RentioPress

「RICOH THETA」の選び方!360度カメラ全モデルを価格や特長から比較検証

公開日 最終更新日
2,875view
「RICOH THETA」の選び方!360度カメラ全モデルを価格や特長から比較検証

近年デジタルカメラの中でも360度全方向を写すことができる「全天球カメラ」が人気を集めています。全天球カメラは360度カメラとも呼ばれ、旅行やアクティビティで活躍するカメラとして数多くのカメラが既に存在します。

その中でもリコーが販売する360度カメラシリーズ「THETA」は、360度カメラの中でも抜群の人気を誇る、代表的存在です。

THETAシリーズにも性能や価格毎の異なるモデルが存在し、最初はどれを購入すべきか迷うところだと思います。今回はTHETAシリーズのラインナップを比較し、あなたに合った360度カメラ選びをサポートします。

360度カメラの魅力

実は私も360度カメラという存在を知る前まで、こんなカメラがあるというのは知りませんでした。360度カメラは一般的な知名度的には非常に低く、ときどき360度カメラの話を友人や知人にしても「どんな映像が撮れるのか想像がつかない」という反応がほとんどでした。

360度映像を言葉で解説するのは非常に難しいため、まずはこちらの動画をご覧ください。

360度映像は、基本的に再生者が動画の構図を自由に調整することで楽しむことができます。

しかし360度の方位が記録されていることから撮影者が動画編集などで2D画面上に見せたい部分だけを切り取って普通の動画として見ることもできます。

その他、360度カメラだからこそできる「リトルプラネット機能」は、360度カメラで写した地面が円となって地球のように見えます。例えばビル群の中などで撮影した際は、そのビル群が地球から生えるようにして飛び出ている様子が印象的です。

360度カメラは、撮影した映像を後から編集することで更に楽しむことができる、自由度の高いカメラです。

RICOH THETAとは?

RICOH THETAシリーズ

そんな360度カメラをカメラメーカーは積極的に開発しています。その中でも一番人気を誇るのがリコーから販売されているTHETAシリーズです。

ポケットに入るような小型サイズで、簡単にスマートフォンと連携して高画質な360度映像を撮影できることで人気を集めています。

THETAを使った360度静止画はもちろん、高画質での動画撮影も可能です。そしてラインナップ内では価格や性能レベルに応じたモデル分けが行われており、カメラ初心者から360度カメラを使った中上級ユーザーの方にも満足できる360度カメラです。

全モデルで内蔵メモリーを採用

RICOH THETAシリーズでは、全モデルで内蔵メモリーを搭載しており、外部メモリーを使用することができません。

一般的にデジタルカメラは、別途メモリーカードを使用して撮影したデータを保存しますが、THETAの場合は内蔵メモリーに保存されたデータをWi-Fiを通じてスマートフォンに取り込むことを標準としています。

将来的にはプラグイン機能でカスタマイズ可能に

2017年9月に発売となったTHETA Vで発表された「プラグイン機能」は、今後THETAに大きな可能性を感じる新機能です。

プラグイン機能を使うことでTHETAが提供する拡張機能やユーザーが投稿した便利機能を使って自身のTHETAをカスタマイズすることができ、標準より自分好みに拡張することができます。

2018年7月現在では、具体的な拡張方法が不透明なままですが、進行中のプロジェクトとして今後のTHETAシリーズに大きな期待を持つことができます。

現在販売されているTHETAシリーズ

THETA ラインナップ

2018年7月現在でTHETAシリーズには3種類のラインナップが存在します。

  • THETA V (2017年9月15日発売)
  • THETA SC (2016年10月28日発売)
  • THETA S (2015年10月23日発売)

