siroca「2wayコードレススティッククリーナー」実機レビュー!SV-S251とSV-S261の違いも比較

mari fukuen
mari fukuen

公開日2021/04/08

siroca「2wayコードレススティッククリーナー」実機レビュー!SV-S251とSV-S261の違いも比較

気軽に使えるサブ機として、一人暮らしのメイン機として、いま人気を集めているのが軽量タイプのコードレス掃除機です。

なかでもスティック時重量0.9kgという圧倒的な軽さを特長とするコードレス掃除機が、siroca(シロカ)の2wayコードレススティッククリーナーです。

軽量ながら十分なパワーを搭載していて、ハンディ掃除機としても使えるノズルも付属。軽さだけではなく使い勝手にも優れた”ちょうどいい”一台です。

今回は、そんなシロカの掃除機「2wayコードレススティッククリーナー SV-S251」を実際に使ってその実力を検証してみたいと思います。

 

siroca「2wayコードレススティッククリーナー SV-S251」の特長

シロカ 2WAYコードレススティッククリーナー SV-S251

スティック時0.9kgと最軽量クラスのコードレス掃除機「siroca SV-S251」

スティック掃除機としてもハンディ掃除機としても使えて、家中を気軽にササッと掃除できる便利なコードレス掃除機です。

今回、siroca「2wayコードレススティッククリーナー SV-S251」をレンタルして使用することができたので、実際に使いながら特長を紹介していきたいと思います。

siroca「2wayコードレススティッククリーナー SV-S251」 外箱写真

スティック時重量0.9kgは最軽量クラス

siroca「2wayコードレススティッククリーナー SV-S251」の特長 スティック時重量0.9kgは最軽量クラス

なんといってもsiroca 2wayコードレススティッククリーナー最大の魅力といえば、その軽くてスリムなボディでしょう。

スティック時重量0.9kgは、コードレス掃除機としては最軽量クラス。
実際に手にしてみても普段使っている掃除機とは比べ物にならない圧倒的な軽さで、フロアワイパーに近いような使い勝手です。

スリムなデザインなので、収納場所を取らないのも嬉しいポイントです。

十分なパワーに複数のノズルで家中お掃除

siroca「2wayコードレススティッククリーナー SV-S251」の特長 十分なパワーに複数のノズルで家中お掃除

1kg以下という軽さながら十分なパワーを搭載しているのも、siroca 2wayコードレススティッククリーナーの掃除機の特長。1kg以下のコードレス掃除機のなかでは最高クラスの吸引力を実現しているそうです。


ヘッドに回転ブラシが無いためカーペットや絨毯の掃除にはあまり向いていませんが、フローリングの掃除機がけであれば満足できるレベル
ブラシが無いぶん軽くて小回りが利くので、家具の下や階段など細かな部分の掃除もしやすくなっています。


また、付属のブラシ付きノズル隙間ノズルに切り替えれば、棚の上や高い場所の掃除も可能。色々な場所の掃除に活躍する掃除機です。

バッテリー持ちや使い勝手も文句なしの水準

siroca「2wayコードレススティッククリーナー SV-S251」の特長 バッテリー持ちや使い勝手も文句なしの水準

siroca SV-S251は、リチウムイオンバッテリー内蔵のコードレス掃除機なので、電源の場所を気にせず掃除が可能。
標準モードで25分、強モードでも10分の連続使用ができるので、気になる場所をまとめて掃除できます。

電源ON/OFFや吸引モードの切り替えはすべてボタン式。手元でかんたんに操作ができます。

さらに、ワンタッチでゴミ捨ても可能なので、こまめにお手入れして衛生的に使い続けられます。

ダストボックスの水洗いはできますが、排気フィルターは水洗いNGなので気を付けましょう。

siroca SV-S251を実際に使ってみた様子

siroca SV-S251を実際に使ってみた様子

実際にsiroca SV-S251を使って、操作感や吸引力、稼働音について検証してみました。

床掃除時の操作性はまずまず

実際に床掃除に使ってみると、前後の動きに関してはスムーズですが方向転換するときなどにはヘッドの動きがぎこちなく感じることがありました。

とはいえ、0.9kgの軽さがすべてをカバーしていて、少し持ち上げて動かせば難なく操作ができました。

操作性に関しては、とくにストレスを感じることはありませんでした。

吸引力はパワフル

続いて、ハンディ掃除機に切り替えて5枚の100円玉を吸い込む実験をしてみました。

結果は5枚ともすべてしっかりと吸引成功

siroca SV-S251はブラシのないノーマルヘッドなのでゴミをかき出す力が無く吸い込む力だけでキレイにする仕組みなのですが、これだけのパワーがあれば日常のゴミ程度は問題なく吸い込むことができそうです。

