Dell Proワイヤレス ヘッドセット WL5022を実機レビュー!環境音を排除できる優秀なノイズキャンセリングマイクを搭載

まーしー
まーしー

公開日2021/11/18

Dell Proワイヤレス ヘッドセット WL5022を実機レビュー!環境音を排除できる優秀なノイズキャンセリングマイクを搭載

パソコンやイヤホンに内蔵されたマイクでも十分かもしれませんが、使用環境によってノイズが入ったり、声が途切れてしまうことありませんか。特に在宅勤務をしている方は、リモート会議中に生活音や環境音、子ども鳴き声や笑い声をマイクで拾ってしまうことに注意している方も多いでしょう。

そんな方におすすめしたいのがノイズキャンセリングマイクが搭載されたヘッドセットです。全指向性のパソコン/イヤホンの内蔵マイクと異なり、口元にマイクがあることで通話品質を向上させることができます。

この記事では、ヘッドセットの中でもビジネスに最適なZoom認証とマイクロソフトTeams認定を受けている「Dell Proワイヤレス ヘッドセット WL5022」の特長と実機レビューを紹介しています。リモートワーク環境で会議のマイク品質や通話に課題を感じている方は、ぜひ参考にしていただければ幸いです。


Dell Proワイヤレス ヘッドセット WL5022の特長

Dell Proワイヤレス ヘッドセット WL5022の特長

「Dell Proワイヤレス ヘッドセット WL5022」はノイズキャンセリングマイクが一体となったヘッドセットです。周囲の音が紛れがちな状況でも、口元近くにあるマイクがクリアな音声を届けてくれるため、通話/オンライン会議をより快適なものにしてくれます。

またパソコンとスマホの同時接続も可能でスムーズな切り替えが可能なことから、電話着信の多い職種でも便利に使える製品だと思います。

主な特長

  • ノイズキャンセリングマイク一体型のヘッドセット
  • Zoom認証とマイクロソフトTeams認定製品
  • 音楽も楽しめるHi-Fiステレオ
  • iPhone/Androidスマホ/Mac OS/Windows OSいずれも使える互換性の高さ
  • 最大15時間の連続使用可能なバッテリー持ち
  • ワイヤレス&折りたたみ式で優れた携帯性

音声だけでなく、会議中の映像にも課題を感じているなら、4KWebカメラのDell WB7022も検討してみてください。Dell Proワイヤレス ヘッドセット WL5022と合わせて、最強クラスのオンライン会議ツールになること間違いありません。
Dell デジタル高解像度Webカメラ WB7022を実機レビュー!4Kの高画質な映像でオンライン会議も好印象に – Rentio PRESS[レンティオプレス]

製品スペック一覧表

項目 スペック詳細
マイク性能 マイク2台のノイズキャンセル
– 単一指向性×1
– MEMS(無指向性)×1
聴覚保護機能 PLANTRONICS SOUNDGUARD® ACOUSTIC SAFETY
①118dBAより大きい音を自動制御
②ノイズレベルを102dBSPLに制限
③1日の平均騒音暴露量が85dBAの時間加重平均(TWA)を超えないよう測定および制御
操作方法 ハウジング側面のボタン操作
連続使用時間 会話:最大約12時間
音楽再生:最大約15時間
充電方法 microUSB to USB-Aケーブル(充電時間:1.5時間)
接続方式 ・Bluetooth 5.0 LTE
・Bluetooth USB アダプター
※ワイヤレス接続範囲:最大30m
プロファイル A2DP(Hi-Fi再生用プロファイル)
対応コーデック SBC
mSBC
CVSD
サイズ
(幅×奥行き×高さ)
約16.6cm×7.0mm×18.0〜20.7cm
※実測値
重さ 約150g
公式税込価格
(2021年11月16日現在)
29,700円

Dell Proワイヤレス ヘッドセット WL5022を実機レビュー

Dell Proワイヤレス ヘッドセット WL5022の実機レビュー

「Dell Proワイヤレス ヘッドセット WL5022」の実機を触りながら、設計や使い方を確認してみました。

後半ではマイク性能や音質、装着感も検証しているので、気になるものからお読みいただければと思います。

セット内容

Dell Proワイヤレス ヘッドセット WL5022のセット内容

「Dell Proワイヤレス ヘッドセット WL5022」に同梱されているセット内容はご覧のとおりです。

USBレシーバーはすでに本体とペアリング済みのため、差し込んですぐ使える簡易的な接続方法も用意されています。ちなみに、USBレシーバー使用ならワイヤレス範囲が最大30mになるため、接続したままで会議室から自席へ移動することもできます。(遮蔽物等の使用環境によって異なる)

セット内容

  • Dell Proワイヤレス ヘッドセット WL5022(本体)
  • microUSBケーブル
  • USB Bluetooth アダプター(レシーバー)
  • ポーチ
  • クイックスタートガイド etc.

