最軽量1.5㎏「ダイソンMicro」の実力を検証!他のスリムシリーズとの違いも比較

mari fukuen
mari fukuen

公開日2020/10/15

最軽量1.5㎏「ダイソンMicro」の実力を検証!他のスリムシリーズとの違いも比較

公開日

2020年10月8日、ダイソンから最軽量1.5㎏の最新モデル「Dyson Micro」が発売されました。

最近ではより軽さを追求したダイソンが続々と発売されています。日本での軽量化のニーズがそれほど高かったということでしょう。

ダイソンV7スリム、V8スリム、デジタルスリムに続いて発売された最軽量の「マイクロ」の実力はどうなのでしょうか?注目の新商品「Dyson Micro」の特長従来品との違いについて徹底検証します。
 

とにかく軽い!「ダイソン Micro」

とにかく軽い!「ダイソン Micro」

Dyson Microは今回新しく追加されたシリーズで、これまでのダイソンにない圧倒的な軽さが特長のコードレスクリーナーです。

本体の軽量・小型化に加えて、新開発のMicroフラフィクリーナーヘッドを搭載していることも注目のポイントです。

ダイソン Microシリーズからは今回2機種が新発売。スタンダードモデルの「Micro 1.5kg」直販限定モデルの「Micro 1.5kg Pro」があります。

「Micro 1.5kg」と「Micro 1.5kg Pro」の違い


ダイソンMicroシリーズの2機種「Micro 1.5kg」と「Micro 1.5kg Pro」の違いは、付属品の種類と価格です。

「Micro」にはツールクリップ・収納用ブラケットに加えてミニモーターヘッド・コンビネーション隙間ノズル・卓上ツールという3つのアタッチメントが付属。
さらに「Micro Pro」には、追加でLED隙間ノズルと専用充電ドックがついてきます。
ダイソンに標準付属する収納用ブラケットは壁に穴を開けないと使えないので、スタンドがついてくるのはうれしいポイントですね。

ダイソン公式サイトでの税込価格は、Microが64,900円、Micro Proが80,300円で約1万5000円の差。
パイプの色など細かな違いはあるものの、2機種の性能自体は同じなので必要な付属品によって選ぶといいでしょう。

「ダイソン Micro」の特長と気になる注意点

「ダイソン Micro」の特長と気になる注意点

注目の超軽量ダイソンMicroシリーズ。

圧倒的な軽さに使い勝手の良さも兼ね備えていて、まさに日本でのニーズに応えたダイソンに仕上がっています。
一方で、この軽さを実現するために削らざるを得なかった部分もあるようです。

ダイソンMicroの特長と少しだけ気になるポイントについてまとめて解説します。

最軽量1.5kg!超コンパクトなダイソン

「ダイソン Micro」の特長と気になる注意点 最軽量1.5kg!超コンパクトなダイソン

なんといっても、この軽さは魅力的ですよね。
ダイソン史上もっとも軽い1.5kgを実現。さらに、サイズもコンパクトで長さ約109cmとなっています。

ダイソンのなかで軽いのはもちろんのことですが、1.5kgという軽さは日本の家電メーカーの軽量コードレス掃除機と比べても遜色ない水準です。

一昔前は「重くて大きいダイソンは海外の広い家向きだ」と言われることが多かったのですが、ダイソンMicroは取り回しの良さが重視される日本の住宅事情に合わせたコードレス掃除機となっています。

新しいMicro Fluffyクリーナーヘッド

「ダイソン Micro」の特長と気になる注意点 新しいMicro Fluffyクリーナーヘッド

ダイソンコードレス掃除機のヘッドは、回転するモーターヘッド。ダイソンMicroシリーズには、新開発のMicro Fluffyクリーナーヘッドが搭載されています。

ダイソン史上最小サイズのヘッドで、独自のナイロンフェルト&カーボンファイバー素材を採用。小回りが利くだけでなく、髪の毛が絡みにくく大きなゴミから小さなゴミまでしっかりと集めることができます。

ヘッドの端から端まで吸込み口が大きく開いているので、壁際のゴミも逃すことなく掃除をすることができます。

ダイソン初のボタン式スイッチ

「ダイソン Micro」の特長と気になる注意点 ダイソン初のボタン式スイッチ

これまでのダイソンは、トリガー式で掃除中ずっとスイッチを押しっぱなしにする必要がありました。
日本ではトリガー式は賛否両論で、ONOFFが切り替えやすくバッテリーの節約になる反面、長時間使用していると手が疲れてしまうという意見も多くありました。