稼働音はそれなりにうるさい

騒音計を使って稼働音を検証してみたところ、強モードで86~90dB、標準モードで79~81dB程の音が計測されました。

実際に耳にしてみても、キーーーンという高めの音で思ったよりうるさい印象を受けました。

吸引力を高めるために稼働音がうるさくなってしまうのは仕方ないことだと思うのですが、音が気になる場合は標準モードの使用がおすすめです。

sirocaのコードレス掃除機 「SV-S251」「SV-S261」の違い

sirocaの2wayコードレススティッククリーナーは、「SV-S251」とほとんど機能が同じ「SV-S261」という新モデルが2021年3月に発売されています。

見た目も機能も似通っている新旧2機種ですが、その違いはダストボックスの形状と本体サイズとなります。

ワンタッチゴミ捨てができるのは旧モデルの「SV-S251」のみ。新モデルの「SV-S261」では、毎回フィルターを取り外してゴミ捨てをする必要があります。

ゴミ捨ての手間を減らしたい方には「SV-S251」のほうがおすすめですが、発売時期の古い「SV-S251」は今後「SV-S261」に切り替わっていくことが予想されます。
在庫のあるうちに早めにゲットしておきましょう!

「SV-S251」「SV-S261」比較表

SV-S251 SV-S261
発売時期 2020年4月 2021年3月
ワンタッチゴミ捨て ×
本体部分サイズ (幅×奥行×高さ) 7×7×41 cm 6.5×7×37 cm
スティック時サイズ (幅×奥行×高さ) 22×17×106 cm 21.5×16.5×105.2 cm
重さ 0.6 kg(本体)、0.9 kg(スティック時)
集じん容積 0.14 L
運転時間 強:10 分、標準:25 分(満充電時)
セット内容 本体、充電アダプター、隙間ノズル、ブラシ付きノズル、取扱説明書

sirocaの2wayコードレススティッククリーナーで気軽に掃除を

sirocaの2wayコードレススティッククリーナーで気軽に掃除を

軽くてスリムなコードレス掃除機「siroca 2wayコードレススティッククリーナー」。

目に付く場所に置いておいていつでも気軽にサッと掃除ができるので、一家に一台あると便利です。

気軽に使えるサブ機として、一人暮らしのメイン機として、ぜひ用意してみてはいかがでしょうか。

シロカ 2WAYコードレススティッククリーナー SV-S251

sirocaのコードレス掃除機はレンタルもできる

siroca 2wayコードレススティッククリーナーの軽さを体験してみたい方には、家電レンタルで試してみるのもおすすめです。

家電レンタルサービスのレンティオでは、「siroca 2wayコードレススティッククリーナー」をレンタルして試すことができます

新品をレンタルできて1年レンタルし続けたらそのまま自分のものになるお得なプランもありますので、購入を検討中の方はぜひ気軽に試してみてください。

「siroca 2wayコードレススティッククリーナー」の検索結果一覧 – Rentio[レンティオ]
[レンタル] ハンディ掃除機・コードレス掃除機 一覧 – Rentio[レンティオ]

関連記事

使い方二刀流!シロカのハンディ&布団クリーナー SVC-350実機レビュー – Rentio PRESS[レンティオプレス]
[最新]コードレス掃除機おすすめ8機種を一覧表で比較!軽くて高コスパな一台の選び方 – Rentio PRESS[レンティオプレス] 
[最新]ダイソンコードレス掃除機 Microを含む全29種を一覧表で比較!おすすめや選び方を紹介 – Rentio PRESS[レンティオプレス]
[最新]マキタコードレス掃除機全21種類を一覧表で比較!おすすめと選び方を解説 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

よく読まれている記事掃除機カテゴリのランキング

ピックアップ記事