合成皮革素材の密閉型オンイヤータイプ

Dell Proワイヤレス ヘッドセット WL5022のイヤーパッド

イヤーパッドは耳の上に乗せるオンイヤータイプです。ハウジングは密閉型になっており、コンパクトさと音漏れ(遮音性)のバランスが取れた形状です。頻繁な脱着、隣席への音漏れを考えると、ビジネス用途にマッチした組み合わせと言えます。(実際の音質や音漏れ具合は後ほど)

素材には柔らかい合成皮革(ビニールみたいな素材)が使われており、耳の凹凸を埋めるようにふわっと乗るので耳の穴にダイレクトに音が伝わってきます。オーバーイヤー型と比べて没入感(サラウンド感)はないのですが、一直線に音が入ってくるのでクリアに聞こえるように思いました。

ただし、今回は短い日数での試用だったため検証に至りませんでしたが、合成皮革の耐久性は少し不安です。というのも、人工皮革素材のヘッドホンだと経年劣化でイヤーパッドがボロボロと破れてしまうため、「Dell Proワイヤレス ヘッドセット WL5022」も数ヶ月・数年使ったときの耐久性が気がかりではあります。

マイク位置は左右どちらでもOK

イヤーパッドには「R/L」の文字がありますが、フラットな面であるため左右どちらでも使える仕様です。

マイクも270度回転するので、自身のフィットする方向で使えます。

操作部は一箇所に集約され分かりやすい

Dell Proワイヤレス ヘッドセット WL5022のボタン

ヘッドセットの操作ボタンはすべて片側に集約されています。導線的にも違和感のない配置になっているため、通話中の操作も簡単です。

ボタン位置 操作方法 機能
側面下 切り替えスイッチ 電源オン/オフ/Bluetooth通信
側面横 ボタン ミュート
側面上下 クリック 音量の上げ下げ
側面中央 1回押し ・通話の発信/応答/終了
・Microsoft ソフトフォンと接続
・オーディオ再生/一時停止
2回押し 次のオーディオへ
3回押し 前のオーディオへ
2秒長押し 音声アシスタントを起動
(Siri、Google Assistant™、Cortana)

コンパクトで携帯性抜群

イヤーパッドは回転させて折りたたむことができるため、薄いブリーフケース(ビジネスバッグ)でも収納しやすいです。

保護用のポーチも付属していますので、合成皮革素材のイヤーパッド部分へのダメージを最小限にしながら持ち運べます。

170gとヘッドセットとしては比較的重め

Dell Proワイヤレス ヘッドセット WL5022の重さ

携帯性に優れるもののビジネス用途のヘッドセットとしては重めかもしれません。持ち歩く分には気にならない重さですが、装着した際に重みを感じると思います。

スペック上は150gとありますので、計測方法や測定器の精度も関係しているかもしれません。

とはいえ、音楽用のヘッドホンと比べれば軽いため、マイク一体型で150gは十分許容できる重さです。

ソフトウェアで設定変更も可能

Dell Proワイヤレス ヘッドセット WL5022のセッティングアプリ

「Dell Proワイヤレス ヘッドセット WL5022」はPoly社のヘッドセットをベースに製造されているため、専用のソフトウェア「Plantronics Hub」を使って、ヘッドセットの設定を変更することができます。ちなみに、Windows OS/Mac OSどちらにも対応しているので安心してください。

主な設定内容

  • ファームウェアのアップデート
  • ヘッドセット言語の変更
  • ノイズレベルの変更
  • HD品質の音声オン/オフ
  • 大音量による衝撃制御(G616)のオン/オフ

Zoom認証とマイクロソフトTeams認定について

Zoom デスクトップクライアントでサポートされている USB HID デバイスMicrosoft Teams 認定ヘッドセットの一覧にDELL製品はありません。

ですが、ソフトウェアの説明で触れたように、「Dell Proワイヤレス ヘッドセット WL5022」はZoom認証とマイクロソフトTeams認定を受けているPoly社の「Voyager 4200 Office および UC シリーズ」のOEM製品(同じ性能・筐体で販売元が異なる)ということで、各認証および認定も引き継いでいるようです。

Voyager 4200 Office および UC シリーズ – Bluetooth 対応オフィス用ヘッドセット | Poly, formerly Plantronics & Polycom

約1.5時間充電で最大15時間の連続使用できるバッテリー

Dell Proワイヤレス ヘッドセット WL5022のバッテリー性能

バッテリー性能としては十分なもので最大15時間の音楽再生、会話(通話やオンライン会議)なら最大約12時間の連続使用が可能です。急速充電には対応しておりませんが、フル充電まで約1.5時間で済むのも嬉しいポイントです。