軽さと扱いやすさをとことん追及した今回のダイソンMicroでは、初のボタン式スイッチを採用。一度ボタンを押せばずっとON状態が続くようになりました。

MAXボタンを押すと吸引力が最大に。この強モードでは稼働時間が極端に短くなるので、とくに汚れが気になる場所のみ切り替えて使いましょう。

2つの新しいアタッチメントも登場

「ダイソン Micro」の特長と気になる注意点 2つの新しいアタッチメントも登場

ダイソンMicroには、コンビネーション隙間ノズル・卓上ツールという2つの新しいアタッチメントが付属します。

コンビネーション隙間ノズルは、細長い形状で先端に着脱可能なブラシがついているアタッチメントです。家具の隙間やサッシ、細かい場所など、家中で活躍します。

卓上ツールは、短くて平たい吸引口のアタッチメントです。テーブルの上にこぼした食べかすやちょっとした汚れの掃除に最適です。

従来のアタッチメントも汎用性の高いチョイス

「ダイソン Micro」の特長と気になる注意点 2つの新しいアタッチメントも登場

さらに、従来のアタッチメントであるミニモーターヘッドも付属

ミニモーターヘッドは、硬い毛のブラシがモーターで回転するアタッチメント。繊維の奥のゴミまでしっかりかき出すことができるので、ソファやマットレス、カーペットなど布製品全般の掃除に使えます。

Micro proのみに付属するLED隙間ノズルは、細長いノズルの先端にLEDライトがついていて、暗い場所や隙間の奥のほうまでゴミを逃さず吸い込むことができます。

いずれもアタッチメントの中では汎用性の高いタイプなので、家中の掃除がしやすくなると思います。

排気のキレイさも従来通り

「ダイソン Micro」の特長と気になる注意点 排気のキレイさも従来通り

ダイソンコードレス掃除機の特長でもある「排気のキレイさ」。軽量化されたMicroシリーズでも、従来通りの集塵力を実現しています。

8つのRadial Rootサイクロンで空気と微細なホコリを分離してクリアビンの中に閉じ込め、フィルターユニットでさらに細かい粒子をキャッチ。

0.3ミクロンの粒子まで99.99%とらえるので、掃除中に汚れた排気をまき散らすことはありません。

ワンタッチごみ捨て&水洗いでお手入れ簡単

「ダイソン Micro」の特長と気になる注意点 ワンタッチごみ捨て&水洗いでお手入れ簡単

ダイソンMicroのお手入れについても、従来通り簡単です。

ダストビンに集めたゴミは、レバーを押し下げるだけでワンタッチでゴミ捨てが可能

フィルターやダストビンは取り外して水洗いもできるので、衛生的に使い続けられます。

吸引力はやや低め?

「ダイソン Micro」の特長と気になる注意点 吸引力はやや低め?

ダイソンMicroで少し気になる部分としては、吸引力でしょうか。

本体のモーターには最新のDyson Hyperdymium(ハイパー ディミアム)モーター搭載ですが、毎分最大105,000回転は他の現行ダイソンに比べるとやや低め

吸引力重視の方には気になるポイントとなりそうですが、従来のダイソンスタンダードモデルV7・V8シリーズの110,000回転とはさほど変わらない水準なので、十分な吸引力と考えて問題なさそうです。

最長20分の運転時間は短すぎる?

「ダイソン Micro」の特長と気になる注意点 最長20分の運転時間は短すぎる?

もう一つ気になったのが、最長20分という運転時間の短さです。

最近のダイソンの運転時間は40分以上の長いものが多かったのですが、軽量化のためにやむを得ず削った部分なのでしょう。

なお、この最長20分というのは、エコモードでモーター駆動のないツールを使ったときの運転時間の目安となります。
モーターヘッドで掃除するときや強モードを使うときは運転時間が短くなりますのでご注意ください。

モーターヘッド 非モーターヘッド
エコモード 約18分 約20分
強モード 約5分 約5分

他の軽量ダイソンとの違いを比較

他の軽量ダイソンとの違いを比較

特長がわかったところで、やはり気になるのが他の軽量ダイソンとの違いですよね。

ダイソンMicroと同じく「軽量」という特長をもつダイソンは、デジタルスリムV8スリムV7スリムの3シリーズ。

ダイソンMicroとスリム3シリーズの違いについて、詳しく比較していきましょう。

Micro Digital Slim V8 Slim V7 Slim
発売年 2020年 2020年 2019年 2019年
重さ 1.5kg 1.9kg 2.15kg 2.2kg
長さ 1091mm 1100mm 1123mm 1140mm
モーター Hyperdymiumモーター Hyperdymiumモーター デジタルモーターV8 デジタルモーターV7
回転数(毎分) 105,000回転 120,000回転 107,000回転 107,000回転
吸引モード エコ/強 エコ/中/強 通常/強 通常/強
ヘッド Microフラフィ スリムフラフィ スリムフラフィ コンパクトモーター
運転時間 20分 40分(着脱式バッテリー) 40分 30分
充電時間 3.5時間 3.5時間 5時間 3.5時間
液晶ディスプレイ
スイッチ ボタン トリガー トリガー トリガー
フィルター フィルターユニット フィルターユニット ポストモーター、プレモーター ポストモーター、プレモーター
ダストビン水洗い
公式税込価格 64,900円 64,900円 53,900円 – (参考34,000円~)