約1年毎に新しいモデルが登場していますが、それぞれが完全な新商品として販売されているのも特徴的です。

2018年7月現在ではTHETA Vが最上位モデルで、THETA SCはエントリー向けのモデル、THETA SはTHETA Vが出るまでの上級モデルでした。

THETA Sは既に発売から2年半以上が経過していることもあり、現在のラインナップの中心はTHETA VかTHETA SCに限られると言えるでしょう。

RICOH THETA製品比較表

モデル名THETA VTHETA SCTHETA S
発売日2017年9月15日2016年10月28日2015年10月23日
有効画素数約1200万画素
静止画解像度5376×2688
動画解像度4K(3840×1920)Full HD(1920×1080)
最高ISO感度静止画:3200
動画:6400
静止画:1600
動画:1600
最高シャッタースピード静止画:1/25000秒
動画:1/25000秒
静止画:1/8000秒
動画:1/8000秒
静止画:1/6400秒
動画:1/8000秒
動画フレームレート30fps
360°空間音声記録
ライブストリーミング
リモート再生
Bluetooth
ジャイロセンサー
外部インターフェースmicroUSB/MIC端子microUSBmicroUSB/HDMI
内蔵メモリー約19GB約8GB
外形寸法45.2mm(幅)×130.6mm(高さ)×22.9mm(奥行き)45.2mm(幅)×130.6mm(高さ)×22.9mm(奥行き)44mm(幅)× 130mm(高さ)× 22.9mm(奥行き)
質量約121g約102g約125g
アプリケーションiOS/Android/PC

THETAシリーズ各ラインナップ解説

ここからはRICOH THETAのラインナップを1つずつご紹介していきます。どのモデルが自分に合っているのか、検討材料になれば幸いです。

身近に高性能360度カメラを体感するシリーズ最上位「THETA V」

RICOH THETA V(レビューページ)

2017年9月15日発売とTHETAシリーズで最新モデルでありながら最上位モデルとして販売されているTHETA V。

最上位モデルですが、価格は4万円台から購入することができる非常にコストパフォーマンスの高いモデルになっています。

繊細で鮮やかな色合いを実現した高画質撮影

静止画では、14M相当の高画質撮影を可能とします。解像度は、5376×2688と、360度カメラの静止画としては非常に高いレベルの画質を実現します。

またTHETAシリーズではこれまで暗い場所での撮影はあまり得意とせず、THETA SCの最大ISO1600が限界でした。しかしTHETA Vではこの値を大幅の広げ、静止画で最大ISO3200、動画では最大ISO6400まで拡張しました。

そしてこれまでRICOHがデジタルカメラ開発で培ってきた技術を最大限に活用し、撮影後の画像処理技術にも自信を持ちます。

この処理性能が向上したことにより、シリーズ初となる4K動画撮影も可能としました。

ジャイロセンサーを新搭載し、ブレなどを極限まで抑える

従来のTHETAでも加速度センサーを使った手ブレ補正技術は採用されていましたが、THETA Vでは新たにジャイロセンサーも搭載し、あらゆる傾きや揺れなどに強いカメラとして性能が向上しました。

360度カメラでの撮影、とくに動画撮影時の手持ち撮影による揺れは映像を見る上で非常に気になるポイントです。

THETA Vでは、格段に向上した手ブレ補正技術で、ストレスのない、滑らかな映像を撮影できます。

360°空間音声の録音技術を搭載

THETA Vでは、VR(ヴァーチャルリアリティ)に対応した360°空間音声を動画と同時に録音することができます。

これにより、VR体験をした際に音が360°全方向から聞こえてくることで、よりリアリティの増した映像作品の制作が可能になります。

充実の通信機能

従来までのTHETAシリーズでは、Wi-Fiの搭載はあるものの、BluetoothはTHETA Vではじめて採用となりました。

Wi-Fiの場合は、スマートフォンとTHETAを接続した場合、スマートフォン側のインターネット接続が失われますが、Bluetooth接続を使うことでスマートフォンと常時接続が可能となり、リモート撮影や撮影設定の変更が可能となりました。

しかしTHETA内の画像をスマートフォンへ転送する場合は、従来通りWi-Fiでの接続が必要となります。

THETA Vの価格

THETA Vは、最上位モデルながら比較的リーズナブルな価格で購入することができます。

2018年7月5日現在、通販サイトamazon価格では、45,314円(税込)となっています。

THETA V スペック

  • タイプ : 全天球
  • 防水性能 : –
  • 静止画品質 : 5376×2688
  • 動画品質 : 4K(3840×1920) 30fps
  • メモリー : 19GB内蔵
  • 撮影時質量 : 約121g
  • 備考 : 4Kライブストリーミング

THETA Vのレビュー記事はこちら

RICOH THETA Vを実写レビュー!話題の高性能360度カメラを細部まで徹底検証 | RentioPress

充実の基本性能と使いやすさに自信あり「THETA SC」

RICOH THETA SC(レビューページ)

