開する「G2」では、共通したデザインが採用されています。

モノトーン色しか使用せず、非常にシンプルなデザインが採用されています。また、レンズに使用されている素材に安っぽさを感じることはなく、簡易的ながら防滴構造も採用されています。

ズームリングがレンズ前方に大きめに配置され、フォーカスリングに関しては根本側で細目で配置されています。

程よいズームリングの固さ

TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 ズームリング

レンズによってズームリングの固さというのは差が出てくるところです。

これまで色々なレンズを試してきましたが、ズームリングが固く、瞬時の焦点距離変更に対応できない場面や、ズームリングが緩く下方向にレンズを向けた場合、勝手に焦点距離が変わってしまうなどの問題がありました。

TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC USD G2では、前例として挙げた2点について全く心配することのない適切な固さを実現しています。

しかし、キヤノン用を使用する場合、一つ注意しておきたい点は、ズームリングが回転する向きがキヤノン純正レンズと逆であることです。

撮影性能レビュー

外観に関するご紹介を行ってきましたが、ここから実施の描写能力に関わるレンズの撮影性能についてレビューしていきます。

24-70mmという標準レンズの王道

TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 焦点距離幅

TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC USD G2で採用された焦点距離の幅は24mmから70mm

この焦点距離は標準ズームレンズにおける王道でもあり、これまでも数多くのレンズで採用されてきました。

基本的にフルサイズセンサーを搭載した一眼カメラに装着されることが想定されており、風景写真などで効果的な広角側から少し被写体を寄せた撮影にも対応する焦点距離域となっています。

開放F2.8の明るさを実現

TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC USD G2で採用された開放F値はF2.8

これは標準ズームレンズとしても非常に明るいレンズの分類に入り、開放F値が低いことから撮影における表現に幅の広さを与えてくれます。

F2.8の明るさを実現していることから、暗い場所の撮影でもシャッタースピードをある程度かせげることなどのメリットが存在します。

ボケ味の表現にもおすすめ

TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Shooting in Tokyo

Canon EOS RP, TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2, 1/2000sec, F4, ISO100, しながわ花海道

開放絞り値が低いことでボケ味を活かした撮影でも活躍するレンズです。

また、最短撮影距離は38cmであることから、ある程度被写体に近づいた撮影が可能で、開放F2.8の絞りと合わせたボケ味豊かな作品の撮影も可能です。

高級サードパーティーとして圧倒的高画質

TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Shooting in Tokyo

Canon EOS RP, TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2, 1/2000sec, F13, ISO1000, 戸越公園

高品位レンズとして求められる性能として解像力は欠かせません。

いくら数値上で優秀な性能を実現していても写し出される写真において解像力の低下や、周辺減光などのマイナス要素が見受けられる場合、レンズとしての魅力は低下します。

四隅までクッキリ解像

今回実際にTAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC USD G2を使用して様々なシーンで撮影を行いましたが、四隅まで歪みを感じることのない鮮明な解像力は非常に優れていると感じました。

個人的に少しだけ気になる点として、以前Rentio PRESSでもご紹介したTAMRON SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2でも見受けられたホワイトバランスよりも若干黄色が強くなる点でしょうか。

しかし、こちらに関しても現像作業時に自然な状態への修正が容易であることから大きな問題ではありません。

優れたコーティング技術でフレア・ゴーストを抑制

TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Shooting in Tokyo

Canon EOS RP, TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2, 1/640sec, F9, ISO100, しながわ花海道

レンズ技術が追い付いていない頃のサードパーティー製レンズでも日中晴天などの好条件の環境では良い描写を実現している印象ですが、逆光など強い光源がレンズに入った際のフレア・ゴーストの発生は避けられない問題でした。

TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC USD G2では、最新のレンズコーティング技術によって逆光時など強い光源がレンズに入り込んだ際でもフレア・ゴーストの発生を極限まで抑えてくれます。

完全に抑制することは難しいものの、日中時間帯の強い太陽光線にレンズを向けた場合でも大きく目立つようなフレアやゴーストの発生は見られませんでした。

5段分の手ブレ補正はクラス最高

TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 手ブレ補正

焦点距離が小さくなるほど手ブレ発生のリスクは少なくなり、モデルによっては手ブレ補正機構が搭載されないこともあります。

しかし夜間の手持ち撮影なども高感度耐性により一般的となってきた現代だからこそ手ブレ補正機構は重要な性能としてTAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2でも採用されています。

ファインダーを覗いただけでわかる効果

TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC USD G2の手ブレ補正はクラス最高となる約5段分を実現

標準ズームレンズとしては圧倒的な手ブレ補正能力を実現し、その効果はファインダーを覗いただけでも体感できる性能です。

そのため、夜間など手持ち撮影を行う場合でもシャッタースピードが低下してもぶれにくい撮影をサポートしてくれます。

TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2作例

TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Shooting in Tokyo

Canon EOS RP, TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2, 1/30sec, F10, ISO200, 40mm, 戸越公園

TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Shooting in Tokyo

Canon EOS RP, TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2, 1/200sec, F8, ISO1000, 60mm, 戸越公園

TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Shooting in Tokyo

Canon EOS RP, TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2, 1/50sec, F10, ISO200, 44mm, 戸越公園

TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Shooting in Tokyo

Canon EOS RP, TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2, 1/2000sec, F16, ISO1000, 27mm, 戸越公園

TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Shooting in Tokyo

Canon EOS RP, TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2, 1/500sec, F2.8, ISO100, 70mm, 戸越公園

TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Shooting in Tokyo

Canon EOS RP, TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2, 1/100sec, F5, ISO100, 70mm, 戸越公園

TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Shooting in Tokyo

Canon EOS RP, TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2, 1/4000sec, F2.8, ISO100, 70mm, 戸越公園

TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Shooting in Tokyo

Canon EOS RP, TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2, 1/400sec, F8, ISO160, 52mm, しながわ花海道

TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Shooting in Tokyo

Canon EOS RP, TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2, 1/640sec, F9, ISO320, 67mm, しながわ花海道

TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Shooting in Tokyo

Canon EOS RP, TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2, 1/2500sec, F2.8, ISO100, 52mm, しながわ花海道

TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Shooting in Tokyo

Canon EOS RP, TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2, 1/640sec, F4.5, ISO100, 70mm, しながわ花海道

TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 Shooting in Tokyo

Canon EOS RP, TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2, 1/500sec, F9, ISO250, 66mm, 東品川屋上庭園

純正Canon EF24-70mm F2.8L II USMとの比較

TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC USD G2をお調べになっている多くのユーザーの方が気になるのがCanon EF24-70mm F2.8L II USMなどの純正レンズとの違いかと思われます。

ここからはキヤノンユーザーである私が純正レンズとの違いを比較して解説していきます。

高さはEFの方が高く、幅はTAMRONの方が広い

TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 純正比較

24-70mm F2.8と、レンズ仕様的に似ている両者ですが、大きさは若干の違いが存在します。

フィルター径に関してはどちらもΦ82mmが採用されていますが、レンズの高さではCanon製の方が高く、レンズの最大径ではタムロン製の方が太い違いがあります。

重量に関してはCanon製が約805gタムロン製が905gと、100gの差があります。

純正は設計が少し古いが描写はLレンズらしさを体感できる

純正レンズであるCanon EF24-70mm F2.8L II USMは、2012年発売と2017年発売のTAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2と比較して設計自体も少し古いモデルとなりますが、キヤノンが誇る高級レンズシリーズ「Lレンズ」のラインナップとして描写力に優れています。

サードパーティー製レンズが躍進を遂げているとはいえ、純正レンズにおける信頼性は撮影においてメリットは多く、実績豊富な描写力から人気を集めています。

純正は手ブレ補正が非搭載

EF24-70mm F2.8L II USM 手ブレ補正 非搭載

TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC USD G2では、5段分の手ブレ補正機構を搭載しているとご紹介しましたが、純正レンズであるCanon EF24-70mm F2.8L II USMでは、手ブレ補正機構が一切搭載されていません。

そのためシャッタースピードが低下する場面などにおいては純正レンズの方が手ブレを抑えることが困難というデメリットがあります。

TAMRON 24-70mm F2.8 G2製品仕様表

モデル名 TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2
焦点距離 24-70mm
明るさ F2.8
レンズ構成 12群17枚
最短撮影距離 0.38m
最大撮影倍率 1:5倍
フィルター径 Φ82mm
最大径 φ88.4mm
長さ 111mm (キヤノン用)
質量 905g (キヤノン用)
絞り羽根 9枚(円形絞り)
最初絞り F22
手ぶれ補正効果 〇(5段分)
標準付属品 花型フード/レンズキャップ/レンズポーチ

使う頻度の多い標準レンズでワンランク上の選択肢

TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 レビュー

タムロンが誇る高品位レンズとしてTAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC USD G2をご紹介してきました。

標準レンズは様々な選択肢が存在しますが、TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2は、ワンランク上の質を求めるのに適したレンズだと感じます。

現代レンズとして解像力の良さが求められるのは当然の流れですが、TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2では優れた解像力はもちろん、コーティングによるフレア・ゴーストの抑制、強力な手ブレ補正機構など、撮影において強力なサポートを実現します。

そして24-70mmという使う頻度の高いレンズだからこそ、質の高いモデルを選ぶことをおすすめします。

TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2は、そんな質の高いレンズでの選択肢の一つとして満足できるレンズとなるでしょう。

まずはレンタルでお試し

レンズに感じる魅力というのは人それぞれ異なる部分も存在します。

TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC USD G2は、優秀なレンズであることは間違いありませんが、購入へと踏み切るのには勇気がいると思われます。

そんなとき、カメラレンズのレンタルサービスを利用して購入の検討としてお試しされることをおすすめします。

家電レンタル「Rentioでは、今回ご紹介したTAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2はもちろん、様々な人気のカメラレンズを豊富なラインナップから選んでレンタルすることが可能です。

ぜひこの機会にまずはお試しとして高品位のレンズをRentioでレンタルして実力を体感されてみてください。

[レンタル] TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 標準ズームレンズ (CANON EFマウント) – Rentio[レンティオ]

[レンタル] TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 標準ズームレンズ (NIKON Fマウント) – Rentio[レンティオ]

よく読まれている記事一眼カメラカテゴリのランキング

ピックアップ記事