RICOH THETA SCを実写レビュー。はじめての360度カメラにおすすめのお手軽モデル

Atsushi Yoshioka
Atsushi Yoshioka

更新日2019/01/23

RICOH THETA SCを実写レビュー。はじめての360度カメラにおすすめのお手軽モデル

更新日

全方位を一度に映してしまう不思議な次世代カメラ「360度カメラ」。360度全ての画角を写すことができる魅力は言葉で語るのは正直難しいところがあります。

さまざまな360度カメラが存在する現代ですが、その中でも入門カメラははじめて使う方としては気になるところだと思います。

今回は360度カメラ界でも人気シリーズとして注目を集めるRICOH THETAシリーズからTHETA SCの性能や使用感を実際に使用した実写レビューを行っていきます。

360度カメラ入門に最適なTHETA SC

RICOHのTHETAシリーズは360度カメラとしては非常に高い知名度を誇り、家電量販店でも扱われることの多い有名な360度カメラです。

「RICOH THETA」の選び方!360度カメラ全モデルを価格や特長から比較検証 – RentioPress

シリーズでは上位モデルであるTHETA Vと今回ご紹介しているエントリーモデルに位置するTHETA SCにクラスが分かれ、クラス分けが明確であることも特徴的です。

THETA SCは手頃な価格で購入できることや、簡単な操作性と十分な画質で360度カメラ撮影の入門に最適なモデルです。

THETA SC 外観レビュー

THETA SC 外観

360度をどうやって写すのだろうというのが素朴な疑問としてあると思います。

両面に搭載された超広角レンズを組み合わせて360度映像を生成

360度カメラの大半はレンズを2つ保有し、それぞれは超広角レンズとなっているため、2つのレンズで撮影した画角を組み合わせることで360度映像が完成します。

THETA SC レンズ

THETA SCは、細長いボディの両面に円型のレンズが搭載されており、ポケットに入るほどの超小型化を実現しています。

THETA SC ボタン配置

カメラに取り付けられたボタンは本体中央のシャッターボタンサイドに存在する3つのボタン計4つのボタンのみで構成されます。

一眼カメラのように細かい設定をする必要がないため、非常にシンプルで簡単に撮影できるのもTHETA SCの魅力となっています。

細かい設定を行う場合でも側面に存在するWi-Fiボタンの操作により、スマートフォンとの接続が可能で、専用アプリにより細かい設定も可能です。

外部メモリーが使用できないので注意

THETA SC 外部メモリー不可

こちらはTHETAシリーズで共通していることですが、メモリーカードなどの外部の記録デバイスを使用することができないことがTHETAのデメリットとして挙げられます。

そのため本体内に搭載された限られたメモリー容量しか撮影することができないため、大量に撮影されることを計画されている方は要注意です。

8GBの内蔵メモリーのみ使用可

THETA SCでは8GBの内蔵メモリーを搭載しており、一見少ないように見えますが、それぞれの画像や映像のサイズが大きくなることがあまりないため、大きな影響はないでしょう。

それでも日頃から撮影したデータを削除することなく、貯め続けているといつの日かいきなりデータ容量が足りなくなったという事態にもなりかねないので注意が必要です。

THETA SCの特長

ここからはTHETA SCでおすすめのポイントや特長をご紹介していきます。

複数から選べるカラーバリエーション

他社の360度カメラを見てもカラーバリエーションを選ぶことはできず、シンプルな1色のみのカラーバリエーションということは珍しくありません。

しかしTHETA SCではエントリー向けモデルということもあり、4種類のカラーバリエーションから選ぶことができます。

THETA SC カラーバリエーション

選べるカラーバリエーションは、ベージュ・ホワイト・ブルー・ピンクで、どれもが落ち着いた彩度を実現しているスタイリッシュでおしゃれに持てる色合いとなっています。

最高Full HDで十分の高画質

近年では4K画質が当たり前のような時代になりましたが、THETA SCでは最高Full HD画質での記録が最高性能となっています。

一見画質が悪くなるのでは?と思いがちですが、4K動画というのは限られた場面でしか活きないのも正直なところです。

また、再生にも対応したモニターなどが必要となるため、4K画質での記録が可能だからといって、その性能が無駄になることも多々あります。

そしてFull HD画質でも初めての360度動画としては感動できるほどの高画質であり、満足いく画質と思えるでしょう。

非常に軽いボディ

THETA SC 小型軽量

一眼カメラなどになると300gや重いものでは1kgに近くなるボディもありますが、THETA SCでは重さ約102gという驚異的な軽量化を実現しています。

大きさ紹介の項目でも携帯性に優れた様子をご紹介しましたが、THETA SCは小型で軽量を実現している持ち運びに最適で旅行先などでも大活躍するカメラです。

上位モデルであるTHETA Vも大きさこそTHETA SCと共通していますが、重さの面では少しだけ重くなるため、より気軽で楽に持ち運びを行うのであればTHETA SCは最適な360度カメラとなるでしょう。

低価格で購入ことできる

モデル名 価格
RICOH THETA SC 23,020円
RICOH THETA V 47,180円
Insta360 ONE X 52,300円
Insta360 Nano S 31,215円
GoPro Fusion 71,666円
KeyMission 360 29,980円
Kodak 4KVR360 57,000円