THETAシリーズとしてはスタンダードモデルに位置し、エントリーユーザーにもおすすめできるのが2016年10月28日に発売されたTHETA SCです。

最上位モデルであるTHETA Vと比較して、解像度や機能の多様性などで劣りますが、その分、低価格を実現しています。

選べるカラーバリエーション

最上位モデルであるTHETA Vでは、カメラ本体のカラーバリエーションはメタリックグレーの1色に限られていましたが、THETA SCでは4種類のカラーバリエーションから選ぶことができます。

THETA SCでは、ベージュ・ホワイト・ブルー・ピンクの4種類がありますが、ブルーやピンクなども蛍光色のような濃い色ではなく、少し薄めの優しい色合いになっており、おしゃれなデザインとして自分に合ったカラーを見つけることができるでしょう。

軽量ボディを実現

THETA SCのボディは、外形寸法がTHETA Vと全く一緒であり、見た目の違いもほとんどありません。

ですが、THETA Vでは約121gであった本体質量は、THETA SCで約20g減量させた約102gとなっています。実際に持ってみると20gの差は意外と感じられるものです。

少しでも軽量ボディを求めている方にはTHETA SCがおすすめです。

4K動画撮影や360°空間音声録音は不可能

機能や性能面では、THETA Vと違った優れた点は存在せず、THETA Vの基本性能をそのまま、THETA Vで重要とする性能を削減した印象です。

そのためTHETA SCでは4K動画撮影には対応しておらず、最大動画解像度はFull HD画質である1920×1280となります。

また、THETA Vで搭載されている360°空間音声録音にも対応しておらず、基本的なマイクでの録音となります。

THETA SCの価格

THETA SCは、これだけの性能を保有しながら2万円だから購入することができる、デジタルカメラとしては安い部類に入る、コストパフォーマンスの良いカメラです。

2018年7月5日現在、通販サイトamazonでは21,540円(税込)となっており、THETA Vの半分以下の価格で購入することができます。

THETA SC スペック

  • タイプ : 全天球
  • 防水性能 : –
  • 静止画品質 : 5376×2688
  • 動画品質 : Full HD 30fps(最大5分)
  • メモリー : 8GB内蔵
  • 撮影時質量 : 約102g
  • 備考 : THETA Vの半分以下の価格

THETA SCのレビュー記事はこちら

定番のリコー製360度カメラに新製品RICOH THETA SCが登場!従来品との違いを検証 | RentioPress

かつての上位モデル「THETA S」

RICOH THETA S 360度 全天球カメラ 910720

一見モデル名に「S」が付いているのでTHETA SCの従来機と思いがちですが、THETA Sは、THETA SC発売以降も上位モデルとして販売されていました。

そしてTHETA Vが発売となることで、現行モデルとしては残っているものの、上位モデルとしての立場をTHETA Vに譲る形になりました。そのためTHETA Vの従来機という認識で良いでしょう。

360°カメラの火付け役となった名機

2015年10月23日発売と記事執筆時から既に2年半ほど前ですが、当時あまり360°カメラというのが一般的でない中、360°カメラを世間に大きく認知を広める火付け役となったのがこちらのTHETA Sです。

当時としては高画質を実現し、価格を抑えたコストパフォーマンスの良い360°カメラとして人気を集めていましたが、THETA Vなどの発売により、性能面での魅力はあまり感じることはありません。

2018年現在も現行モデルとしてTHETA公式サイトで取り扱われていますが、より安価であるTHETA SCとほぼ同等のスペックであるために、選ぶメリットはあまりないのかもしれません。

THETA Sの価格

THETA Vの発売以降、大幅に値下がる可能性もありましたが、2018年7月現在では、THETA VとTHETA SCの中間くらいの価格設定になっています。

2018年7月5日現在、通販サイトamazonでは36,469円(税込)となっています。

THETA S スペック

  • タイプ : 全天球
  • 防水性能 : –
  • 静止画品質 : 5376×2688
  • 動画品質 : Full HD 30fps(最大25分)
  • メモリー : 8GB内蔵
  • 撮影時質量 : 約125g
  • 備考 : 旧モデルに近い存在

THETA VとTHETA SC、どちらがおすすめ?