※2020/10/14時点の価格

重さ・サイズ

Micro Digital Slim V8 Slim V7 Slim
重さ 1.5kg 1.9kg 2.15kg 2.2kg
長さ 1091mm 1100mm 1123mm 1140mm

重さで比較すると、Micro→Digital Slim→V8 Slim→V7 Slimの順に軽くなっています
Microは軽量ダイソンのなかでも抜群に軽いことがわかりますね。

大きさに関してもMicroがもっとも短くコンパクトなのですが、こちらは数cm程度の違いなのでそこまで気にならないかと思います。

清掃能力

Micro Digital Slim V8 Slim V7 Slim
モーター Hyperdymiumモーター Hyperdymiumモーター デジタルモーターV8 デジタルモーターV7
回転数(毎分) 105,000回転 120,000回転 107,000回転 107,000回転
吸引モード エコ/強 エコ/中/強 通常/強 通常/強
ヘッド Microフラフィ スリムフラフィ スリムソフトローラー コンパクトモーター

清掃能力で比較すると、もっとも高性能なのはデジタルスリムです。
毎分120,000回転の強力モーター搭載で、吸引モードも3段階。軽さと吸引力どちらも求める方にはデジタルスリムがおすすめです。

モーターヘッドは大きく2種類で、それぞれ得意とする床の素材が違うので、お家の床に合わせて選びましょう。
Microフラフィ・スリムフラフィ・スリムソフトローラーは、ふわふわのナイロンフェルト素材でフローリングが得意なヘッド。コンパクトモーターヘッドはカーボンファイバーとナイロンの硬い毛のブラシで、カーペットやマットレスの掃除が得意なヘッドです。

運転時間・充電時間

Micro Digital Slim V8 Slim V7 Slim
運転時間 20分 40分(着脱式バッテリー) 40分 30分
充電時間 3.5時間 3.5時間 5時間 3.5時間

運転時間は、デジタルスリムとV8スリムがもっとも長くなっています

ただしV8スリムはバッテリー容量が大きいぶん充電時間も長め

一方のデジタルスリムは充電時間の短い着脱式バッテリー。予備バッテリーを用意すればさらに長時間掃除ができるので、家中の掃除を一気に済ませたい方におすすめです。

使い勝手・お手入れ

Micro Digital Slim V8 Slim V7 Slim
液晶ディスプレイ
スイッチ ボタン トリガー トリガー トリガー
フィルター フィルターユニット フィルターユニット ポストモーター、プレモーター ポストモーター、プレモーター
ダストビン水洗い

使い勝手で比較すると、手元に液晶ディスプレイを搭載したデジタルスリムと、ボタン式スイッチを採用したMicroがより使いやすくなっています。

また、デジタルスリムとMicroはお手入れもしやすく、フィルターは一体型のユニットタイプ・ダストビンの水洗いもOKとなっています。


価格

Micro Digital Slim V8 Slim V7 Slim
公式税込価格 64,900円~ 64,900円~ 53,900円 – (参考34,000円~)

※2020/10/14時点の価格

最後に価格についてですが、やはり比較的新しいMicroとデジタルスリムは価格が高め

軽量ダイソンをより安く手に入れたいなら旧シリーズのV8スリムかV7スリムがおすすめです。


まとめ

新発売「ダイソンV8スリム」の実力を検証!軽量モデルと従来品との違いを比較

ダイソンコードレス掃除機の中で最軽量の注目機種「Dyson Micro」シリーズ。

過去のダイソンでデメリットといわれていた重さやサイズ、トリガー式スイッチなどを克服した最新のダイソン。これまでダイソンを敬遠していた方にも一度試してほしい革新的な出来となっています。

軽量コードレス掃除機の購入を検討している方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。


ダイソンは家電レンタルでお試しもできる

ダイソンを購入前に家で実際使ってみたい方には、レンタルでお試しという方法もあります。

家電レンタルのRentioでは、ダイソンを短期間のお試しでレンタル可能。また、3カ月~の月額レンタルでじっくりお試しもできます。

スタンダードなダイソンから軽量ダイソンまで、様々な種類がレンタルできるので、いくつか試して比較してみるのもいいかもしれません。

レンタルできるダイソンの種類や価格など詳細については、こちらからチェックしてみてくださいね。

[レンタル] Dyson (ダイソン) – Rentio[レンティオ]

[レンタル] 掃除機 一覧 – Rentio[レンティオ]

関連記事

[最新]ダイソンコードレス掃除機全19機種を一覧表で比較!おすすめや選び方を紹介 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

[最新]コードレス掃除機おすすめ8機種を一覧表で比較!軽くて高コスパな一台の選び方 – Rentio PRESS[レンティオプレス]

よく読まれている記事掃除機カテゴリのランキング

ピックアップ記事