同梱品には電源アダプタがよういされておりませんので、お持ちでない方はUSB Type-Aの電源アダプタ(5W出力〜)の購入をお忘れなく。

Dell Proワイヤレス ヘッドセット WL5022を使って検証してみた

Dell Proワイヤレス ヘッドセット WL5022を使ってみた

「Dell Proワイヤレス ヘッドセット WL5022」のマイク性能と音質、それから装着感の3つを検証しました。

マイク性能は2種類のマイクも使って比較をしてみましたので、どのくらいのパフォーマンスなのか確認してみてください。

マイクのノイズキャンセリング性能を比較

まずノイズキャンセリング機能は想像以上のパフォーマンスでした。

ノートパソコン(MacBook Air)の内蔵マイク・AirPods(第3世代)の内蔵マイク・DELLのヘッドセットマイクの3種類でマイク性能を比較したのですが、「Dell Proワイヤレス ヘッドセット WL5022」の時は周囲の音がピタッとなくなっていることがわかります。ただ、DELLのヘッドセットは音声がこもっている感じに聞こえますね。

子供の泣き声や生活音気になる間取り、通り沿いに住んでいる方にとっては頼もしいアイテムかもしれません。

Ultra HD音質も聴ける

Dell Proワイヤレス ヘッドセット WL5022の音質

音質はビジネス向けということもあり、ミュージックプレーヤー用のヘッドホンとして使うならコスパが悪いです。重低音は弱く、こもったボーカルとシャリシャリ感があります。

ただAmazon Music HDだとUltra HD音質(24-bit/48Khz)で出力されていることが確認できましたので、一応はハイレゾ音源に対応ということになるのでしょうか。

ただBluetoothコーデックはLDAC非対応ということもあり、この辺りの信憑性は微妙かもしれません。

どちらにせよ会議用の音質としては必要十分な音質ではありますので、音楽再生はおまけくらいに思っていたほうが良いでしょう。

音漏れについて
音漏れは常識を超えるボリュームにしていない限りは気になるものではありませんでした。

長時間の装着感

Dell Proワイヤレス ヘッドセット WL5022の装着感

長時間の使用でも快適性を保つ合成皮革素材ということで、1日中付けっぱなしで仕事に望んでみたところ、筆者は2時間の連続使用で耳が痛くなりました。やはりオンイヤータイプということもあり、長時間の連続使用は難しいように感じました。

ただし、オーバーイヤー型ヘッドホンやイヤホンのような耳の奥に汗をかくような不快感はなく、通気性が優れている点においてはオンイヤータイプの利点に感じます。

長さを変えられるスライダーと角度可動式のイヤーパッド、クッション性のあるヘッドバンドでフィット感は心地よいものがあります。

頭の大きさなど個人差もありますので、あくまでも1つの事例として参考にしていただければと思います。

オンライン会議の環境音対策におすすめのヘッドセット

Dell Proワイヤレス ヘッドセット WL5022の実機レビュー

在宅勤務をしていると、オンライン会議の時間帯によっては周囲の音がどうしても入っていまい気を使うこともしばしばあると思います。

「Dell Proワイヤレス ヘッドセット WL5022」があれば、自宅の生活音・子供の声をはじめ、カフェや共有スペースでの使用もノイズを拾うこと無くクリアな音声を届けられると思います。スマホでの通話もノイズを拾いませんので、環境音から居場所を知られるリスクも減る利点もあるでしょう。

ビジネスシーンにおいて、環境音対策に有効はヘッドセットを探している方は、「Dell Proワイヤレス ヘッドセット WL5022」を一度検討してみてはいかがでしょうか。

リモートワーク/在宅勤務におすすめのお試しレンタル

「リモートワークは期間限定だから購入するほどでもない」
「実際にどんなものなのか、自分のパソコンで試してみたい」
そんな方にはお試しレンタルがおすすめです。

カメラ・家電レンタルサービスの「レンティオ(Rentio)」では、テレワークや在宅勤務で役立つアイテムのレンタルも提供しています。

レンタル期間中に気に入った製品があれば、そのまま購入もできますので、いくつか試してみてから購入を決めてはいかがでしょうか。

テレワークや在宅勤務で役立つアイテム特集 – Rentio[レンティオ]

[レンタル] ヘッドホン・イヤホン 買う前にお試し – Rentio[レンティオ]

※商品提供/デル・テクノロジーズ株式会社

関連記事

AfterShokzのAEROPEX実機レビュー!長時間利用も快適なワイヤレスの骨伝導イヤホン – Rentio PRESS[レンティオプレス]

Dell デジタル高解像度Webカメラ WB7022を実機レビュー!4Kの高画質な映像でオンライン会議も好印象に – Rentio PRESS[レンティオプレス]

Dell マルチデバイス ワイヤレス キーボード&マウス KM7120Wを使用レビュー!シームレスな切り替えと打鍵感が良き – Rentio PRESS[レンティオプレス]

DELL S2722QCをレビュー!USB-C対応の高コスパな27インチ 4K IPSディスプレイ – Rentio PRESS[レンティオプレス]

よく読まれている記事オーディオ・音楽カテゴリのランキング

ピックアップ記事