THETA V THETA SC 比較

上記の通り、2018年現在でメインモデルとして扱われているのは、THETA VとTHETA SCの2機種になります。

大体の違いはお分かりになられたと思いますが、ここからは実際に使いたいシーンや重要視したい性能別に「どちらがおすすめ」なのかをご紹介していきます。

動画中心なら迷わずTHETA Vを

両モデルの違いにおいて、大きな差ができるのが動画撮影です。

記録画質を見てもTHETA Vで4K撮影に対応しているものの、THETA SCでは最大Full HDと画質に大きな差が出てきます。

また、THETA Vでは、ジャイロセンサーの新搭載や高性能な画像処理能力を保有していることから、映像作品としての仕上がりに大きな差が出てきます。

色の表現で仕上がりが変わる

THETA VとTHETA SCでは、撮影時の色温度による仕上がりイメージが大きく変わります。特に室内などで白い壁がある条件では、白色の表現に差が出ます。

THETA Vは、少し温かみのある色が出て、より見たままに近い色が表現されます。一方THETA SCでは、少し青みの強い仕上がりが特徴的です。

ノイズ処理で大きな差が

室内や夜間の撮影時は、光源は少なくなり、ISO感度で撮影を対応することになります。

暗い場面で力を発揮するのはやはり上位モデルであるTHETA Vです。動画撮影時は最高ISO6400まで対応し、暗い場所で同条件撮影をTHETA SCで行った場合とは大きな差が分かります。

THETA Vは暗い場所でもノイズは少なく、ディティールがしっかりした仕上がりを実現します。そのため、夜間の野外撮影などでもTHETA Vは大きな力を発揮します。

メモリー容量に要注意

THETAは、残念ながら外部メモリーに対応しておらず、カメラ内蔵のメモリーに保存する必要があります。そして両モデルで保存容量は異なり、沢山撮影することを計画されている方は注意が必要です。

THETA Vでは内臓メモリー約19GBに対して、THETA SCは半分以下の約8GBの内蔵メモリーとなっています。

しかしTHETA Vは4K撮影を実現しているため、4K動画は容量も大きくなるため、4Kで撮影しているとTHETA Vの方が容量消費を速く感じることもあるでしょう。

静止画で十分、安さを求めるならTHETA SCはベストチョイス

以上の点を振り返るとTHETA Vが圧倒的に優れているように思えますが、THETA Vで優れているのは「動画撮影」「暗い場所での撮影」だけと言えるでしょう。

この2つを重要視しない、もしくはユーザーが使わない分野であれば価格も安く、基本性能が充実しているTHETA SCがおすすめです。

自分が必要にしている機能と、必要としていない機能の見極めを意識しましょう。

THETAラインナップ比較まとめ

THETA ラインナップ 比較

3種類の現行モデルが存在するTHETA シリーズですが、実際に選ぶべきモデルはTHETA VかTHETA SCに限られると言えるでしょう。

そしてTHETA Vは、上位モデルとして動画撮影の質が高く、作品としての仕上がりが良好、他メーカーの360°カメラ上位モデルと比較すると安価で購入することができるのが大きな魅力です。

THETA SCは、スタンダードモデルとして「はじめての360°カメラ」としてもおすすめできる簡単撮影を実現する360°カメラです。THETA Vの半額以下で購入することができ、基本性能がしっかり備わっているモデルです。

どちらも360°カメラとしておすすめできるカメラですが、沢山使う機会があるのであればTHETA Vを、静止画中心で旅行や遊びなどの短期間利用であればコストパフォーマンスの良いTHETA SCがおすすめです。

是非360°カメラTHETAシリーズを使って次世代のデジタルカメラを先取りして、楽しんでみてくださいね。

THETAシリーズはレンタルが人気

今回ご紹介してきた360°カメラ「RICOH THETAシリーズ」は、レンタルで利用することも大変人気を集めています。

家電レンタル「Rentio」では、THETAシリーズ最新モデルから旧モデルまで、豊富なラインナップのレンタルを行っています。

最短3泊4日からレンタルが可能で、17時までの注文であれば当日出荷にも対応します。急に使いたくなっても、簡単にすぐレンタルできるのは大きな魅力です。

もちろん購入前のお試しでレンタルするのもOK。是非Rentioを使って次世代カメラ「RICOH THETA」を使ってみてください。

カメラ、家電、ガジェットのレンタルサービス – Rentio[レンティオ]

よく読まれている記事 週間アクセスランキング

ピックアップ記事