撮影性能としてはそこまで高いとは言えませんが、THETA SCはとにかく気軽に使えることが大きなメリットです。

そのため販売価格も他の360度カメラと比較しても非常に安価であり、コスト面でも気軽に使うことができるおすすめの360度カメラとなっています。

上位モデルTHETA Vとの違い

先ほどからも何度か出てくる上位モデルTHETA Vという存在。

RICOH THETA Vを実写レビュー!話題の高性能360度カメラを細部まで徹底検証 – RentioPress

THETA Vは、THETA SCよりも性能面や画質で優れている上位モデルですが、THETA SCよりも気軽に使うようなカメラとは言い難い現状です。

あまり変化のない外観スペック

大きさこそTHETA SCと同じであるものの、先ほどもご紹介した通り重さは20gほどTHETA SCより重い約121gとなっています。あまり変化がないように思いますが、THETA Vの方が少し重くなるのが数値として出ています。

THETA V THETA SC 比較

THETA VはTHETA SCの上位モデル

価格も高騰しますが、その分画質などではTHETA SCを大きく引き離しています。現代のスタンダードとなった4K動画撮影や動画のオーディオ記録として重要になる360度空間音声記録などに対応した高性能モデルとなります。

上位モデルとしての拡張性能を求めないのであればTHETA Vはおすすめできるモデルで、日常での使用や気軽に撮影したいのであればTHETA SCの方がおすすめできるモデルとなります。

THETA SCとTHETA Vの違いを詳しくこちらで解説

THETA VとTHETA SCの違いを比較検証!2つを比較してそれぞれの特徴を紹介 – RentioPress

THETA SCで撮影できる作例集


Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

日中撮影時は階調豊かな仕上がりを実現します。360度カメラである以上、晴天野外の撮影では太陽の映り込みによる逆光状態が発生しますが、強い光源でもフレアやゴーストなどの発生が抑えられています

先ほどのTHETA Vとの比較の記事でもご紹介しましたが、色味の違いが若干あるものの、大きな違いはほとんどないと言えるでしょう。


THETA SC at KITTE – Spherical Image – RICOH THETA

こちらは東京駅近くのKITTEの1Fで撮影した360度画像になります。

360度カメラはその場の雰囲気を360度全て一度に写すことができますが、広角レンズを使用している影響もあり、実際の距離感とは大きく離れた部分があります


THETA SC at KITTE エスカレーター – Spherical Image – RICOH THETA

建物の中など、暗い場所での撮影はISO感度が自動的に上がり、ノイズの発生が目立ちますが、ぶれることのないシャッタースピードを維持し、エスカレーターのように少々の動きであれば背景も流れることはありません。

しかしシャッタースピードはスマートフォンと連携させた際にアプリ上で調整を行えるため、あえて流しているような撮影も可能です。

THETA SC製品仕様表

モデル名 THETA SC
発売日 2016年10月28日
有効画素数 約1200万画素
静止画解像度 5376×2688
動画解像度 Full HD(1920×1080)
最高ISO感度 静止画:1600
動画:1600
最高シャッタースピード 静止画:1/8000秒
動画:1/8000秒
動画フレームレート 30fps
360°空間音声記録
ライブストリーミング
リモート再生
Bluetooth
ジャイロセンサー
外部インターフェース microUSB
内蔵メモリー 約8GB
外形寸法 45.2mm(幅)×130.6mm(高さ)×22.9mm(奥行き)
質量 約102g
アプリケーション iOS/Android/PC

はじめての360度カメラにおすすめできるTHETA SC

THETA SC レビュー

これまでご紹介してきたようにTHETA SCは、360度カメラの入門として非常におすすめできるモデルです。

携帯性に優れたボディデザインや、4種類のカラーから選ぶことができるカスタマイズ性など、カメラとしてのおしゃれ具合も調整できるため、自然とモチベーションに繋がることも期待できます。

また、カメラとしての撮影性能も優秀で、Full HD画質ながら高精細で美しい映像を記録することができる他、ワンタッチで気軽に360度映像や画像を撮影できる操作性ははじめての360度カメラとしても迷うことなく、自然に360度の魅力へと入る込むことができるシンプルなカメラです。

少しずつ知名度も上がってきている360度カメラ。ブレイクする前に360度カメラを使用して流行を先取りするのも良いかもしれません。

360度カメラの基礎はこちら

話題の360度カメラの選び方とおすすめ機種20選 [2018年版] – RentioPress

RICOH THETA SCをレンタル

いくら安いとはいえ、全く未知なカメラをいきなり購入するのは勇気がいるもの。

そんな時に便利なのがカメラのレンタルサービスです。

家電レンタル「Rentio」では、人気入門360度カメラ「RICOH THETA SC」を最短3泊4日から気軽でお得にレンタルすることができます。

少しだけ試してみたい場合や、旅行先だけの短期で使用したい場合に最適なサービスとなっています。

是非この機会にRentioで360度カメラをレンタルして、これまでとは違った撮影を楽しんでくださいね。

[レンタル] 全天球カメラ RICOH THETA SC ホワイト – Rentio[レンティオ]

よく読まれている記事360度カメラカテゴリのランキング

ピックアップ記事